エイベックス

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年11月に人気アイドルグループ・欅坂46を卒業した今泉佑唯(20)が、1月より所属事務所をエイベックスに移籍したことが2日、わかった。

    女優として本格始動し、3月より大阪・東京で上演される舞台『「熱海殺人事件」LAST GENERATION 46』にヒロイン役で出演する(大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで3月28~31日、東京・紀伊國屋ホールで4月5日~18日上演)。

    今泉は、AKBグループの卒業生で女優に転身した川栄李奈(23)の成功をみて、また音楽活動も含め幅広い挑戦を望みエイベックス入りを決意。

    これまでも欅坂のメンバーとしてドラマなどへの出演歴はあったが、今後は女優業を中心に活動する予定で、今回『熱海殺人事件』の婦人警官・水野朋子役で舞台初挑戦を飾る。

    移籍に伴い今泉は「グループ卒業後、初めてのお仕事で舞台に立たせていただけることを大変光栄に思います。
    私自身、演技だけでなくまだまだ未熟なところもたくさんありますが、これまでに経験のない世界や、色々な景色をこれからファンの皆様と一緒に見ていきたいです。
    心機一転、女優として邁進していきますので応援していただけるとうれしいです」と決意を語った。


    『熱海殺人事件』は1973年に文学座に書き下ろされた、つかこうへいさんの代表作。

    紀伊國屋ホールを拠点に毎年春、つかさんの死後も再演が重ねられ、同所で今年“46年目”の上演を迎える。

    今泉のほかに、木村伝兵衛部長刑事役で味方良介が主演を務め、お笑いコンビNON STYLEの石田明も出演する。

    演出の岡村俊一氏は、今泉のヒロイン抜てきについて「今泉さんは、ひとつの大きな群れから飛び立った小鳥のような存在です。
    その震える心や旅立つ勇気が、この熱海殺人事件の物語にとっての大切なエネルギーなのです」と力説。

    「今泉さんの気の強そうな瞳や、華奢なスタイルは、『東京で強く生きていこうとする女』を確実に表現してくれると期待しています」と信頼し「今泉さんは歌が上手いので今回は歌うシーンも作りたいですね」と意欲をみせた。

    そのほか、今泉はきょう4日に自身の公式サイト(http://imaizumi-yui.com)をオープンし、ツイッター、インスタグラムも開設。

    11日より無料メールマガジン『今泉佑唯にFC準備室』スタートさせ、そこでチケットの先行販売も行う予定だ。


    今泉は15年8月から欅坂46第1期生メンバーとして活動。

    これまで、テレビ東京系『徳山大五郎を誰が殺したか?』(16年7月)、日本テレビ系『残酷な観客達』(17年5月)、テレビ東京系『恋のツキ』(18年7月)などドラマへの出演や、写真集『誰も知らない私』(18年10月)、『ar』レギュラーモデル(ともに、主婦と生活社)など、幅広く活動してきた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000310-oric-ent


    no title


    所長見解:人気あったの?・・・

    【【ずーみん】元欅坂46・今泉佑唯、エイベックスに移籍ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    misonoが独立! 先月エイベックス円満退社、新事務所設立

    歌手、misono(34)が、10月末でデビューから約16年間在籍した所属事務所のエイベックスを退社し、独立していたことが2日、分かった。

    m


    複数の関係者の話を総合すると、本人の意向を尊重した円満退社で、すでに関係者や親しい友人に報告済み。
    先月には夫でドラマーのNosuke(29)とともに個人事務所を設立しており、心機一転、本格的に音楽活動を始動させる。

    Nosukeに近い関係者よると、周囲から刺激を受けながら仕事をすることが好きなmisonoは、数年前から海外でも活躍の場を広げたいという思いを強く持っていたという。

    2016年にはソロで初となる海外ライブを台湾で開催。
    今年は「チャリティー&ボランティア&海外へ 自分の夢ではなく周りの人の夢を叶えたい」と目標を掲げ、Nosukeと協力しながら米国やカナダ、タイなど海外活動を精力的に実施。
    3月に一部で台湾に活動拠点を移すと報じられたが、個人的に依頼を受けたイベントに出演したり、ボランティア活動を行うなど自己プロデュースの仕事を続ける中で独立への思いが強まったようだ。

    先月30日のインスタグラムで「10月~本格的に、別居婚(別行動)はじめました♪」と多忙ゆえにNosukeと“別居状態”であることを明かしていたが、新天地での活動準備に追われていた可能性もありそう。

    この日深夜、公式サイトで、「平成30年10月31日を持ちまして、misonoとの専属契約を終了いたしました」と発表された。
    人生の大きな決断を下したmisonoが今後どんな顔を見せるのか、注目が集まる。


    misono(みその)

    1984(昭和59)年10月13日生まれ、34歳。京都市出身。
    2002年8月に男女3人組、day after tomorrowのボーカルとして「faraway」でデビューし、同年末の日本レコード大賞新人賞を受賞。
    05年8月にグループ活動を休止し、翌年3月に「VS」でソロデビュー。
    07年からバラエティーにも進出した。
    私生活では昨年7月にドラマーのNosukeと結婚式を挙げた。
    実姉は歌手、倖田來未(35)。1メートル54。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20181103/geo18110303000002-n1.html


    所長見解:クビかね・・・

    【【解雇?】misonoが事務所やめるってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    エイベックス代表取締役・松浦勝人氏が自身のツイッターを更新し、所属アーティストの浜崎あゆみに言及していると話題になっている。

    ツイッターを積極的に更新し、エイベックスファンの質問や要望に反応している松浦氏。
    18日にもツイッターを更新し、浜崎ファンからの「もっと新曲やメディア露出して欲しい」
    「あゆの素晴らしさを今の若い世代にも広げたい」という願望に反応。
    引用しつつ、「考えてるから」とコメントした。

    このツイートに対し、ファンからは「期待してます!」「本当にもっといろんなメディアに出てほしい」という声が殺到。
    さらに、「考えてるってことは、全盛期みたいな活躍が見られるのかな?」「来年はアルバムとかシングルとか出してくれるってこと?」といった憶測も広まっている。

    松浦氏といえば、今年5月にもツイッターで「浜崎あゆみどうにかしてください」という一般ツイッターユーザーのコメントに反応し、「本人とちゃんと話します」とコメント。
    ここ数年、歌唱力の低下や写真の加工疑惑ばかりが話題になっていただけに、浜崎の処遇に変化があるのでは? と噂された。

    no title


    しかし、話し合った結果なのか、浜崎を取り巻く環境は変わらず。
    このため、今回の松浦氏の発言に対し、一部ネット上には

    「何も変わってないし、むしろ炎上が酷くなっていってませんか?」
    「前にも、『なんとかする』みたいなこと言ってて野放しじゃん。今回もそうなんでしょ」「路線変更を考えた方がいい、今のままじゃ売れるのは無理」

    という厳しい声も上がっていた。

    19日に約4か月に渡るコンサートツアーを開幕させることから分かるように、コンサートは精力的に行っている浜崎。
    しかし、楽曲自体は今年8月に2年ぶりのアルバムをリリースした程度で、新曲のリリースが少なくなっていることも事実。

    果たしてファンの願いは届くのだろか。今後にも注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15467455/


    所長見解:おもろいからええやん・・・

    【【安室路線も】エイベックスの松浦社長が浜崎あゆみの今後について語った結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    レコード会社・エイベックス主催の音楽フェス「a―nation」が26日、東京・味の素スタジアムで行われ、大トリを浜崎あゆみ(39)が飾った。

    各スポーツ紙によると、2002年に始まった同イベントに浜崎は今年で17年連続17回目の出場。
    そのうち15回目となる大トリをつとめたという。

    浜崎は47人の女子ダンサーを引き連れ、黒いセクシーボンデージ衣装で「W」、「HANABI」などを歌い、観客を盛り上げたというのだが…。

    no title


    「大トリの浜崎まで居残ると、帰宅するのが困難になるため、浜崎の出番中に観客が帰るのは毎年恒例の景色。
    とはいえ、前日のトリは東方神起だったが終了まで客席はビッシリ。
    それに対し、浜崎は登場前から空席が目立ち、例年以上の“空席祭り”でした」(会場にいた業界関係者)

    一部スポーツ紙によると、この日は歌手の出演順を事前に発表。

    これまでは幅広く多くのアーティストを見てほしいとの思いから事前に発表することはなかったが、猛暑のためお目当ての歌手の出番前に長く待つことのないようにという主催者側の配慮がなされたというのだ。

    「浜崎の前には集客が期待できる三浦大知や韓国の人気グループ・EXOがパフォーマンス。それもあり、浜崎の登場前に空席が目立ってしまった。
    本来ならば集客力のない浜崎を大トリから外すべきだが、エイベックスにとって多大なる功労者だけに、本人の申し出がない限りは外せない」(同前)

    今年、デビュー20周年にもかかわらずまったく盛り上がらない浜崎。
    そろそろ“白旗”を上げた方がよさそうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180828-71673521-jitsuwa


    所長見解:お浜さん・・・

    【【a―nation】大トリ・浜崎あゆみ、例年以上の空席祭りの結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    レコード会社「エイベックス」の社長、松浦勝人氏(53)が、あゆファンからの「直訴」を受け付けた!?

    2018年5月13日、松浦氏と歌手の浜崎あゆみさん(39)ファンとのツイッター上でのやりとりが、さまざまな反響と憶測を呼んでいる。


    浜崎さんへの要望が続出

    5月13日、浜崎さんのファンと思われるユーザーの 「浜崎あゆみどうにかしてください」とのメッセージをリツイートするかたちで、松浦氏は「本人とちゃんと話します」とツイッターに投稿した。

    先の投稿者は「どうにかして」との曖昧な言葉のみで、その意図はわからないが、松浦氏は何か思う部分があったのか、浜崎さんと話し合う旨をツイッターに投稿した。

    この投稿をきっかけに、松浦氏のもとにさまざまな声が寄せられた。

    「何をちゃんと話すんですか??  どういう意味ですか??」
    「なんか意味深に聞こえます」
    「え? どゆこと? あゆはあゆのままでいてほしいです」
    「何か怖い あゆは今のままで充分」

    松浦氏に寄せられたメッセージの中でも「いいね」を集めているのは、浜崎さんへの切実な思いを吐露するファンの声だ。

    「ここ数年あゆはファンをガッカリさせすぎてると思います」
    「松浦さんあゆちゃんとお話し合いよろしくお願いします」

    こうした投稿を見てみると、具体的にはライブのチケット代の高さ、ライブの演出がマンネリ化していること、新曲が出ないこと、メイクの派手さ、肌の露出の多さへの不満・要望などがつづられている。

    h


    毎年ツアーもアルバムは16年が最後

    浜崎さんは現在20周年を記念したアリーナツアー中で、7月までに全国7か所を回る。
    デビュー当初から精力的にライブ活動を行っており、00年から毎年欠かさずツアーを開催している。

    しかし、近年は新曲リリースに関しては少し寂しいものがある。
    デジタル配信シングル2曲(15年、16年)を除けば、CDシングルは14年の「Zutto.../Last minute/Walk」が、オリジナルアルバムは2016年の「M(A)DE IN JAPAN」が最後となっている。

    一方で、インスタグラムやツイッターなどの更新は頻繁だ。
    浜崎さんの近況を写真とともに知ることができるとして、日々更新を楽しみにしているファンは多い。
    インスタグラムの投稿には、平均して約4万件の「いいね」が付いている。
    しかし一方で、アンチを中心に、一部ネット上では派手目のファッションや、メイクの派手さへの批判の声が上がっている。

    こうした最近の浜崎さんの活動にどこか物足りなさを感じていると思われるファンらは、浜崎さんの「生みの親」といえる松浦さんからの「金言」に期待を寄せているようだ。


    2人は20年以上のつきあい

    松浦氏と浜崎さんいち所属タレントと社長を超えた関係にあることはファンの間では有名だ。
    2人の出会いは20年以上前にさかのぼる。
    これについては、10年5月に更新された松浦さんのAmeba公式ブログにて詳しく語られている。

    松浦氏と浜崎さんの出会いは96年ごろ。
    当時松浦氏は31歳、浜崎さんはまだ10代だった。
    知人の紹介で出会った2人は次第に頻繁に会うようになり、浜崎さんが歌手になるために当時所属していた事務所(サンミュージック)を辞めたとき、「二人三脚」は始まった。
    松浦さんは当時を「僕はayuをデビューさせるための作戦を日々、考えるようになる」と振り返っている。

    デビューまでの道のりは甘くなかった。
    松浦氏は「どういう形態でデビューさせようかとも相当悩んだ」が、浜崎さんの「私は絶対ソロで行きたい」という思いから、ソロでの道を模索した。
    しかし、「デビュー前の売り込みに走りまわるが、評価は散々」だったという。

    「テレビ局の友達からも『売れないからやめとけ』といわれ、業界の先輩方達からも『スポンサー受けする顔じゃない』とか言われ、その悔しさをバネにするしかなかった自分がいた」
    98年4月のデビューまでには1年ちょっとかかったが、好調な滑り出しで99年にファーストアルバム「A Song for ××」がミリオンセラーになった。
    その後もヒット作を連発し、浜崎さんは「平成の歌姫」としての地位を確立した。

    2人の関係は現在も良好と見られている。
    17年10月には服を交換し合って、インスタグラムにもらった服を着た写真を互いにインスタグラムにアップするなど、仲の良さを披露していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14722925/


    所長見解:おもしろい・・・

    【【お浜さん問題】「浜崎あゆみどうにかしてください」 → エイベックス松浦社長「本人とちゃんと話します」 ←これwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ