いじめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    浜辺美波イジメ? 佐藤健が撮った集合写真に「ひどすぎる」の声

    さすがにこれは可哀想だ。

    9月4日、佐藤健の主演映画「亜人」の完成披露試写会が行われ、佐藤をはじめ、綾野剛、玉山鉄二、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波らのキャストが勢揃いした。

    出演者から撮影秘話などが明かされ、イベントは終始笑いが溢れる感じで進行。
    最後には佐藤が自撮り棒を持ち、観客がバックに写るようなアングルで、登壇者全員と記念撮影して無事終了となった。

    しかし、その佐藤がセルフ撮影した写真が、現在ある理由からネット上で話題になっているのだ。

    「集合写真の左下にいる千葉の隣には浜辺がいたのですが、写真では見切れてしまったため、『浜辺が仲間外れにされている』と話題になっているのです。
    少し体が離れていたため佐藤も気がつかなかったのかも知れませんが、意識していればわかりそうなもの。
    被写体は撮る前にスマホの画面で確認できるのだから、周りの共演者たちにも気づいてあげて欲しかったですね。
    イベント後のショットには浜辺も含めての集合写真がアップされているので、単なる偶然なのかもしれませんが、“浜辺落ち”の写真ばかりが面白半分に拡散され、『浜辺イジメ説』なるものまで浮上しています」(エンタメ誌ライター)

    実際ネットには「ひどすぎる」「浜辺ちゃんが可哀想」「忘れられるにしても存在感がなさすぎるのは辛いよね」といった同情の声が多数。
    また、写真撮影時に皆が身を寄せ合って写真に収まろうとする中、浜辺だけ千葉と距離を取っていたことを指摘して「写らなくて当然」「逆に千葉に対して失礼じゃないか」といった意見も見受けられた。

    どうやら誤って広まってしまった今回の「浜辺イジメ説」だが、映画のヒットに支障がないことを祈るばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355068/

    no title


    所長見解:仕方ないよね・・・
    【【これはかわいそう】浜辺美波イジメ? 佐藤健が撮った集合写真に「ひどすぎる」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8年ぶりに公の場に出てきた若林は元気そうな印象だった
     
    「実は、これまで私は『天までとどけ』の出演者、あるいはスタッフさんにイジメられてきたんです」

    そう涙ながらに告白するのは、'09年に引退した元女優の若林志穂。
    公の場で話すのは、実に8年ぶりだ。

    「若林さんといえば、'01年に世田谷区内で青竜刀を持った男と至近距離で遭遇。
    警察官が犯人ともみ合いになり、両者が死亡する凄惨な現場を見てしまったことでPTSDになり、芸能活動を1年ほど休むことになったんです」(スポーツ紙記者)

    1度は芸能界に復帰したものの、'09年9月には『週刊女性』において引退宣言。
    その後、表舞台に姿を見せることはなかったが、今回はあえて自らの体験を語る決心をしたという。

    「今年5月、スマホで目に飛び込んできたのは『天まで』のメンバーが再会するニュースでした。
    記事には《今夜、みんなが集合する》と書かれていて、私はここにいるのになんでなんだろうと。
    それで、5月19日に放送された『爆報!THEフライデー』(TBS系)を見てみたんです」

    『天まで』は'91年から'99年まで毎年制作され、合計8シリーズが放送。
    父親役の綿引勝彦と母親・岡江久美子のもと、8男5女の子どもが織りなす大家族のホームドラマは人気を博し、最高視聴率は19パーセントと、昼ドラとしては異例のヒットを飛ばした。

    その子どもたちのまとめ役が若林が演じた長女の待子。
    最初のシリーズではナレーションも担当するなど、ドラマには不可欠な存在だった。

    「『爆報─』を見ていると、『天まで』に待子が存在していないかのような作りになっていました。
    そもそも、私には出演のオファーがありませんでした。
    でも、ネットを見てみると“長女の待子ちゃんは?”という声を目にして、ファンの人が私のことを覚えていてくれたのがすごくうれしくて私はここ何十年間もかなり苦しかったから……。
    ファンの方たちに報告するときが来たと思いました」

    長年、彼女は苦い思いを胸に秘めてきたが、番組で再会するきょうだいたちを目の当たりにしさまざまな“裏切り”を告白する決心をしたのだ。

    「『天まで』パート3のとき、撮影現場で人の持ち物がなくなるということが多発しました。
    ある日、メイクさんのフェイスパウダーがなくなって怪しいと思われる子のカバンを開けようという話になりました。

    私は長女だったからか、岡江さんに呼ばれ“この子のカバンを見てよ”と言われたんです。
    そしたら、そこにフェイスパウダーが入っていました。
    周りの人たちと、本人に言ったほうがいいのではないかと、スタッフさんに相談したんです。
    でも、プロデューサーさんたちは、“その子の将来があるから”と犯人探しを嫌がったんです」

    結局、盗難騒ぎはそこでうやむやになってしまったという。
    だが5年後、パート8の打ち上げのときに、意外な言葉が彼女を襲う。

    (続く)

    http://www.jprime.jp/articles/-/10049?display=b
    no title


    所長見解:なんか大変そうだな・・・

    【【暴露】『天までとどけ』で起きていた陰湿イジメ、長女役・若林志穂が衝撃の告白ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フジテレビの大型新人アナ、久慈暁子アナ(22)に、早くも「イビリ洗礼」の危機が迫っている。
    彼女は、今年入社した全民放の新人の中でも際立った存在だけに、先輩アナたちも黙っていないというのだ。
     
    「久慈アナは、新人アナの歓迎会で『スポーツ担当になりたい』『日ハムの大谷翔平選手を取材したい』と語ったそうです。
    新人が将来の夢や抱負を語るのは当り前のことですが、これにカチンときた先輩がいるらしいのです」(テレビ関係者)

    とくに怒り心頭なのが、宮澤智アナ(27)。
    現在彼女は、民放でも数少ないスポーツ専門アナとして活躍しているが…。
     
    「宮澤アナは野球選手の中でも大谷が大好き。
    これまで出演番組『スポーツLIFE HERO'S』では、毎回のように取り上げて取材もしている。
    “大谷にもっとも近い女子アナ”といわれているだけに、自分のテリトリーを侵そうとする久慈アナを、見過ごすはずがない」(同)

    過剰に反応するのには、もう一つワケがある。
    久慈アナの出身は大谷と同じ岩手県奥州市で、'14年に同市の広報誌で大谷との対談が実現。
    それだけに、久慈アナは宮澤アナよりも、1歩も2歩も大谷に近いという。
     
    「宮澤アナは大学時代から芸能プロに所属。
    水着ギャルとして活動後、フジテレビ入り。
    久慈アナも、入社前は『旭化成グループキャンペーンモデル』の水着ギャルとして活躍するなど、共通項が多い。
    それだけにライバル心は相当なもの。
    しかも久慈アナは、大谷とは成人式や一部雑誌の対談でも会っている。
    宮澤アナとしては、絶対に許せないはずです」(同)

    k


    そしてもう1人、歓迎していないのが、昨年入社した堤礼実アナ(23)だ。
    彼女は美女アナとして入社当初こそ騒がれたが、1年経った今は鳴かず飛ばずの状態が続いている。
     
    「夜遊び好きなのか、むくんだ顔で早朝の『めざましテレビ アクア』に何度も出演。
    そのせいか、局内の評判も今一つ。
    今回、久慈アナが『めざましアクア』に入ってきそうということで、かなり敵視しているそうです」(テレビ雑誌編集者)

    女子アナ界にとって“イビリ”は伝統だ。
    「どこの局かは明かせませんが、かつてはイジメ対象の机の上にコーヒーをこぼしたり、台本隠しもあった。
    エスカレートすると、イスに画びょう、なんてこともあるそうです」(同)

    久慈アナのお尻に刺さらないことを祈る。

    http://wjn.jp/article/detail/1854872/


    所長見解:俺たちの大谷が・・・
    【【女子アナ】フジ・久慈暁子 大型新人アナを待ち受ける先輩アナ2人のイビリってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月28日に放送されたバラエティー番組『シューイチ』(日本テレビ)で衝撃的な場面があった。
    同番組に出演の笹崎里菜アナウンサーを紹介する名前の上に《今日がラスト》というテレップが入っていたのだ。
    ところが翌週の6月4日の放送にも笹崎アナは出演した。

    「司会の中山秀征は『先週、思わぬアクシデントありました』と前置きし、事の詳細を報告しました。
    なぜ《今日がラスト》と出たのかは分からないとし、“怪奇現象”ということで無理やり話を収束させたのです」(テレビ雑誌編集者)

    しかし、このテロップは“意図的”に挿入されたという話がある。

    「中山は怪奇現象と言って誤魔化しましたが、あえて誰かが意図的にやった可能性が高いでしょう。
    出演している日本テレビ所属のアナウンサーが3人並び、左右の男性アナには《日本テレビの○○》とあるのに、真ん中の笹崎アナだけに《今日がラスト》のテロップが付いたのですから。
    もうすぐ辞めますよ、もしくは早く辞めてほしい、という局内の誰かの意思表示そのものでしょう」(同・編集者)

    s


    日本テレビでやっかまれている笹崎アナ

    笹崎アナは2015年4月の入社だが、入社直前になって銀座のホステスだったことが発覚し、一度内定が取り消しされたが、その後に彼女自ら裁判を起こし、実質勝訴という形で和解入社になった、極めて異例の女子アナだ。

    「日本テレビとしては、表向き徳勇でホステスの勤務歴があることがいけないとしましたが、そんなのは部分的な話です。
    彼女に対する醜聞が局に持ち込まれ続けたから、内定が取り消されたのです。
    例えば、銀座時代に怪しいパパがいたとか、元交際相手がベッドでの写真を持っているとか…。
    真贋はともかく、これでは採用しづらいでしょう。
    だから、そこまでして入ってきた彼女に対し“ゴネ崎”、“サセ崎”、“キャバ崎”…とメチャクチャなあだ名が飛び交うのも仕方がありません。
    局内でも浮きまくっています」(日本テレビ関係者)

    現在、笹崎アナはシューイチにレギュラー出演しているが、ごくわずかな出番しかない。
    ほかのレギュラー番組は、早朝4時から『Oha!4 NEWS LIVE』に月曜と火曜に出演しているのみだ。

    「Oha!4は日本テレビの“姥捨て番組”と言われています。
    基本的に出演者はフリーアナウンサーで構成され、局アナが回るときは体調不良か左遷のときだけなのです。
    笹崎アナは後者が濃厚だとされています。
    日本テレビと揉めて辞めた脊山麻理子や宮崎宣子も、みんなOha!4の出演者でした」(テレビライター)

    そのうちに“今日がラスト”が実現しそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/24027

    【【これは怖い】日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ