これはすごい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    正体不明の路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵が東京都港区にある金属製の防潮扉に描かれているのが見つかり、ネットをざわつかせている。

    小池百合子東京都知事は17日、ツイッターで「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました!」と絵と一緒に写った写真をアップ。

    「東京への贈り物かも?カバンを持っているようです」とつづった。

    b


    小池氏の「東京への贈り物かも?」という推測には賛否が寄せられており、ウーマンラッシュアワーの村本大輔は「本当にバンクシーだとしたら東京への贈り物というより東京への攻撃だと思います」と異論。

    キングコングの西野亮廣は「本物のバンクシーの作品だとしたら、彼のことだから、『ネズミが傘を持っている=汚れたネズミでも避けたくなる雨(放射能雨)』といったところで、世界中が集まる東京五輪に対する皮肉だろうから、東京五輪のユニフォームで作品をお届けしてしまってる小池さん、作品を完成させちゃってんじゃね?」と私見を述べた。

    元AKB48の高橋みなみも「あの絵本当にバンクシーなのかなぁ もしバンクシーだとしたら何か意味のある絵なはず 気になる」と反応した。

    また、“落書き”を容認するかのような小池氏のツイートに疑問を呈する声も少なくない。

    タレントのフィフィは「ゲリラアーティストの作品は、どう扱われてもアートはアートと思う。
    そこまで想定しての作品なのか、あるいは想定してないか、でも許可なく描くわけだから、そこは覚悟と思う。
    防潮扉に許可なく描かれた絵、日本では罪、消すのが妥当。
    作品の価値云々以前に、有名無名は関係なく罪だから消すしかない」とツイート。

    タレントの吉木りさは「違法なことだから適切な処置をしないと… でも価値があるしな… と結果丁寧に作品が扱われてる様もバンクシーは鼻で笑ってるような気がする」とつづった。

    バンクシーは神出鬼没のゲリラ芸術家で、世界各地の壁などにメッセージ性の強い作品を描くことで知られる。

    昨年10月にはロンドンで行われた競売で、高値がついた絵画作品をシュレッダーで裁断し、話題となった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901180000249.html


    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【路上芸術家】 東京都港区の防潮扉にバンクシーってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    東京デブストーリー


    所長見解:たしかに・・・

    【【検証】「ラブ」を「デブ」に変えると暑苦しい説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ご飯(おかわり自由)+漬け物(無料)+ほうじ茶(0円)→無限お茶漬け完成

    no title


    所長見解:なるほど・・・

    【【大発見】やよい軒で無限に飯を食う方法がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “20代に見える40代”として、日本だけでなくアジアでも一躍有名になった奇跡の美魔女・水谷雅子。

    今年9月に50歳を迎えた彼女は、いつまでも若々しく美しくいる秘訣を詰めた書籍「水谷雅子Beauty Book~50の私~ 」(双葉社刊)を11月23日に発売。

    モデルプレスでは、本書に込めた思いや美容へのこだわりなどを本人に聞いた。

    本書は、50歳になっても衰えない美貌と、若さの秘訣に着目したビューティーBook。

    老けて見えないメイク術、年齢に応じたスキンケア、ボディラインや美髪を保つ方法など、「50になったら…」をキーワードに、それぞれ気をつけるべきビューティーポイントをわかりやすく解説している。

    水谷は、「綺麗になることを年だから諦めるのではなく挑戦をし楽しむことです。
    年齢とともにメイクやスキンケア、ヘアケア、ボディケアのやり方も変わってきてます。
    いかに老化を緩やかにするためのお手入れ法やメイクの仕上げ方で若々しく綺麗になれるポイントを紹介しています」とスタイルブックに込めた思いを語っている。

    美しく年齢を重ね続ける彼女に、10代、20代のうちから気をつけるべき美容法を聞くと「若いころから保湿と日焼けクリームは年中して頂きたいです。
    30歳を過ぎた頃からなかったシミが突然現れたりしますし、保湿を怠ると乾燥肌から敏感肌になり肌トラブルが起こりやすくなりますので注意して頂きたいです」とアドバイスをくれた。

    「50歳は折り返し地点で新たなスタート」という水谷。

    これからの目標は――?

    「仕事面では美に関わることを幅広く出来たらと思います。
    綺麗になれる最新情報を皆さんに発信していこうと思っています。
    プライベートではまずは健康であること。
    そして美に関する事はもちろんですがそれ以外にもどんどん新しいことにチャンレンジし、楽しんでいけたらと思っています」。

    新しいことに前向きに挑み続ける姿勢も、彼女の美しさに繋がっているのだろう。

    最後に“夢を叶える秘訣”を聞いた。

    「私の場合は、40歳を過ぎてから、美容室のカットモデルを頼まれたことがこの仕事をするきっかけになりました。
    美容に関して、自分にとっては大好きなことだったので、ずっと続けてこれたことです。
    専業主婦だった私が40歳を過ぎてから、美容本を出版できたようにチャンスは誰にでもあります!
    将来の夢を思い描き、好きなことは諦めず続けて頑張ってほしいです」。

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://mdpr.jp/news/detail/1807552 


    所長見解:これはすごい・・・

    【【検証画像】奇跡の美魔女・水谷雅子(50歳)がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の吉岡里帆が、5日放送のフジテレビ系『2018 FNS歌謡祭』でテレビ初歌唱した。

    俳優の阿部サダヲと共演した映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』での役柄・ふうかとして登場。

    その歌声にネット上では驚きや感激の声が続々と挙がった。

    映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、三木聡監督がメガホンを取り、阿部と吉岡がダブル主演を務めた作品で、音楽を題材にしたストーリー。

    吉岡は作中でギターを抱えた“ギター女子”として、自らの歌声を披露している。

    映画の中で吉岡は、“異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか”を演じている。

    ただ、この日のテレビ初歌唱で披露したのは、低音を響かせながらシャウトもこなす、アグレッシブな姿。

    高音も響かせる阿部と見事なディエットを見せていた。

    y


    ネット上でも吉岡の歌唱には驚きや発見の声が相次いで寄せられた。

    ツイッターには

    「すげ!」
    「吉岡里帆うた上手いな!」
    「カッコいい声」
    「歌声とギター姿が格好よかった」
    「カッコよくて震えた」
    「吉岡里帆歌ってんのめちゃくちゃええやん」
    「もっと歌って」

    などと、吉岡の歌唱力に驚きと感激の声が殺到した。

    さらに、

    「あんな声出るように見えない」
    「吉岡里帆ちゃんは印象が変わったよ~」
    「あんな 男っぽい 女子 好きぃ」

    と、いつも吉岡とは異なる魅力を発見して歓喜する声も見られる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010010-musicv-ent


    所長見解:うまいよね・・・

    【【これはすごい】吉岡里帆のテレビ初歌唱がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ