ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    前衆院議員のタレント上西小百合(35)がこのほど、コメンテーターや女優などの本格的な芸能活動をスタートさせる意気込みを都内で語った。
    昨年10月の衆院選挙に出馬せず、約5年の国会議員生活を終えた。
    今年5月に芸能事務所に所属。
    「浪速のエリカ様」の異名を持って異彩を放った政界の暴れん坊が“第2の人生”をスタートさせる。

    s


    タレント活動のために最初に取り組んだのが13キロのダイエットだった。
    「(カメラで)きれいに撮ってほしいから努力をしました」。
    炭水化物を控え、野菜中心の食事に切り替えるなど食生活を大幅に見直した。
    大好きなお酒の量も減らして減量に成功した。

    「いろんなことに挑戦をしていきたい」。
    政治経験を生かしたコメンテーター、バラエティーや女優活動にも意欲を見せる。

    少しずつだが、女優修業も始めた。
    これまでは、テレビドラマをあまり見てこなかったが、現在は演技を学ぶため、じっくり見て学んでいるという。
    女優になれば、ぬれ場シーンもあり得る。
    「需要があるのかしら…」。
    そう言いながらも「やるのならあと5キロはやせないと!」と前向きだ。

    議員時代は、高飛車とも受け取られた物言いから「浪速のエリカ様」の異名を持った。
    女優になれば、“リアルエリカ様”こと、沢尻エリカ(32)との共演があるかもしれない。
    「実現すれば私はうれしい」と喜びながら、「私のことを『怒りん坊』だと誤解をしている人もいるけれど、そんなことはない。本当の私は優しいし、いい人なんです。テレビを通じて、そのことも出してきたい。『エリカ様』を卒業します」。

    婚約をしていた50代男性とは昨年末までに破局。
    現在、恋愛は「諦めモード」だという。
    「結婚願望は昔からあるんです。せっかくダイエットをして、腕も出せるようになったのに…」と、恋人不在を嘆いた。

    議員時代は「まったく演技をすることなく、言いたいことを言っていた」というが、今後は「いろんな役を演じられるようになりたい」。
    身も心も美しく豊かに自分を変える、演技派女優への脱皮を目標に掲げた。

    ◆上西小百合(うえにし・さゆり) 
    1983年(昭58)4月30日、大阪府生まれ。神戸女学院大卒。
    12年12月の衆院選に大阪7区で初当選。
    14年12月衆院選でも同区で2期目の当選。
    趣味は料理、空手。
    158センチ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00300751-nksports-ent


    所長見解:やはり・・・

    【【芸能活動開始】元衆議院議員・上西小百合、女優になるってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人生は激変する。
    お笑い芸人・小島よしお(37)は2007年、「そんなの関係ねぇ!」でブレークを果たした。
    当時の最高月収は1200万円! 
    家賃6万円の家から安倍晋三首相私邸の近所にある23万円高級マンションに引っ越したという。

    k


    当時は基本、毎日出ずっぱりで、休みは正月くらいでした。
    それでも気を張っていたせいか、もしくは20代後半で体力があったからか体調は大丈夫。飲みは37歳の今より行っていたんじゃないかな。

    睡眠時間も4、5時間は取れていました。
    連載第9回で話したように「東京ダイナマイト」松田大輔さんらが東京・笹塚の僕のウチに合鍵を作って入り浸っていた時(06年)のほうが睡眠時間は短かったですね。
    まあ、あれで鍛えられたのかな。

    最高月収ですか? 1200万円です。入ったのは08年。
    明細を見て「120? …ん、えっ!?」と目を丸くしてしまいました。

    お金の使い道は、09年の正月だったと思いますが、家族を連れてオーストラリアに行きました。

    あとは引っ越しで家賃を一気にアップ。
    笹塚時代は1Kの6万円で、そこから安倍首相の私邸がある富ヶ谷に移りました。
    2LDKの23万円。
    高校の時から筋トレにハマっていて、自宅にベンチプレスを置くのが夢だったので50万円以上する20キロのベンチプレスを買いました。

    トレードマークの海パンは08年くらいだったかな、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)のドッキリ企画で大量にもらえました。
    海パンをはいた100人のオジサンに「そんなの関係ねぇ!」とマネされたんですが、スタッフさんから「オジサンがはいたので良ければ」と100枚いただきました。

    いや、気にしなかったですよ(苦笑)。洗えば良かったし。ありがたかったですね。
    洗濯機で洗い、乾燥機で乾かしました。

    でも、100枚全部使ったわけではありません。
    年に1枚のペースで換えていき、はき潰したのは5、6枚くらいかな。

    サイズ的に合うのはLで、Mはがんばればはけるといった感じ。
    Sは小さすぎて使えませんでした。

    余ったのは「ファン向けのプレゼントで提供してください」と依頼されたり、お世話になった方から「ゴルフコンペの景品で出したいからもらえない?」と要請されたりして、渡していました。まあオジサンのお古ですが(苦笑)。

    当時は自分のキャパ以上の仕事が毎日のように降りかかってきました。
    でも、「そんなの関係ねぇ!」を披露する仕事ばかりで、トークはそこまで必要とされませんでした。

    08年くらいからしゃべりを求められるようになります。
    でも、うまく返せなくて。ヘタでした。
    トークの輪に入った時点でスベる空気になっていました。
    そのうちに話を振られなくなりました。

    「ヤバい…。どうしよう…」

    ヘコみました。
    悩みました。

    世に出たのが07年。スベったのが08年。早いですね(苦笑)。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15148528/


    所長見解:長いよな・・・

    【【一発屋芸人】小島よしおの月収がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ぶりっ子キャラで一世を風靡したタレント・さとう珠緒(45)は、グラビアクイーンとしても活躍した経歴の持ち主。
    さとう本人が、23歳時のファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)を振り返る。

    自分の写真集で一番好きなのがこの『ハニーリップス』です。
    カメラマンの井ノ元さんとは相性バッチリで、何もわからない私を楽しい気持ちにさせてくれて、その瞬間瞬間を切り取ってもらいました。
    この写真が一番のお気に入りです。
    Y字バランスの写真は、当時ダンスをやっていたので、こんなポーズをしてしまったんでしょう。
    今はすっかり体が固くなって、もうこんな開脚はできません(笑い)。

    1988年に15歳で「第2回ミス・アクション・オーディション」の準グランプリをいただいているので、実は今年が芸能生活30周年になります。
    準グランプリの後は数か月だけ芸能活動をして普通の高校生活を送り、卒業後は芸能界と関係ない職業に就くことも考えました。

    1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演してから多くのお仕事をいただけるようになりましたが、ぶりっ子だと批判されたり、「女が嫌いな女」に選ばれたりした時は、もう“プンプン”でしたね(笑い)。

    数年前に事務所を辞めて少しお休みしたりしたので、30年駆け抜けた感じではなく、なんだかふんわりとまだやっている感じです。
    今まで本当に多くの方にお世話になり、スタッフや応援してくださった方々、ご迷惑をかけてしまった方々に、申し訳ない気持ちと感謝の思いでいっぱいです。
    こうして長くやってこられたのは、本当に幸福でラッキーだと思います。

    この年で水着グラビアですか? 
    本格的なトレーニングから始めなくてはならないです。
    やる気はあれど、そのうちおばあちゃんになってしまう……。
    ぶりっ子おばあちゃんの水着、はたして需要はあるのでしょうか?(笑い)

    【プロフィール】さとう・たまお/1973年1月2日生まれ、千葉県出身。
    1988年、第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリ。
    1995年、『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演。
    あいくるしい顔立ちと「ぶりっ子」キャラが人気を呼び、バラエティ番組に引っぱりだこに。
    グラビアでも活躍し、小悪魔的な魅力で見る者を虜にした。
    今回はファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)から厳選カットを掲載した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00000003-pseven-ent

    no title


    所長見解:まだ大丈夫やね・・・

    【【あの人は今】さとう珠緒(45)が振り返る水着写真集がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園』の記者会見に出席した。

    森脇は、元相方・有吉弘行とともに同番組のヒッチハイク企画で人気に火が付き、歌手としても「白い雲のように」が大ヒットし『第39回日本レコード大賞』の「新人賞」を獲得するほど大ブレイク。
    2004年3月のコンビ解散を機に芸能界を引退したが、15年に「役者をやりたくて芸能復帰」し、現在は「年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
    役者としては新人でゼロからのスタート。
    コツコツやらせてもらってます」という。

    s


    有吉との近況を問われると「電話したらつながらなくて、メールの返事もない。
    一応、『復活します』とメールで報告はしています。
    もう10数年、会ってないですね」とポツリ。
    報道陣から不仲を心配されると「仲悪いわけではないけど、良くもない。
    幼なじみなんで照れくさい感じですかね」と笑いながら否定し「なにか言いたいこと? ないですね、地元の誇りですよ」と話していた。

    この日のメンバーは、先々月頃に行われた「電波少年メンバーのプチ同窓会」で「10数年ぶり」に再会。
    番組復活を期待する声があがると、土屋氏は「テレビじゃ無理だと思うので、どこかのネット企業で希望されるところがあれば…」と前向き。
    大島、伊藤、加代子も舞台役者として活動中。
    土屋氏は「メンバーはそろってる」と自信をのぞかせていた。

    同イベントは、カヤックより配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』のキャンペーンの一環。
    普段は、バッティングセンターとして稼働している同所を舞台に、チームメイトや監督、吹奏楽やチアリーダーたちの応援、プロの実況にウグイス嬢が登場し、ユーザー自身が“主人公”として青春の一コマを体験できるイベントとなっている。
    今月30日に一日限定で開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149311/


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【あの人は今】元猿岩石・森脇和成、有吉とは音信不通の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    成宮寛貴(35)が11日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新して話題になっている。
    成宮は友人と2人で動画の加工アプリを使用し猫に変身、音楽に合わせて楽しそうな動画をアップした。
    はじめはノリノリな成宮も最後のほうでは我に返ったのか、すこし恥ずかしそうに照れ笑いする場面もあり、ファンの心をわしづかみにしたようだ。

    こうした成宮の元気な姿を見たファンからは、

    「照れてるクロネコナリ君かわゆす!ストーリーありがとう」
    「ノリノリからの照れ笑いがかわいっ!こんな感じの曲好き一緒に頭振っちゃう!ノリノリのナリ最高です」
    「ナリくん、可愛いノリノリblackcat(=^ェ^=)最後に照れ笑いするとこが!楽しいストーリーありがとう」
    「ネコちゃんノリノリですね?!て、吹き出して笑ってる成宮くん大好き!可愛いなぁ」

    と喜びの声が多く寄せられていた。

    毎回様々な投稿でファンを楽しませている成宮。
    今回のようなお茶目な投稿はとくに人気が高いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1501114/
    デイリーニュースオンライン

    no title


    所長見解:誰やねん・・・

    【【あの人は今】成宮寛貴さんの元気な姿がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ