ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    インスタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    s



    女さん、顔を隠してテーブル隠さずwwww


    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】女さん、顔を隠してテーブル隠さずwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜がInstagramに「たかし愛してるずーっと❤ちゅ」という、縦読みを投稿していたことが発覚した、その相手は誰だと話題になっている。

    そんな「たかし」候補が現れたのだ。


    サッカー選手の乾貴士(いぬいたかし)が過去にInstagramに「ゆきな大好き」と投稿していたことが発覚した。

    木下優樹菜の言っていた「たかし」とは乾貴士だったのか。

    仮に愛してるとしても、ファンとしてなのか、本当に愛しているのか、それにより当時結婚しているフジモンは複雑な心境である。

    こうした文章の一部を縦読み(または横読み)することをアクロスティックという。

    暗号のような意味があり特定の相手に言葉を伝える際に用いる。


    https://gogotsu.com/archives/55957


    no title

    no title

    所長見解:マジなん・・・

    【【これは意外】木下優樹菜の「たかしあいしてる」の相手はサッカー選手の乾貴士の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の工藤静香が1月3日、自身のインスタグラムを更新。

    自ら釣った鯛で“あら煮”料理を作ったことを報告したのだが、その衝撃的な見た目にネット上では「鯛の死体入りスープって感じ」などと、恐れおののく声が続出している。

     
    新年初投稿となった工藤は、《明けましておめでとうございます。素敵な一年になるように頑張りましょう 今年もよろしくお願いいたします》などとあいさつし、船の上で釣り上げた大きな鯛を手に持った写真を公開。

    《おめで鯛が釣れました》《63センチ水深45メートル 少し巻き上げて40メートルあたりでヒット》と喜びをにじませた。

    同日にアップされたストーリーズでは、《鯛の粗煮が絶品》というコメントとともに、鯛のお頭と尻尾が入った豪快な料理を披露。

    鯛と一緒にしいたけが煮込まれ、小ネギが散らされるなどお正月にふさわしい華やかな一品となったようだ。


    f

     
    この投稿に、ファンからは、

    《立派な鯛ですね~ お正月から縁起が良いですね》

    《冬の海で魚を釣る女漁師しーちゃん。かっこ良過ぎです》

    《富士山も見えて、ダブルでめで鯛です》
     
    などと、温かいコメントが多く寄せられている。

     
    しかし、一方のネット掲示板では、頭と尻尾が丸々汁に浮かぶ“工藤流のあら煮”の見た目に対し、

    《鯛の死体入りスープって感じ》

    《魚の死体が浮いてる池みたい》

    《汚らしく作る天才》

    《魚が丸ごと入ってる… 荒々しく煮るから粗煮だと思ったんだね》

    《あら煮というか巨大な吸い物ですなw》
     
    など、失笑する声が続出。

    かつて「メダカが沈んでそう」と言われてしまった“工藤お手製デトックスウオーター”の悪夢が再び起こってしまったようだ。


    「そもそもあら煮とは、お刺身で使わなかった部分をしょうゆや砂糖で煮汁が少なくなるまで煮た後、最後に照りを出す料理です。
    従って、工藤のいうあら煮は、あら煮ではなくお吸い物に近いかと。
    とは言っても、しいたけを入れてしまってはせっかくの鯛のおいしい出汁が台無し。
    ネット上でも『鯛がもっ鯛ない』『せっかくの鯛の出汁がかすんでしまうよね』との指摘が多くされています」(料理誌ライター)

     
    工藤が『絶品』と評した“あら煮”。

    その味が気になるところだ。


    https://npn.co.jp/article/detail/59871566/

    所長見解:天才やん・・・
    【【悲報】工藤静香さん手料理インスタ ←「死体入りスープ」「池みたい」wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの紗栄子が1月5日、自身のインスタグラムを更新。

    『ユニクロ』の初売りに出掛けたことを自撮りとともに報告したのだが、その場所を巡ってネット上では「ドン引くw」「どんだけナルシスト」などと、失笑の声が続出している。


    新年初の投稿となった紗栄子は、《2020年も皆様にとって笑顔いっぱいの1年になりますように》とあいさつするとともに、年末年始は地元の宮崎で過ごしたことを報告。

    東京に戻ってきてからは、現在、海外の学校に通う愛息子たちの新学期に向けて大忙しの様子で、《一昨日はユニクロの新春セールに駆け込み、子供の分だけと思い行ったけど、結局自分の分もたくさん買ってしまいました》とコメント。

    肩からエコバッグ2つを提げた自撮りを公開した。


    ハットを深くかぶり、マスクで顔を覆うなどして〝身バレ対策〟ばっちりの紗栄子。

    エスカレーターに乗っている際のショットのようで、爆買いしたことにどこか達成感が漂う雰囲気の写真となっている。

    「普段、アパレルプロデュース業やタレント活動の傍ら、被災地域のボランティア活動に精を出している紗栄子。
    主に、支援物資の調達をしているようで、その献身的な姿勢に各方面から称賛を集めています。
    活動の際には、汚れてもいい動きやすさ重視の服を着るでしょうから、ユニクロは丁度いいのかもしれませんね」(芸能ライター)


    p


    さすが紗栄子!自撮りポイントを見逃さず

    そんな中、ネット上では紗栄子が〝エスカレーターに乗っている最中に撮った自撮り〟に対して、

    《エスカレーター降りながら鏡で自撮りしてたら笑っちゃうわ》

    《どんだけナルシスト》

    《エスカレーターで自撮りしてる人いたらドン引くw》

    《ユニクロのエスカレーターで、前の人がこういう風に自撮りしてたら吹き出しちゃうな》

    《一流芸能人でユニクロのエスカレーターで自撮りしてる女性見たことないわ》

    などと、ツッコミの声が殺到している。


    自分がエスカレーターの鏡に映るのは、ほんの数秒。

    割と難易度が高そうな行為でアッパレだが、滑稽といえばそうなのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2148256/

    所長見解:すごいやん・・・
    【【ドン引き】紗栄子さんの衝撃的すぎる自撮りポイントがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末にFUJIWARA・藤本敏史との離婚を発表した木下優樹菜。

    一部週刊誌は、子どもの教育方針をめぐる衝突などが原因と報じているが、ネット上では木下の不倫疑惑が浮上している。


    話題となっているのは、昨年7月10日の木下のインタグラム。

    木下は、長女とのツーショット写真と共に、長女へのメッセージと思しき文章を投稿。

    これを“縦読み”すると、なんと「たかしあいしてる」になるというのだ。

    その投稿が以下(改行は原文ママ。「<ハート>」はハートの絵文字)。


    たいへんだけど… かわいぃから
    しかたなぃよね<ハート>イーッパイ
    あそびまくって
    いっぱいねて
    しんどいくらい喧嘩してでも、
    てをつないで、寝て
    る<ハート>
    ずーーっと<ハート> この繰り返し


    確かに、1行目の「かわいぃから」の前に改行を加えると、「たかしあいしてる」に。

    「喧嘩」が漢字にもかかわらず、「あそびまくって」や「てをつないで」が平仮名である点にも違和感を覚える。

     
    また、「イーッパイ」「ずーっと<ハート>」が縦読みに入るとすれば、「たかしイーッパイあいしてる ずーっと<ハート>」と解釈するべきかもしれない。


    「木下を担当するヘアスタイリストの名前が偶然にも“たかし”であるため、ネット上ではただならぬ関係を疑う声も。
    こんな騒動に巻き込まれて、ヘアスタイリストのたかしさんもいい迷惑でしょうね」(記者)


    no title
    https://entamega.com/29986 



    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】木下優樹菜、離婚原因は不倫の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ