ドラマ・映画・CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手で俳優の星野源さん、女優の吉岡里帆さんが出演する「日清どん兵衛」の新CM「そばにキミ 篇」が9月28日から全国でオンエア開始。

    吉岡さん演じるどんぎつねが星野さんの“甘いせりふ(?)”にときめく姿が描かれており、いち早くCMをチェックしたファンからは「キュンとする里帆ちゃん可愛い笑顔 最高です」「観てるこちらまでバッチリ撃ち抜かれました」など反響が寄せられています。

     
    吉岡さん扮(ふん)するどんぎつねのキュートな魅力と、星野さんとのユニークな掛け合いが人気のどん兵衛CMシリーズ。

    月見ポケット付きの天ぷらそばを宣伝する新CMは、どん兵衛を作る手を止めた星野さんがどんぎつねを真っすぐ見つめ、「ぼくのそばに、きみがひつようです」と甘い言葉をつぶやくシーンから始まります。

    急に男らしいのズルい!

    突然の告白にどんぎつねはハートを撃ち抜かれ、「ついに……!」と天にも昇る気持ちで大喜び。

    しかし、星野さんの甘いせりふの正体は「僕の側に、君が必要です」ではなく「僕のそばに、黄身が必要です」だったことが判明します。

    盛大な肩透かしをくらったどんぎつねは床に突っ伏してしまい、星野さんに心配されるも「ほっといて」とふてくされてしまうのでした。

    星野さんに振り回されるどんぎつねかわいい……。

     
    日清食品のYouTubeチャンネルでも新CMは公開されており、SNSでは

    「2人ともかわいいー!」
    「思わせぶりな源さんとすねるどんぎつねさんが可愛い」
    「里帆ちゃんかわええ」
    「めっちゃ可愛い 私も撃ち抜かれました」
    「ズキュウゥゥン(ハート)ってなるわこれは」

    など期待を裏切らない内容に“カワイイの嵐”が吹き荒れていました。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2009/28/news101.html


    no title

    no title


    ※動画がコチラ

    所長見解:ええな・・・


    【【どんぎつね】「どん兵衛」新CMがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    f


    ええんか


    ※画像がコチラ

    所長見解:ええで・・・

    【【検証画像】丸見えすぎる昔のCMがエチすぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の竹内結子さん(40)が東京都内の自宅で死亡していたことが27日、関係者への取材で分かった。

    警視庁が経緯を調べている。

    竹内さんがインスタグラムに最後に投稿したのは、9月1日だった。

    g


    この日に行われ、出席した「サッポロ一番」の商品の写真とともにアップ。

    「皆んな、夏休み中も元気で過ごしましたか。
    新学期に向けて前髪作りました。
    それでは早速、頭の体操、算数の時間だよ。
    問題です。
    これはサッポロ一番、1年分です。
    1袋が、5個パック入りなので、この山は何袋あるでしょうか!? 
    問題に正解してもしなくても偏愛レシピを投稿してくれれば、抽選で、あのパッケージに使われているオリジナルのラーメン丼ぶり当たります」とつづっていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8fbb4eee19402f28d1153a55e52ca05aeaaec8a


    ▼写真
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202009270000192-w1300_0.jpg

    所長見解:なんで・・・
    【【悲報】竹内結子さん、最後のインスタがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ついに木村拓哉がNHK大河に〝降臨〟か 

    「何演じてもキムタク」から脱皮


    いよいよ現実のものとなるか…。

    俳優として円熟味を増してきた木村拓哉(47)の悲願、〝大河の主役〟が結実しそうだ。


    2023年に放送されるNHK大河ドラマの主役最有力候補として名前が挙がっているという。

    SMAP解散以降、逆風にさらされてきたキムタクだが、近年のドラマではヒットを連発し、安定感を見せてきたことで、NHKからリストアップされたようだ。

     
    現在、放送されている大河ドラマ「麒麟がくる」の主役は長谷川博己(43)。

    来年は吉沢亮(26)主演の「青天を衝け」、2022年は小栗旬(37)が主演の「鎌倉殿の13人」となる。

    「麒麟――」は13~16%と近年の大河としては高視聴率を取っているが、その後の大河は上下動がありそう。

    民放テレビ局や大手広告代理店関係者らのデータマーケティング幹部らは一様に「吉沢惨敗、小栗大勝」との予測を出しているという。

    「明治時代の渋沢栄一を主人公にした『青天を衝け』は、残念ながらコケそう。
    しかし、三谷幸喜さんが脚本を担当する『13人の鎌倉殿』は、ヒットするとの下馬評です。
    〝高視聴率鉄板〟の戦国時代ものではないですが、三谷さんは『真田丸』で実績がありますから、ヒットする可能性が高いという分析です」(民放編成マン)

     
    そして、23年に木村の主演が実現すれば、中身は戦国モノが予定されているようだ。

    「このまま主役が木村で決まれば、司馬遼太郎の名著『関ケ原』をモチーフに、石田三成を主人公にしたスピンオフドラマ企画が俎上にあがっている。
    しかも脚本家の井上由美子さんが書き下ろすという話も出ている」(制作関係者)

     
    井上さんといえば、大河「北条時宗」を手掛けた経験があり、かつキムタク主演の「ギフト」(フジテレビ系)、「GOOD LUCK?」(TBS系)、「エンジン」(フジテレビ系)、「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)などをヒットさせた。

    うってつけだろう。


    k


    長らく主役候補として名前が取りざたされてきた木村だが、これまで実現しなかった理由はいったい?

     
    テレビ関係者は「SMAP時代は1年に1本、必ずフジテレビかTBSのドラマに出るのが、取り決めのようなものでした。
    だから1年間、丸々拘束されてしまう大河に出ることはできなかった。
    ただ、SMAPが解散し、育ての親である元チーフマネジャーの飯島三智氏(現CULEN社長)と離れたことで、そのあたりの不文律がなくなったと言われています。
    スケジュールの問題はなくなったでしょう」と明かす。

     
    さらにここにきてキムタクの心境にも変化があみられるという。

    「アイドルから脱皮し、役者とはどうあるべきかを見つめた結果、一度は大河の主役をやってみたいと思うようになったそうです。
    木村さんに唯一ないのは『大河主演』の肩書だけですからね」(同)

     
    NHK側も木村の安定感を買っている。

    特にコロナ明けで放送された「BG――」の成功は大きい。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/270c075eb294773227c223cf5c8d0340352e5fa8

    所長見解:先やな・・・
    【【朗報】ついに木村拓哉がNHK大河ドラマ主演ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    池田エライザ監督の映画『夏、至るころ』の日本公開日が12月4日に決まった。

    池田エライザの初監督作品となる同作は、地域の「食」や「高校生」とコラボした青春映画制作プロジェクト『ぼくらのレシピ図鑑』の第2弾。

    同じ学校に通う高校3年生の翔と泰我は、子供のころから和太鼓の訓練をしてきたが、夏祭りを前にしたある日、泰我が受験勉強に専念するため太鼓を辞めると言い出し、それを聞いて愕然とした翔の前にギターを背負った少女・都が現れるというあらすじだ。

    舞台は福岡・田川。

    10代で東京に出た池田エライザ監督のエピソードが原案になっているという。


    出演者は、翔役の倉悠貴をはじめ、泰我役の石内呂依、都役のさいとうなり、翔の父役の安部賢一、翔の母役の杉野希妃、翔の祖父役のリリー・フランキー、翔の祖母役の原日出子、翔に影響を与える教師役の高良健吾、ペットショップの店長役の大塚まさじら。

    今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開された。

    e


    ♦池田エライザ監督のコメント

    無邪気に夢を抱くことが、難しくなってきている昨今。

    時間が過ぎるたびに正体不明の焦りを感じるこのご時世を生きる若者に、深く共感しながらも、何かささやかな手助けは出来ないだろうかと考え、この作品をつくりました。

    私は諦めてしまっていた青春を、素敵な役者陣が見せてくれました。

    生まれてはじめての感情に触れた瞬間に立ち会わせてもらえたことがなによりも幸せでした。

    この機会に感謝しています。

    たくさんの方々のお力添えのもと、穏やかで希望が湧いてくる映画ができました。

    12月、世界がどうなっているかまだ想定はつきませんが、皆様にお届けできる日が楽しみです。


    ▼写真
    https://ogre.natalie.mu/media/news/eiga/2020/0916/natsuitarukoro_202009_poster.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/eiga/2020/0521/natsuitarukoro_20200521_2.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/eiga/2020/0521/natsuitarukoro_20200521_making.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/eiga/2020/0722/natsuitarukoro_202007_making.jpg

    https://www.cinra.net/news/20200917-natsuitarukoro




    所長見解:それか・・・

    【【朗報】池田エライザさん、原案・初監督作が公開決定ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ