みのもんた

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来たる8月22日に75歳の誕生日を迎え、れっきとした〝後期高齢者〟に突入するタレント・みのもんた。

    年齢のせいか近年では衰えも目立っているが、MCを務める『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の最新回では、特に視聴者からの不安が続出した。


    8月15日、みのはいつものように「ケンミンショー」に出演し、共同MCの久本雅美と共に番組をサポート。

    しかし、テンポ良くスタジオを回すのはもっぱら久本の役割で、みのはほとんど言葉を発さなかった。

    みのは久本の横でリアクションを取っていたが、それも腕を組みながらにこやかな顔を浮かべ、時たま小さく頷いてくばかり。

    また、加齢のせいか動き自体もスローで、痩せて筋の見えた肌や深くなったシワも相まって〝おじいちゃん〟といったオーラを強烈に放っていた。


    スタジオで石川県のご当地グルメ「金沢カレー」を試食する場面でも、みのはゆっくりとした動作と、あまり綺麗とは言えない食べ方でカレーを口に。

    コメントこそ「柔らかい!」「めちゃうまいよ」と元気よく発していたが、その姿は〝高齢者〟そのものといった印象だった。


    m


    時代を築いた名司会者も〝ただのおじいちゃん〟に…


    覇気がなく口数が少ない上、話を聞いているのかさえ不安になる〝ボーッとした〟シーンもかなり多く見せていたみの。

    その姿から往年の名司会者の面影は全く感じられなくなっており、ネット上にも


    《久しぶりにテレビでみのもんた見たけど、ガリガリで何もしゃべらないんだけど…》

    《目虚ろやし腕組んで笑いも頷きもしてへん。大丈夫かな?》

    《無理してテレビ出なくても… ご高齢でしょうに…》

    《みのもんた覇気がない》

    《みのもんた、すげぇおじいちゃんやん、、、》

    《加齢のせいか司会はおろかリアクションとコメントもまともに出来ないみのもんた》

    と心配の声が多く寄せられた。


    かつては「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録にも認定され、〝生涯現役〟と豪語していたみの。

    しかし、さすがに歳には勝てなかったようで、その〝幕引き〟は徐々に迫っているように感じられる。


    https://myjitsu.jp/archives/92094

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2016/05/mino_monta-20160530165822.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【これは心配】みのもんたがもうヤバい件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉田明世、みのもんたからの“お尻タッチ”セクハラ騒動真相告白

    フリーアナウンサーの吉田明世とみのもんたが、1日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』2時間スペシャル(21:00~22:48)に出演し、6年前のセクハラ騒動の真相を語った。

    TBS系情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』で共演していた2人だが、この生放送中にみのが吉田のお尻を触ったと報じられたが、みのは「そんなことするわけないじゃないの。お尻こんなことやって楽しい?」と否定。

    しかし、みのが「この指が覚えていたよ(笑)」とふざけるため、吉田が「私が釈明していいですか?」と真相を説明した。

    m


    吉田は「あのときは(番組の)エンディングでして、みのさんの横に女性アナウンサーとか男性アナウンサーがズラーッと並んで、私がエンディングの原稿を読む担当だったんです。
    で、そのときにみのさんが、私の肩を押して、アナウンサー陣がガタガタとドミノ倒しになるのがブームだったんですよ。
    私は原稿を読まなくちゃいけなくて集中したいので、『みのさん、それやめてください』って、毎日伝えてて。
    で、CM中、みのさんにボンッと押されないように一歩前に出て原稿の練習をしてたんですね。
    でも3秒前なので、そろそろ戻ろうと思って1歩後ろに戻ったら、それでもみのさんがボンッと押して来たので、『みのさんやめてください』って手を払ったら、もうオンエアが(始まって)放送されてたんです。
    お尻を触ったかのように手を振り払うところが、たまたま(生放送に)映ってしまって、お尻は触られていないんです」と解説。

    さらに、「たまたまみのさんが翌週から夏休みだったので、その“お尻事件”でいなくなったというふうになったのと、私の家の周りにも記者の方がすごく来ていて、私も新人だったので何か発言すると余計な誤解を招いてしまうから、番組の人に『何も言わないほうがいい』という風に言われて、お尻を触られたとも触られてないとも言えなかったせいで、世の中的には“お尻を触られたアナウンサー”になってしまった」と弁明できなかった事情を明かし、
    「今日ようやくあの事件の呪縛から開放されるということで良かった」と安堵の表情を見せた。


    https://news.mynavi.jp/article/20190501-817338/

    所長見解:苦しいね・・・

    【【衝撃暴露】みのもんた、セクハラ騒動の真相がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎週高視聴率を記録している『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)だが、ここのところ「なぜ好感度が低いの嫌われタレントばかり起用するの?」という疑問が相次いでいるという。

    2月7日放送回では、『NGT48』山口真帆への襲撃事件がいまだに解決されていない中で、同グループの荻野由佳が出演。

    荻野は山口と確執があるとウワサされており、「平気な顔してテレビに出てんじゃねーよ!」「いじめっ子を当たり前のようにテレビに出すその神経、ヤバ過ぎ」などと批判が相次いだ。


    過去にも同番組では、炎上発言が話題になっていた『NGT48』中井りかが出演。

    生活保護の不正受給問題で、現在も嫌われ者である『次長課長』河本準一に至っては、準レギュラーのように出演しまくっている。

    田中義剛も“商品パクリ疑惑”などから北海道民からかなり嫌われているにもかかわらず、河本のように準レギュラー並みに出演。

    田中は青森県民代表として出演しているわけだが、ネット上では

    「こいつが青森県代表として出るのが嫌です。話を盛り過ぎてムカつく」
    「青森県民や北海道民からの田中義剛の嫌われっぷりは異常」
    「青森の裏切り者、田中義剛がまたデカい顔してる」

    と、出演するたびに罵声が飛び交う。

    k


    コストカット重視で好感度は二の次

    「そもそも番組のMCが、セクハラ疑惑のみのもんたと、嫌われ女性タレントの代表格・久本雅美ですからね。
    他の番組に比べてこの番組の視聴者は、好感度を気にしない人が大半なのだと思います。
    そのため、ゲストに嫌われ者が出ることをスタッフが気にせず、こんなキャスティングになっているんですよ」(芸能記者)

    しかし、なぜ狙ったように好感度が低いタレントばかり集まるのだろうか。

    「人気のないタレントは、他の番組に呼ばれていない分、安価で仕事を請け負ってくれます。
    『ケンミンSHOW』は大勢のタレントを呼ぶ番組ですから、1人1人のコストを抑える必要があるため、そのような嫌われ者を多く呼んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

    嫌われ者にとっては、ありがたい存在である『ケンミンSHOW』。

    この先のキャスティングもある意味注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1691795/

    所長見解:長いね・・・
    【【芸能界の闇】『ケンミンSHOW』に嫌われタレントばかりが出演する理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ギネスにまで載った人気司会者も、もう73歳。
    テレビに出る機会はめっきり減った。
    日テレ系「秘密のケンミンSHOW」が地上波唯一のレギュラー番組である。
    その収録現場に、息子が孫を連れて見学に訪れた。
    おじいちゃんの応援、といった微笑ましい話かというと、さにあらず……。

    東京都内のスタジオで番組収録が行われたのは、6月19日の火曜日。
    そのスタジオの模様を、日テレ関係者がこう振り返る。

    「とにかく驚きました。現場に、みのもんたさんの次男が来たんです」

    次男といえば、5年前に起きたあの騒動。

    「うちの社員だったとき、窃盗未遂容疑で警察に捕まったじゃないですか。
    それで退社したわけです。
    『ケンミンSHOW』は読売テレビ制作といっても、現場には日テレ関係者だっている。
    なのに、奥さんと子どもさんを連れて何事もなかったように来たんですから。
    スタジオ内ではスタッフらが、“系列局の現場だとしても、ふつう来ないでしょ”などと囁きあっていましたね」

    収録は、14時から2時間、休憩をはさんで17時から2時間の「2本撮り」。

    「彼らは12時半過ぎからスタジオにいて、1本目の収録まで観て帰ったと思います。
    休憩のとき、番組MCの久本雅美さんにみのさんが一家を紹介してましてね。
    久本さんはお子さん、つまりみのさんのお孫さんを“かわいいねえ”などと言って目を細めていました」

    それは“もんたおじいちゃん”も同じで、

    「はっきり言って、みのさんは収録中に眠そうなことが多いのに、お孫さんがいた1本目はしゃきっとしていたのです。
    いなくなった2本目は、久本さんから“ちゃんと喋ってください”と茶化されていましたよ」

    m


    ■収録はふだん通り

    日テレ関係者が続ける。

    「みのさん次男の登場と、みのさんのハッスル。現場ではみんな驚いたわけです。
    収録が火曜日だったこともあって、うちの番組の『火曜サプライズ』か、なんて声もあがりました」

    こんな現場の声を、ご当人はどう聞くか。

    「1本目、テーマはなんだったかな? 
    神戸の洋菓子だったような気がするな。
    この1本目の収録を息子が観たいっていうものだから、呼びましたよ。次男。
    いま彼は、『ニッコク』で営業を頑張っていますよ」

    「ニッコク」とは、みのもんたこと御法川法男が代表の、水道メーター製造販売会社。
    次男は騒動後に入社していたという。

    「スタジオ見学に来たのは、次男夫婦と孫2人。
    僕には6歳と4歳、2歳と、3人の孫がいるんだけど、一番上の6歳は来られなくて、残りの2人が来た。
    孫は、本当にかわいいですよ。
    でも、孫にカッコいいところを見せようとして力が入ったなんてことはありません。
    収録はふだん通りでした」とおっしゃる。

    ならば、平日に家族連れで収録の見学に来ることは?

    「それは新潮さんの見方でしょ。
    次男に見学させるにあたって心構えが必要だったなんてこともありませんし。
    事件は錯誤によるもの。
    被害者とのあいだで和解が成立したし、立件もされませんでした。
    それが、いまごろなんですか」

    事件は問題ナシと言い募る。
    この主張もまた、ちょっとしたサプライズ!?


    週刊新潮 
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07100558/?all=1


    所長見解:おじいちゃん・・・

    【【窃盗事件】みのもんた、収録現場にあの息子 ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ