エイベックス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    エイベックス松浦会長、AKB48電撃卒業の矢作萌夏(17)をプロデュース!

    「怪物級の逸材」の元センター



    エイベックスの松浦勝人会長(55)が、今年2月にAKB48を卒業した矢作萌夏(17)のプロデュースに乗り出す可能性が浮上したことが17日、わかった。

    松浦氏は16日、自身の公式インスタグラムで、「17歳の元アイドル」と面談したことを報告。


    松浦氏、エイベックスともに名前は明かさなかったが、関係者によると、かねて松浦氏による矢作のプロデュース案が浮上しており、今回の面談相手も矢作だったという。            



    6月開催予定の株主総会でCEOを退任し、クリエイティブ活動を行うことを宣言していた松浦氏。

    その“第1弾”は、国民的アイドルグループ・AKB48の元センターにして、電撃卒業したばかりの矢作となる公算が高まった。



    松浦氏はインスタグラムで「僕がネットで見た時からこの子はすでに人気者だった」と面談相手の特徴を説明。

    「ここに来たから成功したのだと、あとでやはり自分は思ってもらえるようにしなければならない」
    「そのために出来ることをしてあげよう。
    そして、たくさんの議論もしよう。
    自己主張とわがままのはざまで大いに話し合おう。
    今日話した君の夢をかなえるためにね」と、矢作のソロデビューを念頭に置いた話し合いだったことをうかがわせた。



    矢作は18年1月、第3回ドラフト会議でAKB48チームKに1巡目指名された。

    昨年1月にはグループ最速でソロコンサートを開催。


    7月発売の56thシングル「サステナブル」ではセンターに抜てきされたが、10月にテレビ番組で卒業を電撃発表した。



    愛らしいルックスと“天然キャラ”が注目されたが、歌唱力にも定評。

    グループの「歌唱力No.1決定戦」では第1回が2位、第2回は優勝と抜群の結果を残した。


    今年2月、AKB48として最後の活動となったライブ後には、卒業後について「何も決まってないんですけど、機会があれば…」と明言を避けていた。



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000000-dal-ent


    元AKB48 矢作萌夏

    no title

    画像①

    画像②

    画像③


    矢作萌夏センター
    【MV full】サステナブル / AKB48[公式]

    動画①

    所長見解:なんでなん・・・
    【【第二のあゆ】エイベックス・松浦会長が全力でプロデュースする次世代シンガーがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレ朝封鎖&大麻報道 エイベックス松浦氏が「M」に嘆き節
     
    「もっとしっかり番組を宣伝してくれていたらさらに数字が稼げただろうに」――。

    「エイベックス」の松浦勝人CEO(55)はこう言って悔しがったそうだ。

    浜崎あゆみ(41)との秘められた恋愛を描いた連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の初回は5・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    放送は土曜日の23時台、この枠でこの視聴率は決して悪い数字ではないが、昨年発売された原作の単行本はベストセラー入りして“期待値”が高かったため、松浦CEOはもっと伸びるとみていたのかもしれない。


    m


    松浦CEOは「M」の初回放送翌日の4月19日、自らのインスタに二十数年前のあゆとのツーショットをアップして

    〈俺たちは負けない……誰に邪魔されても絶対に負けない……〉

    と断言した。


    コロナ禍に負けず頑張る決意表明ならまだしも、何に負けたくないのかよく分からない投稿だった。


    ▼インスタ画像
    https://www.instagram.com/p/B_HpycKldXg/


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/272440

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【話題】ドラマ「M 愛すべき人がいて」の視聴率がwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    音楽事業大手エイベックスの松浦勝人会長(55)が20日までに自身のインスタグラムを更新。

    歌手・浜崎あゆみ(41)と寄り添う2ショットを投稿し、反響を呼んでいる。


    歌姫・浜崎あゆみの誕生するまでを描いたテレビ朝日系「M 愛すべき人がいて」が、俳優の三浦翔平(31)、安斉かれん(20)のW主演で18日にスタートした。

    松浦氏は18日に「ayuへ」と題しインスタを更新。

    「いつもどんな時も何があっても どんなことがあっても 俺たちは負けなかったよな。
    多分それはこれからも続くのさ。
    永遠にね。
    誰に邪魔されてもぜってえ負けねぇ!」と浜崎が松浦氏の肩に腕を回す親密ショットを添えた。


    no title

    https://hochi.news/articles/20200420-OHT1T50070.html



    所長見解:なんやな・・・

    【【話題】エイベックス・松浦勝人会長、浜崎あゆみと濃厚接触の結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》


    〈はっぱじゃ我慢できなくなる〉(男性)

    〈覚せい剤みたいなやつ……〉(松浦氏)

    〈それはやだ、社長がやる……。社長の後につぐ〉(A子さん)



    【証拠写真】松浦氏からA子さんに送られてきた「脅迫LINE」

    〈まだいっぱい書いてないことあるの。社長の〉(A子さん)

    〈それはもうお前、はっぱが全部なくなってからにしよう。もうすぐなくなっちゃうから〉(松浦氏)


    b


    親密そうな3人の男女の会話。

    2人の男性のうち、1人の声の主はエイベックス代表取締役会長、松浦勝人氏(55)だ。


    上述の会話の中の〈はっぱ〉が指すのは違法薬物である大麻だという。

    そう告発するのは、会話にも登場する女性A子さん(31)だ。

    「文春オンライン」編集部は、40時間に及ぶ松浦氏とA子さんの肉声がおさめられた音声データや、松浦氏とA子さんによるLINEのやりとり、膨大な数の画像データなどを入手した。

    そこには松浦氏にこれまでつきまとっていた”薬物使用”をほのめかす記録が残されていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00037224-bunshun-ent

    所長見解:マジか・・・


    【【これはヤバい】エイベックス会長・M氏の大麻使用を元社員が告発した結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「私、昨年末に天使を産みママになりました」──昨年11月、第1子となる男児を出産していたことを会員制ファンクラブサイトで1月1日に電撃発表した歌手・浜崎あゆみ(41才)。

    この4月、彼女の波乱万丈な恋愛がドラマ化されることになっているが、その注目されている配役が決まったという。

     
    ノンフィクション作家・小松成美氏が書いた小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)を原作にしたドラマ『M』(テレビ朝日系)。

    あゆのインタビューに基づき、その半生を「事実に基づくフィクション」として記したもので、あゆ役はシンガー・ソングライター安斉かれん(20才)になったとされる。

    「安斉さんは浜崎さんが所属するエイベックスでも『ポストあゆ』と高い期待を寄せているシンガー・ソングライターで、浜崎さんの全盛期を思わせるギャルっぽいルックスで注目されています」(テレビ局関係者)

    m


    そして、原作であゆとの愛が赤裸々に描かれているエイベックス・松浦勝人会長(55才)役は?

    「様々な名前が挙がりましたが、三浦翔平さん(31才)に決まったようです。
    三浦さんは甘いルックスで、松浦会長のイメージにピッタリだと評判です。
    浜崎さん役の安斉さんとは11才差で、実際の2人の年齢差と比べても不自然ではありません」(前出・テレビ局関係者)
     
    三浦とテレビ朝日といえば、2017年に放送されたドラマ『奪い合い、冬』(テレビ朝日系)が思い出される。

    このドラマに主演の倉科カナの婚約者役で出演した三浦。

    回を追うごとに狂気の度合いを増していく三浦の怪演が話題を呼び、金曜の深夜帯の放送にもかかわらず平均6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均)の高視聴率を記録した。

    「『M』の放送時間帯は土曜の深夜帯です。
    脚本は『奪い愛、冬』と同じく鈴木おさむさんで、幹部スタッフも同じ人が多いそうです。また三浦さんの怪演が見られるのではないかと期待されています」(前出・テレビ関係者)
     

    あゆの恋愛模様がどう描かれるのか、楽しみだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200130-00000015-pseven-ent


    no title

    所長見解:見たいかな・・・


    【【朗報】浜崎あゆみドラマの相手役がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ