アナウンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    福島復興についての議員発言

    民主党政権時代の閣僚の失言を自民党の閣僚が発言したように富川アナが発言
    後に訂正して謝罪。

    ソースはテレビ朝日報道ステーション

    所長見解:いつも通り・・・

    【【訂正謝罪】報道ステーション 富川アナがまたやらかした模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    吉田明世アナ(30)に続き、宇垣美里アナ(27)が退社するTBS内部で混乱が続いている。

    看板番組「NEWS23」のメインキャスターに3月末でテレ朝を退社する小川彩佳アナ(34)が6月にも就任するといわれ、アナウンサーVS上層部の対立が勃発。

    次の人気アナ流出、アナウンスセンターの解体危機に発展しているという。

    「10年後、いや3~4年のうちにアナウンス部門が廃止されているかもしれません」(編成幹部)。

    この冗談のような話が現実になるかもしれないとささやかれているのがTBSだ。

    t


    1月末で吉田アナが退社。

    そうかと思ったら今度は若手の宇垣アナまでもが3月末での退社を表明した。

    この一連の退社騒動に蜂の巣をつついたような騒ぎになっているのが同局編成局アナウンスセンターだ。

    「ここ数年だけでも田中みな実、久保田智子、吉田と、エース級のアナウンサーたちが続々とフリーになった。
    宇垣もまだ若いですが、将来のエースアナ候補だったんです。
    皆が聞くのが『なぜ辞めるのか』という質問。
    簡単なことですよ。
    答えはTBSのアナウンス部門には未来もなければ新人を育成しようという気概も感じられないということ。
    今後もどんどん、アナウンサーが辞めていくと思います」(事情通)

    さらにアナウンスセンターに危機感が広がっているのが、リニューアルされる看板番組「NEWS23」のメインキャスターに、3月末でテレ朝を退社する小川彩佳アナが内定したことだという。

    現在のメインキャスターは、元同局アナでフリーの雨宮塔子アナ(48)が務めているが、6月にも小川アナと交代すると報じられている。

    TBSのOGの雨宮と違い、去年までライバル番組のキャスターをやっていた小川アナをメインに起用するというTBS上層部の動きに対し、疑問の声を上げ始めたのが、アナウンスセンターだ。

    人気の安住紳一郎アナ(45)を筆頭に局アナらが不満を漏らしているという。

    「現在、エキスパート部次長という役職で責任感もある安住は後輩のためにも『日頃から制作費がないと声高に叫ぶのであれば、自局のアナウンサーを起用すべき。
    上層部は目先の視聴率しか気にしていない』と声を上げた。
    今後の局の出方しだいでは、安住も退社してしまうかもしれません」(編成関係者)

    局アナらの不穏な動きに対し、上層部は真顔で「アナウンス部門廃止論」まで持ち出し、対応する姿勢だという。

    「局アナにも不満はあるだろうが当然、局側にも言い分がある。
    必死になって局アナを育て上げて一人前になると当然のようにフリーになると言って出て行ってしまう。
    アナウンサーは10年で一人前になるという世界で、辞められたら元が取れない。
    それなら、いっそのことアナウンスセンターを廃止し、大きな番組にはフリーで視聴率が取れるアナを起用した方が安く上がるんですよ」(関係者)

    フリーに転身した吉田は大手芸能事務所アミューズに所属し、4月からの新番組「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」(フジテレビ系)の司会に抜てきされた。

    3月末で退社する宇垣アナも4月から大手芸能事務所オスカープロモーションに所属し、すでに大きな仕事が内定しているという。

    「TBSでは頑張っても大きな番組を任されない。
    辞めれば他局で仕事があると、2人をマネて退社を考えるアナウンサーが続出すると思います」(制作関係者)

    TBSはアナウンスセンターの混乱を収めないと、安住アナら、次の人気アナの流出を招きかねない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000008-tospoweb-ent

    所長見解:TBSね・・・

    【【局内トラブル】 TBS・安住アナ、ついにフリー説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11日で東日本大震災から丸8年が経過した。

    復興が叫ばれる中、依然として仮設住宅で暮らしている人も多い。

    同日放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)では、「今月閉鎖の仮設住宅 被災者が歩む“未来”」と題した特集を放送した。

    同番組では、3月31日で仮説住宅からの引っ越しを余儀なくされる被災者へのインタビューを中継。

    このリポートを担当した笠井信輔アナウンサーのある行動に批判が殺到している。

    r


    笠井アナは、宮城県気仙沼市の仮設住宅の住民にインタビュー。

    現地は雨が降っており、笠井アナはノックもせずにいきなりドアを開け、雨に濡れた上着を脱がずに、そのままインタビューを開始した。

    笠井アナのこの行動にネット上では、

    「8年経ってもマスコミの傲慢さは変わってないね。
    奥さん掃除したんでしょ? 笠井アナびっちゃびちゃのコートのまま家上がって、靴も揃えてない、あんたの家じゃないんだよ」

    「被災者の方の家にお邪魔するのに、ノックせずガッと雑にドアを開け、雨で濡れた上着のままで入ってからの失礼な発言…被災者に対しホント残念な行動」

    「自分の家かのようにドアを開け、びしょ濡れは 見てても不愉快でした。 震災の事は凄く考えさせられる 内容なだけに、雑さは目立つ」

    「笠井さんコートのままは失礼だよ。仮設が寒いとかの雰囲気出してるの?」

    「復興が上手くいっている地域も報道して、違いが何か分かるように報じてあげた方がいいと思う」

    と非難の声が多く見受けられた。


    一方で、「レインコートのことを指摘されているけれど、撮影中であるかぎりマイクの都合で脱げないし、決められた時間内で伝えなきゃならないわけで」といった擁護する声も見られた。

    インタビュー冒頭では小倉智昭の「濡れてるね」という小さな声での指摘も入っていた。


    笠井アナは東日本大震災の直後にも、被災地で現地の人と一緒に人探しする少年と家族に密着し、潰れた車の中にいる遺体を見つけている。

    この一部始終を取材した件に関しても、「鬼畜過ぎる」「カメラを止めろ」と行き過ぎた報道に批判が集まっていた。

    8年経った現在でもその爪痕は大きい東日本大震災。

    被災者への取材はくれぐれも非常識な行動は慎んでもらいたいものだ。

    被災地の一刻も早い復興を願ってやまない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1726903/

    所長見解:ひどいね・・・

    【【放送事故】「とくダネ!」笠井アナ、非常識すぎる被災地取材で批判殺到ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が21日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)に出演。

    同局の玉川徹氏(56)と対談した。

    玉川氏は、今月15日に都内で行われた村本とフリージャーナリストの安田純平氏(44)らのトークライブを取材。

    玉川氏からツイッターで発信し続けることを聞かれた村本は「意味がある。炎上したら広がる。広がったら考える人が増える」と答えた。

    この意見にスタジオで番組MCの羽鳥慎一アナウンサー(47)は「ボクは違うと思います。広めるために炎上させるのはダメだと思いますね」と見解を示した。

    村本が、さらにテレビについて「テレビは不安を解消するための道具で真実を伝えるための道具じゃない」と断じると、この意見にアシスタントの同局・宇賀なつみアナ(32)が「(テレビは)安心させるというか、娯楽として面白いもの、楽しいものを作る、伝えるというのはもちろん、役割として大切だと思いますけど。
    やっぱり報道という世界に憧れて入って来た自分は、ちょっと現実は違ったなと思って情けなかったり、悔しかったりすることは確かにあります」と明かした。

    この言葉に羽鳥アナが「どこが違うの?」と尋ねると、宇賀アナは「うん、まぁ、いや、何でしょうね」と顔を紅潮させ口ごもった。

    ここで羽鳥アナが、さらに「ウソ言っているの?」と聞くと、「ウソは言ってないです。ウソは付けないから」と返していた。

    k


    二人のやり取りに玉川氏が割って入り「ウソは言ってない。ここは間違いないです。ウソは言ってないんですけど、それでしかない。ということはボクもやってて感じることは多いんですけどね」と、まとめていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000084-sph-ent

    所長見解:羽鳥め・・・

    【【一触即発】羽鳥慎一 vs 宇賀なつみ ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月27日に行われた、嵐による2020年末活動休止宣言の余波はまだ続いている。

    メディアでは「嵐緊急記者会見」のあり方について「はたしてアレでよかったのか」という声もあちこちで聞こえてきている。

    「嵐やジャニーズの言い分を垂れ流すだけでなく、きちんと批判すべき点は批判しつつ、疑問点はとことん追及するのが、本来のジャーナリズムのあり方です。
    一部、単なるファンのように泣きながら質問している人がいましたが、あれでは“報道の中立性”が疑われてしまいます」(全国紙記者)

    「泣きながら質問していた人」とは、日本テレビの青木源太アナウンサー(35)だ。

    s


    彼は、もともとジャニーズ、特に嵐のファンで、記者会見でもひたすら「ファン目線」の質問を繰り返していた。

    それだけでなく、記者会見で「無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?」という質問をした記者がいたことに、青木アナは自身のツイッターで、

    ≪今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて≫

    とつぶやいていた。


    この青木アナの言動には、さすがに批判も殺到。

    それに答えるかたちで、青木アナは2月3日にツイッターを更新し、謝罪した。

    ≪私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした。ご批判やお叱りの言葉をしっかりと受け止めたいと思います≫


    深く反省しているように見える青木アナだが、放送作家はこう言う。


    http://dailynewsonline.jp/article/1695541/?page=2
    日刊大衆
    所長見解:ちょっとな・・・

    【【疑惑】「嵐」会見で青木アナの裏ジャニーズ営業説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ