ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今、最強子役といえば、寺田心だろう。

    「ブックオフなのに本ねえじゃん」のCMでは、ブックオフの業績回復にも貢献した。

    ドラマや映画にも引っ張りダコだ。

    では、10年前の最強子役が誰だったかといえば、大橋のぞみである。

    1歳から児童劇団に所属し、2007年「藤岡藤巻と大橋のぞみ」として、アニメ映画「崖の上のポニョ」の同名主題歌を歌い、翌夏の公開とともにこれが大ヒットして、脚光を浴びた。

    その勢いでソロアルバム「ノンちゃん雲に乗る」をリリース。

    「紅白」では「ポニョ」以外に、オープニングにも登場してひとりで「切手のないおくりもの」を歌った。

    n


    その翌年も快進撃は続き、ドラマ「白い春」や「ザ・クイズショウ」などに出演。

    「紅白」にも応援ゲストとして登場してソロで2曲披露した。

    あくる年4月の「週刊文春」の記事によれば、CM契約は10社を超え、そのギャラは無名子役の100倍にあたる1本500万円まで高騰していたという。

    しかし、2012年春、小学校卒業を機に芸能界を引退。

    理由は「学業優先」で、その後は一度も復帰していない。

    5月9日には一般人のまま、20歳になった。

    じつはこれだけの人気者があっさりと引退して姿を消すことは珍しく、ネット上ではちょくちょくその消息が話題になっている。

    9歳のとき、「保育園の先生になりたい!」と言っていたことから、保育士資格が取得できる首都圏の大学に通っているらしい、というのもそのひとつだ。

    が、真偽はわからない。

    写真についても信憑性がありそうなのは、引退5ヶ月後に業界人がツイッターにあげたパーティーでの2ショットが最後である。

    その後、本人とされる写真がいくつか拡散されたが、島崎遙香(元AKB48)や中元すず香(BABYMETAL)の間違いであることが判明。

    最近出回った本物とされる写真も後ろ姿だったりして、信憑性も何も確かめようがない。

    とまあ、芸能史上稀に見る去り方をしたわけだが、その理由を考えるうえで重要なことがある。

    それは彼女が子役として、むしろ異端だったということだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00000090-sasahi-ent

    所長見解:20歳か・・・
    【【伝説の子役】大橋のぞみが芸能界から姿を消した理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    ポールのミラクル大作戦

    所長見解:かぼちゃワイン・・・


    【【懐かしい】これ知ってたらおっさんってアニメがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「小学生のころから、オタクな話はおおっぴらにしていました。
    けっこう強気なタイプだったんです。
    好きなものは好きと言い続けてましたね」

    BANDAI SPIRITSが秋葉原にオープンした『TAMASHI NATIONS TOKYO』で、フィギュアに囲まれながらにこやかに語るのは、4月からフリーアナウンサーとして活躍している宇垣美里。

    g


    日頃からアニメ・漫画好きを公言している宇垣にオタク道を聞いてみると……意外な答えが返ってきた。

    「親が厳しかったのと、家族で1台のテレビしかなかったので、子供のころはたくさんアニメを観ることができなかったんです。
    本格的にアニメにハマったのは、じつは大学生から。
    『セーラームーン』とか『カードキャプターさくら』とかは子供のころに観ていて、すごく好きでしたけどね。
    でもやっぱり、漫画みたいに自分1人で楽しめるものを選びがちでした。
    漫画はわりと雑食で、少年漫画系もけっこう網羅しています。
    それこそ『NARUTO』は1巻からチェックしていましたし、『ワンピース』『銀魂』あたりも、全部読んでました。
    ジャンプの漫画は大体好きですよ。
    あと『黒執事』とかは、オタクは絶対通りますよね。
    絵がきれいだし、ほんとに “お耽美”……」

    不自由さはあっても、やっぱりオタクなカルチャーが好きで、自分なりの楽しみ方を見つけていった。

    「キーホルダーとか、小さい缶バッチとか、あとはガシャポンで出てくるアイテムなんかを、喜んで集めていました。
    ことあるごとに眺めて、静かにテンションを上げるんです。
    シャーペンの柄の部分に好きなキャラの切り抜きを入れたら、勉強が超はかどりました」

    オタクであることを隠してなかったとなると、気になるのは交友関係だ。

    「私の友達は、オタクが多いというより、オタクであることを許容してくれる友達が多い気がします。
    その子たちもその子たち独自の世界がありますし。
    『廃墟大好きなんだよね』って言いながら廃墟写真集見てる子とか、ミリタリーオタクな子とか。
    濃い友達多かったなあ。
    高校が、一番オタクが多くて過ごしやすかったです。
    成績のいい子が集まっている高校で、自然とみんなコアな趣味を持っていました。
    教室で勉強しながら音楽聞いてる友達に『なに聞いてるの?』って聞いたら『BL集だよ!』って返事が返ってくるような環境でしたね。
    試しにその子が聞いていたCDを聞かせてもらったんですけど、『逆にこれ聞いて勉強してたの?』って突っ込まざるを得ない内容で。
    その子とはいまだに仲がよくて、この前は一緒に屋久島に行きました」

    高校を卒業すると、同志社大学へ。

    大学生になって一人暮らしを始め、自分のテレビを持つようになった。

    このタイミングで、一気にアニメの沼にハマっていったという。

    「学部の先輩に『宇垣美里です』って自己紹介したら、『美里って名前聞くとミサトさん思い出しちゃう』って言われたんです。
    『ミサトさんってなんですか』って聞いて、そこで初めて『エヴァンゲリヲン』を知りました。
    気になって観始めたら、もうすっかりハマってしまって。
    その先輩に『次は何を観たらいいですか』って聞く日々でした。
    『マクロス』も『コードギアス』もその人に教えてもらったんです。
    それからは、現在進行形で地上波でやってるアニメを観るようになっていきました。
    大体クールの頭は全部観て、それからどれを観るか選ぶっていうやり方をしていましたね。当時は『魔法少女まどか☆マギカ』もやってましたし、『夏目友人帳』もあったし。『PSYCHO-PASS』とか、『マギ』なんかも観てました」

    >>2以降に続きます

    SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00010006-flash-ent

    ▼画像
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/06/01114855/ugaki_t.jpg
    所長見解:そうなんや・・・


    【【衝撃告白】宇垣美里アナのオタク遍歴がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2015年大みそかのNHK紅白歌合戦に出場した人気アニメ「ラブライブ!」の声優陣による9人組ユニット「μ’S(ミューズ)」が、約4年ぶりに復活することが30日、分かった。

    b


    メディアミックス展開するスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズ初のフェス「ラブライブ!フェス」(20年1月18~19日、さいたまスーパーアリーナ)で、16年春の東京ドーム公演以来のステージに立つ。

    同日、都内で行われた「ラブライブ! スクールアイドルプロジェクト」のシリーズ9周年企画発表会で明かされた。


    シリーズのキャストを務める声優の新田恵美(「ラブライブ!」μ’s(ミューズ)・高坂穂乃果役)、伊波杏樹(「ラブライブ!サンシャイン!」Aqours(アクア)・高海千歌役)、大西亜玖璃(「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」・上原歩夢役)が登壇し、2010年6月にスタートした同プロジェクト9周年の“目玉企画”として、シリーズに登場したスクールアイドルが勢ぞろいする「ラブライブ!フェス」が発表された。


    15年に同アリーナでμ’s単独ライブを行った新田は「また、さいたまスーパーアリーナにμ’Sとして名前が並ぶのは“胸熱”ですね。
    今までも皆さんとたくさん形にしてきたこのラブライブ!というプロジェクトは、まだまだの夢の途中なんだと改めて感じております」と感無量の表情。

    伊波は「人生何が起こるか分からないなあと、大きく感じています。
    みんなが集まってどんな輝きが見えてくるのか、今からとっても楽しみです」と笑顔を見せた。

    大西は「体が二つあればこのフェスを(観客として)見に行きたかった。
    (ファンの)皆さんはいいですね、うらやましいですね」と残念そうに話し笑わせた。


    ラブライブ!シリーズは「みんなで叶える物語」をキャッチフレーズに、書籍のKADOKAWA、音楽レーベルのランティス、アニメ制作会社のサンライズの3社が開始した音楽、アニメ、声優によるリアルライブなど、さまざまなメディアを横断して展開するメディアミックスプロジェクト。

    シリーズ1作目の「ラブライブ!」のテレビアニメは13年1~3月に1期が、14年4~6月に2期が放映され、2期放送終了後に公開された劇場版は最終興収28億6000万円の大ヒットを記録した。


    15年2月に新プロジェクトとして発表された「ラブライブ!サンシャイン!」は、静岡県沼津市内浦の女子高が舞台。

    16年7~9月にテレビアニメ1期が、17年10~12月に2期が放送され、今年1月には劇場版が公開。

    Aqoursは18年に東京ドームライブを成功させ、同年12月31日の「紅白歌合戦」にはジャパンカルチャーの企画コーナーに出演した。


    17年3月のスクフェス4周年記念プロジェクトの新企画として立ち上がった「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」は、今年配信予定のアプリ「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS」に登場する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000154-sph-ent


    『ラブライブ!SP生放送 ラブライブ!シリーズ9周年発表会』に出席した(左から)伊波杏樹、新田恵海、大西亜玖璃

    画像①

    画像②


    新田恵海(高坂穂乃果役)

    画像③

    所長見解:あれやんね・・・


    【【朗報】ラブライブ!・声優ユニット「μ’s」、約4年ぶり復活ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    こんな奴知らんぞ

    no title

    所長見解:コキンちゃん・・・


    【【これはヤバい】アンパンマン人気投票、三位に謎のキャラ問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ