アナウンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    報ステ富川アナ、「中国を刺激することになる」と発言し炎上
    “どこの国のアナウンサー?”の声も

    5日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、MCの富川悠太アナウンサーが尖閣諸島で領海侵犯を続ける中国を擁護するような発言を行い、炎上している。

    t


    番組では政府が防衛計画の大綱を見直す意向を示し、その中で「護衛艦『いずも』の甲板を改修し、多用途運用護衛艦とする方針であることを紹介。

    番組は「事実上の空母化」と何度も繰り返し、「(空母化に伴い)垂直に着陸できる戦闘機F35BとF35Aを計100機購入する」と報道する。

    そして、小野寺五典前防衛相に「事実上の空母化ではないか」と女性記者が質問。

    同氏は「多用途で使える護衛艦という議論なので空母という範疇にはあたらない」とコメント。

    続けて女性記者は自民党の中谷元(げん)元防衛相には「専守防衛に反する」などと質問をぶつける。

    これに対し、中谷元防衛相は、「南西の島が不当に上陸された場合に、奪回したり阻止する意味においては、その作戦が可能な態勢というのは取っておかねばならない」と至極当然と思える回答を行った。

    しかし、『報道ステーション』は野党の声として、国民民主党玉木雄一郎代表が「他国を攻撃できる能力を持つことになれば専守防衛という防衛の基本的な考え方を逸脱する可能性がある。説明を求めたい」と話す様子を放送。

    そして、小野寺前防衛相が「空母化ではない」と否定しているにもかかわらず、「事実上の空母化」と決めつけ、議論を進める。

    スタジオではテレビ朝日の解説員を登場させ、「北の脅威を理由にこれ(防衛力)を整備したかったのではないか」と問題視。

    さらに、機密情報に近い「いずも」の能力やステルス戦闘機F35Bの能力を大々的に紹介。

    そして、解説員は「空母という定義はないが、周辺国は空母と思うだろう」として、「空母化である」と断言した。

    次に富川アナは尖閣諸島周辺の地図が書かれたフリップを見ながら、
    「じつは昨日ですね、中国海警局の船4隻が尖閣諸島の近くを航行していたそうなんですね。
    例えばこういうことがあったとき、那覇からだと尖閣諸島まで単純計算すると20分くらいかかるんですって」

    と状況を説明。そして、

    「これを空母化した『いずも』を尖閣諸島の近くに置いておけば、20分と言わずすぐに対応できるんじゃないかと。
    たた僕思うんですけども、尖閣諸島のすぐ近くにに空母がずっと待機していると中国を刺激することになりませんか?」

    と、意味不明な発言を行う。

    これにはテレビ朝日の記者が「日本は尖閣諸島を守る側の立場ですので、刺激することにはならないと思います」と一瞬で完全論破。

    左寄りの記者も富川アナの発言は、「中国側の物の見方」と感じた様子。

    その後、徳永有美キャスターが「なぜ事実上の空母にたどり着かなきゃいけないのか」と政府批判に話を軌道修正。

    そして、「空母という言葉を使わないのはおかしい」と政府批判を繰り返した。

    そこに「尖閣諸島を防衛しなければならない」という視点は、全く入っていなかった。

    富川アナの「尖閣諸島に事実上の空母を置くと中国を刺激する」発言に、ネットユーザーは大激怒。

    「どこの国のアナウンサーなんだ」
    「尖閣諸島は日本の領土だと思っていない」
    「日本人とは思えない発言」

    と非難轟々。
    さらに、

    「中国が日本を刺激している」
    「中国に対する対抗措置」
    「そもそも中国の船が尖閣諸島に来ることが問題。なぜそこを問題視しないのか」

    などと、冷静にツッコミを入れるユーザーも多かった。

    尖閣諸島は日本の固有の領土であり、中国が領海や領空侵犯を続けている現状で、防衛力を強化することは当然のことだろう。

    それについて「中国を刺激する」と中国政府を慮るような発言を行うことについては、日本国民から怒りの声が出るのは当然だ。

    専守防衛を逸脱するのではないかという声も1つの意見ではあり尊重されるべきだが、「尖閣諸島に中国の船が侵入している」という事実をひた隠しにして議論を進めるのは、放送法に定められた「放送の中立性」を逸脱していると言わざるを得ない。

    富川アナと『報道ステーション』スタッフは、ネット上に溢れる「批判の声」に耳を傾けるべきだろう。

    https://wjn.jp/article/detail/1612827/

    所長見解:富川・・・

    【【炎上中】報道ステーション・富川アナ「中国を刺激することになる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    やっぱり母親似? 

    11月15日のNHK『あさイチ』で、朝のお茶の間に衝撃が走った。
    番組リポーターの魚住優アナウンサー(34)の母親が、女優の浅野温子(57)だと明かされたのだ。

    「90年代のファッションを紹介する魚住と博多大吉(47)のやり取り中、大吉が『言っていいんでしょう』と確認したうえで浅野の名を明かした。

    魚住はワンレングスの髪をかき上げる母親のマネまでするサービス。

    一部では報じられていたことだが、こんな形で本人が言及するとは……」(放送記者)


    魚住アナは慶大卒業後、スポーツ紙に就職するも1年足らずで退職。

    中途採用で08年にNHKに入局したという変わり種。

    岡山、盛岡放送局を経て2年前に東京に異動。

    昨年9月に結婚したという。

    「爽やかな好青年風の、正統派NHKアナ。

    人当たりが良く局内でも好感度は高い。

    フリーに転身した堀尾正明(63)に風貌が似ており、バラエティー系もこなせる“第2の堀尾”と期待されています」(NHK関係者)

    80年代後半、浅野ゆう子(58)とともに“W浅野”としてトレンディードラマの象徴だった母・温子だが、私生活を公にしない主義だった。

    一人息子の存在もしかり。

    なぜ今になって“カミングアウト”したのか?

    「浅野はブレイク前の22歳のとき、コピーライターの魚住勉(71)と電撃結婚。
    交際経緯は未だにわかっていない」(元女性誌記者)

    91年『101回目のプロポーズ』(フジ系)の最終回視聴率は36%を超え、「あぶない刑事」シリーズ(日テレ系)などでも活躍。

    現在は、以前ほどはテレビで目にしないが、マイペースで活動中だ。

    「15年ほど前から、民話を読み語りする一人舞台で全国を回っています。
    私生活に言及する機会はさらに遠のいた。
    NHKも“芸能人の子息”を売りにしないし、マスコミもいつしか息子の存在を忘れていた」(同前)

    それが今になって息子が“カミングアウト”。

    唐突にも思えるが……。

    「有働由美子(49)の降板後、伸び悩む『あさイチ』の打開策として、主婦層にインパクトのある浅野の名を、息子了承のもと公にしたとの見方がもっぱら。
    母子共演も、NHKならまんざら不可能ではないでしょう」(前出・放送記者)

    揃って“ワンレンかき上げ”を披露するときが来るかも。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15643312/

    no title


    所長見解:似てないな・・・

    【【衝撃告白】魚住アナがカミングアウトの件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    NHK魚住アナ、母・浅野温子のモノマネ披露もツッコミ「どこに遺伝が」

    NHKの魚住優アナウンサーが、15日に放送された同局朝の情報番組『あさイチ』(総合 毎週月~金曜8:15~)に出演し、母である女優・浅野温子のモノマネを披露した。

    魚住アナは「90年代ファッションブーム」の特集コーナーに登場。

    「古着屋やフリマアプリでも、90年代のファッションが人気ということで、もしかしたらタンスに眠っている物が売れるかも知れない」と紹介すると、MCの博多大吉は「そういった意味では、魚住くんなんかサラブレッド中のサラブレッド」と述べた。

    魚住アナが「トレンディってやつですかね」と返答すると、大吉は「お母様のこと言っていいんでしょ? 公表してるんでしょ?」と確認したのち、「お母さんは浅野温子さんですよ」と明かし、ゲスト出演したやついいちろうと伊藤沙莉を驚かせた。

    そして博多華丸から「ちょっとやって」と言われると、魚住アナは髪をかき上げる"モノマネ"を披露。

    大吉から「反動で地味になったっていう説も」、やついから「どのへんに遺伝が…」とツッコまれると、魚住アナは「どこにもないですよね」とコメントしていた。


    no title
    魚住優アナ

    https://news.mynavi.jp/article/20181115-724798/


    所長見解:息子か・・・

    【【衝撃告白】NHK・魚住優アナの母親が超大物女優のコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBSの安住紳一郎アナウンサー(44)が22日、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜前10・00)に生出演。
    20年間、殺害予告を受けているという衝撃の事実を明かした。

    z


    番組冒頭、日本列島の連日の暑さを話題にした安住アナ。
    その中で「『あなた方は涼しいスタジオでお話されているんですよね』という声も届くんですよね」というリスナーの声について触れ、続けて、放送局に来るクレームについて語り始めた。

    「私はむしろそのクレームの傾向を集計して、どういう心の動きになるかを20年ぐらい調査し続けてる」とし、春先と、夏場にクレーム数が増えるという“調査結果”を報告。
    続けて「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。
    最近、殺害予告とかは警察に届けると、結構な問題になりますけど、私、20年間ずっと、殺害予告をいただいてますからね」と打ち明けた。

    その後も「皆さんが私の仕事をどういうふうに考えているかは分かりませんけれども。
    結構嫌な思いもしてるんですよ。必ず来るんですよ。夏になると増えるんですから」。
    人気アナウンサーの衝撃の告白に、アシスタントを務めるフリーアナウンサーの中沢有美子(43)は「ええ?!そうなんですか」「へぇ」「ああ」と言葉も出ない様子。

    安住アナは「ちょっと、かける言葉がないですよね。
    最近、本当のことを言えばいいと思ってるんで言っちゃってるんで。
    あまりにこのシュールな事実に、皆さん声がなくなるということが多いんですけど」と、中沢アナの反応に理解を示しつつ、「私に寄せられるクレームの数々を、いつか本にでもして出版したいなと思ってるんですけど」と、嫌がらせに屈しないたくましさものぞかせていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000119-spnannex-ent


    所長見解:20年・・・

    【【衝撃告白】TBSの安住紳一郎アナ、20年間殺害予告受けていた結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日テレ・ラルフ鈴木“アナ職剥奪”も 終わってなかった「未成年飲酒」同席問題

    r


    W杯ロシア大会で西野ジャパンが決勝トーナメント進出を決め、日本中が歓喜する中、素直に喜べないのが、日本テレビのラルフ鈴木アナ(44)だ。
    現在、ロシアから連日、日本代表の模様をリポートしているが、W杯終了後は冷遇が待っている。
    理由は、同局W杯放送のメインキャスターでもある「NEWS」手越祐也(30)の未成年女性との飲酒疑惑の場に同席していた問題が、“凍結中”だから。
    このままいけば、早くて年内にもアナウンス部から異動させられるという衝撃情報が浮上した。

    週刊文春が報じた問題の酒席は、昨年12月の深夜に東京・六本木の雑居ビルにある会員制ダーツバーが会場だった。
    同誌はその場に、当時17歳と19歳の未成年女性タレントがいたこと、同じ店であった同様の飲み会に今年4月、手越とともに鈴木アナがいたことなどを報じていた。

    鈴木アナは5年前に手越が未成年タレントと別の店で飲酒したときにも同席していた。
    それほど2人は仲のよい飲み仲間として知られている。

    「普段から手越は、ラルフを“ラル”と呼んで慕っていて、プライベートでも付き合う飲み仲間でもあるんです」(関係者)

    この報道の直後、手越と鈴木アナが揃ってW杯番組を降板する可能性も指摘されたが、さすがに開幕直前とあって回避された。
    ジャニーズ側も手越を処分せず、2人の出演が続いている。
    だが、まったくの無風ではなかった。

    「スポンサーから猛クレームが日テレに殺到したんです。
    サッカーは多くの未成年がテレビ観戦しているからです。
    一時はサブキャスターを務める明石家さんまにすべてを背負ってもらい、手越の降板も検討された」(芸能プロ関係者)

    一方で、問題の酒席に鈴木アナが同席していたことから、日テレとジャニーズ側の立場が逆転してしまった。

    「ジャニーズ側は『14歳も年長者のラルフがいながら、ウチの手越だけペナルティーを科すのは納得いかない』と猛抗議。
    日テレ側は、これに沈黙するしかなかったようです。
    確かに40歳を超えた妻子持ちアナが未成年女子と同席していたのは説明がつかない。
    日テレも下手に出るしかなかった」(日テレ関係者)

    結局、日テレ内では「早くて年内、遅くても来年6月の人事異動で、ラルフはアナウンサー職から一般職に配置転換されるともっぱらの噂。
    もちろん、原因は手越の疑惑の飲み会に同席していたこと。
    ラルフが絡んでいたことで、ジャニーズも日テレに強気の姿勢を示していることもありますね」(関係者)とささやかれているという。

    今後のジャニーズ対応も考慮した上で、日テレはW杯終了後、鈴木アナの“アナウンサー職剥奪”を断行するというわけだ。

    手越との酒席における鈴木アナの役割も本紙で既報した通りだ。

    「他のお客に近づき、笑顔で『どうも、ラルフです! どちらか近所でお店をされてる方だったりしますか? 今度遊びに行くのでよかったら名刺を下さい!』とあいさつする。
    目的はお客にマスコミが紛れていないかのチェック。
    万が一、その日の写真や動画が流出した場合の犯人捜しのために名刺を集めてるんです。
    そんなラルフの献身的な姿勢があるから、手越との信頼関係が成り立っているのです」(関係者)

    ジャニーズだけでなく、日テレ内からも恨みを買ってしまった鈴木アナのアナウンサー生命は風前のともしびになったといえそうだ。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1051519/ 


    所長見解:なかったことにしそう・・・

    【【厳重処分へ】日テレ・ラルフ鈴木アナ、NEWS手越との「未成年飲酒」問題は終わってない模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ