あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    リア・ディゾンの伝説再び 手ブラで大胆露出

    タレントのリア・ディゾンの写真集「Petite Amie」と「ハロリア! Hello! Leah」が10年ぶりに復刊。
    デジタル版として、6日より2冊同時配信される。

    r


    リア・ディゾン「多くの皆さまに楽しんでほしいです」

    “グラビア界の黒船”としてゼロ年代の日本列島をジャックし、もはや日本グラビア史の生きる伝説となったリア・ディゾン。
    復刊したのは、検索ワードで200万ヒットを記録した1st写真集「Petite Amie」と、ハワイ、日本、そして故郷のラスベガスで撮影した初の撮り下ろしムック「ハロリア! Hello! Leah」。

    冊併せて30万部を超えるベストセラーとなった名作写真集の復刊に、リア・ディゾン本人は「10年前に撮影した写真『Petite Amie』と『ハロリア! Hello! Leah』をデジタル写真集として発売できることを大変嬉しく思っています」と歓喜。
    「当時見ていただいた方も、まだ見ていない方も、多くの皆さまに楽しんでほしいです」とコメントした。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1783826


    所長見解:懐かしいな・・・
    【【グラビア界の黒船】リア・ディゾンの伝説再び ←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    デビュー30周年を迎えた人気女性デュオ「Wink」が4日、東京・渋谷のNHKホールで行われたNHK「第50回 思い出のメロディー」(18日・後7時半)の収録で10年ぶりに一夜限りの復活を果たした。

    1996年に活動停止後、98年、99年、2008年に続く4度目の復活。
    息ピッタリの振り付けで、「淋しい熱帯魚」と「愛が止まらない~Turn It Into Love~」を熱唱した。

    ステージで涙ぐんだ相田翔子(48)は「2人でステージに立った時に当時のことがいろいろ思い出されて、感極まってしまった。
    心を込めて歌を届けられたのがうれしくて、30周年の重みを実感できた」

    今年に入ってNHKから出演オファーを受けた、鈴木早智子(49)は「30周年を迎えて、ファンの皆さんにありがとうを伝えたかった」と語った。

    今後は10月16日の一夜限りのトークイベントを行う予定で、相田は「今まで話せなかったこと、いっぱい話したいことと何でもありの楽しい会にしたい」。
    その後の活動は未定。
    初出場した1989年以来となるNHK紅白歌合戦の出場に期待がかかるが、鈴木は「頭の中は真っ白で、次のことは考えてないです」と話すにとどめた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15113575/
    スポーツ報知

    w


    https://www.youtube.com/watch?v=F88DEpvS_Dc


    Wink 淋しい熱帯魚 【1989】

    https://www.youtube.com/watch?v=wcvnmwrsJn8


    愛が止まらない ~Turn It Into Love~(M.V.) / Wink


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】Wink、10年ぶり4度目の復活がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1日、女優の裕木奈江が自身のインスタグラムを更新。
    10月24日にデビュー30周年記念ライブを行うと報告した。
    長らく日本の芸能界から姿を消していた印象のある裕木だが、それには何か特別な理由があったのだろうか。

    裕木は1988年に公開された小原宏裕監督の映画『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』に出演して役者デビュー。
    92年に放送されたテレビドラマ『ウーマンドリーム』(フジテレビ系)では主演を務めただけでなく、挿入歌「泣いてないってば」も担当した。
    本格的な歌手活動もスタートさせ、深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティを担当するなどアイドル並みの人気を博した。

    y


    裕木にとって分岐点となったのは、1993年に放送されたテレビドラマ『ポケベルが鳴らなくて』(日本テレビ系)への出演だった。
    緒形拳演じる、妻子ある身のサラリーマンと、その娘の親友(裕木)が不倫に陥り、家庭を崩壊するストーリーで社会現象を巻き起こした。

    このドラマで裕木の熱演は確かな評価を得たが、同時に女性からは共感を得られない役どころを自然体で演じたことで、“ぶりっ子”“嫌いな女優No1”などと女性からバッシングを受けることに。
    その後、裕木はテレビの露出がみるみる減少していくことになった。

    実はこの現象の裏に、裕木と訴訟でもめたことのある大物プロデューサーの力が働いていたのではとも噂されている。

    このプロデューサーが裕木に男女の関係を求め、断られたことに腹を立てて女性誌やワイドショーなどにバッシングするよう働きかけたというものだ。

    真偽は定かではないが、そこから裕木は芸能活動の中心を映画や舞台に移すこととなり、テレビの世界から姿を消した。
    1999年に写真集『UNRELEASED FILMS』でオール〇ードに挑戦。
    01年に公開された高橋伴明監督の映画『光の雨』で冷酷な新左翼幹部を熱演してイメージチェンジを図った。

    大きな転機は2004年9月から1年間、英語と演技を学ぶためギリシャに国費留学したことだった。
    演劇の起源であるギリシャ劇を学んだ経験は、比較的早い段階で功を奏した。
    06年4月にクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に出演。

    その翌年にはデヴィット・リンチ監督の映画『インランド・エンパイア』、17年に同監督の海外ドラマ最新作『ツイン・ピークス The Return』にそれぞれ出演するなど、着実に海外女優としてのキャリアを積み重ねていった。
    また、同ドラマでアジア人としては唯一、デヴィット・リンチ監督から直接キャスティングされたことも話題となった。

    2000年以降、裕木は舞台や映画に出演するだけでなく、写真家・伊島薫氏の作品集『死体のある風景』(初版発行は06年5月)にモデルとして参加したり、趣味だった写真の個展を開いたり、ジュエリー製作や絵を描いたりと充実した日々を送っているようだ。

    また、私生活では1999年にヘアメイクアップアーティストと結婚してロサンゼルスに移住していたが、2009年に離婚。
    その後、裕木はヨーロッパなど海外を転々としながらマイペースに過ごしているようで、その様子をインスタグラムで報告し、ファンを喜ばせている。

    また昨年、裕木はテレビドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』(フジテレビ系)に出演。
    23年ぶりに民放の連続ドラマに復帰して注目を集めた。

    2018年3月の毎日新聞の取材で裕木は、久々の撮影に「とても優しい雰囲気に変わっている気がしました。女性が活躍する場面が増え、男女関係なく働くようになったのがきっかけなのかなって感じました」と語り、かつての現場が厳しかったことを示唆した。

    10月の30周年記念ライブを控え、成熟した裕木の歌声を楽しみにしているファンも多いことだろう。
    とはいえ、演技力が評価されている女優なだけに、今後も日本のテレビドラマや映画で活躍する裕木の姿にも期待したいところだ。

    http://news.livedoor.com/topics/detail/15116342/


    所長見解:有名な話やね・・・

    【【闇深業界】裕木奈江、干された理由がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の島崎遥香(24)が、「正直者が馬鹿を見る・←私」と意味深長な投稿をしている

    p


    島崎は4日、「ここ数日とある動画配信やニュースをいくつかみたのだけれど、凄すぎる、嘘が上手い生き方をしてみたいものだ、ある意味憧れる、とても羨ましい!!」とツイート。

    「正直者が馬鹿を見る・←私」と嘆き、「理不尽なことって沢山あるけど、みんな今日も一日がんばろう」とファンに呼びかけた。

    何のニュースに言及しているのかは明記されておらず、ファンからは

    「どうしたんですか」
    「何のニュースと動画を見たのかな?」
    「何があったの?」

    といったリプライも寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00289592-nksports-ent


    所長見解:最近見ないな・・・

    【【元AKB】島崎遥香が意味深投稿「正直者が馬鹿を見る・←私」の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ゲスの極み乙女。川谷絵音との交際で話題になったタレント・ほのかりんが、Twitterにて過激な痴漢撃退法を明かした。

    h


    7月28日、ほのかりんはTwitterを更新。
    「酔っ払って電車に乗って寝てしまう癖があり、眼が覚めると痴漢されてる!とかよくあって(みんな気をつけてね)最初の頃は突き出して警察に連れてってたんだけど時間取られるし面倒臭いし何にもならないから、最近はブン殴ってから皆の前で謝罪させるようにしてるんだけどこれって法律的にどうなの?」とファンに呼びかけた。

    法律うんぬんはさておき、当該ツイートに励まされた女性もいたようだ。

    「りんちゃんさすが!」
    「私もせめて声を出せるように頑張る」
    「こういう女性がいるのは心強い!」

    といった声がネット上に上がっている。

    また、何度も痴漢されるほど泥酔してしまっている事実から、

    「お酒はほどほどにね」
    「飲んでも飲まれちゃダメだよ」
    「何があるかわからないから気を付けるんだよ!」

    と心配の声も寄せられた。

    https://33man.jp/article/005718.html 


    所長見解:こわいね・・・

    【【ゲス元カノ】ほのかりん、電車内での過激な痴漢撃退法がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ