イケメン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    キムタクの全盛期ってやっぱ凄かったの?

    今でいうと誰?


    ▼画像
    https://i.imgur.com/qBFWkgv.jpg

    https://i.imgur.com/oQt75VE.jpg
    所長見解:たしかに・・・

    【【キムタク】木村拓哉の全盛期凄かった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    4


    90年代に相当イケメンだったタレントの変貌ぶりがやばいwwww


    ▼画像
    所長見解:なつかしな・・・

    【【検証画像】90年代に相当イケメンだったタレントの現在がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    PAKU6300


    『腹筋ローラー』

    これガチですげーぞ、
    腹筋、背筋、上腕筋全部鍛えられる。

    イケオジになれる


    2000円くらいで買えるし
    所長見解:買おう・・・

    【【これはすごい】「腹筋ローラー」すごい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “世界一若く見える”イケメン男性が話題!

    「56歳なんてありえない」「結婚して」

    超マッチョな自撮りが海外でも大反響


    4

    シンガポール在住の俳優、映画監督、写真家、実業家のチュアンド・タン(56)が26日までに自身のインスタグラムを更新。

    最新ショットを公開した。



    タンは、1966年3月3日生まれで現在56歳。

    「世界一若く見えるイケメン」など、ネット上で話題となっている。

    8月22日の投稿では「エキサイティングなことが起きている…今週もよろしくお願いします」とつづりデニムシャツから鍛え上げたバキバキの腹筋をチラ見せした自撮りを掲載。


    ファンからは世界中から色々な言語で

    「56歳!!!!」
    「震えた」
    「信じられない56歳、、」
    「誰か他に彼がヴァンパイアだと思ってる人いる?」

    などの声が上がったほか、どうやったらその若さを保てるのか尋ねる声も上がった。



    25日の最新投稿では海パン姿で超マッチョなボディと若々しい顔を披露し日本語でも「#写真集」とつづった。


    ファンからは

    「あなたは本当に素晴らしい」
    「この男性が56歳なんてありえない」
    「結婚して」
    「うわー、なんてハンサムな男」

    などの声が寄せられている。



    ▼画像
    https://hochi.news/images/2022/10/26/20221026-OHT1I51032-L.jpg

    https://hochi.news/images/2022/10/26/20221026-OHT1I51033-L.jpg

    https://hochi.news/images/2022/10/26/20221026-OHT1I51067-L.jpg

    https://hochi.news/images/2022/10/26/20221026-OHT1I51075-L.jpg
    https://hochi.news/articles/20221026-OHT1T51020.html?page=1



    所長見解:すごいわ・・・

    【【これはすごい】世界一若く見えるイケメン(56)がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    橋本環奈 恋人は中川大志!

    目撃した愛犬同伴でお泊りデート



    g


    都内一等地にある低層の高級マンションから、1匹の黒い愛犬を両手で抱えた女性が出てきた。

    女優の橋本環奈(23)だ。



    10月中旬の午後7時過ぎ、黒のキャップを目深にかぶり、ジャンパーに白のパンツ、スニーカーという普段着と思しきカジュアルな服装だった。

    その30分ほど前、慣れた様子でマンションの中に入っていった際には、橋本は愛犬を連れていなかった。

    “安心して預けられる人”がいるのだろうか。

    自宅にほど近いこのマンションの一室に愛犬を託していたようだ。


    そうして橋本は呼んでおいたタクシーに乗り込むと、自宅へと帰っていったーー。

    「橋本さんは、今月10日に今年の『NHK紅白歌合戦』の司会に決まったことが電撃発表されました。
    テレビに映画に引っ張りだこの橋本さんは、今夏、テレビ番組に出演したときに、日々の睡眠時間を聞かれ、『4時間ぐらい』と答えています」(テレビ局関係者)



    この日、多忙な橋本が訪れていた世帯数の少ないマンションに住んでいるのは、俳優の中川大志(24)だ。

    「中川さんは今年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で畠山重忠役を務め、9月18日の放送回では討ち死にする壮絶なシーンを見事に演じ切りました。
    この熱演に対する視聴者からの反響は絶大で、役者としての評価はうなぎのぼりです」(スポーツ紙記者)




    中川との距離はどう縮まっていったのだろうか。

    「橋本さんは本当に仕事熱心で、アイドル時代には『彼氏は三十路になってから』と語り、上京してから3年間は女性マネージャーと同居していました。
    その結果、CM女王となり、20年には21歳の若さで都内に約3億円の超高級マンションを購入しています。
    『一目惚れはしないタイプ』と公言している橋本さんだけに、恋愛には慎重なところがあるようです。


    ですが、『ブラックナイトパレード』の撮影現場で中川さんと再会。
    この現場の座長は橋本さんと中川さんの両方と何度も共演していて、気心の知れている吉沢亮さん(28)でした。
    吉沢さんがムードメーカーとなり、いい作品を作ろうと切磋琢磨していくうちに、橋本さんと中川さんは、自然と引かれ合っていったようです」(前出・芸能関係者)



    8月2日放送の『スッキリ』(日本テレビ)に中川はVTR出演。

    その際、『ブラックナイトパレード』で橋本と共演した心境を、「ビビりました。
    最初、絵なのかと思いました」と明かし、橋本のビジュアルを絶賛していた。


    いっぽう橋本は『non・no』('20年10月号)のインタビューで《好きになるのは、自分と似ている人or自分と全然違う人?》という問いに、《共通点を探すかも》と答えていたがーー。


    「橋本さんは、多忙な日々の癒しはヨークシャーテリアと、ミニチュアシュナウザーとトイプードルのミックスの2匹の愛犬だと語っていました。
    そして中川さんも2匹のフレンチブルドッグを飼うほどの犬好きなんです。


    またお酒好きで知られる橋本さんは、好きな男性のタイプについて『お酒は好きなほうがいいですね』と言っていましたが、これはまさに中川さんにあてはまります。
    なんでもコロナ前には、週3でスナック通いしていたこともあるそうで、特に麦焼酎が好きだとか。
    多いときはボトル1本空けてしまうほどの酒豪だそうですよ。


    お互い多忙のなか時間を見つけて、家で愛犬たちと戯れながら、お酒を飲んだりしているそうです」(前出・芸能関係者)


    冒頭の橋本が愛犬同伴おウチデートをした数日後の朝10時ごろ、橋本がまた中川のマンションから出てきた。

    橋本の事務所車がエントランスに到着すると、彼女があわただしく乗り込み、車は走り去っていった。


    そして、その約1時間後、黒ずくめの服装で、中川がマンションのエントランスに現れた。

    迎えにきたタクシーに乗り、仕事先へと向かっていった。



    本誌は橋本と中川双方の所属事務所に2人の交際について問い合わせたが、コメントは得られなかった。

    “千年に一人”の初熱愛は、今後どんな展開を見せるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/61c3a121f29329614e432a26dd6315cf5c5c7bd7

    https://news.yahoo.co.jp/articles/61c3a121f29329614e432a26dd6315cf5c5c7bd7?page=2


    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2022/10/hashimoto_kanna_1_line_tw-1.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2022/10/hashimoto_kanna14b.jpeg

    https://img.jisin.jp/uploads/2022/10/hashimoto_kanna2-1.jpg
    所長見解:ええやんな・・・

    【【悲報】橋本環奈、イケメン俳優・中川大志とお泊りデートってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ