やらせ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月20日に『第158回芥川龍之介賞』と『第158回直木三十五賞』の候補作品が発表された。
    いずれも実力派の作家が並ぶなかで驚かされたのが音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーとして活動するSaoriこと藤崎彩織が直木賞候補に選出されたことだ。

    藤崎の初小説である『ふたご』(文藝春秋刊)は、ピアノが友達という中学生の夏子が、仲間たちとバンドを結成し、共同生活を送りながら自らの居場所を模索していくという青春小説。
    一部のファンからは小説の登場人物が、「セカオワのSaoriとFukaseをモチーフにしているんじゃないか」とも噂されていた。

    s


    「藤崎は文藝春秋の文芸誌『文學界』で『読書間奏文』というコラムを連載していて、もともと、その文章力は高く評価されていました。
    10月28日に発売されたばかりの『ふたご』は、早くも10万部を超えるベストセラーとなっていますが、いまのところ購入層は『SEKAI NO OWARI』ファンが多いようです。
    そのため、インターネット上では早くも《文春の話題作りか》、《二匹目の火花狙い》などと、揶揄する声も上がっています」(雑誌編集者)

    過去に芸能人が書いた小説が文学賞にノミネートされた例としては、又吉直樹の『火花』(芥川賞受賞作品)や、モデルでタレントの押切もえ『永遠とは違う一日』(山本周五郎賞候補)などがある。
    いずれもメディアで大きく取り上げ、火花は累計300万部を超える大ヒット作となっている。

    「芸能人の書いた小説は、それだけで宣伝効果があるのは間違いありません。
    実際に、藤崎の小説もニュースで取り上げられるたびに、枕詞のように『SEKAI NO OWARIのSaoriさんが…』と続いています。
    ほかの候補者からすれば決して気持ちのいいものではないでしょう。
    直木賞を主催する『日本文学振興会』は、実質的に文藝春秋社です。
    藤崎が直木賞を受賞すれば100万部は超えるだろうといわれていますから、文春もかなり肩入れしてるのではないでしょうか」(同・編集者)

    かつて2010年には、俳優の水嶋ヒロの初小説『KAGEROU』が『第5回ポプラ社小説大賞』を受賞し、100万部の大ベストセラーになったことがある。
    しかし、肝心の小説の中身は決して大賞に値するものではなく、「出来レース」、「やらせ」などと散々な言われようだった。

    直木賞は来年1月16日に発表される。
    藤崎の小説が本当に大賞に値するかは選考員が熟考して決定されるが、実力不足のままマーケティング優先で受賞するようなことがあれば、“文学の終わり”と陰口をたたかれることになるだろう。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1220/myj_171220_2981555680.html


    所長見解:もうね・・・
    【【文学終焉】セカオワSaoriが直木賞にノミネートされた裏事情ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT(44)が18年の元旦に放送される『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)の中でX JAPANのYOSHIKI(52)と「最強タッグ」を組むことが、12日明らかになった。
    同番組は芸能人が食・音楽・映像などで一流品と安物を見分ける問題にチャレンジし、その正解数に応じて「一流」「二流」などランクを決めるという企画である。

    g


    「GACKTは09年から17年まで(11年以外)毎回出演し、16年にチームを組んだKis-My-Ft2の北山宏光(32)と中山優馬(23)が不正解を出し、チーム戦での連勝記録は39連勝でストップ。
    しかし、個人成績ではいまだ不正解なしの51連勝を続け、それが番組の見所の一つとなっています。
    まさかの新相棒にSNSでも『ヤバすぎ!期待感高まる』『番組はマッチメイクを分かってる』『叶姉妹との対決が見たい』など放送を楽しみにする声が多数上がっていました」(週刊誌記者)

    画面を通してだけでは分からないが、他の出演者が軒並み不正解を連発する中、たしかにGACKTの正解率は群を抜いている。
    しかし、その反面、番組には当初から度々「やらせ」の疑惑が持ち上がってきたという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1384507/


    所長見解:今さら・・・
    【【全問正解】GACKT『芸能人格付け』はヤラセ?ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月11日に『W-1』(日本テレビ系)が放送され、ゆりやんレトリィバァが、記念すべき第1回チャンピオンに輝いた。
    「女芸人No.1決定戦」と銘打たれたこの大会だが、番組内容に懐疑的な感情を持つ視聴者は多いようだ。

    番組を見ていたツイッターユーザーからは、

    「私がおかしいのかな 超絶つまらない」
    「もう既につまらないというツイートが多い」
    「出来レースすぎて面白くないな」

    など、厳しい意見が多く寄せられている。

    y


    また、

    「わざとらしい笑い声。あれ何?」
    「ちらっと見たけど、笑い声が邪魔だった」
    「作った笑い声が見る気を無くさせる」

    など、ネタ中に聞こえる不自然な笑い声に不快感を示したツイッターユーザーの声も多くあった。
    現在、ネット上では「笑い声はSEだったのでは?」という憶測も多く飛び交っており、「女芸人No.1決定戦」とは違う形で大きな波紋を呼んでいる。

    http://npn.co.jp/article/detail/58108825/


    所長見解:やっぱり・・・
    【【女芸人王】『W-1』に批判殺到「超絶つまらない」「わざとらしい笑い声」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【日本レコード大賞】乃木坂46が大賞最有力か デキレース疑惑で“レコ大不要論”も

    今年の『日本レコード大賞』は乃木坂46「インフルエンサー」が大賞最有力候補との噂
    「レコ大はデキレースということで以前より不要論が上がり始めていた」と業界関係者
    過去には三代目 J Soul Brothersの所属事務所による裏金疑惑が週刊文春で報じられた

    12月30日に最終選考が行われ、授賞式がTBS系で生中継される「第59回日本レコード大賞」だが、すでにこの時期に大勢が決していることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    「選考会は毎年10月から4~5回ほど行われ、最終選考を迎えますが、最終選考の前には大勢が決しているのが“慣例”となっています。そんな“デキレース”ということから、以前より“レコ大不要論”があがりはじめていました」(音楽業界関係者)

    昨年、同誌が、15年の受賞者である三代目 J Soul Brothersの所属事務所がレコ大に絶大な影響力を持つ某大手芸能プロに1億円の“裏金”を支払った疑惑を報じた。
    さらには、権力争いによる内紛が勃発していることも発覚していたが、西野カナの「あなたの好きなところ」が大賞、韓国の人気グループ・BIGBANGの弟分・iKONが最優秀新人賞を受賞していた。

    そこで、気になる今年の賞レースだが、同誌によると、ミリオンセラーを記録した乃木坂46の「インフルエンサー」が大賞の最有力候補。

    n


    最優秀新人賞の本命として名前が挙がっているのが、シンガー・ソングライターのNOBUだという。

    大賞をめぐっては、2連覇に挑む西野カナや、今月8日にベストアルバムを発売した安室奈美恵も有力候補。
    しかし、安室は当日のテレビ出演が難しく可能性は低いようで、対抗馬も多くないという。

    一方、世間的には無名のNOBUだが、前述したレコ大に絶大な影響力を持つ某大手芸能プロがバックアップしているというのだ。

    「乃木坂46はドーム公演初日の7日に、機材が落下して客がケガを負う事故が発生。
    大事故になっていれば、レコ大どころではなかったはずなので、レコ大関係者も胸をなで下ろしているのでは」(レコード会社関係者)

    来年で節目の60回を迎えるレコ大だが、果たして、今後もこのままの体制で存続されるのだろうか。
     
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-37012/

    乃木坂46 『インフルエンサー』
    https://www.youtube.com/watch?v=r4SdiT7mm7Y



    所長見解:別にいいんじゃないの・・・
    【【文春速報】今年のレコード大賞 乃木坂46『インフルエンサー』に早くも決定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    年末にTBSで放送される『輝く!日本レコード大賞』の新人賞に、無名の歌手、NOBU(29)が内定したとの情報が流れている。

    n


    毎年秋口になると、音楽業界は水面下で『NHK紅白歌合戦』やレコ大を巡り事前運動が活発化する。
    「紅白に関しては、芸能界の“ドン”と呼ばれる大手芸能事務所のS社長が出場枠を持っていると言われ、レコ大についても新人賞と大賞は彼の意向で決まるとされている。
    レコ大の“賞レース”は、いつの間にか事務所のビジネスにされ、審査員や関係者は、もはやS社長の言いなりです」(レコ大関係者)

    昨年10月には『週刊文春』が、'15年末のレコ大で大賞を受賞した『3代目J Soul Brothers』が所属するLDHとS社長の事務所との間で、1億円の買収取引が行われていたと報じた。
    「大スキャンダルでしたが、スポーツ紙などはレコ大の審査員を出しているため黙殺。
    昨年末のレコ大でも、S社長のブレーンとされる男が押した西野カナが選ばれており、黒い体質は何ら変わっていなかった。
    ただし一方で、レコード会社を移籍して突如、露出が増えた演歌歌手の丘みどりなどは、S社長にイチ押しされたトバッチリを受けている。
    紅白初出場が確実視されていましたが、結局は疑惑の件もあり、露骨すぎることから、取りやめになっていますからね」(芸能関係者)

    そんな昨年に懲りたかと思われたが、今年も同じような事態になりそうだというから呆れる。
    「NOBUという無名歌手をS社長が押していることから、今後、各媒体に頻繁に露出すると思います。
    NOBUは長らくインディーズで活動し、'12年にメジャーデビュー。
    しかし、売れずに一度はレコード会社から契約を切られたのですが、今年3月に『いま、太陽に向かって咲く花』で再デビューした。
    スポーツ紙記者はいま、読者無視の宣伝記事を書かされていて、新人でもないのに早くも“レコ大新人賞内定”と言われているんです」(芸能記者)

    またもや出来レースになりそうだ。

    週刊実話
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/36890638/


    所長見解:全く知らん・・・
    【【捏造恒例】『輝く!日本レコード大賞』新人賞 ドンの一声でまた出来レースってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ