ウエンツ瑛士

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウエンツ瑛士が3月10日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演し、事実上の芸能界復帰を果たした。

    1年半ぶりにテレビへ本格出演したウエンツだったが、「急激に老けた」と指摘する視聴者が続出した。

    w


    ウエンツは本場のミュージカルを学ぼうと、2018年10月からイギリスに留学している。

    ロケではヒロミがロンドンをドッキリで訪問。

    ウエンツが住むアパートの隣人だという日本人女性がヒロミと対面し、一緒にウエンツのもとを訪れることにした。


    https://myjitsu.jp/archives/110418 

    所長見解:そんなになるんや・・・
    【【テレビ復帰】ウエンツ瑛士「完全に老けたしハゲた」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヒロミ 留学したウエンツ瑛士情報「全然通用しないらしい」とTVでイジる

    タレント・ヒロミが15日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」(火曜、午後7・00)に出演。

    前任の司会者で、舞台の勉強のため昨年10月から英国留学しているウエンツ瑛士の近況を明かした。

    w


    ヒロミは番組の途中で「ちなみにウエンツ情報ですけど」と切り出し「行って何カ月かたってますけど、全然通用しないことが分かったそうです」とニヤリ。

    「正月に電話かかってきて、言ってましたよ」と明かし、共演のオリエンタルラジオらが「大丈夫か?」「がんばれー」と声援を送っていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/15/0011982332.shtml


    所長見解:いたね・・・

    【【あの人は今】留学したウエンツ瑛士は今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    17年4月、元SMAPの香取慎吾(41)が20年間にわたって2歳年上の恋人と同棲中で、親子ほど年の離れた中学生ぐらいの少年もデートに同行していることが、「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた。

    k

    すでに恋人との関係はファンの間でも知られていたが、当時、同誌の報道により「隠し子か」と話題に。 
    しかし、その後、テレビ番組などで香取が報道をネタにするなどしたため、結局、真相は明らかにならないままだった。

    「あの報道の際、肝を冷やした人気男性アイドルがいたそうです。
    というのも、リアルに女の子の隠し子がいて、すでに小学生ぐらいになっているといわれています。
    母親の女性には事務所ぐるみで手厚すぎるほどの“保証”をしているのだと。
    おかげでこれまで隠し子の存在がバレることはなかったようです」(週刊誌記者)

    その男性アイドルに問題が浮上しうたのは、今から10年以上前のことだったという。

    「女性に対して責任をとって芸能界を引退しようと決意。
    しかし、事務所社長に説得されて引退を撤回したようです。
    女性に対しては、一切、口外しない代わりに生活を全面的にバックアップするという条件をのませたといわれています。
    その女性は自分の親にぐらいしか子供の父親について打ち明けていないようで、取材を進めた週刊誌もあったようですが、裏が取れなかったようです」(同)

    その男性アイドルは先ごろ、大きな決断を発表したばかりだが、隠し子の存在をいつになったらカミングアウトするのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536245/
    週刊実話


    所長見解:あるわな・・・

    【【香取慎吾に続け】人気男性アイドルに浮上した隠し子問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年8月にタレントのウエンツ瑛士(32)が、10月から1年半イギリスへ留学すると発表。日本での活動を休止して、ロンドンで舞台を勉強するという。

    w


    留学を発表する芸能人は意外と多いが、留学を機に芸能界から消えてしまった芸能人もいる。
    2016年4月に活動の拠点をアメリカ・ニューヨークへ移すと発表した、ピース・綾部祐二(40)もその内のひとりだ。

    昨年10月からニューヨークへ移り住んだ綾部は、自身のInstagramへアメリカを全力で楽しんでいる様子を公開。
    女子大生の卒業旅行のような投稿に最初は注目が集まったが、徐々にメディアへ取り上げられることは無くなった。
    とはいえ、インスタグラムにあげた写真は2万を超える「いいね」がつくなど、まだまだ世間からは忘れられていない様子。
    渡米する前に「コメディアンとしてやりながら、最終的な目標はハリウッドスター」と明かしていた綾部だが、花開く日は来るのだろうか。

    今回は綾部のように、留学を発表して姿を消した芸能人たちをご紹介していこう。


    ●大島優子

    元AKB48・大島優子(29)は、火消しのために海外へ姿をくらませたと言われている。
    去年6月に大島は、「AKB選抜総選挙」で結婚宣言した元NMB48・須藤凜々花(21)への批判動画を公開。
    動画内で大島は「結婚発表ね。何考えているのかしら?」「この帽子が、きっと私のすべての言葉だと思うの」とコメントし、“F●CK”と書かれた帽子を画面へ差し出した。

    すると、「ひたすら下品」「結婚の子も無いけど、これも無いわ」と大炎上。
    大島は「不適切なコメントをして申し訳ございません」と謝罪している。
    その後、大島は留学を発表して渡米した。
    しばらく音沙汰がなかったが、来年1月から上演される舞台『罪と罰』への出演が決定。
    このニュースが拡散されると、ネット上からは「存在忘れてたわ」「もう引退していいのに」といった手厳しい声が上がっている。


    ●マリエ

    2005年から、“セレドル”(セレブなアイドル)として活躍したマリエ(31)も留学を機に姿を消している。
    マリエは11年3月19日に、自身のTwitterへ「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?」
    「こっちはいろんなところから募金です金くださいって れんらくがたえなくってこまってんだよ! もー! だれもしんじらんない! みんなだいっきらい!」(原文ママ)とツイート。
    東日本大震災の直後に行われた、有名人たちの支援活動に苦言を呈していた。

    その後ブログで謝罪したマリエだったが、テレビの仕事が激減。
    11年10月に、ニューヨークにある美術大学への留学を発表している。
    翌12年に半年間の留学から帰国していたことを明らかにしたが、全く話題にならず仕舞い。
    しかし今年4月に『有吉ジャポン』(TBS系)へ出演した際は、「懐かしいなあ!」「こんな人いたね! 今何してんだろ」と少し話題になった。


    ●鞘師里保

    元モーニング娘。の鞘師里保(20)は、2015年のグループ卒業後に留学を発表して忽然と姿を消した。
    ダンスと英語を勉強すると言って海外へ旅立った鞘師。
    しかし留学先から音沙汰は無く、ファンは現在の鞘師を知ることができずにヤキモキしていた。

    しかし今年6月、元モー娘。の新垣里沙(29)がブログに鞘師とのツーショットをアップ。
    久しぶりの鞘師を見たファンからは、「帰国してたの!?」「ううう、やっぱり鞘師が好きだ…」「鞘師ぃぃぃぃい!」と歓喜の声が上がっていた。
    しかし、新垣は鞘師とのツーショットをその日の内に削除。
    ネット上からは「事務所は鞘師を使ってなんかやろうとしてるのか?」「まさか復活とか?」「事務所が鞘師を表立たせない理由って何?」といった声が上がっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1521734/


    所長見解:いろんな理由がね・・・

    【【あの人は今】留学して姿を消した芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのウエンツ瑛士が『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の放送中、9月末をもって芸能活動を休止し、10月から1年半、ロンドンへ留学すると発表した。

    w


    彼のように海外挑戦を口にする芸能人は多いが、その野望がほとんど実ったことがないから心配だ。

    ウエンツは、「3年前に、自分がいつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にそのイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりました」と留学理由を語っている。

    「歌、芝居、司会など、何でもこなすウエンツですが、本人としては器用貧乏と感じていて、舞台俳優として一本立ちしたいと考えたようです」(芸能ライター)

    ウエンツに先立って、モデルのダレノガレ明美も『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、「ハリウッド女優になるために、しばらく日本を離れます」と公言していた。
    とりあえず来年1月に2週間の短期留学をするということだが、自身のツイッターでは「オーディションに100回落ちたら諦める」と強い意気込みを見せている。


    売れっ子でも海外の壁は厳しい

    どちらも海外での活動を目標に、まずは留学する格好だが、過去に海外挑戦した芸能人の結果は厳しい。

    「松田聖子は1990年にアルバム『Seiko』で全米デビュー。
    2000年の映画『アルマゲドン』にカメオ出演(顔見世程度の出演)するなどしましたが、成功したとはとても言えません。

    矢沢永吉も81年に米国ロサンゼルスに活動拠点を移し、海外版アルバムを3枚出していますが、特に売れることはなく、程なくして日本に帰還。

    吉田栄作は95年に渡米し、3年間過ごしましたが、目立った実績はなく帰国しています」(芸能ライター)

    『DREAMS COME TRUE』や宇多田ヒカルらも、万全を期して海外に挑んだが、結果は散々。
    ハリウッドスターを目指して渡米したお笑いコンビ『ピース』の綾部祐二も、特に売れる気配はない。

    モデルのローラも、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』でチョイ役として出してもらったのみ。
    日本の売れっ子芸能人たちが、今ある立場を捨ててまで海外に挑戦したがるのは、われわれにはうかがい知れない“神の啓示”のようなものなのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1522399/


    所長見解:たしかに・・・

    【【即帰国】海外進出して成功した芸能人がひとりもいない説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ