いじめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ももいろクローバー(現:ももいろクローバーZ、以下ももクロ)の元メンバーで女優の早見あかりが婚姻届を提出したと10日、所属事務所を通じて発表した。

    直筆の書面で新妻の喜びを明かした早見は、7月に婚約会見も開いている。

    共通の知人を通じて知り合った一般人男性と2014年から交際。

    合計4回のプロポーズを受け「このタイミングなら結婚できるかなと心が決まったときに『はい』と返事をさせていただいた」と結婚までの経緯を説明していた。

    ももクロは2008年5月結成で、早見は同年11月に加入。

    サブリーダーを務めたのちの11年4月に卒業を発表。

    以降は女優へと転身し活躍の場を広げている。

    今年1月には、同グループからメンバーの有安杏果が卒業と芸能界引退を発表し大きな話題になった。

    子役時代から22年間芸能界で活躍していた有安は、“普通の女の子”としての人生を歩みたいと志願。

    一度、芸能界から離れることを決意したという。

    しかし、これまでに有安と他メンバーには“不仲説”があったのも事実。

    1月のライブをもって芸能界を引退した有安は、発表から引退までの期間はごくわずかであった。

    当然、ファンたちは混乱。悲しみの声が多く上がった。

    だが、一方で「やっぱりいじめが原因」「他のメンバーとなじめていないのが分かる」などとグループ内での不仲が脱退の原因ではないかと想像するコメントも相次いだ。

    「有安は、グループが始動した後の2009年7月に加入。
    同じく途中加入した早見とは違い、すでに芸能界で活躍していた有安は、他のメンバーと比べると精神年齢は高め。
    グループの輪に入れず、孤立しているイメージが強かったという。
    さらには、デビュー前の苦労を知らない有安にメンバーが冷たく当たっていたという噂もあった。
    不穏な噂は尽きなかったようだ」(音楽関係者)

    m


    有安がももクロに加入した際、実際に“排除”の動きはあったという。

    「何で今さら(増員)?」と、握手会では有安だけ握手を拒否され、「ももクロは(有安以外の)5人だけだから」と面と向かって文句をつける古参ファンもいたそうだ。

    その後、早見の脱退を経てグループ名に『Z』が付いた時期にファン層が変化し、ようやく有安がメンバーとして受け入れられるようになったという。

    さらに、メンバー間でも意識したのか、不仲が感じられる場面は減少。

    次第に不仲説は解消されていった。

    だが、有安の芸能界引退発表を受けて再びネット上では、不仲ネタが盛り上がった。

    そんな中、1月に行われた卒業ライブにおいて、残されたメンバーから歌のサプライズプレゼントと、各々からのメッセージを伝えられた後、有安は「私も10周年は5人で迎えられると思ってました。
    でもこれは4人の、これからのために、こうするしかなかったから」と意味深な発言を放った。

    この言葉が物議を醸した。

    ネット上では「この子がそれを言うのはリアル」「絶対、裏で何かあるだろ」と“疑惑”が浮上。

    さらには、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」などといった憶測も飛び交い、円満な引退ではないとの見方が強まった。

    「結局、残ったのはオリジナルメンバー。
    ももクロはリーダー・百田夏菜子のために集結したグループという説もある。
    初期メンバー同士の結束が固いのだろう」(芸能ライター)

    グループへの違和感を抱き卒業した早見と、大きな謎を残したまま芸能界を去っていった有安。

    晴れて一般人になった有安は、現在も自身のSNSを更新している。

    芸能界への未練を残している可能性も高い。

    もう一度、有安の活躍する姿を見てみたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613281/


    所長見解:そうやったんや・・・

    【【緑担当】ももクロ・有安、衝撃の引退の裏に隠された事実がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

    このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。

    この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

    企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。

    ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

    他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。

    しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

    n


    美談扱いの演出にファンが発狂

    2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、わだかまりが解消。

    西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

    この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。

    また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

    《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》

    《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》

    《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》

    《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》

    《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

    などの意見が上がっている。

    当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1570485/

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【不仲因縁】「乃木坂46」内でいじめ横行問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月23日、元ももいろクローバーZの早見あかりが結婚することを発表した。
    相手男性は、30代前半の会社員だという。

    「一部報道によると、男性は180センチ近い長身で、5年ほど前に友人の紹介で知り合ったとのこと。
    男性とは4年前から交際が始まり、17年に1度プロポーズをされたものの『今じゃない』と断ったそうです。
    その後、計4回のプロポーズを受け、結婚を決めたようです」(芸能記者)

    早見の結婚に、ももクロメンバーは公式サイトで祝福メッセージを掲載。
    そこには「この前、東京ドーム公演に来たときに、そんなことひと言も話してくれなかったね(笑)。
    新婚生活もお仕事もお互い頑張ろうね。
    あっ私たちには新婚生活なかった。
    何より最年長の高城より先に結婚したことが何より幸せだね」と、自虐的な内容が書かれていたことで、物議を醸しているという。

    m


    「ももクロは過去、真偽不明ながら、グループ内でのイジメの噂が飛び交ったことがあるため、一部のネットユーザーは、『嫉妬かな?』『少し怖いかも』と、このコメントにドン引きしてしまったようです。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-109022/


    所長見解:怖いな・・・

    【【早見あかり結婚】ももクロ「ひと言も話してくれなかったね(笑)」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(68)が15日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、若手時代に受けた“いじめ”の実態を語った。

    w


    MCの黒柳徹子(84)から「和田さんは昔芸能界でいじめられたって?」と話を振られた和田は「これだけ女で大きい歌手っていなかったもんですから」と前置きし、楽屋が一緒になったある先輩歌手から「男がいるから着替えられない」と言われたことを告白。
    共演の中尾ミエ(71)と黒柳から「誰?」と問い詰められた和田は「言えないですよ」と名前を明かさなかったが、その歌手について「(今も)生きてますよ」「この番組にも出られてます」と明かした。

    また、黒っぽい衣装を着ていたところ、先輩から「私が黒着るから黒やめて」と言われたこともあるという。
    「これしかないんですよって言ったら、着替えなさいよって。当時ジーパンはいてたんですけど、ジーパンにシャツ着て、トイレで泣いて」と和田。
    さらに「はいてたスニーカーに『男は出て行け』ってマジックで書かれていた」と明かした。

    いじめた先輩歌手には今も挨拶だけはするという。
    黒柳が「一緒に仕事する人によくそんなこと言うよね、ビックリしちゃう」と言うと、和田は「そういう先輩には絶対なっちゃいけないなと思いました」と話していた。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180515-OHT1T50050.html 


    所長見解:そうね・・・

    【【番組中暴露】和田アキ子に壮絶ないじめをした先輩歌手がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ひょうきん族』は放送禁止

    テレビに引っ張りダコの予備校講師・林修が、日本テレビではレギュラー番組をもったことがない。
    それはなぜか?

    「日テレは、『家庭教師のトライ』が主要スポンサーの一つなんです。
    いくら視聴率が見込めるからと言って、ライバル企業の講師である林修はなかなか起用できないんです」(日テレ関係者)

    いまテレビの現場は、面白い企画ではなく、いかにスポンサーや視聴者から抗議が来ない番組を作るかということばかりを考えて疲弊している。

    なかでも番組作りで絶対に避けなければならないのが、「イジメ」と「過剰な下ネタ」だという。

    「以前なら、たとえばバラエティの番組中で、出川哲朗さんが一人だけ理不尽な扱いをされて笑いをとることが多かった。
    でも、いまは『イジメ』を連想させるというクレームが来る可能性があるので、やりにくくなっています。

    ダチョウ倶楽部の上島竜平さんの『アツアツおでん』や『熱湯風呂』が最近見られないのも同じ理由ですね。

    d


    このままだと『ハゲ』『デブ』や『出っ歯』という言葉も番組中で使用できなくなるかもしれません。

    下ネタも同様です。
    女性タレントがバナナや棒状のアイスを食べるシーンですら、視聴者に性的にとらえられるかもしれないと自粛しています。

    アニメ『クレヨンしんちゃん』で、男性器を象にたとえて描くシーンがありましたが、それすらいまは放送できなくなっています。

    こんな調子で現場の制作スタッフが萎縮していたら、毒のない無難な企画ばかりになってしまう。面白い番組なんてできるわけがないですよ」(ベテラン放送作家)

    かつて一世を風靡した加藤茶の「ちょっとだけよ」といったお色気ギャグや、『オレたちひょうきん族』の懺悔室のような「お仕置き」コントはもう見られないのだ。

    近ごろの視聴者は局ではなく、番組スポンサーに直接苦情を入れる傾向にある。
    すると、スポンサーはテレビ局に抗議する。

    また、ネット上で騒ぎになるだけでも、イメージダウンだとスポンサーは問題視する。
    それを番組プロデューサーは恐れている。

    バラエティであれ、ドラマであれ、台本の1ページ目には提供スポンサーが明記され、スタッフは目を通して刺激しないように意識する。


    民放のドラマ制作担当のディレクターが明かす。

    「あるドラマで、子役が休日の昼ご飯を食べるシーンがありました。
    子役が母親に用意してもらったカップラーメンのフタを開けながら『ヒドイなぁ。お昼、カップ麺か……』と言うセリフがあったんです。

    それに対して後日、プレビューを見た局の営業サイドから差し替え要求がありました。
    『カップ麺メーカーのスポンサーからクレームがついたらどうするんだ』というわけです」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14413506/


    所長見解:大変だね・・・
    【【放送禁止】テレビの「タブー」と「自主規制」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ