ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    イチロー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有名人「骨肉の争い」――イチロー

    3月21日、東京ドームに詰めかけた4万6451人のファンに拍手で送られ、28年間のプロ生活にピリオドを打ったイチロー(45)。

    試合終了後に行なわれた引退記者会見では、弓子夫人(53)について、

    「一番頑張ってくれたと思います。
    僕はアメリカで3089本のヒットを打ったんですけど、試合前は妻が握ってくれたオニギリを食べるんです。
    その数が2800個くらいなんですよ。
    3千個行きたかったですね」

    と語り、陰で支えた伴侶を労った。

    加えて愛犬、一弓(いっきゅう)への感謝も口にした。

    しかし、と言うよりもやはり、チチローこと宣之(76)には触れないままの85分間だった。

    電動工具部品製造工場を営んでいたチチローは、息子をプロ野球選手にしたいと、イチローが小学4年生の時から、元日を除く年間364日、バッティングセンターに連れて行った。

    イチローが日本を代表する打者となった94年には息子の個人事務所を立ち上げ、社長に。

    あたかも一心同体であった。

    そんな関係が断絶する発火点は、イチローがTBSのアナウンサーだった福島弓子と結婚した99年のこと。

    r


    複数のスポーツ紙記者の証言を総合すると、以下のようになる。

    「チチローはとにかく出たがりなんです。
    イチローの成功は、自分無しではあり得なかったとばかりに、メディアに笑顔を振りまいていました。
    でも、決定的な亀裂が入ったのは結婚です。
    弓子さんが8歳も歳上で、現日ハム監督の栗山英樹と交際していたことに難色を示してダダをこねたり、“孫の顔を見たい”と常々口にしたり……」

    どちらが子供なのかよくわからない状況から、とりあえず距離を置き始めたイチローはメジャーで3シーズン目へと突入する03年1月、更なる試練の時を迎える。

    それはロジャー・クレメンスの剛球でもデレク・ジーターの堅守でもなく、名古屋国税局からの9千万円の申告漏れの指摘だった。

    当時取材した記者によると、

    「とにかくチチローの管理が杜撰だったことは間違いありません。
    イチローにしてみれば、カネには困っていないのに、父親のせいでセコいイメージをつけられたという思いが募ったことでしょう」


    この03年には、別の“事件”も起こっている。

    広島カープ元監督の古葉竹識(たけし)が広島市長選に立候補。

    イチローは応援演説を依頼された。

    と同時に、チチローも応援要請を受けていたのだ。


    しかしイチローは、

    「絶対に親父を街頭に立たせないで下さい。
    演説をすれば、必ず僕のことに触れる。
    親父には、もう自分について話してほしくないんです」

    と、厳しい口調で選対関係者に詰め寄っている。

    イチローのただならぬ怒りを耳にした古葉陣営の人間は、冷え切った親子関係に背筋が凍る思いがしたそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00560818-shincho-base

    所長見解:あるわな・・・
    【【不仲】イチローとチチローの親子断絶理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    米大リーグを引退した元マリナーズ外野手、イチロー氏(45)がみたび国民栄誉賞の受賞を辞退した裏には何があるのか。

    51


    大リーグ1年目に首位打者のタイトルを獲得した2001年には「まだ若いので」、シーズン最多安打のメジャー記録を樹立した04年には「プレーを続けている間はもらう立場にない。
    野球生活を終えた時に、もし頂けるのであれば大変ありがたい」として、国民栄誉賞授与の打診をいずれも断ったイチロー氏。

    過去の言葉を額面通りに受け取るならば、現役引退を表明した今回は断る理由がなかったはずだが、「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」というまさかの返答だった。

    指導者としてまだ野球生活を続けるというのなら、わからないでもないが、3月21日深夜の引退会見で「監督は絶対に無理。人望がないから」と明言している。

    しかも国民栄誉賞第1号は、イチロー氏が「僕にとって特別な存在。神様みたいなもの」と事あるごとにアピールする世界の本塁打王、ソフトバンク・王貞治球団会長なのである。

    06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では監督とチームリーダーの関係で奇跡の世界一を達成。

    太い師弟関係を結んでいるだけに、喜んで国民栄誉賞を受賞するのが普通だろう。

    不可解な3度目の辞退の裏に見え隠れするのが、13年に恩師の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督と国民栄誉賞をダブル受賞した松井秀喜氏の存在。

    オリックス時代から、ゴジラの愛称で人気を集めていた1歳年下の松井氏を常にライバル視してきた経緯がある。

    日本では地方球団のオリックス、メジャーでも主に不人気球団のマリナーズで活躍したイチロー氏とは対照的に、松井氏は巨人からヤンキースという“名門”コースを歩み、日本人大リーガー初のワールド・シリーズMVPまで獲得している。

    イチロー氏としては、松井氏の後追いのような国民栄誉賞受賞は、プライドが許さないのではないか。

    そんな本音が見え隠れする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000007-ykf-spo

    所長見解:違うやろ・・・
    【【なぜ?】イチローが国民栄誉賞辞退するのは「あの人」の存在説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者への取材で分かった。

    r


    固辞するのは3度目。

    理由は明らかになっていないが、今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。

    「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000003-mai-base

    所長見解:っぽいな・・・

    【【悲報】イチローさん、国民栄誉賞なんかいらんってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    イチロー(45)の引退会見で、記者そしてイチロー本人が不自然なほど避けたテーマがある。

    “チチロー”のことである。

    r


    イチローをプロ野球選手に仕立てるべく父・宣之氏(76)が粉骨砕身した話はつとに有名だが、85分に及んだ会見で記者がチチローについて質問することはなかった。

    イチローもまた、「本当に妻と一弓(いっきゅう)には感謝の思いしかない」と弓子夫人と愛犬をねぎらいこそすれ、父母については全く言及しなかった。

    「イチローとチチローの間に亀裂が入ったのは、イチローが結婚した1999年。
    8歳年上の弓子さんとの結婚に宣之さんが大反対したときに遡ります」と大手紙デスクが語る。

    「結婚後も嫁舅関係、そして父子関係は悪化しました。
    宣之さんはイチローのメジャー挑戦にも反対していて、移籍会見当日の朝にその決断を伝えられたそうです。
    渡米後の関係は“断絶”と言ってもよく、ヤンキース移籍に至っては“テレビのニュースで知った”とこぼしていました」

    今回の引退劇も然り。

    チチローが記者団に語ったところによると、“試合直前に弓子夫人から知らされた”。

    引退の第一報は試合開始1時間後だったから、世間が知ったタイミングと大差ない。

    やはり、父子間の溝は埋まっていないのだ。

    大手メディアは、そんな父子関係に触れることなく、チチローのコメントを報じた。

    曰く、

    〈少年時代のことがワーッと思い浮かんできました〉
    〈あの小さい子が45歳。メジャーリーガーになって、ここまでやってきた。ウワーッと涙が出ました〉

    そりゃ泣きたいだろう。

    先日、元横綱貴乃花が、長らく絶縁している母兄との復縁を要望した。

    イチローにもまたそんな日が訪れるのだろうか。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00559197-shincho-base

    所長見解:そんなもんやろ・・・
    【【不仲】イチロー「チチローとの断絶」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    平成を代表するスポーツ選手(三人まで自由回答)は、米大リーグで数々の記録を打ち立てたイチロー元選手が一位。

    フィギュアスケートの羽生結弦選手と浅田真央元選手が二位と三位で続いた。


    芸能分野では、二〇一六年末に解散した国民的アイドルグループ「SMAP」が一位。

    代表曲の「世界に一つだけの花」は、好きな歌謡曲でも圧倒的に支持されてのトップだった。


    ▽調査の方法=層化二段無作為抽出法により、約1億人の有権者の縮図となるように全国250地点から18歳以上の男女3000人を調査対象者に選び、郵送法で実施した。

    2月6日に調査票を発送し、3月14日までに届いた返送総数は2032。

    記入不備や、対象者以外の人が代理回答したと明記されたものなどを除いた有効回答は1930。

    回収率は64.3%で、回答者の内訳は男性50.4%、女性49.6%。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201903/CK2019032702000138.html

    所長見解:そやね・・・

    【【これは納得】 平成を代表するスポーツ選手1位がコチラ、平成を代表する芸能人1位がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ