ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    いじめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新潟を拠点とするアイドルグループ『NGT48』は、山口真帆への暴行事件をきっかけに大混乱に陥っている。

    秋元康氏がプロデュースするアイドルグループでは、この「NGT48」だけでなく、他の48グループも停滞感は否めずに存在感がどんどん薄れる一方で、救いは「坂道グループ」だったのだが…ここにきて『欅坂46』内でのイジメ問題が発覚。

    いよいよ崩壊が始まったと見る向きも多い。

    山口への暴行事件に関して、グループを運営する『AKS』の幹部が第三者委員会の報告書をもとに会見を開いていたところ、山口がツイッターで猛反論したことは記憶に新しい。

    「NGT48」はメンバー間の不仲を解消するためにチーム制を廃止するなど、活動再開に向けて動いているが、ファンや地元である新潟の信頼を完全に失っており、先行きは全く見えない。

    「NGT48のCDを発売するレーベル、ソニーミュージックは撤退する意向のようです。
    春にニューシングルが発売予定でしたが、白紙に戻しました。
    もうレーベルとしてサポートするつもりはないようです」(レコード会社関係者)

    ソニーが「NGT48」をあっさり見切れるのも、「乃木坂46」、「欅坂46」、「日向坂46」と絶好調の坂道グループを抱えているからだ。

    「秋元さんが48グループより坂道グループを優先しているのは、誰もが知っている話。
    ただ乃木坂、欅坂は人気メンバーの卒業が相次いでおり、先行きはかなり不透明。
    各グループが何かしらの問題を抱えていますからね」(芸能関係者)

    n


    坂道グループの中で“火薬庫”といわれているのが「欅坂46」だ。

    昨年は今泉佑唯らが卒業、今年に入って長濱ねるが卒業発表と人気メンバーが続々といなくなる緊急事態だ。

    「週刊文春デジタルは、今泉がグループのメンバーから陰湿なイジメに合っており、それが卒業の理由だったとスッパ抜いた。
    欅坂はグループ内でギスギスしており、長濱が卒業する理由にもなった。
    このままでは第二のNGTになりかねません」(同・関係者)

    人気の高さばかりが報道される坂道グループだが、足元はかなりグラついているようだ。

    囁かれている“危機”を乗り越え、何とかガンバってほしいものだ。 


    http://news.livedoor.com/article/detail/16321950/
    週刊実話

    所長見解:あるやろね・・・
    【【坂道グループ】乃木坂・欅坂・日向坂にもあるキナ臭い噂がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。

    今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた。

    今泉の実兄が証言する。

    「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。
    ただ、その平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人が問題だった。
    妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)

    イジメの主犯格はA子~E子の5人。

    今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。

    同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。

    今泉は親友にLINEで相談をしていたが、イジメが顕著になったのはファーストアルバムで今泉がソロ曲を与えられてからだった(2017年7月リリース「真っ白なものは汚したくなる」)。

    体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。

    ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。

    「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。
    『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。
    シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。
    ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」(同前)

    今泉は自殺を考えることもあったという。

    心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された。

    結果、今泉は卒業を決意。

    だが、運営側はイジメの事実隠蔽に血道を上げ、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたという。

    「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。
    佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者)

    4月9日、今泉本人を直撃したところ、「イジメがあった?」との質問に「すみません」を繰り返し、言葉少なに立ち去った。

    イジメは別の人気メンバーにも波及するなど、”第2のNGT事件”の様相を呈している。

    i


    4月8日、グループの実質的な運営トップである秋元康氏を直撃した。

    ――欅坂でイジメがあった?

    秋元「いや、それは聞いてないです」

    ――聞いていない?

    秋元「はい」

    欅坂運営や今泉の所属事務所に取材を申し込んだが、期日までに回答は得られなかった。

    グループ内の危うい人間関係や、臭いものに蓋をするような運営の対応、5人のメンバーによるイジメの陰湿な手口などは「 週刊文春デジタル 」の オリジナル記事 で詳報する。

    今泉や秋元氏の直撃取材の模様を収めた関連動画も公開する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00011490-bunshun-ent

    所長見解:あるんやろね・・・
    【【自殺未遂】欅坂46・今泉佑唯の卒業はメンバーの陰湿すぎるイジメの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのスタッフの行動に、視聴者から非難の声が殺到している。

    この日の番組は人気企画『イモトワールドツアー』を放送し、イモトアヤコが中国・ハルビンへ。

    1月の平均気温がマイナス19℃という極寒の同市で、名物イベントという寒中水泳に挑むこととなった。

    本人は「やりたくない」と露骨に嫌がっていたが、出演中のドラマ『家売るオンナの逆襲』(同系)の番宣ができると聞き、渋々ながらもこれを受け入れることに。

    「1メートル泳ぐごとに1秒の告知タイム獲得」というルールのもと、早速スクール水着に着替えていく。

    しかし、プールは屋外のため、イモトは入水前から「寒い!」「ヤダぁぁぁ!」と大絶叫。

    飛び込み後もプール脇のはしごへ一直線に向かい、記録は6メートルに終わってしまった。

    m


    “リアクション”を撮りたい名ばかりの告知

    プールから上がったイモトは現場スタッフに抱えられ、上着をかけられながら暖かい小屋へ。

    すると、番組スタッフがすぐさま駆け寄り、「イモトさん6秒! はいスタート!」と告知タイムの開始を急に宣言した。

    イモトは寒さのため咳き込むばかりで、一言もしゃべらないまま告知は終了。

    その後、“泣きの1回”で計12秒の告知タイムを得たが、2回目もプールから上がってすぐにスタッフが駆け寄ってきた。

    当然、2回目の告知タイムでも悶えるばかりで、まともな言葉をほぼ発せなかったイモト。

    すると、ツイッターには、

    《スタッフがイモトに塩対応過ぎて見てて不快になる》
    《それを笑って撮ってるのももはや怖い》
    《イモトいじめの度が過ぎてて胸糞》
    《嫌がらせに近いわ》
    《これが面白いと思ってるの? ショーアップしたイジメみたいですごく不快》
    《イモトかわいそ過ぎるだろ…》

    など、スタッフの対応に苦言を呈するツイートが続出した。

    同番組はヤラセ騒動後も高視聴率を維持しているが、このまま“信頼の回復”をホッタラカシにして続ける意向のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680230/

    所長見解:ネタやん・・・

    【【イッテQ】イモトアヤコへの凄惨過ぎるイジメ問題がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年1月に「ももいろクローバーZ」を卒業し、芸能界を引退していた有安杏果が、今年1月15日に芸能活動の再開を報告した。

    すると有安の名前がネットニュースを賑わせると同時に、ももクロの“イジメ疑惑”が再び注目を集めることとなった。

    i


    1年間、芸能界での表現活動を休業した有安は、SNSに手書きの文面をアップ。

    そこには「私、有安杏果は2019年音楽活動や写真活動を通して表現し伝えていく活動を始めます」と記していた。

    また個人事務所の設立も報告し、「自分のペースで、表現活動をやっていきたいと思います」との報告に、ファンは沸いた。


    ネット上では一方で、「ももクロは脱退。でも芸能活動はしたい。つまりももクロが嫌だったってことなのかな」などと、彼女をももクロを脱退した理由としてメンバーの不仲を邪推する声が相次いだ。

    ももクロ時代、有安だけが浮いているとしてグループ内の不仲説やイジメ疑惑が浮上していたが、それが再度取り沙汰された格好だ。

    有安が芸能活動を再開させたタイミングで、ももクロは不仲説を払拭するように「お互い頑張ろう」とのコメントを公式サイトで発表したが、まだ“イジメがあったか否か”という議論はくすぶっている。

    https://wezz-y.com/archives/63172


    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【有安復帰】ももクロの「いじめ疑惑」問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ももいろクローバー(現:ももいろクローバーZ、以下ももクロ)の元メンバーで女優の早見あかりが婚姻届を提出したと10日、所属事務所を通じて発表した。

    直筆の書面で新妻の喜びを明かした早見は、7月に婚約会見も開いている。

    共通の知人を通じて知り合った一般人男性と2014年から交際。

    合計4回のプロポーズを受け「このタイミングなら結婚できるかなと心が決まったときに『はい』と返事をさせていただいた」と結婚までの経緯を説明していた。

    ももクロは2008年5月結成で、早見は同年11月に加入。

    サブリーダーを務めたのちの11年4月に卒業を発表。

    以降は女優へと転身し活躍の場を広げている。

    今年1月には、同グループからメンバーの有安杏果が卒業と芸能界引退を発表し大きな話題になった。

    子役時代から22年間芸能界で活躍していた有安は、“普通の女の子”としての人生を歩みたいと志願。

    一度、芸能界から離れることを決意したという。

    しかし、これまでに有安と他メンバーには“不仲説”があったのも事実。

    1月のライブをもって芸能界を引退した有安は、発表から引退までの期間はごくわずかであった。

    当然、ファンたちは混乱。悲しみの声が多く上がった。

    だが、一方で「やっぱりいじめが原因」「他のメンバーとなじめていないのが分かる」などとグループ内での不仲が脱退の原因ではないかと想像するコメントも相次いだ。

    「有安は、グループが始動した後の2009年7月に加入。
    同じく途中加入した早見とは違い、すでに芸能界で活躍していた有安は、他のメンバーと比べると精神年齢は高め。
    グループの輪に入れず、孤立しているイメージが強かったという。
    さらには、デビュー前の苦労を知らない有安にメンバーが冷たく当たっていたという噂もあった。
    不穏な噂は尽きなかったようだ」(音楽関係者)

    m


    有安がももクロに加入した際、実際に“排除”の動きはあったという。

    「何で今さら(増員)?」と、握手会では有安だけ握手を拒否され、「ももクロは(有安以外の)5人だけだから」と面と向かって文句をつける古参ファンもいたそうだ。

    その後、早見の脱退を経てグループ名に『Z』が付いた時期にファン層が変化し、ようやく有安がメンバーとして受け入れられるようになったという。

    さらに、メンバー間でも意識したのか、不仲が感じられる場面は減少。

    次第に不仲説は解消されていった。

    だが、有安の芸能界引退発表を受けて再びネット上では、不仲ネタが盛り上がった。

    そんな中、1月に行われた卒業ライブにおいて、残されたメンバーから歌のサプライズプレゼントと、各々からのメッセージを伝えられた後、有安は「私も10周年は5人で迎えられると思ってました。
    でもこれは4人の、これからのために、こうするしかなかったから」と意味深な発言を放った。

    この言葉が物議を醸した。

    ネット上では「この子がそれを言うのはリアル」「絶対、裏で何かあるだろ」と“疑惑”が浮上。

    さらには、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」などといった憶測も飛び交い、円満な引退ではないとの見方が強まった。

    「結局、残ったのはオリジナルメンバー。
    ももクロはリーダー・百田夏菜子のために集結したグループという説もある。
    初期メンバー同士の結束が固いのだろう」(芸能ライター)

    グループへの違和感を抱き卒業した早見と、大きな謎を残したまま芸能界を去っていった有安。

    晴れて一般人になった有安は、現在も自身のSNSを更新している。

    芸能界への未練を残している可能性も高い。

    もう一度、有安の活躍する姿を見てみたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613281/


    所長見解:そうやったんや・・・

    【【緑担当】ももクロ・有安、衝撃の引退の裏に隠された事実がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ