みやぞん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    みやぞん「イッテQ」ロケで左足首を骨折、全治2カ月 火の輪くぐり着地で「折れちゃった」


    日本テレビは28日、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が、同局「世界の果てまでイッテQ!」のインドでのロケで左足首をけがをしたことを発表。

    「骨折」と診断されたことを明かし、みやぞんや関係者に対し「お詫び申し上げます」と謝罪した。
     
    m


    同局によると、みやぞんはインドでのロケで、走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦を敢行。

    その際、着地で左足首をひねったという。

    日本テレビは書面で「現地時間5月24日午後5時30分頃、『世界の果てまでイッテQ!』のインドでのロケ中にみやぞん(ANZEN漫才)さんがけがをしました」と発表。

    みやぞんはただちにロケを中止して病院で応急処置を受けた。

    27日に帰国し、あらためて国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断された。

    痛みがひくまで1~2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みだという。

    日本テレビは「みやぞんさんの今後のお仕事に関しましては、医師と相談しながら、ケガをした足に負担のかからない形で、続けていかれると聞いています」とし「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っておりましたが、このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます。
    今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とした。


    みやぞんコメント全文は以下の通り。

    ちょっとネタバレになっちゃいますが、今回のチャレンジ、実は成功していたんです!
    見事、火の輪をくぐり、成功したと思ったのも束の間、着地と同時に足に痛みがあり、折れちゃったみたいですね…
    カルシウムが足りてなかったのかもしれません。
    ご心配をおかけして申し訳ございません。

    お医者さんと相談しながら、無理せず仕事は引き続きやっていこうと思います。
    これからも応援よろしくお願いします!
    今まで通り前向きに、やるぞ~やるぞ~やるぞ~!


    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/28/kiji/20190528s00041000220000c.html

    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】みやぞん「イッテQ」のロケで骨折ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12日、日本テレビ系『スッキリ』にANZEN漫才のみやぞんが出演した。

    番組内でみやぞんは“大学の進学を諦めた”理由として「電車の乗り方がわからなかった」とコメント。

    m


    「今みたいに携帯も無かったんで、どうやって乗っていいかわからなくて」と調べる方法が無かったと語った。

    当時についてみやぞんは「大学行くのに、たしか千代田線に必ず乗るんですよ、西日暮里から」と話し、西日暮里駅に来るそれぞれ行き先の違う電車のどちらかに「賭けで乗ってたんです」と発言。

    続けて「1回目ダメで、もう1回『こっちだ!』っていう方に乗ったんですよ。違ったんですよ」と直感で乗った際、2回とも大学とは逆方向の電車に乗ってしまったと語った。

    そして、「3回目乗る時に『こっちだ!』って思う方向に乗ろうと思ったんですけど、2回とも『こっちだ!』と思うのに乗ってダメだったので、その逆を行ってやろうと思って」として「『こっちじゃない!』と思う方向に乗ったんですよ」と直感とは逆の方向の電車に乗ったと振り返った。

    しかし、「そしたら、ダメだったんですよ」と結局大学に向かう電車には乗れなかったと話し出演者を笑わせていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16012736/

    所長見解:もう・・・

    【【告白】みやぞんが大学進学を諦めた壮絶過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    多くの外国人タレントが活躍する日本の芸能界。

    中には、日本人だと思い込まれているが、「実は日本人じゃない」というケースもある。

    代表的なのは女優の水原希子だ。

    彼女は父親がアメリカ人で、母親が韓国人。

    以前、中国の天安門に向けて中指を立てる画像に“いいね”を押してしまい、中国人から大バッシングを浴びた際、謝罪動画を投稿し、アメリカ国籍だとも明かしていた。

     
    「日本人じゃないと気付いた」

    バラエティー番組で大活躍しているお笑いコンビ『ANZEN漫才』みやぞんも日本人ではない。

    2015年放送の『有田チルドレン』(TBS系)に出演した際、「それまで知らなかったんですけど、僕、韓国人だったんですよ」といきなりカミングアウトした。

    m


    スタジオでどよめきが起こると、発覚した経緯を説明。

    高校生のときに友達と一緒に免許を取得しに行くと、係員からみやぞんだけが「書類が1枚足りない。外国人登録証明書がない」と注意され、日本人じゃないと気付いたという。

    相方のあらぽんは「思い返すと、みやぞんの持ってくるお弁当にはいつもチャンジャが入っていた」とイジっている。


    俳優の新井浩文は、在日3世で韓国籍だ。韓国の芸能ニュースを扱うサイト『WoWKorea(ワウコリア)』では、05年に新井が国籍を北朝鮮から韓国に変えたと報じている。

    さらに06年に韓国を訪れた際、「韓国映画で日本語を話す俳優が必要ならば韓国映画に出演する意思がある。次に韓国に来るときには、一回り成長した俳優として韓国人と会いたい」と意気込みを口にしたそうだ。

    国の垣根を超え、日本で大活躍をしている外国籍タレントたち。

    今後も活躍の場がどんどん広がっていきそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/70021


    所長見解:そうね・・・

    【【カミングアウト】実は日本人じゃない芸能人がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    喧嘩は男の花。
    芸能界でも古くから、喧嘩最強の“武勇伝”を持つ芸能人が少なくない。

    m


    「10月17日の公演を突如キャンセルした歌手の沢田研二(70)も、その“キレっぷり”が表すように昔からケンカの話が絶えない芸能人です」(芸能ライター)

    すでにご存じの方も多いと思うが、沢田が明かしたドタキャン理由は集客数が少ないことに対してブチ切れたこと。
    翌日、“僕にも意地がある”と釈明した姿は、記憶に新しいはずだ。

    そんなプライドが高くキレやすいタイプだけに、武勇伝も事欠かない。

    「かつて沢田が駅のホームでヤクザふうの男性2人に絡まれたことがあったそうです。
    すると彼は相手の一人を蹴り上げ、うずくまったところをさらに威嚇、完全KOしたといいます」(スポーツ紙デスク)

    その筋と思しき男に対し、公共の場で立ち回りとは、沢田も相当な肝っ玉だ。
    それだけに、ファンが相手でも容赦はしない。

    「若い頃、京都でファンに声を掛けられた際、沢田は振り向かずに無視したんです。
    それにファンが“生意気だ”と口走ってしまった。その瞬間、彼は殴り掛かる寸前でした」(前同)

    元格闘家で芸能ジャーナリストの片岡亮氏は言う。

    「“ケンカのスキル”は高いと思います。
    格闘技と違ってストリートファイトの場合、ゴングが鳴らずにいきなり修羅場がやってくるので、最初の1、2発で相手を仕留めるかどうかが勝負の決め手となります。
    沢田さんの戦い方は、ケンカ上等のワンパン殺法ですね」

    だが、そんな沢田も“ケンカ最強”とは言えないそうだ。

    片岡氏が続ける。

    「キレやすい人は興奮のまま突き進むので、瞬発力はあるものの距離を詰めすぎてしまう。少しでも格闘技を心得た相手だと、簡単にカウンターを食らいます」

    今年、古希を迎えた沢田。
    往事の戦闘力は、最大を100とすると90だが、今は年齢を考慮すると75程度といったところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1559123/
    日刊大衆


    所長見解:そうなんや・・・

    【【これは強い】芸能界「最強ケンカ王」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    夏の風物詩である『24時間テレビ』(日本テレビ系)の目玉企画といえば、毎年、人気タレントがランナーを務める「チャリティーマラソン」。
    8月25~26日に放送された今年は、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)が史上初のトライアスロンに挑戦。
    水泳・自転車・マラソンの3種目で総距離160km超という過酷な内容だったが、無事、番組終了の直前、20時45分にゴール地点の日本武道館にたどり着いた。

    24


    生放送だけに、過去には“筋書きのないドラマ”もあった。
    2013年には、森三中の大島美幸がゴールまであと2kmで放送終了となり、涙を飲んだこともある。

    だが、2014年から今年までの5年間のランナーは“優秀”だ。
    城島茂、DAIGO、林家たい平、ブルゾンちえみ、みやぞんと、性別も年代も走行距離もバラバラだったが、ゴール時刻は20時44~48分という“極めて狭い範囲”に収まっている。
    20時54分の放送終了の直前で、お馴染みの『サライ』の大合唱で迎えるのにベストのタイミングだ。

    そんななか、今年の“ラストスパート”を目撃した男性は、こう首を傾げる。

    「当日の夜8時半頃、ゴール直前の首都高西神田インター付近で、偶然みやぞんが走っているところに居合わせたんです。
    『あれ?』と思ったのは、武道館とは逆の方向に走って行ったこと。
    なんでわざわざ遠回りするのか、不思議でしたね」

    番組内容を確認すると、目撃証言の時刻の少し後から、みやぞんの走る姿が放送されており、たしかに西神田付近から竹橋方面へ大きく迂回してから、武道館へと向かっていた。
    ざっと1kmは“遠回り”している。

    例年、チャリティーマラソンのルートは、保安上の理由などから公開されていないが、ゴール直前で遠回りするルートを取るのは不可解だ。
    「2009年にランナーを務めたイモトアヤコが放送時間内にゴールできなかったことがあって、上層部から現場がどやされたと聞く。
    ベストなタイミングでのゴールになるよう調整が入っているのではないか」(番組関係者)という声もあったが、日本テレビに確認すると、「番組制作上の詳細についてはお答えしていません」(広報部)とするのみだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15248914/
    NEWSポストセブン


    所長見解:あれでしょ・・・

    【【24時間テレビ】みやぞんがゴール直前に「謎の逆走」の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ