イッテQ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのスタッフの行動に、視聴者から非難の声が殺到している。

    この日の番組は人気企画『イモトワールドツアー』を放送し、イモトアヤコが中国・ハルビンへ。

    1月の平均気温がマイナス19℃という極寒の同市で、名物イベントという寒中水泳に挑むこととなった。

    本人は「やりたくない」と露骨に嫌がっていたが、出演中のドラマ『家売るオンナの逆襲』(同系)の番宣ができると聞き、渋々ながらもこれを受け入れることに。

    「1メートル泳ぐごとに1秒の告知タイム獲得」というルールのもと、早速スクール水着に着替えていく。

    しかし、プールは屋外のため、イモトは入水前から「寒い!」「ヤダぁぁぁ!」と大絶叫。

    飛び込み後もプール脇のはしごへ一直線に向かい、記録は6メートルに終わってしまった。

    m


    “リアクション”を撮りたい名ばかりの告知

    プールから上がったイモトは現場スタッフに抱えられ、上着をかけられながら暖かい小屋へ。

    すると、番組スタッフがすぐさま駆け寄り、「イモトさん6秒! はいスタート!」と告知タイムの開始を急に宣言した。

    イモトは寒さのため咳き込むばかりで、一言もしゃべらないまま告知は終了。

    その後、“泣きの1回”で計12秒の告知タイムを得たが、2回目もプールから上がってすぐにスタッフが駆け寄ってきた。

    当然、2回目の告知タイムでも悶えるばかりで、まともな言葉をほぼ発せなかったイモト。

    すると、ツイッターには、

    《スタッフがイモトに塩対応過ぎて見てて不快になる》
    《それを笑って撮ってるのももはや怖い》
    《イモトいじめの度が過ぎてて胸糞》
    《嫌がらせに近いわ》
    《これが面白いと思ってるの? ショーアップしたイジメみたいですごく不快》
    《イモトかわいそ過ぎるだろ…》

    など、スタッフの対応に苦言を呈するツイートが続出した。

    同番組はヤラセ騒動後も高視聴率を維持しているが、このまま“信頼の回復”をホッタラカシにして続ける意向のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680230/

    所長見解:ネタやん・・・

    【【イッテQ】イモトアヤコへの凄惨過ぎるイジメ問題がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)が、いよいよ絶体絶命のピンチに陥っている。

    唯一のレギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から、とうとうリストラ話が持ち上がったのだ。

    t


    “イッテQ”といえば昨年11月、週刊文春に「やらせ疑惑」を報道され、番組存続の危機に直面したのは記憶に新しい。

    そんなナーバスな状況下で昨年の大みそか、再び文春に手越のスキャンダルが報じられて――。

    「もう完全にウミは出し切ったと本人からも確認していたのに…。『あいつは本当に大丈夫なのか?』という声が局内から噴出しているんです」(日本テレビ関係者)

    騒動の始まりは大みそかに配信された「週刊文春デジタル」で、またしても手越の飲酒がらみのスキャンダルが報じられたことだ。

    「文春は昨年9月に手越がグアムの法律では飲酒が禁止されている20歳の女性と酒席を共にし、さらに11月に日本で未成年女性と飲酒していたと報じたんです。
    記事から察するに情報源をしっかりと囲っている。
    ジャニーズの出方次第では二の矢、三の矢があると思わせる記事構成なんです」(前出関係者)

    こうした“やんちゃぶり”にすっかり頭を抱えているのが、手越を重用する日テレだ。

    テレビ局関係者は「そもそも手越は昨年6月にも未成年者との飲酒疑惑が報じられていた。昨年6月といえば、まさに『2018 FIFAワールドカップ ロシア大会』の日本対セネガル戦の中継(日テレ系)の直前。手越は番組のメインキャスターで一時は降板も検討されたんです。
    これまで何度も注意しても一切、聞く耳を持たない。
    そろそろ堪忍袋の緒が切れますよ」と言う。

    そもそもNEWSのメンバーを巡っては同じ昨年6月に小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年者と飲酒をしたと“文春砲”で報じられた。

    小山はその後、20日間の芸能活動自粛→再開するも、キャスター業には復帰できず、最終的には先月、「news every.」(日テレ系)を降板した。

    昨年はNEWSのメンバー4人中3人が飲酒を伴う問題を起こしたのに、ジャニーズ事務所はグループに大きな謹慎処分などは科さなかった。

    それどころか、15周年記念というアニバーサリーイヤーだったためか、大みそかには京セラドーム大阪で単独のカウントダウンコンサートを行うなど、“特別待遇”が目立った。

    年が明けても、NEWS推しは続いたようだ。

    テレビ局関係者は「あまり大きな声では言えませんが、今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーの候補としてNEWSをジャニーズから猛プッシュされていた。
    だが、今回の手越の一件で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの『King&Prince』の起用に向け、最終調整に動きだしたそうです」と明かす。

    これまでどんなに不祥事を起こし続けても、おとがめなしの手越だったが…。

    「『イッテQ!』も3月いっぱいで降板という話が本格化している。
    ポスト手越は『King&Prince』の岸優太と平野紫耀の2人が有力候補だ。
    また当初、手越は日テレが中継権を獲得したラグビーW杯のスペシャルサポーターに内定していたが、スポンサーの意向で白紙になった。
    今後、日テレの手越外しやNEWS切りはどんどん本格化していくでしょうね」(別の日テレ関係者)

    TOKIOのメンバーだった山口達也も昨年、酒で身を滅ぼした。

    そろそろ手越も気づくべきだが…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000007-tospoweb-ent


    所長見解:手越やからな・・・

    【【スキャンダル連発】手越「イッテQ」降板の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    TBSの佐々木卓社長は28日の定例会見で、日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」でやらせ疑惑があると週刊文春が報じている問題に絡み、「ひとごととはしない。視聴者の皆様の期待を裏切ることがあってはいけないというのが僕らの鉄則。
    演出の方法もあるが、視聴者の期待と信頼に応えるのが番組作りの鉄則で、視聴者をがっかりさせるようなことはしてはいけないと思うし、われわれもしっかりと気をつけてやっていきたい」と強調した。

    t


    また、NHKの受信料が実質的に計4.5%の値下げとなることについて、佐々木社長は「具体的にわれわれが評論することはない。実際にテレビの前の方、視聴者が引き下げをどう受け止めるのか、視聴者の方々が感じ取ること」と述べた。

    https://www.sankei.com/entertainments/news/181128/ent1811280009-n1.html


    所長見解:ブーメラン・・・

    【【やらせ問題】TBS社長「視聴者を裏切らないのがボクらの鉄則」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    25日放送の『誰も知らない明石家さんま3時間スペシャル』(日本テレビ系)に不評の声が相次いでいる。

    番組は日本テレビ系日曜日のゴールデンタイム19時から3時間に亘って放送。

    安定した視聴率を誇る『ザ!鉄腕!DASH!!』と『世界の果てまでイッテQ!』などを休止とし、明石家さんまの人生や「神対応」などがクローズアップされた内容が放送された。

    中盤は、明石家さんまと大竹しのぶ元夫妻の結婚から離婚までを描いた再現ドラマ。

    さんま役は斎藤工、大竹役は剛力彩芽が演じ、2人の結婚生活が詳細に明かされる。

    s


    そして最後は、さんまと剛力が焼肉店で対面。

    剛力に好意を持つさんまが、「若手の俳優と噂になってほしかった」「ロケット野郎よりも俺のほうが勝っている」などと声をかけ、剛力が笑いながらもやんわりとさんまの思いを拒否する様子が流れた。

    さらに、最終盤には剛力と交際し、さんまから「ロケット野郎」と名指しされたZOZOタウン・前澤友作社長も登場。

    さんまと対面し握手を交わし、さんまが「プライベートジェット持っているのはドーピング」などと、事実上2人の交際を認める発言をした。

    番組の内容は、その全てがさんまに纏わる話と、それを見るスタジオの芸能人、とくに吉本興業所属の芸人たちが「凄い」などと持ち上げる内容。

    剛力関連の話など「プライベート」の暴露が多く、さんまの私生活を切り売りするような形となった。

    「面白かった」「さんまは凄い」という声もあったが、毎週『鉄腕DASH』と『イッテQ』を楽しみするネットユーザーからは「DASHとイッテQが休みなのはつまらない」「日曜日が奪われた気がする」と恨み節が噴出。

    とくに『鉄腕DASH』ファンの愚痴は凄まじかったようで、「#鉄腕DASH」ハッシュタグがトレンド入りする事態となった。

    「さんまスペシャル」はこれまでにも放送されており、そのたびにさんまを称賛し続ける内容に「つまらない」「何が面白いのか」と一部視聴者から批判が上がる。

    それでも放送されているのは、一体なぜなのだろうか。芸能関係者はこう見る。

    「いろいろな理由はあると思いますが、『鉄腕DASH』『イッテQ!』ともにロケ中心の番組。
    出演者の負担軽減のために、月に1度は休みを入れたいという意向があるのでは。
    あとは、さんまさんへの配慮もあるのでしょう。
    『踊る!さんま御殿!!』は未だに根強い人気を持っていますし、日本テレビとさんまさんは良好な関係のようです。
    高齢になったといっても、さんまさんは未だに視聴率が取れる。
    持ち上げる内容の番組を作ることで、接待している側面もあると思います」(芸能ライター)

    『ザ!鉄腕!DASH!!』と『イッテQ!』ファンにとってはうんざりするかもしれないが、日本テレビにとっては「さんま特番」も必要不可欠ということのようだ。


    https://npn.co.jp/article/detail/34453784/ 


    所長見解:おもしろかったけどね・・・

    【【DASH・イッテQ】人気番組を休んでまで「明石家さんまスペシャル」を放送した事情がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヤラセ疑惑が持ち上がっている日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」が、11月18日夜の放送冒頭でテロップと女性のナレーションで謝罪しました。

    q



    朝日新聞のこのイッテQ問題についての社説を目にしました。

    (社説)イッテQ疑惑 放送への信頼傷つけた
    https://digital.asahi.com/articles/DA3S13772355.html


    「「ない」ものを作り出して「ある」とする行為は、公共をになう放送番組として許されない。」と述べて、

    「フェイクニュースが横行する時代。何より大切にすべきは、この「信頼」ではないか。」
    と結んでいます。

    大賛成です。

    ところがこの社説に

    「お前が言うな」

    と大ブーメランが返っています。

    例の「従軍慰安婦」について朝日新聞は100%フェイクな記事を長年にわたって報じました。

    そして検証記事でも決して意図的ではなく記者が誤った理解をするところから始まったというような説明をしたわけで、そりゃ確かに

    「お前が言うな」

    です。


    https://lite.blogos.com/article/340139/ 


    所長見解:おもろいな・・・

    【【ブーメラン】朝日新聞さん、イッテQ問題に「「ない」ものを作り出して「ある」とする行為」 「大切にすべきは信頼」 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ