お金

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <小泉今日子>文化芸術支援訴える!自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」


    女優の小泉今日子が22日、ネット配信で行われた『#WeNeedCulture at DOMMUNE~文化芸術復興基金をつくろう~』に生出演した。

    『演劇緊急支援プロジェクト』(演劇)、『SaveOurSpace』(音楽)、『SAVE the CINEMA』(映画)の3団体が、プロジェクト『#WeNeedCulture』を立ち上げ、同基金創設を提案。

    「コロナ時の補填のみならず、コロナ終息後の復興支援の土台として強く要請していくつもりです」としている。

    きょう22日には3団体が、関係省庁に対し統一要望書を提出し、意見を交わした。

    今回の生配信はその一環として行っている。


    配信には小泉のほか、渡辺えり、土田英生が生出演した。


    p


    2018年6月に女優業を休養し、プロデューサー業に力を入れると発表している小泉は
    「10代に歌手としてデビューして、女優として映画にも出させていただき、今は女優だけでなく制作者として演劇に関わっている」と自己紹介した。

    小泉は新型コロナウイルスの影響により「9月、10月、11月くらいまで劇場をキャンセルしている方が増えている。
    お客さんを入れて上演っていう目処も立ってない」と現状を憂いだ。


    続けて「演劇作るためには、劇場費からスタッフさんのギャランティー、美術のセットとか、ものすごくお金がかかる。
    演劇のチケット代って映画とかと比べたら高いけど、それでもほとんどクロにならない」と明かした。


    それを聞いた渡辺は「『今からやってもいいですよ』って言われてもそこから準備だから。だからその間はどうするのって」と指摘し、支援の重要性を訴えた。

    また小泉は、演劇や音楽などの『文化』について「これからが出番。
    みんな頑張ってこの時間をどうにか工夫して乗り切った。
    これから心にぽっかり穴が開いちゃう人がでてきそうな気がして。
    それを埋めるのが『文化』だと思います」と語った。



    関係省庁に提出された統一要望書では、文化庁と文部科学省に対し「自粛要請が解除された後も、安全・安心を最優先する結果、長期間にわたって経済面でも影響を受ける」と強調。

    「活動の存続を維持するため、文化芸術団体が公演や上映、ライブなどを行うことに伴う売上減少・経費増大に対して補填することなどを目的とした『文化芸術復興基金』を創設してください」と訴えている。



    そのほか、経済産業省には「現状の持続化給付金は、文化芸術活動を存続させるためには極めて不十分」とし「給付の継続(再度の給付)、運用の柔軟化を求めます。
    あわせて、固定費にかかる支出に対する給付型の支援も求めます」と切望。

    最後、厚生労働省に対し「雇用調整助成金は、申請してから支給までに時間がかかっており、また支給が認められる件数、割合も極めて少ないという問題があります」と指摘。


    「雇用調整助成金が早期に支給されるよう運用の是正と、各種制度においてフリーランスも対象とするよう制度の是正、柔軟化を求めます」とした。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000403-oric-ent


    小泉今日子 文化芸術支援訴える 自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000231-spnannex-ent


    ▼写真

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200522-00000403-oric-000-view.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【アベガー】小泉パヨ子さん「芸能へ支援しろ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の浅野忠信(46)が、映像作品等の2次使用料について「俳優ももらえるといいのになあ」と訴えた。

    t


    浅野は14日、インスタグラムを更新。

    「今まで参加した作品の二次使用料とか俳優ももらえるといいのになあ」(原文まま)と、俳優には支払われていない現状を訴え、新型コロナウイルスの影響で俳優らの仕事が激減する中で「こういう時に困ってる同業者の少しでも支えになると思うんだけどなあ」とした。


    浅野の投稿に、モデルの水原希子らも「いいね」を押して賛同。

    女優の洞口依子はツイッターで「激しく同意! どんだけ擦るんだ? って名作だと思うなら特に! 二次使用料と配信も!」と訴えた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-25150115-nksports-ent

    ▼写真
    https://i.imgur.com/L5yOlF7.jpg

    所長見解:なんやね・・・


    【【アベガー】俳優・浅野忠信さん「映像2次使用料を俳優も」←結局これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10万円、何度も申請できちゃう? 本末転倒のオンライン


    s


    全国すべての人に一律10万円を配る「特別定額給付金」のオンライン申請をめぐり、窓口となる市区町村で混乱が起きている。

    想定していなかった膨大な確認作業に職員が追われているためだ。

    政府は郵送よりオンラインでの申請を推奨するが、自治体トップからは「郵送申請よりかえって手間がかかり、本末転倒だ」との声も上がる。

     
    オンライン申請は、内閣府が運営する「マイナポータル」サイト内にある給付金用の申請ページを通じて、自分が暮らす自治体に世帯ごとに申し込む仕組みだ。

    申請の際には世帯主の本人確認のためにマイナンバーカードが必要で、世帯主以外の家族の名前は申請者が直接入力する。

     
    東京都内で最多の約92万人が住む世田谷区では、2日にオンライン申請を始めた。

    申し込みは殺到し、11日現在で申請は2万4千件に達している。

     
    「申請内容に誤りが多い」。

    受け付けを始めてまもなく、給付を担当する区職員の間でそんな声が出始めた。

     
    マイナポータルでの申請データを確認すると、1人で複数回申請したり、家族の情報を誤って入力していたりしても、受け付けられてしまうことが分かった。

    そのまま給付すると過払いになりかねない。

     
    対象者に正しく支給するには、世帯情報をまとめる住民基本台帳ネットワークの情報と申請時に入力された情報との照合が必要だ。

    世帯情報は自治体だけが持っているため、申請内容が正しいかどうか、職員が1件ずつ確認している。

    区は担当する職員を急きょ増やして対応する計画だが、郵送申請以上に時間と手間がかかり、郵送よりも給付が遅れる恐れもあるという。

     
    保坂展人区長は「人海戦術による突合(とつごう)(照合)で苦慮している。
    電子申請のほうが郵送申請の処理より何倍も手間がかかるという本末転倒の状態。
    自治体の現場をまったく踏まえない仕組みだ」と嘆く。

     
    給付金は世帯ごとに世帯主が申請するルールだが、別世帯の祖父母の分まで合わせて申し込む間違いなどが目立つという。

    手続き完了を知らせるメールが、「迷惑メール」に分類されて申請者が気付かず、区に問い合わせるといった別のトラブルも続き、職員が対応に忙殺されている。


    https://www.asahi.com/articles/ASN5F6FY3N5FUTIL02B.html?iref=comtop_8_08

    所長見解:どうなん・・・

    【【これはチャンス】10万円特別定額給付金 何度も申請出来てしまう模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いま株を買うならどこの株買えばいいの?

    コロナショックで旨味ほしい

    k


    所長見解:底値かな・・・
    【【速報】いま株を買うならこの株ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ユーチューバーに転身したお笑い芸人、宮迫博之(50)が、串カツチェーン「串カツ田中」のネーミングライツを2000万円で買って、同チェーン店約270店舗の店名を「串カツ宮迫」にすると発表した。


    m


    株式会社串カツ田中ホールディングスの貫啓二社長と一緒に、自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」に登場した宮迫は、新型コロナウイルス感染拡大防止の自粛による影響について質問。

    田中社長が「(売り上げ)90%減です」と答えると、宮迫は「僕も1店舗だけですけど店(たこ焼き店『みやたこです』)をやっているので、よく分かります。
    今、店を閉めているんですが、家賃と社員の給料、それにアルバイトで売れない芸人を雇っているので、それも補てんしなければいけない」と話した。

    宮迫は焼酎を飲んで、串カツを食べながら田中社長の「お持ち帰り弁当」「ウーバーイーツ宅配」などの窮余の策について聞いた。

    宮迫が「今は経済が回るまで耐えるしかない。
    何か協力できることがあれば」と申し出ると、田中社長が「ネーミングライツはどうですか」と提案した。

    2000万円で同チェーン店の約270店舗の店名を1カ月間「串カツ宮迫」するという申し出に、宮迫は「僕も『カツカツ宮迫』ですよ」と苦しい現状を告白。

    「それに“嫁迫”がなんていうか」と1度は却下した。

    それでも、考え直して「買います」と断言。

    「何かの縁ですし、飲食業界を助けようとみんなが考えるきっかけになれば。
    できることはやりましょう。
    何かの保険を解約します」と話した。


    「串カツ宮迫」の登場は、7月くらいになる模様。

    宮迫は「どっかの店でバイトするわ」と苦笑い。

    業績が上がった際には、同チェーン店のCM出演の確約も得て「投資ですから。
    2000万円で権利を買うんですから、焼酎おごってもらっていいですか」とおねだりして、この日の串カツと焼酎を田中社長におごってもらった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-25080860-nksports-ent

    所長見解:もってるな・・・

    【【事業家へ】宮迫博之さん、「串カツ田中」を買収して「串カツ宮迫」にする模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ