お酒

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    w


    所長見解:鮭とばかな・・・

    【【今宵も乾杯】ウイスキーに合うツマミがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月11日に『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)が放送され、志村けんがゲスト出演した。

    普段の放送と同様、出演者は酒を飲み交わしながらトークを展開したが、志村の酔いっぷりを見て「酔いすぎでは」と心配する声が上がった。

    s


    志村はスナックを模したスタジオに登場。

    中山秀征、山崎弘也、橋本マナミと一緒に並び、鹿児島県産の芋焼酎「伊七郎」を炭酸で割って飲み始めた。

    番組が進むにつれ志村の口が回らなくなり、ネット上では

    《酔っ払ってるんじゃなければ、ろれつが単純に心配。脳梗塞の前兆とかじゃなければ良いのだけれど》
    《前よりろれつが回らなくなってる。大丈夫?》
    《志村けんもたけしも年を取ると口が回らなくなるんだなあ》

    との声が上がった。

    https://myjitsu.jp/archives/69888


    所長見解:歳やね・・・

    【【病気か?】志村けん、テレビ番組でろれつが回らなくなった結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)などに問われたモーニング娘。元メンバー・吉澤ひとみ被告(33)。

    その判決公判が11月30日に東京地裁で行われ、懲役2年・執行猶予5年(求刑2年)の判決が言い渡された。

    各メディアの報道によると、吉澤被告はグレーのスーツに白いシャツと黒いパンプス姿で出廷したという。

    公判直前には本誌がデパ地下でおつまみになるような食材を買いあさる姿を報じていたが、現場でも変化が見られたという。

    「保釈時よりも、かなりやつれた様子でした。
    お酒は別として、おそらくまともな食事はとっていないのではないのでしょうか」(傍聴した記者)

    これまでの報道をまとめると、吉澤被告は前夜にかなりの量を飲酒。

    にもかかわらず9月6日早朝、酒気帯び状態で乗用車を運転。

    法定速度を約20km超える時速86kmで、赤信号を無視して交差点に進入。

    横断中だった男女2人に軽傷を負わせながらも、救護措置を取らず現場から走り去っていた。

    公判には情状証人として夫が出廷したというが、気になる事実関係は明かされないままだったという。

    「情状証人もかかわず、夫は吉澤被告が事件後も飲酒していることを暴露。
    結果、裁判官への心証はマイナスになってしまったと思われます。
    夫は吉澤被告といっしょに飲酒をしていたといいますが、なぜ翌朝運転するのを止めてタクシーで行かせなかったのか。
    公判では、そのことが明らかにならないままだったそうです。
    運転を止めなかった夫の責任も大きいはずですが……」(芸能デスク)

    公判では今後、運転する意思がないことを明言したという吉澤被告。

    その思いが揺るがなければ、同じ過ちは犯さないはずだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00010003-jisin-ent


    no title


    所長見解:離婚か?・・・

    【【懲役2年・執行猶予5年】吉澤ひとみ被告の判決で触れられなかった気になる事実関係がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

    起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。

    横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。

    入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。

    起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。

    弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。

    証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。

    弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、
    夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べた。

    検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。

    y


    被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。

    検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。

    免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。

    事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。

    最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

    判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1205017/


    所長見解:執行猶予か・・・

    【【これはすごい】吉澤ひとみ「(飲酒量)急激に減っています」 検察「全くではなく?」 「そうです。急激に減っています」 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ