ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アンケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルでタレントのMattが人気を集めたり、男性YouTuberが自身のスキンケア術をSNSで披露したりと、美容に関心を持つ男性が年々増えている。

    美意識が高まっている現代の男性たちは、同性のどんな顔に憧れを持っているのだろうか。

    そこでORICON NEWSでは、恒例企画の『第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。

    その結果、ロックバンド・B’zの【稲葉浩志】が初の1位に。

    現在55歳の稲葉だが、歴代最高齢での首位を昨年の竹野内豊からさらに更新した。


    b


    ■世代問わず圧倒的な支持、生きざまが顔にでるカッコよさ

    2013年の福山雅治の殿堂入り以降、俳優が獲得することが多かった本ランキング。

    昨年は竹野内豊が歴代最高齢となる47歳で初の首位を戴冠したが、【稲葉浩志】はそれを塗り替えた。

    アーティストの首位としても、福山の5連覇以来6年ぶりとなっている。

    稲葉は今年、B'zとして5月にアルバム『NEW LOVE』をリリースしツアーを展開。

    同アルバム収録の「兵、走る」は大正製薬『リポビタンD』ラグビー日本代表応援ソングに起用され、「ラグビーワールドカップ2019」のテレビ中継のCMや各局のニュース番組でも繰り返し放送されて話題を呼んだ。

    稲葉は、若い頃から端正な顔立ちで知られ、故・勝新太郎さんが初めて会うなり、「いい顔してるな。お前さんの目は本物の目だ。(石原)裕次郎以来、久し振りに本物に出会った」と絶賛したエピソードでも知られている。


    “男の中の男”からも惚れられた稲葉は、ルックスはもちろん、常にステージで100%を出すためにストイックに体を鍛えてきた生き様も含めて、男性たちが羨望の眼差しを送って1位に。

    その理由として

    「いくつになってもかっこいいから」(東京都/10代)、
    「昔からの憧れの人だから」(滋賀県/20代)

    と若い世代からも支持され、世代別を見ても10代~40代まで1位と圧倒的な人気を誇った。

    さらに

    「この年になっても衰えずむしろ鋭さを増しているから」(東京都/30代)、
    「年齢を重ねても変わらないカッコ良さだから」(東京都/40代)

    と年齢を重ねたからこその色気や渋さも評価されている。


    2位は2016年に初首位となった【ディーン・フジオカ】がTOP3入り。

    10月期のドラマ『シャーロック  アントールドストーリーズ』(フジテレビ系)で月9初主演で主題歌とオープニングテーマも担当し、俳優、アーティストとマルチに活躍中。

    今年は、三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』、漫画家・北条司が総監督を務め、松下奈緒とW主演を務めたオムニバス映画『エンジェルサイン』にも出演するなど、話題をさらった。

    “おディーン様”という愛称にふさわしく、まるで王子様のような二次元的ルックスは男性からも憧れの的に。

    端正かつ気品ある顔立ちで180cmの長身スレンダーボディだが、実は格闘技経験者で、『シャーロック』で華麗なシャドーボクシングを披露するなど、ギャップも人気となっている。


    “国宝級イケメン”【吉沢亮】が初登場で3位にランクイン。

    20~40代からの票を集め、総合3位になった。

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』、映画『キングダム』と話題作への出演が続いた吉沢。

    ドラマ、映画、CMと多方面で活躍した1年であり、自身もイベントで「勝負の年だった…」と振り返っている。


    TOP10を振り返ると、30歳を過ぎた俳優が目立った。

    昨年1位の【竹野内豊】(48)は4位、7位の【西島秀俊】(48)と大人の色香漂う渋みのある俳優が男性からも熱視線を送られている。

    初登場は6位【岡田将生】(30)と8位【斎藤工】(38)。

    男性が男性を見る目はシビアだが、ユーザーコメントを見ていると「渋い顔になりたい」「ワイルドで憧れる」とった言葉も一定数見られた。

    年齢や経験を重ねることで滲み出る魅力、美容術だけでは作れない知性や円熟味を含めた“イケメンさ”が表れている人が同性から憧れる“なりたい顔”になっているのかもしれない。


    ※福山雅治は2013年に同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000307-oric-ent&p


    第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング

    1位 稲葉浩志  画像①

    2位 ディーン・フジオカ

    3位 吉沢亮

    4位 竹野内豊

    5位 竹内涼真

    http://www.oricon.co.jp/special/53912/

    所長見解:あやしいな・・・

    【【結果発表】男性が選ぶ「なりたい顔」ランキングがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今日は何の日? 

    1990年11月21日、ファミコンに続く任天堂の家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」が発売されました。


    任天堂が1983年7月に発売した家庭用ゲーム機が「ファミリーコンピュータ」。

    長い間親しまれてきましたが、ライバルとなるハードウェア性能の高いPCエンジンやメガドライブの登場もあって、ファミコンにも高性能化が望まれるようになりました。


    このファミコンの後継機として登場したのが、1990年の今日発売された「スーパーファミコン」です。

    ファミコンでは搭載されていなかったスプライトや多重スクロール、回転・拡大・縮小などの機能を搭載し、グラフィック性能が大幅向上。

    これによりゲームの表現が幅広くなり、多くの名作が誕生しました。

    s

    本体と同時に発売となった任天堂のゲームタイトルは「スーパーマリオワールド」「F-ZERO」。

    初期の作品ながら、どちらもスーパーファミコンを代表するタイトルです。


    このほか、スーパーファミコンで人気のあったゲームの多くは、2017年10月に発売された
    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に搭載されていますので、こちらの紹介動画をご覧ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=Nvg00aOwqxk



    ちなみに、今年の9月にはニンテンドースイッチ用にスーパーファミコンのゲーム配信が開始されています。

    以前は中古ゲーム屋や個人オークションで手に入れるしかなかったレトロゲームが身近になり、手軽にプレーできるようになってきたのはうれしいですね。


    11月21日のおもなできごと

    1990年、任天堂が「スーパーファミコン」を発売
    1998年、カシオ計算機が「CASSIOPEIA FIVA MPC-101」を発売
    2000年、インテルが「Pentium 4」を発表
    2009年、任天堂が「ニンテンドーDSi LL」を発売
    2015年、ソニーが電子ペーパー時計「FES Watch」の店頭販売開始
    2017年、任天堂が「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の配信開始
    https://japanese.engadget.com/2019/11/20/1990-11-21/ 



    所長見解:懐かしいな・・・

    【【速報】スーパーファミコン 名作No.1がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    どれや

    c


    所長見解:牛やな・・・
    【【大論争】関西「カレーは牛やろ」 関東「豚に決まってんだろ」 謎「チキンも美味いぞ」 ←どれwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カリオストロの城のパスタの旨そう感は異常、これ超えるアニメ飯ある? 

    p

    所長見解:うまそう・・・

    【【アニメ】カリオストロの城のパスタの旨そう感は異常、これ超えるアニメ飯は無い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マックスコーヒー


    m


    所長見解:山崎やな・・・
    【【これはうまい】「うますぎワロタ」ってなった飲みものがコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ