ドラマ・映画・CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKは1月31日、2018年度後期の「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・今井/立花福子役が安藤サクラ(31)に決まったことを発表した。

    安藤は「相当覚悟を決めて、やっときょう立てた。
    ホントにいろんなことを考えて悩んで、このオファーを受けました」といい「何をあいさつしていいか頭が真っ白になってしまった。どうしよう、こんなことになるとは思わなかった。恥ずかしい…」と微笑んだ。

    モデルとなるのは、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)氏と妻の仁子(まさこ)氏。
    戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦が、失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、「インスタントラーメン」の開発に成功する波乱万丈の物語を描く。
    脚本は大河ドラマ『龍馬伝』やフジテレビ系『ガリレオ』『HERO』シリーズを手掛けた福田靖氏が担当する。

    安藤は1986年2月18日生まれの東京都出身。
    2007年、映画『風の外側』のヒロイン役でデビュー。
    09年、映画『愛のむきだし』で高崎映画祭など数々の映画賞を受賞。
    父は俳優・映画監督の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。
    12年に結婚した夫は俳優の柄本佑と芸能人一家となっている。
    17年6月に第1子を出産した。

    キャスティングにあたって制作統括の真鍋斎氏は「安藤サクラさんが、日本屈指の演技力を持った女優であることは、誰もが認めるところでしょう。
    その類まれなる演技力で、数々の映画・ドラマでは非常に個性的な役柄を演じてられることの多い安藤さんですが、彼女に、朝ドラというフィールドでヒロインとして演じていただけたら、どんなにすてきなことになるだろう。
    その着想にとらわれたとき、私はとても高揚しました」とコメント。

    「とりわけ、今回はおよそ40年という主人公の人生を描くことになり、生半可な演技力では太刀打ちできないと思っていたので、なおのこと『いいことを思いついた!』と思いました。
    しかし、安藤さんは、お子さんがお生まれになったばかりだし、大阪でヒロインをやることはなかなか大変だろうなと思っていました。
    そんなころもあり、安藤さんにしてみれば、このオファーには、もしかしたら戸惑いもおありだったかと思います」。

    「しかし彼女は、覚悟を決めてくださいました。
    その覚悟に応えるべく、私たち制作・演出陣も全力で安藤さんのお芝居をサポートします。安藤サクラさんを中心に、毎朝一級のお芝居をお届けします。
    是非ともご期待ください」と力を込めている。

    放送は10月1日から、19年3月30日まで全151回を予定。
    5月中旬からクランクイン予定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000316-oric-ent

    no title


    所長見解:ついに・・・
    【【選択微妙】安藤サクラ、NHK朝ドラのヒロインってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント、ベッキー(33)が時代劇に初挑戦することが29日、分かった。
    4月スタートのBSジャパン「くノ一忍法帖 蛍火」(火曜後8・0)に主演。
    文豪、山田風太郎氏の「忍法帖シリーズ」の実写化で、自身と同じく外国人の血をひく、くノ一(女忍者)役を熱演する。

    b


    美脚を駆使するアクションも見どころ。
    一昨年の不倫騒動を乗り越えたベッキーが、12年ぶりの連ドラ主演作で新境地を開く。

    “青い目の、くノ一”が悪を成敗-。ベッキーが、新たなヒロイン像を誕生させる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000503-sanspo-ent


    所長見解:見ないよね・・・
    【【初時代劇】ベッキーが12年ぶり連ドラ主演ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの木村拓哉(45)が主演を務めるテレビ朝日系新ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9時)の初回平均視聴率(18日放送)が15・7%だったことが明らかになった。
    昨年1月期のTBS系「A LIFE~愛しき人~」の初回が14・2%だったこともあって“好発進スタート”。

    ネット上でも「さすがは腐ってもキムタク」と評価する声は多いが、番組関係者は安心できないでいるという。
    その理由は木村サイドが抱えるトラウマにあるようで――。

    k


    同ドラマは、さまざまな人間の思惑が交錯する中、木村演じる敏腕ボディーガードが依頼人を懸命に守る姿を描く。
    脚本は井上由美子氏の完全オリジナル。
    脇を江口洋介(50)、斎藤工(36)、石田ゆり子(48)ら豪華共演者が固める。

    芸能プロ関係者が語る。

    「始まる前まではどのくらい数字が伸びるか見えなかったんですが、ふたを開けてみればなかなかの高さ。
    木村さんをはじめ、スタッフはみんな喜んでいますよ。
    現場の雰囲気はいいですね」

    莫大な制作費をつぎ込みながら、パッとしなかった1年前の「A LIFE」と比べても十分及第点はクリアしていると言っていい。
    ネット上では「わきに助けられた」「キムタク演技は相変わらず」との批判もあるが、「なんだかんだ言ってすごい」「久しぶりに面白い」などの評価も多い。

    「SMAP解散から1年がたち、いまだ裏切り者と叩かれ続けていますが、だいぶ“鎮火”している印象です。
    それは状況が変わったからでしょう。
    退所した元SMAPの3人の『72時間ホンネテレビ』の評判が良好だったり、わりと活躍していますよね。
    それが木村バッシングが収まってきつつある理由なんだと思います」(同関係者)

    だが、周囲の関係者は意外にも楽観していない。
    むしろ、微妙な反応だという。

    「木曜9時の前クールは全話の平均視聴率が20ポイントを超えた米倉涼子主演の『Doctor―X 外科医・大門未知子』(以下ドクターX)でした。
    キムタクのドラマは失敗は許されないので、今回はあえて視聴習慣のあるこの枠に編成されたそうです。

    それでも『ドクターX』とは5ポイント近い差がある。
    もちろん大人気の『ドクターX』を下回るのは仕方ありませんが、5ポイントの差はかなり大きい。
    第2話で下がらなければいいのですが…」(事情通)

    もともと木村側には“ドクターXトラウマ”があるらしい。

    同事情通が続ける。

    「『A LIFE』も最初は去年1月期ではなく、一昨年10月期の予定だったんです。
    というのもSMAP解散余波をジャニーズ側が懸念したから。
    ところが同クールには『ドクターX』があった。
    同じドクターものなので比較されると絶対負けてしまう。
    そのため1月期になったのです。
    今回、同じ枠ですが、今後どんどん数字が下がれば『ドクターX』とのギャップを引き合いに出されるのは間違いない。
    なので番組関係者は、気をもんでいるんですよ」

    短絡的に「ドクターX」の後釜に据えたため、余計な不安を抱えてしまったというわけだ。視聴率が下降線になると、木村サイドの“トラウマ”を刺激して、現場スタッフらが神経をすり減らすことになるのは明白。
    もちろん数字が今後、上がっていけばいいのだが、どこまで期待できるのかはわからない。というのも最近の木村は、昔のように確実に視聴率を稼げる存在ではなくなっているからだ。

    「2003年から続く明石家さんまとの新春特別番組『さんタク』(フジテレビ系、元日放送)も今年は惨敗でした。
    かつては2桁もザラだったんですが、今年は5・9%と惨敗。
    この数字を見た『BG』の関係者は他局なのにガックリしたとか(笑い)。
    いずれにせよ、明らかにキムタクから数字は離れていっています。
    まあ、ずっと天下を取り続けることなんて不可能なので、期待しすぎるのは酷かもしれませんね」(テレビ局関係者)

    キムタク神話は崩れてしまったのか? 
    注目の第2話はなぜか時間を拡大して25日に放送される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000034-tospoweb-ent


    所長見解:おもしろかったよね・・・
    【【神話崩壊】木村拓哉、好発進「新ドラマ」の落とし穴ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乃木坂46の西野七瀬、俳優の野村周平がW主演を務めるテレビ東京系新土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(毎週土曜深夜12時20分~)第2話が20日放送された。
    <※一部ネタバレあり>


    西野七瀬&野村周平W主演「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

    原作は「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた作家、桂正和氏の代表作『電影少女』。
    累計発行部数1400万部を超える恋愛SF漫画の金字塔が初のドラマ化。
    時代設定を現代に移し替え、原作の続編として2018年リブート版「電影少女」として蘇る。

    動くビデオガール・アイ役を西野、高校生・弄内翔役を野村が演じるほか、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋ら注目の若手俳優陣が出演する。

    第2話では奈々美(飯豊)への思いを秘める翔(野村)の前で、奈々美が智章(清水)に告白。
    翔は「何もない、俺には何もない。出来事は全て俺とは関係の無いところで進んでいく…」と自宅で寝転びながら落ち込む。
    そんな翔の背中に乗っかり、ハグをし「私はすごいと思うよ、翔のこと」と励ましたアイは、「柴原(奈々美)には好きなやつがいるんだ」となお沈む翔へ「空気なんて読むな!好きなら好きって言っちゃえ!ばーか」とエール。
    「なんだよそれ、ダセー」という翔だったが、アイの強いプッシュにより、翌日、ついに奈々美を映画に誘った。

    また前半、翔の同居生活が描かれたシーンでアイは終始、彼氏の服を借りたような“彼シャツ”スタイルや白ショートパンツにエプロンをかけた姿で登場。
    西野の美脚が際立つシーンが多数となった。


    「電影少女」1話に引き続き反響多数

    第1話での体当たりシーンも話題を呼んでいたが、今回もネット上には視聴者の感想が多数。

    「翔切ない…からのアイちゃんがやばい」
    「歴史に残る胸キュンシーンだわ」
    「2話もすごい。なあちゃんが可愛さどんどん上げてきて辛い」
    「手料理が食べたいです!!」
    「西野七瀬ちゃんの御御足に見とれる…」
    「電影少女のなあちゃんを拝むことが楽しみです」

    といった声が上がっていた。

    http://mdpr.jp/news/detail/1741683

    『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』第2話 西野七瀬
    no title

    http://tvcap.Info/2018/1/20/vkjg180121-0041080097.jpg
    http://tvcap.Info/2018/1/20/vkjg180121-0040540771.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/20/vkjg180121-0042150348.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/20/vkjg180121-0043570958.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/20/vkjg180121-0045070180.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/21/vkjg180121-0047100180.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/21/vkjg180121-0047360474.jpg
    http://tvcap.info/2018/1/21/vkjg180121-0049110521.jpg

    所長見解:見ようかな・・・
    【【電影少女】2話もすごい 乃木坂・西野七瀬が生脚全開ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の吉岡里帆にとって連続ドラマ初主演作「きみが心に棲みついた」(TBS系)が1月16日、スタートした。
    初回の平均視聴率は9.4%とまずまずの滑り出し。
    と言いたいところだが、視聴者からは厳しい意見が多く上がっている。

    no title


    番組への感想を抜粋すると

    「人生で初めて気持ちの悪いドラマに出会いました」
    「見ていて不愉快」
    「心がどんよりした」
    「胸糞悪い」
    「ダメ、吐きそう」

    など、拒否反応を示す意見が殺到。
    番組の公式サイトには「桐谷健太、向井理とともに描く三角関係ラブストーリーは《キュン》のドキドキと《ゾクッ》のドキドキが共存する新感覚ラブストーリー!」とあることから、キュンドキ恋物語を期待していた視聴者も多かったようだが、見事なまでに裏切られた形だ。

    http://asajo.jp/excerpt/44779


    所長見解:嫌われてるみたいね・・・
    【【批判殺到】吉岡里帆「きみが心に棲みついた」に不愉快の声が殺到ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ