ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アイドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    先日「東京スポーツ」が報じた

    「沢尻エリカを超える衝撃。元国民的アイドルの薬物逮捕が間近」報道。

    m

     
    ネット上ではすでに「AKB48の前田敦子」や、有名アイドルの名前が取り沙汰されているが、そのすべては「間違った憶測」だという。

    「逮捕間近、かは怪しいですが、元モーニング娘。メンバーであるという情報は、確かな筋から入っています。
    その元アイドルは芸能界でもかなりの『お騒がせタレント』で知られており、トラブルも多かった人物です。

    元アイドルということで、名前が出てしまった前田敦子さん、小嶋陽菜さんらにとっては大変な迷惑ですね。

    ただ、これは東スポ紙の『沢尻エリカを超える衝撃』という枕詞のインパクトのせいでしょうね。
    沢尻を超えるとなると、いったいどれほどの人物なのか、となりますし、当然知名度の高い人をチョイスしてしまいます。

    ちなみにその元モー娘。の人物は確かに衝撃ですが、沢尻以上かといえばそうでもありませんね」(記者)

     
    さすがの「東スポ」、ネットもうまく踊らされている様子である。


    https://entamega.com/30231

    所長見解:アレか・・・
    【【衝撃】薬物逮捕間近の元人気アイドル特定の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント性
    s



    所長見解:キムタクはかっこよかったもんな・・・


    【【国民的アイドル】嵐がスマップになれなかった理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の時代には多くのアイドルが活躍し、お茶の間を熱狂させてきました。

    今でも当時の活躍ぶりを‟伝説”として語り継がれている人も多数。

    そこで今回は、昭和の伝説の女性アイドルについて探ってみました。


    1位 山口百恵

    2位 中森明菜

    3位 松田聖子

    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!


    f


    1位は「山口百恵」!

    『いい日旅立ち』『秋桜』『イミテイション・ゴールド』など、今も多くの人から愛される数々の名曲をリリース。
    歌唱力の高さも手伝い、当時幅広い年齢層から支持された昭和のスーパーアイドル。
    演技力の高さも評価され、歌手としてだけでなく女優としても大活躍。
    多くの映画やテレビドラマで主演を務めました。
    そんな彼女は俳優の三浦友和と結婚し、21歳の若さで芸能界を引退。
    引退時にマイクを床に置くパフォーマンスは多くの人の記憶に残っています。
    絶大な人気を集め、そして潔く去っていった山口百恵こそが伝説だと感じている人が多く、1位となりました。


    2位は「中森明菜」!

    昭和の時代には明るい笑顔がほとばしるようなフレッシュなアイドルが多かった中、そのような“絵に描いたようなアイドル”と一線を画す存在だったのが中森明菜。
    周囲にこびない、どこか大人びた彼女の雰囲気に引かれたファンが多数。
    『DESIRE -情熱-』『飾りじゃないのよ涙は』をはじめとしたかっこいい楽曲も多く、その強烈なまでの存在感は今も多くの人の記憶に鮮明に残っており、2位に選ばれました。


    3位は「松田聖子」!

    今も第一線で活躍し続けている松田聖子。
    デビュー当時からずば抜けた歌唱力で『赤いスイートピー』や『渚のバルコニー』などの名曲を多数リリース。
    また、上品なお嬢様風の衣装や一世を風靡した“聖子ちゃんカット”をまねする女性が急増し、社会現象に。
    そんな一時代を築いた松田聖子が3位となりました。


    このように、誰もが知る人気アイドルが上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~57位のランキング結果もぜひご覧ください。


    みなさんは、どの昭和のアイドルが伝説だと思いますか?


    https://ranking.goo.ne.jp/column/6294/

    所長見解:せやな・・・

    【【懐かしの昭和】伝説の女性アイドルランキングがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【まさか】新年早々 『あのモンスター』 に熱愛スキャンダル発覚!?

    相手は現役アイドル?

    慌ただしい昨年末の某日深夜、六本木エリアをパトロール中のカメラマンから連絡が。

    「今、別ネタで張っていた店の隣の店に、あのモンスターが女とツーショットで入店しました。
    あの、今話題のモンスターですよ」


    モンスターという異名をとる、あのボクシング世界統一チャンプの井上尚弥が、既婚者にも関わらず別の女性と……と期待を膨らましたが、そうではなかった。

    「あの『水曜日のダウンタウン』のモンスターでお馴染みのクロちゃん(43)ですよ。
    今やれっきとした超売れっ子芸人ですよ」(同前)

    たしかに昨年末まで放送していた人気コーナー『モンスターアイドル』でも、超絶にクズすぎるアイドルプロデューサーで本領を発揮。

    しかし、逆にいまやそれがウケにウケているという。

    「1年前の『モンスターハウス』でクロちゃんのクズの才能に火がついた。
    万人受けするとは言わないが、強烈な炎上キャラで今や大ブレイクしている。
    売れっ子の少ない所属事務所の松竹芸能のなかでは今やトップクラスの売り上げをほこるのでは」(バラエティプロデューサー)


    k


    いくら売れっ子芸人とはいえ、独身のクロちゃんが女性とデートしていた位では、そこまでニュースにならないのがこの業界の厳しさ。

    それが、わざわざ興奮気味に電話してくるにはこんな大ネタが隠れていた。

    「なんとお相手は、あの老舗大所帯アイドルグループの現役メンバーですよ。
    しかもその中で地方組ながら実質人気ナンバーワンともいわれるAです。
    容姿はイマイチだけどバラエティにも引っ張りだこですよ」(前出カメラマン)


    後日、そのカメラマンと会い写真を確認したが、クロちゃんはあの独特な風貌とファッションから200%クロちゃんと判るが、残念ながら女性の方は、アングルや鮮明度に問題があるのか、記者の目からは『人気メンバーA』とは断定出来なかったが。

    「もともと共演歴も多く2人が仲が良いのは一部で有名な話。
    しかも店を出た後は、タクシーに仲良く2人で乗車し消えていった。
    もともと別件がありその車を追えなかったのが悔やまれます。
    しかし間違いなく女はAでしたよ。
    なにせグループは恋愛禁止をうたっているからこれは大スキャンダルですよ」(同前)


    クロちゃんは前出の番組内でも『アイドルには絶対に手を出さない』と熱弁していたが、それは自分がプロデュースするアイドルに限ったことなのであろうか。

    果たして芸能界きってのモンスター芸人と、顔がモンスター気味の大人気アイドルという、まさかまさかの“モンスターカップル”が令和2年のワイドショーを賑わすのか、乞うご期待だ。


    https://k-knuckles.jp/1/9558/2/

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【朗報】クロちゃん、超大物アイドルと熱愛の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2020麻薬逮捕第1号 国民的アイドルグループ元メンバーか


    正月早々、ショッキングな情報をキャッチした!! 

    芸能界から違法薬物での逮捕者が相次いだ昨年の流れは、2020年も止まらないどころか加速しそうだ。

    東京五輪開催を前に、捜査当局が集中取り締まりを強化するからだ。

    今年1発目の逮捕者は誰になるのか? 

    本紙は国民的女性アイドルグループの元メンバーXが、次期逮捕者リストの“ポールポジション”にいるとの衝撃情報をつかんだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/


    ▼ネット上のコメント

    ・おにゃんこ モー娘 AKB

    ・かごちゃん?

    ・国民的アイドルグループって チェキッ娘?

    ・スマップかと思ったのに

    ・と言いながら全く違うジャンルの有名人が捕まるんよな

    ・SPEEDだけにSPEED

    ・おニャン子かよ悲しいな

    ・こういうのどれだけ当たったか集計してる人いないの?

    ・どうせ元AKBか乃木坂の誰からも知られてないメンバー

    ・適当にいくつか言っておけば後付できるからな

    no title

    https://snjpn.net/archives/174641

    所長見解:誰やねん・・・
    【【速報】国民的アイドルグループ元メンバーが薬物逮捕の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ