ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カリオストロの城のパスタの旨そう感は異常、これ超えるアニメ飯ある? 

    p

    所長見解:うまそう・・・

    【【アニメ】カリオストロの城のパスタの旨そう感は異常、これ超えるアニメ飯は無い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月5日、NHKで放送された「うたコン」が、男性視聴者を歓喜させた。

    この日の放送は、「憧れのあの人・あの歌 名曲リスペクト」として、前川清や藤あや子、野口五郎などが出演、初登場となったHey!Say!JUMPが坂本九の曲を披露するなど盛り上がったのだが、中でも注目を集めていたのが、ガンダムの名曲を披露した森口博子だった。


    「森口は胸元まで露わにした白のドレス登場したのですが、それにも負けない肌の色白ぶりに、思わず釘付けになってしまいましたね。
    圧巻は、熱唱後のお辞儀。
    前かがみになると、51歳にしてボリュームが衰えない、推定Cカップ純白バストの上部が飛び出し、《こぼれそう!》《これは感謝すぎる》とネット上も歓喜の声が溢れ返ったんです」(テレビウオッチャー)


    昨今、「機動戦士ガンダム」が放送開始から40周年を迎え、ガンダムシリーズの主題歌を務めてきた森口が、再び脚光を浴び始めている。

    「『うたコン』でも披露した85年のテレビアニメ『機動戦士Zガンダム』(テレビ朝日系列)の主題歌『水の星へ愛をこめて』が、まさにデビュー曲。
    当時は多少はヒットしたものの、彼女の認知度はまったく上がりませんでした。
    その後はバラエティに活路を見出しますが、91年に劇場版『機動戦士ガンダムF91』の主題歌を担当したことで、アニメファンも加わって世間一般にその名が広く知れ渡ったんです。当初、ガンダムの仕事を受けていなければ、今の彼女はなかったと言っても過言ではないでしょうね」(芸能記者)


    それだけに、今回は気合の入った衣装での登場だったのだろうが、それにしても、キープされたあの色白ボディである。

    長らく芸能界にいながらスキャンダル皆無という貴重な存在ではあるが、何とももったいない気もする。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17361845/


    no title

    no title

    所長見解:懐かしいな・・・
    【【検証画像】森口博子さん、51歳の奇跡すぎるボディがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

    魔女の宅急便


    no title


    no title

    所長見解:時代やね・・・

    【【コピーライター】糸井重里のキャッチコピーがやっぱり凄い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    世界三大号泣アニメって、AIR、CLANNAD、あの花、君嘘、そらメソでいいの?

    OK?

    所長見解:見てみよかな・・・

    【【これは泣ける】世界三大号泣アニメがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    海に住む真っ赤なさかなの女の子・ポニョと5歳の男の子・宗介が繰り広げる冒険ファンタジー。

    宗介と運命的に出会ったポニョは、宗介と一緒にいるため人間なろうとするが、それが海を動かす大騒動に発展してしまうという物語。

    アンデルセン『人魚姫』のキリスト教の色を払拭し、舞台を日本にして幼い子どもの愛と冒険を描いたといわれる作品だ。


    p


    藤岡藤巻と大橋のぞみが歌う主題歌も影響して、コミカルなイメージがあるが、実は『崖の上のポニョ』については

    「ポニョは怖くて見てられない」
    「ジブリ映画で唯一苦手」
    「なんとも言えない不気味さが苦手」

    と評する声が結構多い。

     
    宮崎監督は本作について、スタジオジブリのスタッフの子どもたちを見て、「この子が最初に見る映画として作ろう」としたと語っている。

    さまざまなインタビューで「ポニョは子供向けの映画」と話しているが、ネット上で『崖の上のポニョ』と検索すると、本作にまつわる「都市伝説」を解説するページや動画がヒットする。

     
    そうしたページでは、たいてい「『崖の上のポニョ』は死後の世界を描いている」と説明されている。

    作中、ポニョが「人間になりたい」と願ったことがキッカケとなり、宗介たちが住む街が波に飲まれてしまうのだが、街の人物は全員無事という描写がある。

    そこでは、老人ホームの座りきりの老人が歩けるようになり、水の中の呼吸を可能にしていた。

     
    また、ポニョの本名である「ブリュンヒルデ」が北欧神話における、死者を連れていく役割を持つワルキューレであること、作中の随所に「生と死」と暗示させるようかの描写があること、そして音楽を担当した久石譲が「死後の世界や輪廻転生などの難しいテーマを投げかけながらも、子供からは少年の冒険の物語に見える、という二重の構造を表現するのが難しかった」とコメントしたことなどから、「『ポニョ』は死後の世界を描いている」とささやかれるように。

     
    そもそも津波のシーンに恐怖感を覚える人も多いが、子供向けとしているのに“難解”な部分が「不気味」だったり「怖い」と言われる原因のひとつになっていると思われる。

    なお、宮崎監督は本作について「これがハッピーエンドかどうかは見る人によって違うと思う」とも話している。

     
    なお、本稿で記述したことは「都市伝説」である。

    もちろん都市伝説を否定する声もあるため、改めて『崖の上のポニョ』を見て考察してみてはいかがだろうか。

    宮崎監督は本作を「少年と少女、愛と責任、海と生命、これ等初源に属するものをためらわずに描いて、神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである」としている。


    https://otapol.com/2019/08/post-77082.html 

    所長見解:そうなんや・・・

    【【都市伝説】映画『崖の上のポニョ』は「死後の世界」説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ