そっくり

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの小島瑠璃子(24)が、メインキャスターをつとめる1日放送のTBS系「サタデープラス」(土曜・前8時)に生出演。

    お笑いタレント・キンタロー。(37)のものまねに自身の思いを明かした。

    キンタロー。が11月24日放送のフジテレビ系「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で「たぶん嘘をついている時は目を見開く小島瑠璃子」というネタを披露した。

    no title


    これを受けて小島がツイッターで「キンタロー。さんのモノマネ遅れてみた。
    なんてこった!似てる!!見た目が!!他はほんと風評被害。
    私がモノマネしていいですよって言ったのそのネタじゃないですよ!キンタロー。さん!!。
    まぁ、名誉なことかぁ。モノマネしてもらえるって。でもちがーう!」としていた。


    この日の番組にキンタロー。がVTR出演し、改めて小島のものまねを披露。

    小島はこれに「全然怒ってないですよ」と目を見開いてリアクションした。

    その上で「公認してない。全然認めてない」とし「そもそも目を見開く時っていうのは、人間誰しも驚く時じゃないですか。
    だから私がこれからビックリしたリアクションすると、全部、嘘だろって言われちゃうようになっちゃうわけじゃないですか」と訴え、「芸能人生でとんでもないものを背負わされたわけですよ」と笑顔交じりで自身の思いを告白していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15675228/


    所長見解:うまいな・・・

    【【こじるり激怒】小島瑠璃子、キンタロー。のモノマネに「全然認めてない。芸能人生でとんでもないものを背負わされた」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「広末涼子は2人いらないんですがねぇ~」と、現場の声が聞こえてくる。

    それほどに広末に似せようとしている市來玲奈アナ(22)がイタイ!

    『乃木坂46』の元メンバーで日本テレビの新人、市來ナに、注目が集まっている。

    “広末涼子似”というウリがある一方、「あまりにも広末を意識しすぎ」と失笑を買っているのだ。

    「今、日本テレビは水卜麻美アナ(31)に続く女子アナがいない状態です。

    水卜アナは“ぽっちゃりアナ”というブランドを作りましたが、すでに飽きられ気味。

    そこで、市來アナに白羽の矢が立ったのです」(女子アナライター)


    ただ、市來アナには黒歴史が多くある。

    彼女は、早稲田大学本庄高校時代に『乃木坂46』の1期生に合格。

    1stシングル『ぐるぐるカーテン』の選抜メンバーにも選ばれている。

    「高校時代は、それなりの人気でした。

    その後、内部進学で早稲田大学に入学。

    でも、大学に入った直後の6月に乃木坂の卒業を発表し、翌月には辞めている。

    表向きの理由は『学業に専念するため』。

    でも内部進学の上に、入学直後に勉強のためにやめるというのはおかしな話と、疑問の声も多く上がりました」(同)

    その裏には、こんな噂も。

    「乃木坂時代は当然、交際は御法度ですが、市來アナは大学に入る前後に、ファンの学生と懇意になり交際に発展。

    ○○写真が流出したことで、乃木坂を追われたというのです」(同)


    さらに大きな問題は、その後。

    彼女は『乃木坂46』を卒業したにもかかわらず、ちゃっかりと芸能プロに所属。

    再び、活動を始めたことから学業専念が嘘だったことがバレてしまった。

    「市來アナは社交ダンスが得意で、大学2年生の時にTBS系『金曜日のスマイルたちへ』に出演。

    その際、同局の山本匠晃アナとペアを組んで競技会で優勝。

    そのままテレビ出演を続ける予定が、いつの間にか消えてしまった。

    もともと、彼女は女子アナ志望。

    テレビ局への就活のため、収拾がつかなくなって逃げたんです」(TBS関係者)

    そんな彼女は、10月より有働由美子がMCを務める『news zero』に出演中。

    広末似を前面に押し出し、看板アナになろうと必死だ。

    「雰囲気が似ているのは確か。

    ただ、過剰なまでに“アヒル口”をやったりする作りキャラには、視聴者も辟易しているはず」(芸能プロ関係者)

    早稲田大学出身(中退)で男ぐせの悪さ、お騒がせなのは、昔の広末と激似だ。

    no title

    https://wjn.jp/article/detail/6696696/


    所長見解:これ・・・

    【【元・乃木坂46】市來玲奈アナ「広末は2人いらない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが8日にアメブロを更新。
    自身に“激似”な男性との2ショットを公開した。

    この日伊達は「噂の正体!」というタイトルでブログを更新。
    「3年程前から、僕の目撃情報が宮城県内で多発していた。」といい、「『仙台北環状線でオープンカーに乗ってましたね!』『石巻で見ましたよー!』『南三陸町の道路ですれ違いましたよー』」など様々な目撃情報があり、「我々のラジオ番組『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』(FMいずみ)にも沢山の目撃情報メールが寄せられていた…。」と明かした。

    続けて、「正体は、この方でしたー!! 石巻市長面地区で漁師をしておられる48歳の方でした!」と自身に“激似”な男性と相方・富澤たけしとの2ショットを公開。

    さらに、「しっかり、白のオープンタイプのロードスターに乗ってました!(笑)」と述べ、噂となっていた白いオープンカーに乗る自身の写真を公開。
    「ドッペルゲンガーかと思う程激似!」とコメントし、自身と“激似”男性との2ショットを公開。
    「これで一件落着!」と安心した様子でつづるも、「やはりよく僕に間違われる様で。。」「ご迷惑お掛けしました本当に」と“激似”男性に謝罪の言葉をつづった。

    富澤も自身のブログで“激似”男性について更新しており、伊達と“激似”男性の2ショットを公開し、「似てるっ!!」「これは間違うわ。」と感想をつづっていた。

    no title

    no title

    no title


    https://news.ameba.jp/entry/20181110-538/ 


    所長見解:これはすごい・・・

    【【検証画像】サンドウィッチマンの伊達とそっくりすぎる人がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤綾子、美人母との幼少期2ショットを公開「DNAってすごい」「今のカトパンにそっくり」の声

    k


    フリーアナウンサーの加藤綾子が10日、自身のInstagramを更新。
    母と写った幼少期の写真を公開し、反響を集めている。

    お揃いのチェック柄ワンピースを着て、母に手を繋がれた幼い頃の写真を公開し、「先日母の還暦祝いをしました」と報告した加藤。

    小さい頃は食べ物のアレルギーがたくさんあったため、母が加藤のために別メニューを用意してくれていたという思い出を明かし、「年齢を重ねて本当に大変な事だってわかります」と感謝の気持ちをつづった。


    ◆美人母娘に反響

    また、ワンピースは母の手作りだそう。
    微笑ましい母娘ショットにファンからは

    「お母さんとおそろいのワンピースって素敵すぎます」
    「お母様すごい美人!」
    「DNAってすごい。母娘揃って美人なんですね」
    「この頃のお母さん今のカトパンにそっくり!」

    など驚きの声が寄せられている。(modelpress編集部)


    [ayako_kato.official*]
    no title


    所長見解:美人やね・・・

    【【インスタ】加藤綾子の美人すぎる母がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月26日、ジャニーズ事務所の超大型新人グループ『King&Prince』(キンプリ)のメンバー岩橋玄樹が、パニック障害の治療に専念するため11月から芸能活動を休止することを発表した。

    このことについて、ネット上に不安や悲しみの声が上がる中、一部のファンからは“とある先輩グループ”になぞらえた不吉なジンクスが聞こえている。

    今回発表があったのは事務所公式サイトで、ファンクラブの会員ページには本人の直筆コメントも掲載。
    岩橋は《しばらくの間お休みをいただくことになりますが、病を克服し、今よりもたくましい岩橋玄樹になって必ず戻ってきます》とのメッセージを寄せ、12月から始まるグループの舞台公演に出演しないことが明かされた。

    5月のデビュー以来快進撃を続けていたが、ここへ来て勢いに水を差す事態が起きてしまったキンプリ。
    この流れは、離脱者が相次いだ先輩グループ『KAT-TUN』に酷似しているという。

    k


    脱退者が相次いだ『KAT-TUN』との共通点

    「KAT-TUNとキンプリは、もともと似た境遇にありました。
    2組ともJr.時代からデビュー前とは思えない人気を誇り、6人組という人数構成も同じ。
    またデビュー時の年齢はKAT-TUNが20.8歳に対し、キンプリは20.3歳と、こちらもほぼ等しくなっています。
    さらに、KAT-TUNの『Real Face』は、ジャニーズ史上ナンバーワンのデビューシングル初週売り上げ記録を保持。
    そして同記録の2位がキンプリのデビューシングル『シンデレラガール』なのです」(ジャニーズライター)

    岩橋の活動休止と最もかぶるのが、デビュー半年後のKAT-TUNに起きたあの出来事だという。

    「KAT-TUNは人気絶頂の中、当時メンバーだった赤西仁が “海外留学による活動休止”を突如発表しました。

    これでキンプリとKAT-TUNは、デビュー半年でメンバーが休止する点まで重なってしまったので、『キンプリもKAT-TUNのように脱退が相次いでしまうのでは…』『KAT-TUNみたいに、デビュー直後が一番人気だったという尻下がりになる予感』などと心配になるファンも多いようです」(同・ライター)


    実際ネット上には、

    《1年目で人気グループのメンバーが休養するってKAT-TUNみたいだね》
    《デジャブ感がすごい。境遇といいほんとKAT-TUNそっくり》
    《なんかKAT-TUNと同じ流れになってきたけどキンプリも将来3人くらいにならないよね?》
    《KAT-TUNのジンクスに乗ってキンプリもボロボロ抜けてったりして》
    《赤西は一旦戻ってきて結局辞めたけど、果たして…》

    などといった声が上がっており、同様の心配を抱くファンは多いようだ。

    デビューから12年を迎え、現在は3人で活動しているKAT-TUN。
    キンプリも先輩と同じ道をたどっていくのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1553027/?page=2


    所長見解:そうなの・・・

    【【ジャニーズ危機】『King&Prince』がメンバー大量離脱『KAT-TUN』と酷似説】の続きを読む

    このページのトップヘ