ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    イッテQ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜よる7時58分~)が24日に緊急生放送され、タレントのイモトアヤコ(33)が結婚することを発表した。

    お相手の石崎ディレクターは、イモトの珍獣ハンターオーディションの面接官。

    そこから多くのロケに帯同し、石崎ディレクターが容赦ない言動でイモトを怒らせる流れが鉄板に。

    苦楽をともにしてきたが、異性として意識したことは「全くなかった」という。


    転機となったのは2017年12月の南極大陸登山への挑戦。

    イモトをそばで励まし続けてきた石崎ディレクターが高山病の症状が出てしまい、頂上付近で無念のリタイア。

    石崎ディレクターがいなくなったことでその存在の大きさを感じたイモトは「この人のために頑張りたいと思った自分がいた」と恋愛感情を自覚。


    番組での今後を考え、思いを伝えるか迷ったものの、告白することを決意。

    「相談事がある」と初めて日本で2人で食事に行く約束を取り付け、「私は石崎さんのことが大好きです。結婚したいと思っています」と逆プロポーズとも取れる愛の手紙を読み上げたことを明かした。

    その後、石崎ディレクターは返事を保留。

    2018年7月に放送された安室さんとイモトが台湾で対面した企画の直後に返事をもらったことも明かされた。


    2人は2018年5月下旬頃より交際をスタート。

    放送終了後に都内区役所にて婚姻届を提出し、入籍する予定。

    なお、現在同居はしておらず、イモトは妊娠していないという。 


    m


    ♦コメント全文

    この度私イモトアヤコは番組ディレクターの石崎史郎さんと結婚致します。

    12年前の珍獣ハンターオーディションで出会い、まさしく世界の果てにて凄まじく濃い時間を共に戦ってきました。

    コモドドラゴンに追いかけられ 初登山でキリマンジャロに登り 北極では何日も白くまを探し アマゾンでピラニアやワニを捕まえお雑煮にし 北欧では初のぎっくり腰になり オーロラが見られない上に嵐で閉じ込められ 大好きな安室ちゃんのライブに行けず泣き叫び ロシアのアスファルトでケツを引きずられ ネパールの雪山で2ヶ月間のテント生活をしました。 

    時にはいい子ではいられない状況も多々あるなか、人間イモトアヤコのむき出しの様を石崎さんはいつもそばで面白がってくれました。

    そのなんとも言えない安心感のおかげなのか私自身、自分でさえも知らない自分に出会うことができ、またそんな自分がおかしく愛おしかったのです。

    お仕事だけでなくお互いの人生でもそんな関係性をそばで築けたらきっともっと楽しく豊かで美しい人生になるのだろうと想像しております。

    今回の結婚発表をイッテ Q!生放送でご報告できたことに、イッテ Q メンバー、スタッフさんといった大好きな方々が協力してくださったことに、テレビの前で結婚相手クイズを考えてくださったことに、心から感謝しております。

    今後とも共に愛するお仕事を今まで以上に愛し共にパワーアップしたいと思いますので、応援してもらえたらこれ幸いでございます。


    https://mdpr.jp/news/detail/1900174 

    所長見解:よかったやん・・・

    【【祝報】結婚を発表したイモトアヤコは妊娠して・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

    司会の内村光良を始め、宮川大輔やイモトアヤコなどレギュラー陣の顔ぶれは安定していると思いきや、番組の歴史は「降板劇」の連続でもあった。


    q

     
    最近、最も記憶に残るのがベッキーの降板だ。

    2016年に起こした不倫騒動のあおりを受けて「一時休養」。

    芸能界に復帰した後も再登場していないところを見ると、事実上の降板と見ていいだろう。


    お笑いコンビ・オセロの中島知子も、占い師による洗脳騒動、家賃滞納騒動のさなか、2012年2月に降板。

    その相方・松嶋尚美も、第2子出産・育児のため2013年6月から休養ということになっていたが、復帰することなく事実上、降板している。

     
    「ベッキーの休養と入れ替わるように、2016年3月からレギュラーの座に就いているのが、いとうあさこ。
    また、去年からはガンバレルーヤの2人が、なんとなくですがレギュラーの位置に納まっています」(芸能ライター)

     
    準レギュラーのポジション争いも苛烈だ。

    イモトに憧れて芸能界入りし、彼女と同じワタナベ・エンターテインメント(以下ナベプロ)に入った、森山あすか。

    その言動から「イモト2世」と呼ばれていたが、番組にハマらなかったと見えて、去年3月以降出演はない。

    代わりに、ANZEN漫才みやぞんが台頭していった。

     
    ちなみに同じナベプロでは、ロッチ中岡創一とWエンジン・チャンカワイの間にも因縁がある。

    もともとチャンのほうが先に『イッテQ』に出ていたが、のちに中岡が、YouTubeの過激動画に挑戦するコーナー『Q Tube』で人気を得るようになると、チャンの出番も次第に減っていった。

     
    そんな意外と生存競争が厳しい『イッテQ』で、次にお払い箱になるのは誰だろうか?

     
    「女芸人枠は、いとう、ガンバレルーヤ、たんぽぽ川村エミコ、おかずクラブなど供給過剰状態。
    その中で、特に活躍の場があまりない森三中・村上知子の不要論はずっと渦巻いています。また、イモトもブレーク後、ハングリー精神がなくなり、モチベーションの低下も叫ばれています。
    ちなみに、NEWS・手越祐也は、一部メディアで『イッテQ』降板説が噂されましたが、15日のオンエアでは自らその話題を取り上げ、否定していました」(同)

     
    いずれにしても、今後の新陳代謝のためには、誰かが犠牲にならないとダメなのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2012977/

    所長見解:みやぞんか・・・


    【【悲報】「イッテQ」、次のレギュラー降板タレントがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「BPOに『やらせ』と認定されたことで、番組のイメージダウンは避けられない。
    7月7日配信の『東スポWeb』によると、内村は『自分がタレントとして芸人としてまた、
    一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで降板する』と発言していたといいます。

    また、ANZEN漫才・みやぞんやバービーが番組ロケで大けがをしたことにも不満を漏らしていたそうで、番組サイドはやらせ演出や体当たりロケについての改善策を提示して、信頼回復に努めているようですが……」(テレビ関係者)


    q


    「内村はすでに降板の意向を示していて、後任として同じ事務所の出川哲朗をプッシュしていると聞きます。
    出川のほうには断る理由はなく、『紅白の司会も狙う』と息巻いているとか。
    彼は『イッテQ』では番組初期から100回以上の体を張ったロケに挑んできており、内村と共に番組の顔役の一人。
    6月30日の放送では『出川哲朗 およそ100回アワード』と題して、これまでの“出川史”を振り返る企画も放送され、大反響となっています。
    出川は腰に爆弾を抱えており、55歳とあって肉体的にもロケがきつくなっていますから、MC転向は渡りに舟でしょう」

    https://www.cyzo.com/2019/07/post_210125_entry.html

    所長見解:ないな・・・

    【【悲報】内村光良さん、「イッテQ」降板。 後任がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    福田沙紀、現在の様子に驚きの声 『イッテQ』出川ガール務めた過去も

    『イッテQ』の伝説的名企画「間欠泉しゃぶしゃぶ」で出川ガールを務めていた福田沙紀。

    28歳になった彼女の現在は…
     


    f


    6月30日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、女優・福田沙紀(28)が「出川ガール」を務めた過去映像が放送された。

    同番組の伝説的な名企画に体を張って貢献していたことに改めて称賛の声が上がる一方、彼女の「現在の様子」に注目が集まっている。


    ■「間欠泉しゃぶしゃぶ」企画に出演

    30日の放送では、出川哲朗の過去100回を超えるロケの名場面を振り返り、同番組を語る上で外せない「伝説的名シーン」の数々もプレイバックされた。

    その1つが、2006年9月に放送された、アイスランドでの「間欠泉でしゃぶしゃぶはできるのか」という企画。

    高さ15メートルほど吹き上がる間欠泉を目の前にして「できるわけねぇじゃん」とこぼす出川に、福田は「できるって。内村さんが、出川さんはこういうのが得意でこういうのでご飯を食べてるんだって」と背中を押した。

    そうして実現した熱湯シャワーを浴びる出川のリアクションは、同番組の伝説的名シーンとして語り継がれることに。


    ■出川ガールの変遷に様々な声

    放送を受けて、視聴者からは「しゃぶしゃぶのときって福田沙紀だったんだー」など驚きの声が。

    一方で「北川弘美ちゃん、福田沙紀ちゃん…女性タレントは大変だね。だけど、安定してずっと出続けてる森三中や、イモト。なんだかんだで女芸人はすごいと思う」など、出川ガールの変遷に複雑な声をつぶやくユーザーも。


    ■28歳になった現在の彼女は…

    今月3日にインスタグラムで公開された写真では、10代の頃から変わらない透明感と愛らしさに「かわいいすぎる」「何年経ってもかわいい」など多くの反響が寄せられている他、外国語でのコメントも見受けられ、彼女の幅広い活躍ぶりがうかがえる。


    ※インスタ画像がコチラ 


    https://sirabee.com/2019/07/06/20162113299/

    所長見解:消えたね・・・

    【【あの人は今】『イッテQ』出川ガールだった福田沙紀さんは今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    内村が降板を覚悟した!? 

    日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後8時)で騒動となった“やらせ祭り”問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、放送倫理違反に当たるとの見解を示した。

    BPOに「やらせ」と認定されて日テレ内部は蜂の巣を突っついたような大騒ぎになっている。

    なかでも大問題なのは、番組のリーダー的存在の内村光良(54)が10月降板を決意したとささやかれていることだ。


    q


    今回のBPOの見解を受け、MCの内村が「降板を口にした」という衝撃的な情報を入手した。

    「結論を言えば、自分がタレントとして芸人としてまた、一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで『イッテQ』を降板すると発言したそうなんです」

    こう話すのは番組の事情通だ。

    どうやら内村の決意は固いそうで、今回の件について説明に訪れた旧知の仲である演出担当者に対し最後まで口を開かなかったとも。

    「あんな厳しい表情をした内村さんを見るのは初めてです。
    みやぞんやバービーが大けがをしたとき、内村は泣きながら番組幹部に『これ以上、仲間を傷つけないでほしい。危険なロケなら俺にやらせろ』と直談判したんです。
    もしかしたら、すでに内村の腹は決まっているかもしれません」(同事情通)

    かつては日曜の夜8時台でNHK大河ドラマさえ寄せ付けない“独り勝ち状態”だった「イッテQ」。

    だが、このところ、裏番組のテレビ朝日の「ポツンと一軒家」に視聴率で勝てなくなっている。

    「番組には必ず賞味期限がある。内村自身、いまが潮時かと考えているのかも…」(同事情通)

    もちろん内村が降板するようなことがあっては番組存続はおろか、日テレとしても致命傷だ。

    日テレ上層部も手をこまねいているわけではない。

    今回の一報を受け、日テレ局内では「イッテQ」のプロデューサーやチーフディレクターなどを緊急招集し、対応策について口頭で説明させたという。

    「改めてその場で、絶対にヤラセと誤解されるような演出は行わない。
    放送前にVTRのチェックを番組関係者以外にもしてもらう。
    コーナー企画に関しては、担当プロデューサー、局プロデューサー、考査部のチェックを受ける。
    また、放送前の完パケ(完成した映像)を必ず局長、局プロデューサー、番組向上委員会メンバーに見てもらうなどの取り決めをした」(制作関係者)

    さらに、最近、けが人が出ているロケについても「万が一、タレントから“もうだめだ”とのギブアップ宣言が出たら絶対に追い込まない。
    今後はロケの様子もVTRに撮り、保存することになった。
    それにディレクターやプロデューサー、さらに番組向上委員会のメンバーにもチェックしてもらう。
    ヤラセ演出の有無をシートで提出してもらうんです」(同関係者)。

    チェック体制だけではない。

    内部の風通しもよくしようと試みているよようで、番組スタッフに対しては、現代版目安箱的なメールアドレスが設置されたという。

    「これは社長が直々に目を通す。
    セクハラやパワハラは当然として、ADでも気になることはすぐにメールで相談が可能になった」と同関係者。

    これらの改善策で内村を納得させることはできるか。


    【イッテQやらせ問題の経緯】

    ・2017年2月12日 日本テレビがタイで開かれているとして「カリフラワー祭り」を紹介した「世界の果てまでイッテQ!」を放送

    ・18年5月20日 ラオスの祭りとして「橋祭り」を紹介する

    ・11月8日 週刊文春が橋祭りなどは実在せず番組側の企画だと報道。日本テレビがやらせ疑惑を否定

    ・11月9日 放送倫理・番組向上機構(BPO)が、日テレに報告書の提出を求めることを決定

    ・11月15日 日テレの大久保好男社長(当時)が「疑念を生み心配をかけた」と謝罪、企画の休止を公表

    ・19年1月11日 BPO放送倫理検証委員会が審議入り

    ・7月5日 放送倫理検証委が「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」などとする意見を公表


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1461171/

    ▼画像
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/be588e72efcdfa9a136d307605b3c11e.jpg 

    所長見解:多いな・・・
    【【悲報】「イッテQ!」内村10月降板説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ