あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(法名・千眼美子=22)が12日、徳島市の阿波おどり(12~15日)に「幸福の科学連」のスペシャルゲストとして参加した。

    no title


    清水は12日夜、自身のツイッターで「阿波踊りでます!!! 徳島県なう!!!!!! 踊るぜ踊るぜ~!!! 舞うぜ~!!祭りじゃ!! 今夜は徳島駅周辺であいませう!!」と報告。

    さらに13日未明には「日付け変わっちゃったけれども感覚的には本日はせんきゅー徳島!!! 阿波踊り!!!! 来年、もっと上手になってまた出させていただけたら嬉しいなぁ」とつづり、「幸福の科学」の文字が入った浴衣を着た自身の写真も掲載。
    「次は屋台も行きたいな 夜も遅いので、おやすみなさいっ」と結んだ。


    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/731523/


    所長見解:楽しそうでなにより・・・
    【【あの人は今】清水富美加が阿波おどり参加「踊るぜ踊るぜ~!!!」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    その日も、新国立劇場(東京都渋谷区)の中劇場は満員の観客で埋まっていた。
    天海祐希(50才)や大泉洋(44才)、吉田羊、小池栄子(36才)、伊藤蘭(62才)といった豪華キャストが「全員10才」を演じる異色の三谷幸喜(56才)演出の舞台『子供の事情』。
    発売と同時に前売りチケットは即完売し、オークションサイトでは1枚10万円を超える高値がついた話題の舞台を、8月上旬、高畑淳子(62才)が観劇に訪れていた。

    高畑は昨年、三谷が脚本を務めたNHK大河ドラマ『真田丸』に出演。
    今回の舞台に出演していた大泉とも母子役で共演していたとあって、足を運んだようだ。
    だが、観客席にあって注目を集めたのは、高畑の隣にいた人物のほうだった。

    「髪もぼさぼさでヒゲも伸びていたので、はじめは誰だかわからなかったんですが、高畑さんと一緒に息子の裕太くん(23才)がいたんです」(目撃した人)

    t


    昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕され、翌月に不起訴処分となった裕太。
    埼玉県内の病院に入院した後は、都内の自宅に戻り、以降“潜伏生活”を続けているといわれている。

    「最近も、高畑さんが近くのスーパーで大量に食材を購入していらっしゃいましたよ。
    1人じゃ持てないほどの量だったから、息子さんのために買い置きしているんじゃないかしら」

    自宅の近所住民には、高畑のそんな姿が見かけられている。
    しかし今回、裕太を連れ立って舞台観劇に訪れたということは、“潜伏生活”にピリオドを打とうということなのだろうか。

    「不起訴処分でしたし、このまま犯罪者扱いもおかしい。
    高畑さんはどうにか裕太さんが復帰できる道はないかと模索しているんです。
    テレビは世間やスポンサーの目もあって、ハードルが高い。
    そこで活路を見出したのが舞台だったようです。

    裕太さんの不祥事は高畑さんが『真田丸』に出演していたとき。
    周囲が騒々しい中で、撮影現場が淡々と進んでいったことに、高畑さんは三谷さんを恩人のように感じているんじゃないでしょうか。
    ただ、役者仲間が知り合いの出演する舞台を見にいったときに恒例となっている“楽屋挨拶”は遠慮されたようです」(芸能関係者)

    母の思いは強い。

    ※女性セブン2017年8月24・31日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20170810_603621.html?PAGE=1#container


    所長見解:復帰は無理でしょ・・・
    【【復帰へ】高畑淳子 髪ボサボサの裕太を連れて“あの恩人”の元へってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大食いタレントとして知られるギャル曽根が7日、自身のブログで、タレントのほしのあきと食事をしたことを写真付きで報告し、「あきちゃんは奇跡の40歳です」とその変わらない美貌を称えている。

    「あきちゃんと。」と題したブログで、ほしのに加え、ジュエリーブランドの取締役などを務める福王寺彩野、女優の桂亜沙美らとランチに集まったことを明かしたギャル曽根は、「凄い楽しいランチ会でした」とこの日を振り返る。

    あわせて4人が並んだ華やかな写真も公開。
    久しぶりに会ったというほしのについてギャル曽根は「もうね、あきちゃん、いつ会っても本当に可愛すぎるし、顔小さすぎる」と気持ちが高ぶった様子。
    写真では、黒髪をすっきり一つにまとめ、白いトップスとピンクのロングスカートを身にまとい、頬に手を添えたポーズをとるほしの。
    ギャル曽根は、年齢を感じさせないほしのの姿を「奇跡の40歳」と称している。

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0093513 


    所長見解:画像加工してる?・・・
    【【検証画像】奇跡の40歳 “ほしのあき“ 現在の姿ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    7月28日に複数メディアが報じた「ユアタイム」(フジテレビ系)の今秋での打ち切り。
    モデルの市川紗椰がキャスターを務め、硬軟織り交ぜたテーマを取り上げる同番組は、昨年4月のスタートから1年半で幕を閉じる事になった。

    打ち切りの理由に関して、視聴率の低迷や市川キャスター個人の問題など様々な憶測が流れているが、業界内では番組開始直前に大きな話題となった「あの男」についても注目が集まっている。

    「『ユアタイム』が打ち切りという事で、本来、MCを務める予定だったショーンKさんの動向が再び噂になっているんですよ」と語るのはテレビ関係者。

    k


    同番組のスタートを目前にして、経歴詐称が発覚したことにより出演を辞退したショーンKは今何をしているのか?

    「ホテルを転々としながら、気心の知れた会社社長にビジネスのアドバイスを送りコンサルタントとして活動していると聞きました。
    マスコミの取材を避けるため、都内の高級住宅地の自宅マンションには戻っていないようですね」(前出・関係者)

    そんな彼について「ユアタイム」終了が「ひとつの転機になるのでは」とこの関係者はさらにこう明かした。

    「昨年の春にショーンKさんが活動休止を発表した際に『迷惑をかけてしまったユアタイムが続いている間は、何があっても芸能界に復帰できない』と親しいスタッフに話したようなのですが、逆に言えば番組終了が芸能界復帰を考えるタイミングになります。
    彼は経歴はデタラメだったにしても実力のある人。
    ラジオ業界からは待望論も出ていますよ」

    一敗地にまみれたショーンKの心中やいかに。

    http://www.asagei.com/excerpt/86134


    所長見解:戻ってもいいんじゃない・・・
    【【あの人は今】ショーンK、ユアタイム終了で復帰かってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界で随一の好感度タレントから、ゲス不貞騒動によってジェットコースター的な転落を味わったベッキー。
    最近は徐々に出演機会も増えてきたが、以前の栄光とはほど遠い現状を芸能界関係者が分析する。

    no title


    「かつてのベッキーは企業の発表会や芸能イベントに引っ張りだこで、その多さに断ることも多かったほど。
    ところが現在は出演イベントの数が激減しました。
    ベッキーを起用してもさほど報道陣を呼べないからというのが理由のようです」

    たしかにゲス不貞の件はほぼ片が付いており、禊を済ませた形のベッキーはもはや“過去の人”。
    取材の対象にならないのもやむをえないが、それでも彼女ほどの知名度ならば、報道陣がまったく集まらないということもなさそうだが‥‥。

    「不貞問題が終息してからも、ベッキーは相変わらず囲み取材に応じていません。
    そもそも報道陣が芸能イベントに足を運ぶのは、イベント後に行われる囲み取材が主な目的。
    ここでタレントから近況を聞きだし、記事のネタにするわけです。
    しかしベッキーはかたくなに囲み取材に応じないので記事のネタにもならず、報道陣の足が遠のくのも当然でしょう」(前出・芸能界関係者)

    天国と地獄を身をもって味わっているベッキーだが、どうやらそこには自業自得という面もあるようだ。

    アサジョ
    http://news.livedoor.com/article/detail/13440902/


    所長見解:もうね・・・
    【【あの人は今】ベッキー、みそぎ後もメディア出演が増えない理由ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ