ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アイドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月30日放送の『そもそもなんでダメなんだっけ?』(テレビ東京系)で、テレビ業界禁断の「口パク」にメスを入れた検証がおこなわれた。

    ダンスをしながら歌うことが多いアイドルが、本当は口パクなのかを当事者に取材。

    1970年代のアイドルからピンク・レディーの未唯mieに聞くと「口パクはしたことない」と即答。

    その理由を、「歌番組が生バンドだったので、したかったとしてもできない。
    少なくとも1970年代はなかった」と証言した。


    だが、未唯mieは「アメリカデビューしたときは口パクでした」と語り、「アメリカでは(口パクを)『リップシンク』と呼んで当たり前。
    レコーディングのクオリティをテレビでもお届けしたいということなのかな」と海外での方法論の違いや、番組や機材の都合でも変わるとした。


    1980年代のアイドルであるおニャン子クラブから渡辺美奈代に聞くと「おニャン子ではいないです。リアルにちゃんと全員が歌ってました」とコメント。

    だが、別の歌手で「1名は知っています」と語り、名前は明かさなかったが「音合わせやカメリハをしているとき、歌ってないのに歌が流れていた。で、『口パクされるんだ』って」と明かした。


    スタジオでは、昨年4月までHKT48だった指原莉乃に、スピードワゴンの小沢一敬が「どうアイドルは? 
    激しい動きのダンスあるじゃん。
    『歌えないだろ』ってシンプルに思っちゃうね」と質問。


    s


    指原は「グループ全体で見たら歌ってますけど、私は口パクでした」と返答。

    その言葉に小沢は「優しいな。『誰かが傷つくなら私が傷つく!』って。めちゃくちゃいい奴じゃん」と絶賛。

    指原は「本当にみんな歌ってました」と話していた。


    口パクをめぐっては、12月17日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、ヒロミがゲストのDA PUMPのISSAに「10歳も離れている若い子と一緒に踊って歌ってるのがすごい。口パクにしたら?」とまさかの提案。

    だが、ISSAは周囲から「たまには間違えたほうがいいよ。それ、口パクだと思われるよ」と言われるほど、生歌にこだわっていることを告白。


    さらにDA PUMPのTOMOから、今ではアーティストの間で必須アイテムのイヤーモニターもISSAは使わないことが明かされ、その理由について、ISSAは「昭和の先輩たちに憧れてきた。意地でも使わない」と言い切るプロ根性を見せていた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17610385/

    所長見解:知ってるよね・・・
    【【衝撃告白】指原莉乃「私は口パクしてました」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お尻ふりふりダンスでKポップブームを巻き起こした「KARA」。

    先月、メンバーだったク・ハラの自殺がニュースになったが、彼女と同じく日本で活動していたジヨン(25)のほうは先月、活動の場を再び韓国に戻すと発表した。

    何かイヤなことでもあったか。

     
    ジヨンが日本に活動拠点を移したのは、KARAを脱退した2014年のこと。

    さる事情通によれば、

    「ジヨンは人気絶頂期の11年、所属事務所を給料が安いと提訴。
    韓国でトラブルを抱え、韓流ブームに沸く日本に拠点を移そうと考えたのです。
    そこに手を差し伸べたのが芸能事務所『スウィートパワー』の岡田直弓社長で、三顧の礼でジヨンを迎えました」

     
    ス社からは桐谷美玲、堀北真希、黒木メイサなどのトップ女優が輩出。

    辣腕の女性社長が率いるとあって“女性版ジャニーズ”とも呼ばれる。

    ともあれ、それから岡田社長は、周囲には異様に映るほどジヨンに入れ込んでいったという。


    テレビ局幹部が明かすには、

    「ジヨンを女優として売り出そうと考えた岡田社長は、芸名を『知英』と漢字に改め、“歌手のイメージが強い元KARAという肩書きは使わないように”とお達しを出した。
    ところがやがて韓流ブームは下火に。
    『知英』の名は浸透しませんでした」


    j


    愛ゆえの漫画と小説

    それでも岡田社長は主力の桐谷や堀北をバーターにまでして、ジヨンをドラマに売り込んでいった。

    「ジヨンがいる現場には、ほぼ常に岡田社長の姿がありました。
    ロケにも付いてきて同じホテルの部屋に泊まるほど。
    16年には世田谷の一等地に寮まで建設し、同居を始めました」(同)

    とはいえ、なかなか仕事は増えないまま。


    すると、

    「社長の八つ当たりが始まったのです。
    “桐谷よりジヨンの仕事を取ってこい!”と。
    そのため生え抜きの社員は愛想を尽かして次々と辞めていきました。
    が、社長はめげることなく、自らジヨンを主人公にした漫画や小説を書き始めたのです。
    それらを懇意の出版社に頼んで『清智英』というペンネームで出版。
    強引に映画会社を巻き込み、ジヨン主役の映画も製作した」(同)

     
    そこから生まれた作品が「私の人生なのに」「レオン」「どすこい! すけひら」だ、と言われてもピンとこないのは無理もない。

    岡田社長がツテを駆使して“ウルトラC”で実現させた映画だからだ。

     
    すると、あろうことか当のジヨンが態度を変える。

    「今年7月、社長がいない隙に夜逃げ同然で韓国へ帰ってしまった」(同)

    そして先月2日には韓国の芸能事務所「キーイースト」と専属契約したことを公表。

    いやはや、岡田社長の寵愛が重すぎたか。

     
    ス社の広報担当者は、

    「(社長が)同じ部屋に泊まったことなどない。
    7月に帰国後も来日しており、今も業務提携している」

    と“円満退社”を主張するが……。

     
    愛は対馬海峡を越え、再び相手に届くだろうか。


    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200102-00600667-shincho-000-1-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00600667-shincho-ent

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】元「KARA」知英(ジヨン)さん、夜逃げってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    25日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の企画「モンスターアイドル」が、いまだ波紋を広げている。

     
    お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが番組の中でアイドルグループのメンバーを選び、グループ名を付け、曲の作詞作曲まで手掛け、プロデュースするというこの企画。

    25日放送のSPでは、クロちゃんプロデュースのアイドル「豆柴の大群」のジャケット3種類のCDの売上枚数により、クロちゃんがプロデューサー解任となり、最終選考でクロちゃんが落選させたカエデがメンバー入りとなる様子が放送された。

     
    クロちゃんは“罰”として番組内で水攻めに。

    事前に安全確認した上での罰だったとのことだが、一部では「危険」と指摘する声も。


    実は、そのほかにもある動画がいま炎上しているという。
     
    「問題となっているのは、11月20日に投稿された『【モンスターアイドル】脱落者の雑談 カナ』という動画。
    沖縄合宿1日目に脱落した候補生・カナが投稿した動画で、企画の裏側などを友人とともに撮影したユーチューバー風の動画になっていました。
    しかし、動画の中でカナはお酒を飲み、膝を立てながらピザを食べ、ヤンキーのような言葉遣いで雑談。
    『喋ってるところ、多分全カット。喋ってるところがヤバすぎて』と本人も自覚しているようでしたが、『クソ』『ヤベエ』などとアイドルには向かない汚い言葉遣いも。
    今後については『ユーチューバーになろうかな』と話していましたが、コメント欄には、『すぐ裏側暴露する人が受からなくてよかった』『裏側話すのってアウトじゃない?』という声が。
    低評価が高評価を大きく上回っており、炎上状態となっています」(芸能ライター)


    no title


    クロちゃんの手から離れた豆柴の大群。

    今後も人気を持続させることはできるのだろうか――。


    カナユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UC5yxxcP3HpFHK-9h8ajaPvw

    https://news.livedoor.com/article/detail/17587843/

    所長見解:おもろかったけどな・・・

    【【水曜日のダウンタウン】クロちゃんアイドル企画の裏側を暴露がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バカリズムが結婚発表 お相手は元でんぱ組.incの夢眠ねむさん


    b


    お笑いタレントのバカリズム(44)が結婚した。

    24日、所属事務所の公式ホームぺージで「この度、当社所属のバカリズム升野英知が元でんぱ組.incの夢眠ねむさんと12月24日に入籍致しました」と発表された。

    結婚会見などは予定していないという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000148-spnannex-ent  



    所長見解:最近多いな・・・


    【【画像あり】バカリズムの結婚相手がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月16日に合成麻薬・MDMAを所持したとして逮捕された女優の沢尻エリカ(33)。

    12月6日には麻薬取締法違反の罪で起訴され、同日に保釈となった。


    来年の東京五輪開催まで、警視庁組織対策5課(通称・組対5課)と、同じく薬物犯罪を取り締まる厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、有名人の薬物犯罪摘発に今まで以上に力を注ぐという報道もある。


    また、沢尻の逮捕を発端に、他にも多くの芸能人の薬物疑惑が、あらためて報じられている。

    そんな中、ある芸能プロ幹部は、新たなクスリ芸能人の名前を挙げるのだ。


    d


    「平成を駆け抜けた、元人気女性アイドルのAにも大麻使用疑惑が浮上しています」

    現在30代前半のAは、2000年代に女性アイドルとして大ヒット曲を連発。

    最近もコンサートで当時の楽曲を披露するなど、その人気は根強い。

    「今年の秋頃、当時の所属事務所がAとの契約問題で揉めていたことが明らかになりました。
    ただ、その理由は現在まで明らかになっておらず、業界関係者の間ではさまざまな憶測を呼んでいました。
    ここにきて、その理由が、Aと彼女の夫の大麻依存だったのではないかと、ささやかれているんです」(前出の芸能プロ幹部)

    Aは数年前に一般男性と結婚している。

    「その旦那の先に、ドラッグ関連の人物がいると見られているようです。
    所属事務所は“Aが夫とともに大麻をやっている”と、情報や証拠を得たというんです。
    まだ疑惑の段階ですがね……。
    今年はピエール瀧(52)、田口淳之介(34)と小嶺麗奈(39)、そして沢尻と、有名人の違法薬物事案逮捕が続出していますが、今後当局は、さらに厳しく取り締まる見込みです。

    Aは旦那とともに警察がマークし、大麻をやっている疑惑が浮上しており、依存症に近い状態ともささやかれていますから、夫婦そろって逮捕……というのも考えられなくはないですよ」(前同)


    元アイドルAは、新たな逮捕者として報じられる日が来るのだろうか……?


    https://taishu.jp/articles/-/70866?page=1

    所長見解:誰やろか・・・

    【【速報】元人気女性アイドルに大麻使用疑惑で逮捕の模様・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ