ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元AKB48グループ総監督で2016年にAKBを卒業した高橋みなみが9月26日、「モンスターストライク展」のPRイベントに登場し、同15日に第1子妊娠を発表した前田敦子に改めて祝福のコメントをした。

    AKBのなかでも“神7”と呼ばれた人気メンバーはすでに全員が卒業しているが、早くもそれぞれのソロ活動の明暗がはっきりしつつある。

    前田は「第35回日本アカデミー賞」で話題賞(俳優部門)を受賞するなど女優として活躍し、結婚・妊娠と公私において世間の話題になることも多い。

    大島優子は前田と同じ太田プロダクションに所属し、女優としても「第36回日本アカデミー賞」話題賞(俳優部門)、「第38回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞するなど、確実に女優としてのキャリアを築きつつある。

    また、小嶋陽菜はファッション誌「MAQUIA」(集英社)や「sweet」(宝島社)などでモデルを務め、人気ジュエリーブランドの広告キャラクターなどもこなし女性人気の高いモデルとして定評がある。

    一方、篠田麻里子はプロデュースするファッションブランドが潰れたり、今年には「MORE」の専属モデルを卒業したりと、今も藤原紀香らが所属する有力芸能事務所サムデイに所属しているにもかかわらず、以前の活躍ぶりは見る影もない。

    そして、神7のなかで今後の活動が心配されているのが、板野友美と高橋みなみだ。

    7


    スポーツ紙記者はいう。

    「CDが売れない時代。
    そもそも本格的にソロで歌手としてやっていくというのは難しいでしょう。
    高橋はもともとトークに長けているので、テレビ番組やラジオのMCの仕事が向いており、本来であればタレントとしては重宝されてもいい存在です。
    しかし、今では露出も徐々に減り、明らかにタレントとしてのブランド力はなくなってきています。
    結局、イベントなどでもマスコミは高橋自身のことよりも、時事的な問題や元メンバーの動向などについて、どうコメントするのかということに関心がいってしまいがちです。
    このままでは、タレントとしての活動がどんどん先細っていってしまうのではないでしょうか」

    前述した9月のイベントでも、高橋が前田の妊娠についてコメントを求められたのは、その最たる例だろう。

    その場にいたというテレビ局関係者は語る。

    「高橋が前田の妊娠についてコメントをする際は、少ししづらそうでしたね。
    結婚の報告は、誰よりも早く高橋にあったというのは自身も語っていますが、どうやら妊娠の報告は受けていなかったみたいで、無理やり結婚報告の時の話を持ち出して、『お母さんとしてもいったいどうなっていくのか、すごく楽しみにしています。
    敦子おめでとうございます』と誰でも言えるような、あっさりしたコメントでしたから。

    それに、この日は高橋さんの“隠れ特技”でもあるキャラクター模写の絵を披露したのですが、報道ではほとんど取り上げられていませんでした。
    さらには、高橋自身も昨年に一般男性との交際が報じられたというのに、その件については質問すら出ていませんでした。
    マスコミも高橋個人については大きな関心はないのです」

    AKB時代、「努力は必ず報われる」という名言を残した高橋だけに、今後の踏ん張りに期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15476949/


    所長見解:見ないね・・・

    【【元AKB総監督】高橋みなみ、芸能活動の危機問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動が尾を引いている。
    沢田の公式サイトは中止から一夜明けた18日に「ご来場いただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」との謝罪文を掲載。
    さらに沢田自身が自宅近くで報道陣の取材に対応し、経緯を説明するに至った。

    「契約上の問題が発生した為」という中止理由について沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます」とまず謝罪し、9000人と聞いていた観客数が実際は7000人にとどまると聞かされ、「客席がスカスカの状態でやるのは酷。ライブをやるならいっぱいにしてくれ。無理なら断ってくれといつも言っている」とコメント。
    イベント主催者側からは予定通りの開催を懇願されたが、沢田が譲らず、結果的に“ドタキャン”につながったと説明した。

    沢田としては空席だらけの会場で歌うことはプロとして我慢ならないということなのだろう。
    17日の公演は振り替え公演を実施する方向で調整中だという。
    しかしながら、今回の騒動で一番の被害者は会場まで足を運んだファンである。

    そして、浮き彫りとなったのはジュリーの意外な不人気である。

    「ジュリーも古希を迎え、ファンも高齢化が進行。
    ドームやアリーナなど大箱でのコンサート動員は厳しいでしょう。
    今回のツアーではチケットが売れず、関係者に無料券が大量に配られていました。
    それがヤフーオークション等に格安で出品されていた事実もあるようです。
    実は14年前も茨城県水戸市の公演で主催が集客できなかったとして、それを契約違反だと事務所が主張して公演を中止にしてしまったこともあります」(音楽事務所幹部)

    s


    ■新規のファンは獲得できず…

    ツアーは7月6日の日本武道館を皮切りに展開中で、来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演。
    この状況で完走できるか心配だが、SNS上には「もともとジュリーはファンを大切にしていない」「歌唱中に歌詞が飛んだりして、健忘症どころか認知症じゃないか」と批判の声まで飛び交い始めた。

    スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

    「反原発活動でスポンサーが離れた上、今春に発売したCDも売れず、ツアー展開するための資金繰りにすら困っていたようです。
    個人事務所は都内雑居ビルにあるし、ホームページも古い手づくり的なもので、インディーズレーベルでの活動は大変に見えます。
    今ツアーでは、予算削減のためかステージに上がるのは沢田さんとギタリストの2人だけ。
    大規模ホールは初めから無理があったのかもしれません」

    いわずと知れた昭和のスーパースターだが、新規のファン獲得はままならず、「ほとんどのヒット曲の権利は独立前の大手芸能プロのもの」(前出の音楽事務所幹部)というからジリ貧状態。

    時の過ぎゆくままに、というには酷な現実である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15472004/
    日刊ゲンダイDIGITAL


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【勝手にしやがる】沢田研二の不人気説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元モーニング娘。吉澤ひとみ被告が酒気帯び運転でひき逃げ事件を起こしたことをきっかけに、皮肉にも脚光を浴びることとなってしまった、ハロー!プロジェクト(以下・ハロプロ)を代表とする、つんくファミリーのメンバーたち。

    ファミリーの中でも、ハロプロ全体のリーダーで、アイドルグループ「アンジュルム」のリーダーでもある和田彩花が代表して謝罪するなど、モーニング娘。以外のメンバーにも影響を及ぼしたようだ。
    今でも、つんくファミリーには多くのグループが存在するが、モーニング娘。が全盛期の頃は、派生ユニット「プッチモニ」や「ミニモニ」など多くのユニットが存在していたことを懐かしく思う人も多いだろう。

    その中でも、つんくファミリーの一員として2000年にデビューし、3rdシングル『おっととっと夏だぜ!』でヒットを記録したEE JUMPは、最も悲しい結末を迎えたユニットの一つかもしれない。
    後藤真希の弟であるユウキとソニンとKEN(CDデビュー前に脱退)からなるユニットだが、ユウキの不祥事によりわずか2年で実質解散してしまった。
    ある意味、“不幸”に巻き込まれてしまったソニンだが、彼女は今何をしているのだろうか。

    s


    「ユウキさんは、マネージャーに暴行を加えたことで謹慎となり、その頃からソニンさん一人で活動することも多くなりました。
    謹慎後にはEE JUMPとして再出発を図るのですが、当時15歳だったユウキさんのキャバクラ飲酒が発覚。
    2002年にEE JUMPは実質解散し、ソニンさんはソロデビュー。
    一方、ユウキさんは窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕され、5年ほど服役しています。
    ソニンさんはもう一緒には活動していない時期の出来事ですが、この事実は、多少なりともソニンさんのイメージ低下に影響を与えたでしょう」(芸能記者)

    しかし、ソロデビューを果たしたソニンの人気も長くは続かず、今ではすっかりテレビで見かけない。

    だが、別の世界で精進しているようだ。

    「ソニンさんはEE JUMP解散後に本格的に舞台に力を入れ、今ではコンスタントに舞台で重要な役柄を演じています。
    ソニンさんは歌手から舞台女優にシフトしたというより、0から勉強をした努力家。
    2012年には文化庁新進芸術家海外研修制度という、合格率約20パーセントほどの制度に選ばれニューヨークに留学をしています。
    帰国後の2016年には演劇界の権威ある賞とも言われる菊田一夫演劇賞を受賞したほどの実力者です」(前出・同)

    ソニンの実力は多くの専門家にも認められ、演技力や歌唱力に加え、演技に対してストイックな姿勢も評価されている。
    自身のTwitterでは「あぁ舞台って本当に刺激的。人間の深く複雑な部分を詰めている」と舞台について語っているソニンだが、しっかりとした下積みがあるからこそ、この言葉を綴ることができるのだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15474919/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【あの人は今】ソニンの現在がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの後藤真希(33)が19日、フジテレビのトークバラエティー「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。
    モーニング娘。卒業から15年経った今だからこそ言える、驚きのエピソードを赤裸々に語った。

    99年、後藤はプロデューサーのつんく♂に“10年に1人の逸材”として見いだされ、モーニング娘。に加入。
    02年に卒業するまでエースとして活躍した。

    しかし、アイドルとして絶頂にあった時期に、実家で彼氏と同棲していたことを暴露。
    その理由が「外で(彼氏と)会うのが難しい」という。
    そのため「実家の勝手口を使って出入りしてもらって」と明かした。
    松本人志(55)は「よく写真撮られなかったね」と聞くと、後藤は「うまいことなってたんですよ。大家族なんで、いっぱい出入りがある分…(分かりにくかった)」と、その理由を明かしていた。

    さらに後藤は、交際半年ほどで「彼と結婚したいから、仕事辞める」と家族に告白。
    坂上忍(51)は「反対されるでしょ?」と尋ねると「大反対でしたね」とその時を振り返った。
    彼もチクチク言われたそうで、別れ話を切り出される羽目に。
    ただ、この6年後復縁し、めでたく結婚へと行きついた。

    後藤の衝撃の逸話はそれだけではない。
    なんとファンとプライベートで遊んでいたというのだ。
    しかも時期は「LOVEマシーン」の頃。
    「ドライブしたり、ゲーセン行ったり、カラオケ行ったり…」とまさに“お友達”といったことを、男女分け隔てなく楽しんでいたという。

    菊地亜美(28)は「意味わかんない、意味わかんない!今のアイドルだったらクビですよ!」と動揺を隠せず。
    「別に連絡先とか知ってるわけではなかったんですか?」と尋ねると、後藤は「あ~、でも割と、しばらくして連絡先も交換して」とあっけらかん。
    共演者たちは、もはや笑うしかないといった状況に。

    遊びに参加していた“お友達”に話を聞くと「最近も週一くらいで遊ぶし、海外旅行に一緒に行ったこともあった」と話す。
    後藤本人は家族が居酒屋を経営していることもあって、その“仲間意識”が出ているのかもしれないと分析。
    時にはあわよくば恋人関係に、と考える者もいたそうだが、「怪しいな、その気持ち」と見抜いて説教することもあったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000187-spnannex-ent

    no title


    所長見解:老けたな・・・

    【【元モー娘。】後藤真希、アイドル絶頂期にやりたい放題の結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持「よいマップを示してくれた」

    t


    元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江、55)が17日、自身のツイッターを更新。
    カナダで嗜好(しこう)用大麻が解禁されたことを受け「個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と私見をつづった。

    カナダでは17日に個人で楽しむためのマリフアナ(大麻)の使用と販売を全国で一斉解禁。
    国レベルでの解禁は南米ウルグアイに次いで2か国目となる。

    高樹さんは

    「今日はカナダがカナビスを合法化しました。世界では国としてはウルグアイに続き2カ国になります」

    とした上で、

    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と称賛。
    「アメリカより先に開けてくれたことはすごく良いことで、今後の合法化を議論する上でよいマップを示してくれたと思う」と示した。

    高樹さんは沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、昨年4月に懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。
    現在も医療大麻合法化に向けた活動を行っている。


    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/topics/20181018-OHT1T50053.html


    所長見解:あんまり・・・

    【【執行猶予中】高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ