イメージ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “ゆうこりん”の愛称で知られるタレント・小倉優子の離婚危機が話題を集めている。

    小倉は2011年秋にカリスマ美容師と結婚して2児をもうけるも、16年に所属事務所の後輩タレントとの不倫が発覚し、翌17年に離婚。

    その後、18年12月に歯科医である現在の夫のA氏と再婚を果たした。

    今年2月には第3子の妊娠を発表していたが、ここに来て昨年12月頃から夫婦関係が悪化し、A氏は小倉や前夫の間に生まれた7歳の長男と3歳の次男のもとを離れ、別のマンションに一人で暮らすなど、離婚危機の状態が続いていることが一部で報じられている。

    スポーツ紙のデスクは語る。

    「Aさんは元々仕事熱心な真面目な人で、小倉の仕事や子育てにも協力的だった。
    そんな男性だからこそ、小倉も再婚を決めたんでしょうが、生活を共にしていくうちに、妻に対して仕事をセーブして家事や育児に時間を割いてほしいという思いも募っていったようです。
    ただ、小倉からしてみれば、自分が仕事を続ける前提で再婚を決めたわけで、別居前には意見が対立してケンカになることも多かったといいます」


    そんな中、夫のAさんが小倉とのケンカの末に涙目で自宅から飛び出して行ったという一部報道を受けて、業界内ではイメージとは裏腹の小倉の気の強さが話題に上っている。

    「小倉といえば、独身時代は童顔フェイスと“こりん星のりんごももか姫”なる特異なキャラクター設定で雑誌のグラビアやバラエティー番組で活躍していましたが、そうしたイメージとは裏腹に、昔からかなり向上心があり、気が強いことで知られていましたからね。
    そうでなければ長年あんなキャラクターを貫けないし、一介のグラビアアイドルから今の地位は築けないですよ」(芸能プロ関係者)


    y


    さらには、こんな話も。

    「小倉の強気一辺倒な性格が業界内にとどろいたのが事務所移籍騒動の渦中のこと。
    前所属事務所と所属契約を巡って対立した際には、裁判の過程で相手側から下積み時代をはじめ、過去のスキャンダルなどが暴露されるリスクも取り沙汰されましたが、それをものともせず徹底抗戦の構えを見せて勝訴にまで持ち込んだ。
    また、移籍先をめぐって芸能界の実力者から直接口説かれるも、強気に突っぱねた話は広く知られています。
    今回の離婚騒動も、その原因の一端は小倉の強気な性格にあるとする声がもっぱらです」(前出・関係者)


    https://www.cyzo.com/2020/03/post_234057_entry.html 

    所長見解:そらな・・・

    【【リコン星人】小倉優子のイメージとは真逆な性格がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なんだ?

    m

    所長見解:もうな・・・

    【【急募】宮迫博之さんが今から大逆転できる方法がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    市長が「画期的」と喜んだ! 

    尼崎のイメージ「良くなった」と答えた市民、初の5割超え

     
    兵庫県尼崎市による2018年度市民意識調査で、尼崎市のイメージが「良くなった」「どちらかといえば良くなった」と回答した割合が52・6%に上り、2013年度の調査開始以来、初めて5割を超えたことが分かった。

    かつてはひったくり被害が県内ワースト、全国ニュースになるような事件も起きるなど悪いイメージがつきまとってきたが、近年は駅前再開発で「住みやすい」との評価がされるまでに。

    市は好機とみて、さらに取り組みを進めるという。

     
    今年2~3月、無作為に抽出した満15歳以上の市民3千人を対象にアンケートを配り、約25%の745人から回答を得た。

     
    「市に対するイメージは、ここ数年でどう変化したか」という設問では、「良くなった」15・7%(117人)、「どちらかといえば良くなった」36・9%(275人)と計52・6%で、前年度から約18ポイント上昇した。

    これまで最高だった市政100周年の16年度(42・6%)を超えた。

     
    また、イメージが改善したとする計392人に理由を尋ねると、「駅前周辺がきれいに整備されるなどまちの景観がよくなった」がトップで56・6%(222人)。

    「尼崎城などまちに新たなにぎわいが生まれた」15・6%(61人)、「体感治安がよくなった」13・0%(51人)と続いた。


    g

     
    プラスイメージの広がりに、稲村和美市長は「画期的」と喜ぶ。

    同市は昨年、民間企業の調査「本当に住みやすい街大賞in関西」で、再開発地域にファミリー層が集住するJR尼崎駅周辺が1位となったことや、新たな観光スポットとなった尼崎城の再建などが評価されたと分析する。

     
    同市はイメージ向上に加えて、子育て世帯の移住・定住促進や、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の得点向上などソフト面でも施策の目標値を定め、達成度を「まちの通信簿」としてホームページで公開している。

    稲村市長は「まちが変わったという印象がまとまって伝わったかもしれない。
    このチャンスを逃さずに施策に取り組みたい」と話した。


    子育て世代などが移り住んだJR尼崎駅北側の再整備地区=尼崎市潮江1
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggSjpZUl7ARgbokFdayF9tXw---x599-y900-q90-exp3h-pril/amd/20191008-00000000-kobenext-000-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000000-kobenext-l28 

    所長見解:イメージがな・・・
    【【悲報】尼崎のイメージ問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    栃木足利


    j

    所長見解:いろいろあるよね・・・

    【【悲報】三大犯罪のイメージしか浮かばない市町村「横浜県川崎市」「山口県光市」あと1つがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 氷川きよし、V系メイクとシャウトで豹変の背景に「非・演歌志向」「業界の苦境」

    まさか演歌を歌うことに「やだねったら やだね」と言ったわけではあるまいが、ヴィジュアル系さながらのメイクとシャウトに業界関係者は度肝を抜かれたのだった。

    今年でデビュー20年目。

    それでも、このままでは生き残れないという氷川きよし(41)、魂の叫びである。

    h


    映像が所属レコード会社の公式YouTubeチャンネルにアップされたのは5月20日のこと。

    昨年末に東京国際フォーラムで行われたスペシャルコンサートの模様を映したそれには、演歌のイメージとはあまりにかけ離れた氷川の姿があった。

    芸能記者が言う。

    「歌っているのはフジテレビ系列のアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌となっていた『限界突破×サバイバー』という曲です。
    ド派手なラメ入りの衣装に濃いアイシャドウを施し、長髪をなびかせる。
    ヴィジュアル系バンドのような激しいリズムのナンバーを歌う姿が話題になりました」

    あっという間に動画の視聴回数は70万回を突破。

    フジテレビ系の「めざましテレビ」などでも取り上げられた。

    氷川ファンを公言する放送作家の山田美保子氏は当時の様子をこう語る。

    「年末恒例のコンサートでは、クリスマスソングやKIYOSHI名義のポップス調の歌を披露することもあります。
    ですから、演歌以外を歌うのは珍しいことではありません。
    ファンとしては“メイクには驚いたけど、何を歌ってもやっぱりカッコいい”と感想を持った方が多いと思います」

    ファンの心を掴んでいるのは相変わらずのようだ。

    所属事務所に聞くと、

    「路線を変更したわけではなく、デビュー以来、色々なジャンルの曲を歌ってまいりました。これからも挑戦していきたいと思います」

    そう言うのだが、ならばなぜこの時期に動画を公開したのか。

    先の山田氏が続ける。

    「今年でデビュー20年目なので、世間の注目を集めるという意味合いもあったと思います。
    実際、ライブでも本人が“今年は色んなことにチャレンジしたい”と話していました」

    氷川自身の事情があったと漏らすのは、芸能関係者。

    「氷川さんは長年演歌を歌い続ける中で、他のジャンルでも歌いたいと事務所とレコード会社に訴えていたんです。
    中でもやりたがっているのはシャンソンでした。
    ですが、そればかりでは、と今回のような楽曲も歌うことになったのです。
    また、演歌だけではテレ朝の『ミュージックステーション』など、地上波の有名音楽番組には出られない。
    動画をアップすることで、そうした番組に出演したいという思惑もありました」

    20年もの月日は様々な思いが去来するのに十分な時間である。

    一方で、その背景に業界の苦境があると指摘するのは、音楽評論家の富澤一誠氏だ。

    「1998年に6千億円あった音楽ソフト売り上げが、現在は半分以下です。
    しかも、演歌に限れば、客層は60代以上で、売り上げは全体の数%しかありません。
    デジタル配信があるものの、大御所の演歌歌手も本業以外の仕事を入れないと新規にファンを獲得することは難しい。
    最近では、細川たかしさんもNTTドコモのCMに出演して、一休さんの替え歌を披露するなど、新分野に挑戦しています」

    作詞家の阿久悠氏は生前、「曲作りは時代とのキャッチボールだ」と語っていた。

    演歌界の貴公子であっても“時代”からは逃れられないのである。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00564292-shincho-ent

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190606-00564292-shincho-000-3-view.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】氷川きよし、こんな風になる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ