ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月7日、カズこと三浦知良の所属する横浜FC(J2)と岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治(JFL)が宮崎・日南総合運動公園で練習試合を行なう。
    過去に監督と選手として何度も対戦してきた岡田氏とカズだが、20年経った今も所属チームの練習試合が話題に上るほど、20年前の『カズ落選』は衝撃的な出来事だった。

    日本が初めてW杯に出場した1998年、岡田監督は開幕直前に長らく日本サッカー界をエースとして引っ張ってきたカズをメンバーから外した。
    結果は3戦全敗で予選リーグ敗退。
    その後、岡田氏はコンサドーレ札幌や横浜Fマリノスの監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会でも指揮を執り、日本をベスト16に導いた。

    カズはクロアチア・ザグレブ、京都サンガ、ヴィッセル神戸、横浜FCと渡り歩き、50歳を超えた今でも現役サッカー選手としてピッチに立っている。

    1997年、W杯予選初戦のウズベキスタン戦で4ゴールを奪ったカズは、3戦目の韓国戦で尾てい骨を痛めた後も強行出場したことで状態が悪化し、満足なパフォーマンスが見せられなくなっていた。
    日本が勝利から見放されたことで、サポーターのバッシングの矛先はカズに向かっていった。
    イランとの第3代表決定戦ではカズと途中交代した城彰二が同点ゴールを決め、チームがW杯初出場を決めたことでカズ不要論はさらに過熱していった。

    1998年になると、カズは代表に呼ばれはするものの出番は限られ、日本を出発する直前の5月のキリンカップでも2試合を通じて1度もピッチに立つことはなかった。

    そして、6月2日合宿先のニヨンで岡田監督はカズ落選を発表。

    k


    会見で理由をこう話した。


    「カズに関してはトップの中で今、城を柱として考えていて、交代でどういう選手を使っていこうかと。
    アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカという試合を想定した場合に使うチャンスがないと判断しました」

    当時のカズはヴェルディ川崎でMFとして起用されていたこともあったが、W杯による中断までJリーグで4得点。
    4試合連続ハットトリックを記録するなど絶好調だった中山雅史(ジュビロ磐田)らと比べれば、物足りなさを感じさせる数字だった。
    仮に日本代表に選ばれていたとしても戦力として通用したかどうかは意見の分かれるところだ。

    スポーツライターが話す。

    「岡田監督はピッチ上で働くかどうかだけを考えて決断を下したようですが、カズの役割はそれだけではなかった。
    マスコミの批判を一身に背負う役割を果たしていた。
    カズが外されたことで、本格的に『エース』と呼ばれるようになった城は、それまでにないプレッシャーを感じたと語っています。
    控えで出番がなくてもカズがメンバー入りしていれば、城はもっと伸び伸び働けたはず。

    そういう意味で、防波堤になれるカズはピッチに出なくても間違いなく戦力だったと思います。
    この時は岡田監督だけでなく、メンバー発表前にマスコミからもそのような論調はほとんど出なかった。
    日本がW杯を経験していれば、ベテランの重要性を鑑みて、カズはメンバー入りしていたのではないでしょうか。
    2010年の南アフリカ大会でGKの川口能活が直前でメンバー入りしたのは、岡田監督が過去の経験を生かしたのだと思います」

    20年が経とうとしている今も、1998年フランスW杯でのカズ落選については様々な意見が噴出している。
    日本サッカーの歴史の中で、カズという存在の大きさが垣間見えるだろう。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14165858/


    所長見解:見てみたかったよね・・・
    【【歴史検証】W杯でカズを落選させた岡田武史監督の決断は正しかったかってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    00年に歌手デビューし、『恋はスリル、ショック、サスペンス』で『名探偵コナン』の主題歌に抜擢された愛内里菜(37)。
    03年には、紅白初出場。
    10年には歌手活動引退を発表したが、13年に「垣内りか」と名前を変えて再出発していた。

    そんな彼女が昨年12月4日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)で“未婚の母”となっていたと告白。
    長男は2歳。
    父親の男性と破局した後に、妊娠が発覚したという。
    気づいたころには5カ月になっていたが、彼女は出産を決意。
    男性に知らせることもせず認知も求めず、1人で育てる道を選んだというのだ。

    「この子のために頑張って、責任もってしっかり産んでやっていかなきゃという覚悟しかなくて。もう迷わなかったですね」という告白に、ツイッターでは応援の声が。
    だが番組では、触れられていないことがあった。

    r


    愛内を知る人物が打ち明ける。

    「実は彼女、不倫しているんです。
    お相手は同じく大阪で会社を経営するAさん。
    2年以上の付き合いだと聞いています。
    彼女の住んでいるマンションもAさんのもので、愛内さんは“丸抱え”の状態。
    別のマンションでAさんは奥さんと暮らしていますが、頻繁に愛内さんのもとへ通っていると聞きました」

    愛内は、現所属事務所の持ちマンションに格安で住まわせてもらっていると告白。
    100平米の1LDKに、家賃10万円以下で暮らしていると明かしていた。
    しかし本誌記者がこの大阪府内のマンションを調べたところ、所有者は事務所ではなくA氏の個人所有だった。

    「愛内さんはAさんに奥さんがいると知っています。
    Aさんは『妻とは別れるから付き合ってほしい』と言っていたのですが、なかなか別れないため喧嘩になったことも。
    ただ愛内さんもセレブ生活を手放せないのか、関係を続けています」(前出・愛内を知る人物)

    たしかにこのマンションに通うA氏の姿を、本誌は何度も目撃している。
    昨年12月下旬の昼過ぎには、A氏とUSJを訪れる姿も。
    友人らもいっしょだったが、長男の姿はなかった。

    USJを出たころ、辺りは真っ暗。
    そろそろ帰宅かと思いきや、一行が車に乗って向かったのはお好み焼き店。
    その後も再び車に乗ってホテルのバーへと移動。
    日が変わった0時半ごろ、ようやく出てきた2人は車に乗り込む。
    そして、件のマンションへと帰っていった。

    「遠出する際は、愛内さんが息子を実家に預けているみたいです。
    また年明けにはタイへ旅行にも。
    バンコクからプーケット島へ向かったそうです。
    現地で友達と合流しましたが、愛内さんとAさんは同じ部屋に泊まっていたと聞きました」(前出・愛内を知る人物)

    女性自身 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010000-jisin-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010000-jisin-ent&p=2


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【シンママ】元・愛内里菜 長男置いて社長と不倫旅行ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    34歳バースデーに贈る今だけの香里奈!
    7年ぶり写真集2・21発売

    人気モデルで女優、香里奈(33)が、34歳の誕生日を迎える2月21日に7年ぶりの写真集「G 香里奈」(ギャンビット、3240円)を発売する。

    親交が深い写真家、富取正明氏(41)のラブコールに応えて実現。
    「今しか撮ることのできないもの、今だからこそ見られる表情」をコンセプトに、東京・渋谷や故郷の名古屋など思い入れの深い街で撮影した。

    写真のセレクトから160ページの構成までプロデュースした香里奈は「想いがたくさん詰まったこの一冊を、多くの方に楽しんでいただけたら」とアピールする。

    刊行を記念した写真展を2月2~18日に東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOで開催。
    同24日に福家書店新宿サブナード店で発売イベントを行う。


    純白の衣装に身を包み、海辺でたたずむ香里奈。
    デビュー18年のキャリアが詰まった写真集には、一人の女性としての表情も収められている

    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180112/gra18011205030003-n1.html


    所長見解:買う?・・・
    【【売行心配】香里奈(34)、7年ぶり写真集発売ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元俳優の成宮寛貴さん(35歳)が1月11日、自身のInstagramで、セプタム(鼻ピアス)を付けたショットを披露。
    ファンの反響を呼んでいる。

    成宮さんはこの日、「The ring for tame but can't be tamed. 久々につけてみた」とのコメントと共に、鼻にセプタムをつけた姿を、下から見上げるように自撮り。
    これは以前、ストーリー機能に投稿したものの再投稿だが、「#hiroshigenarimiya #tame #caw #牛」と、自ら“牛”とお茶目なハッシュタグを添えた。

    これにファンからは

    「セプタムあけてるの??」
    「セプタム最高です」
    「セプタム似合うーーーっ」
    「かっこいい牛さん」
    「自分で牛って言っちゃうお茶目な成宮くん」

    など好意的な反応の一方で、鼻ピアスに抵抗を覚える声も少なくないようだ。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0112/nrn_180112_7129352993.html

    セプタム(鼻ピアス)を付けたショットを披露した成宮寛貴さん
    no title


    所長見解:どうしたいんだろう・・・
    【【ゲイ能人】成宮寛貴さんの鼻ピアスってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    成宮寛貴さん、クリエイターとして「再起」模索か 黒一色の「公式サイト」開設

    2016年12月に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴さん(35)が、新たにウェブサイトを開設したことが分かった。

    成宮さんの近影などを発信しているインスタグラム「Hiroshige_narimiya」に、サイトのURLが掲載された。
    J-CASTニュースが、このサイト上の連絡フォームから取材を依頼すると、成宮さんの本名名義でメールの返信があった。

    n


    ■サイトには「infinite」の文字

    写真週刊誌「FRIDAY」に薬物疑惑を報じられた直後に引退を発表した成宮さん。
    その後、17年10月17日発売の週刊誌「女性自身」に、同年夏からインスタグラムの更新を再開したことが報じられた。
    同誌によれば、引退後は海外に生活の拠点を置いているという。

    この報道後も、成宮さんのインスタグラムには、自身の顔がはっきりと分かる写真が何枚も投稿されている。
    入浴中とみられる上半身裸の自撮り写真や、高級ブランドのセーターを着た全身写真などだ。

    こうした投稿には、ファンから「成宮くん、早く戻ってきて」「はやく演技がみたい」といった激励のコメントが数多く寄せられている。
    最新の投稿は17年12月29日のもので、成宮さんとみられる人物の肉声をおさめた動画を掲載している。

    そんなインスタグラムのプロフィール欄に、新たにウェブサイトへのリンクが掲載された。URLには、インスタのアカウント名と同じ「hiroshigenarimiya」の文字がある。

    サイトは背景全体が黒色で、中央には白抜きで「infinite」の文字が大きくデザインされている。
    ページ内には他に、「Business / Creators only」との説明書きがある問い合わせフォームだけがある。

    このサイトのドメイン情報を調べると、開設は17年12月15日。
    また、ドメインの登録情報が公開されないようにするサービスを提供している会社を利用していたことも分かる。
    なおこの会社の所在地は、米ワシントン州の都市・カークランドとなっていた。


    ■取材の返答は...

    J-CASTニュース編集部では18年1月5日、サイトの問い合わせフォームを通じて取材を依頼。
    インスタおよびサイトを運営しているのは成宮氏本人かどうかや、新たにサイトを立ち上げた理由は何なのか――などについて質問した。

    すると1月10日早朝、成宮さんの本名の名義でメールの返信があった。

    本人の希望により文面の引用は控えるが、このメールによれば、サイトは仕事の依頼を受け付ける窓口として立ち上げたという。

    これまでには、デザイン業界などクリエイターへの転身説も報じられている成宮さん。
    新サイトは次なる活動への起点となるのか、注目される。


    https://www.j-cast.com/2018/01/11318388.html?p=all 


    所長見解:復帰準備かな・・・
    【【復帰模索】成宮寛貴さん、公式サイト開設ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ