やらせ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎年、物議を醸す「輝く!日本レコード大賞」。
    音楽業界全体が衰退の一途をたどっている上に、不可解すぎる選考が視聴者の不信を買っているのが原因だ。

    「もう大賞自体の権威は完全に失墜していると言ってよいでしょう。
    2008、2009、2010年は3年連続でEXILEが大賞を受賞し、その後2年連続でAKB48ですからね。
    そして、臆面もなく再び3年連続でEXILEグループなので、開いた口がふさがりません。
    舞台裏では何らかの“怪しい力学”が働いていると勘ぐる人が多いのも納得です」(週刊誌記者)

    昨年は「週刊文春」で「三代目JSBがレコード大賞を1億円で買った」という見出しの大スキャンダルが報じられたものの、芸能マスコミは一様にだんまり。
    いわゆる“報道しない自由”を行使し、あらためて“マスゴミ”っぷりが浮き彫りになったのは記憶に新しい。

    r


    音楽関係者がこう耳打ちする。
    「審査員には、スポーツ紙や一般紙などマスコミ関係者が多く名を連ねていますが、これはある意味利権になってますからね。
    審査の時期が来ると、レコード会社や芸能プロダクションから飲めや歌えの接待漬け。
    審査員たちが悪いことを書けるわけがない。
    この特権を後進に渡したくないため、何年もしがみつく人ばかりなんですから」

    そして審査に甚大な影響力を持つ“部外者”の存在も大きい。
    芸能界のドンとささやかれるX氏だ。
    X氏はかねてより芸能マスコミを牛耳り、情報操作することで芸能人を支配。
    さらに裏業界とのコネクションもあるため、その筋の人に解決を依頼することもあると囁かれている。
    しかも、同時に警察幹部まで押さえてあり、まさにドンに反旗を翻すことなどありえないのだ。

    「レコード大賞のほかに、紅白歌合戦の人選にも深くかかわっています。
    X氏がNOと言えばすべてがひっくり返るほどの力がある。
    反対して他部署に異動になった関係者も少なくありません。
    だれもがひれ伏している感じですね」(同関係者)

    そんな中、今夏、ドンからステキな贈り物が審査員に届けられたという。
    絶対匿名を条件にマスコミ関係者が明かした。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14152_entry.html


    所長見解:もうやめちゃえよ・・・
    【【超速報】今年のレコード大賞は「星野源」。芸能界のドンから関係者に名前入りの贈り物ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カラスが鳴かない日はあっても、甲子園で本塁打が出ない日はない。
    そんなあんばいになってきた。

    夏の甲子園高校野球は17日、大会9日目が終了。
    計33試合を消化した時点で、43本もの本塁打が飛び出している。
    このままのペースだと、決勝戦までに62本もの本塁打が出る計算。
    昨夏の37本を大きく上回るどころか、06年に記録した大会最多本塁打の60本を上回ることになる。

    k


    16日付の朝日新聞は「ホームラン 史上最多ペース」という見出しの記事を掲載。
    「打撃練習用マシンや金属製バットの性能向上。最先端のトレーニングによるスイング速度の向上などが『打者優勢』を後押しする」と分析し、「好投手が比較的少なく、『打高投低』の傾向が強く表れている」と指摘している。

    「今年は特に投手がヒドい。ドラフト1位候補はゼロ。
    140キロ台後半の速球を投げる投手も中にはいるけど、制球が甘かったり、球のキレがなかったり。
    ネット裏で見てても、球速表示ほどの速さを感じさせない投手があまりにも多い。
    金属バットなんだし、ボロ投手相手なら本塁打はいくらでも出ますよ」とは、ネット裏のあるスカウトだ。

    つづく

    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/211718/1


    所長見解:たしかによく出るよね・・・
    【【これは疑惑】夏の甲子園、 HR量産の裏に“飛ぶボール疑惑” 「やり過ぎや。そのうちバレるぞ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その存在自体にも賛否があるものの、毎年8月下旬に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。
    そして同番組の恒例企画といえば24時間をタレントが走り続けるマラソンだ。

    2


    しかし、毎年必ずエンディングのタイミングでゴールするため、車にランナーを乗せて移動させているともささやかれている。
    あまりに絶妙なタイミングでのゴールのため、そう思われるのも仕方ないが、実際のところ24時間マラソンではどんな手法が使われているのか。
    関係者に聞いた。

    「まず、車に乗せているという話はよく耳にしますが、これはあり得ません。
    なぜなら24時間マラソンは急ぐ必要がないからです。
    24時間で100キロ前後を走破するのは大変と思うかもしれませんが、実際は歩いてもゴールできる距離です。
    そのため、車に乗せて急ぐ必要はありませんし、スマホのカメラがあらゆる場所で狙っている時代ですから、そんなマネはしませんよ」(テレビ局関係者)

    どうやら車に乗せているという話は都市伝説のよう。
    だが、それとは真逆の行為はあるという。

    「急ぐより、むしろ遅く走ってもらいたいのが本音なんです。
    一番の目的はエンディングに合わせてゴールさせるためです。
    さっさと走ってしまったら、場合によっては翌日の昼間にゴールしてしまいます。
    それでは視聴者に感動してもらえないので、時間調整の意味で遅く走らせます」(同)

    遅く走らせているとは驚きだが、ランナーが意識的に遅く走っているということか。

    「ランナー本人には何も伝えません。
    まわりが遅くなるように仕組むんです。
    一番多いパターンは休憩時間を長くとることです。
    必要以上にここで時間を使っています。
    また、前方を走る中継車や警備の自転車の走る速度をわざと遅くして、時間を稼ぐこともあります」(同)

    ランナーは何も知らないそうだが、それもこれも早くゴールされては困るからだという。
    また、このような理由以外にも中継の電波が届かないエリアもあるため、生中継のタイミングにそのような場所を通過することがないよう、時間調整を行うこともあるらしい。

    さらに、感動を盛り上げるためのさらなる工夫もあるという。

    「24時間の中盤あたりからランナーを疲労困憊の状態にしておかないとゴールの感動も薄れます。
    そのため、中継車をわざとゆっくり走らせたり、急に速度を上げたりして、ランナーの走る速度を上げ下げするんです。
    一定の速度で走るより疲れるので、真夜中には疲れがピークに達して明け方には本当に疲れ切った顔をカメラの前で見せてくれるんです」(同)

    あまりに無茶苦茶な話で開いた口がふさがらない。
    しかし、こうした手法を駆使したとしても体力が残っているランナーもいるはずだ。

    「たしかに体力や持久力があって、遅れさせようと思っても、そうはいかない人もいます。でも、そのような方は事前練習で判明します。
    そのため、あらかじめスタート時間を遅めに設定したり、走る距離を長くしたりしているんです。
    24時間マラソンと言えば100キロというイメージがあると思いますが、2011年の徳光和夫さんはおよそ60キロ、2009年のイモトアヤコさんは約120キロと2倍も違います。
    それでもダメなら最終手段は直接ランナーにお願いして、わざと遅く走ってもらいます」(同)

    こうした裏技によって、ほぼすべての回でエンディングにゴールする劇的なシーンが出来上がっているという。
    だが、そこまでして見せたい感動とは一体何なのか。

    やはり、この番組は何かがおかしい。

    http://tocana.jp/2017/07/post_13251_entry.html


    所長見解:みんな知ってるよね・・・
    【【知ってた】『24時間テレビ』 マラソンの異様な裏側を大暴露「車にランナーを乗せて移動するのではなく…」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBSが19日に放送した「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」で取り上げた写真が、撮影者に無断で使用され、また心霊写真であるかのように加工したのではないかと報じられていることについて、同局の広報部は26日、デイリースポーツの問い合わせに「番組の制作過程で写真をねつ造、合成したという事実は一切なかったことが確認できました」と回答。
    合成疑惑を完全否定した。

    t


    番組は放送の終盤で、3人の男性とみられる人物の足元に、本来ならいるはずのない位置関係で人の顔らしき姿が映っている写真を「心霊写真」として取り上げた。
    しかし、20日にニュースサイト「Buzz Feed Japan」が、画像に写っている男性への取材に基づき、写真が撮影者に許可なく放送で使用され、かつ心霊写真であるように合成されたのではないかと報じた。

    TBSは20日時点で合成の有無、写真の入手経緯などを「調査中です」と語っていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000109-dal-ent 


    所長見解:開き直ったよ・・・
    【【これは怖い】TBS 心霊写真の合成疑惑を完全否定…「番組の制作過程で写真をねつ造、合成したという事実は一切なかった」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月19日に放送されたバラエティ番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」(TBS系)の中で、2009年に自宅で孤独死した女優・大原麗子さんの魂をイタコが降霊するという企画が流され物議を醸している。

    t


    「イタコとは、死者の魂を能力者の身体に降ろし、故人の代わりに死者の想いを語る降霊術のこと。
    番組には最後のイタコと呼ばれる女性が登場し、大原さんの弟、彼女と最後に会話したという親友の女性と面会しました。
    イタコの女性は大原さんの魂を降霊後、『いや?なんか頭痛いな?なんか苦しいな?と思っていたら、ほんとに急に目の前が暗くなってきて…』と当時、不整脈による脳内出血で亡くなった状況を、大原さん本人の言葉として語っていました」(テレビ誌記者)

    >>2以降へ続きます。

    アサジョ
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_33793/ 


    所長見解:これは放送していいの?
    【【これはひどくない?】大原麗子さんの霊をイタコに憑依させたTBSの企画に批判殺到ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ