あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元モーニング娘。吉澤ひとみ被告が酒気帯び運転でひき逃げ事件を起こしたことをきっかけに、皮肉にも脚光を浴びることとなってしまった、ハロー!プロジェクト(以下・ハロプロ)を代表とする、つんくファミリーのメンバーたち。

    ファミリーの中でも、ハロプロ全体のリーダーで、アイドルグループ「アンジュルム」のリーダーでもある和田彩花が代表して謝罪するなど、モーニング娘。以外のメンバーにも影響を及ぼしたようだ。
    今でも、つんくファミリーには多くのグループが存在するが、モーニング娘。が全盛期の頃は、派生ユニット「プッチモニ」や「ミニモニ」など多くのユニットが存在していたことを懐かしく思う人も多いだろう。

    その中でも、つんくファミリーの一員として2000年にデビューし、3rdシングル『おっととっと夏だぜ!』でヒットを記録したEE JUMPは、最も悲しい結末を迎えたユニットの一つかもしれない。
    後藤真希の弟であるユウキとソニンとKEN(CDデビュー前に脱退)からなるユニットだが、ユウキの不祥事によりわずか2年で実質解散してしまった。
    ある意味、“不幸”に巻き込まれてしまったソニンだが、彼女は今何をしているのだろうか。

    s


    「ユウキさんは、マネージャーに暴行を加えたことで謹慎となり、その頃からソニンさん一人で活動することも多くなりました。
    謹慎後にはEE JUMPとして再出発を図るのですが、当時15歳だったユウキさんのキャバクラ飲酒が発覚。
    2002年にEE JUMPは実質解散し、ソニンさんはソロデビュー。
    一方、ユウキさんは窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕され、5年ほど服役しています。
    ソニンさんはもう一緒には活動していない時期の出来事ですが、この事実は、多少なりともソニンさんのイメージ低下に影響を与えたでしょう」(芸能記者)

    しかし、ソロデビューを果たしたソニンの人気も長くは続かず、今ではすっかりテレビで見かけない。

    だが、別の世界で精進しているようだ。

    「ソニンさんはEE JUMP解散後に本格的に舞台に力を入れ、今ではコンスタントに舞台で重要な役柄を演じています。
    ソニンさんは歌手から舞台女優にシフトしたというより、0から勉強をした努力家。
    2012年には文化庁新進芸術家海外研修制度という、合格率約20パーセントほどの制度に選ばれニューヨークに留学をしています。
    帰国後の2016年には演劇界の権威ある賞とも言われる菊田一夫演劇賞を受賞したほどの実力者です」(前出・同)

    ソニンの実力は多くの専門家にも認められ、演技力や歌唱力に加え、演技に対してストイックな姿勢も評価されている。
    自身のTwitterでは「あぁ舞台って本当に刺激的。人間の深く複雑な部分を詰めている」と舞台について語っているソニンだが、しっかりとした下積みがあるからこそ、この言葉を綴ることができるのだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15474919/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【あの人は今】ソニンの現在がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの後藤真希(33)が19日、フジテレビのトークバラエティー「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。
    モーニング娘。卒業から15年経った今だからこそ言える、驚きのエピソードを赤裸々に語った。

    99年、後藤はプロデューサーのつんく♂に“10年に1人の逸材”として見いだされ、モーニング娘。に加入。
    02年に卒業するまでエースとして活躍した。

    しかし、アイドルとして絶頂にあった時期に、実家で彼氏と同棲していたことを暴露。
    その理由が「外で(彼氏と)会うのが難しい」という。
    そのため「実家の勝手口を使って出入りしてもらって」と明かした。
    松本人志(55)は「よく写真撮られなかったね」と聞くと、後藤は「うまいことなってたんですよ。大家族なんで、いっぱい出入りがある分…(分かりにくかった)」と、その理由を明かしていた。

    さらに後藤は、交際半年ほどで「彼と結婚したいから、仕事辞める」と家族に告白。
    坂上忍(51)は「反対されるでしょ?」と尋ねると「大反対でしたね」とその時を振り返った。
    彼もチクチク言われたそうで、別れ話を切り出される羽目に。
    ただ、この6年後復縁し、めでたく結婚へと行きついた。

    後藤の衝撃の逸話はそれだけではない。
    なんとファンとプライベートで遊んでいたというのだ。
    しかも時期は「LOVEマシーン」の頃。
    「ドライブしたり、ゲーセン行ったり、カラオケ行ったり…」とまさに“お友達”といったことを、男女分け隔てなく楽しんでいたという。

    菊地亜美(28)は「意味わかんない、意味わかんない!今のアイドルだったらクビですよ!」と動揺を隠せず。
    「別に連絡先とか知ってるわけではなかったんですか?」と尋ねると、後藤は「あ~、でも割と、しばらくして連絡先も交換して」とあっけらかん。
    共演者たちは、もはや笑うしかないといった状況に。

    遊びに参加していた“お友達”に話を聞くと「最近も週一くらいで遊ぶし、海外旅行に一緒に行ったこともあった」と話す。
    後藤本人は家族が居酒屋を経営していることもあって、その“仲間意識”が出ているのかもしれないと分析。
    時にはあわよくば恋人関係に、と考える者もいたそうだが、「怪しいな、その気持ち」と見抜いて説教することもあったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000187-spnannex-ent

    no title


    所長見解:老けたな・・・

    【【元モー娘。】後藤真希、アイドル絶頂期にやりたい放題の結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持「よいマップを示してくれた」

    t


    元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江、55)が17日、自身のツイッターを更新。
    カナダで嗜好(しこう)用大麻が解禁されたことを受け「個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と私見をつづった。

    カナダでは17日に個人で楽しむためのマリフアナ(大麻)の使用と販売を全国で一斉解禁。
    国レベルでの解禁は南米ウルグアイに次いで2か国目となる。

    高樹さんは

    「今日はカナダがカナビスを合法化しました。世界では国としてはウルグアイに続き2カ国になります」

    とした上で、

    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と称賛。
    「アメリカより先に開けてくれたことはすごく良いことで、今後の合法化を議論する上でよいマップを示してくれたと思う」と示した。

    高樹さんは沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、昨年4月に懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。
    現在も医療大麻合法化に向けた活動を行っている。


    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/topics/20181018-OHT1T50053.html


    所長見解:あんまり・・・

    【【執行猶予中】高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌が彼女を目撃したのは、10月上旬のこと。
    この日、のんが訪れたのは、なんと彼女の“古巣“である芸能事務所『レプロエンタテインメント』だった――。

    n


    朝ドラ『あまちゃん』で主演を務めて、国民的人気を得た彼女。
    だが、公私にわたってのんの面倒をみていた演出家・T氏に心酔したことで、’15年には事務所と深刻に対立。
    関係は修復不可能となり、’16年6月に『レプロ』を離れることに。
    その経緯は“洗脳騒動“として大きく報じられた。
    そんな彼女が、なぜ“因縁の相手“ともいえる事務所に姿を現したのか。

    「実はこの日、のんと『レプロ』の間で、和解に向けた話し合いの場が持たれていたんです。
    持ちかけてきたのはのんサイド。
    騒動の詫びを入れるという形で、彼女が事務所に顔を見せることになりました。
    目的は、事務所との関係修復。
    さらに、のんがまた『レプロ』のマネジメントを受ける、という内容も含んでいます。
    まだ話し合いは始まったばかりですが、両者にとって意味のあるものだったことは間違いありません」(芸能プロ幹部)

    この日、のんは黒塗りのハイヤーで事務所の入るビルに到着し、運転手にエスコートされて降車した。
    久しぶりの事務所に懐かしさが込み上げてきたのか、笑みを浮かべている。
    そして軽やかにスキップしながら、ビルの入り口へ。
    こんな緊迫した状況にあって、なんとも「らしい」振る舞いだ。

    本誌はまさに“決定的瞬間“を目撃したわけだが、気になるのはそのタイミングだ。
    騒動から3年半が経ったいま、なぜのんと『レプロ』の間で和解への舵が切られたのだろうか。

    実は、現在、来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』での、のんの「NHKカムバック」という仰天プランが進行中だというのだ。

    「『いだてん』は’20年の東京オリンピックを前に、NHKが総力をあげて制作している大河ドラマ。
    脚本は宮藤官九郎さん(48)が担当することが決まっています。
    実は、その制作陣が、『あまちゃん』を手掛けたスタッフたちなんです。
    宮藤さんを含め、いわば『チームあまちゃん』とでも言いましょうか。
    そのチームから、『サプライズとして、のんを出演させたい』という話が出ているようなんです」(NHK関係者)

    紆余曲折を経ながらも、再び大きな舞台で脚光を浴びようとしているのん。
    彼女の天才的な演技を、もう一度見たい――。
    多くの国民が待ちわびている瞬間が訪れるのは、そう遠くないかもしれない。

    10月19日発売のFRIDAY最新号では、「レプロ」との話し合い直後、笑顔でスタッフに手を振るのんの姿を掲載し、和解交渉の舞台裏を詳しく報じている。

    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00010000-friday-ent


    所長見解:もうね・・・

    【【あまちゃん】「元・能年玲奈」のんが芸能事務所と和解の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢田研二が自ら中止の理由を説明「客席が埋まらなかったから」「ファンに申し訳ない」と謝罪

    no title


    17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を開場直前で突如中止し、騒動となっていた歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内の自宅近くで取材に応じ、経緯を説明した。

    午後4時10分すぎ、報道陣約10人の取材に応じた沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます。責任は僕にあります。これから取り戻せるようにできるだけしていきたい」と頭を下げて謝罪した。

    同ライブは17日午後5時開演予定だったが、同4時頃に急きょ中止がアナウンスされ、会場入り口に貼られた紙には手書きで「契約上の問題が発生した為」と理由が記された。
    すでに観客が集まっており、会場周辺は大混乱となった。

    沢田は中止の理由について「動員に関する契約上の問題だった」と説明。
    同会場は客席が可動式で、規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能。
    開演前に所属事務所、イベンター会社から集客状況について「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。
    本番前のリハーサル時、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた。

    沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」と自身が中止を決断したことを明かした。
    開場時間の午後3時半まで事務所、イベンター会社から予定通り開催するように土下座で懇願され、押し問答となったが、最後まで首をたてに振らなかった。
    「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」と説明した。

    また、17日の公演は振り替え公演を実施する方向で事務所、イベンター会社と話し合いを進めていることも明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000109-sph-ent 


    所長見解:ケンタッキー・・・

    【【ジュリー】沢田研二が公演キャンセルしたのは客が埋まらなかったから説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ