ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者)

    NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。
    しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったというのだ。

    「7月29日に放送された第28話『勝と龍馬』では、慶喜が吉之助に“気迫負け”するシーンがありました。
    脚本では、吉之助に短刀を突きつけられ、へなへなと腰が抜けてしまう情けない慶喜が描かれています。
    でも、翔太さんとしては“国を憂い、堂々とした慶喜”が演じたかったのでしょう」(前出・NHK関係者)

    そこで駆け付けたのが、大政奉還で慶喜を追い詰める“因縁”のライバル・大久保利通役を演じる瑛太(35)だった。

    「鈴木亮平さん(35)から『翔太が役どころについて悩んでいるそうだ』と聞いて心配だったのか、自分の出番が終わっても帰らずに翔太さんの収録を見守っていたといいます」(ドラマ関係者)

    m


    しかし、そこで2人の“場外討幕戦”が勃発!

    「瑛太さんは楽屋口にいた翔太さんのもとへ飛んでいくと、問題の“情けない慶喜”のシーンについて話し合いを始めたんです。
    最初は諭すように話していた瑛太さんですが、そこは役者同士。
    演技論がヒートアップして、『俺は嫌だ!』『それは違うだろ!』といった怒号が聞こえてきたそうです。
    そのやりとりを聞いていたスタッフたちは何事かと慌てふためいていましたね」(前出・ドラマ関係者)

    この日の激しい“バトル”は30分近く続いたという。

    「急に翔太さんがフラりと現場に戻ってきて、『わかったよ、やるよ』と一言。
    瑛太さんは『この慶喜を演じられたら、役者として一気に成長する。
    このキャラでやるべきだ』と説得したそうなんです」(前出・ドラマ関係者)

    こうして翔太が演じた“悪役の慶喜”は視聴者からも高評価。
    放送直後のツイッターでは“ヒー様フィーバー”が毎週のように巻き起こっている。

    「自分のアドバイスが功を奏しての反響ぶりに、瑛太さんも大満足だったそうです。
    その後、2人で飲みに行き、そこでも熱い演技論を交わしたのだとか。
    『役になりきったら心が欲するセリフが自然と出てくる』というのが瑛太さんの持論だそうで、翔太さんにもよくそんな話をしているといいます」(前出・ドラマ関係者)

    ここまで瑛太が翔太のことを気にかけるのには、ある人物とのこんな“約束”があった。

    「そもそも瑛太さんは翔太さんの兄・松田龍平さん(35)の親友なんです。
    龍平さんの紹介でプライベートでは以前から交流のあった2人ですが、同じ現場で演技をするのは今回が初めて。
    共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに『翔太をよろしく』とお願いしていたそうです」(テレビ局関係者)

    2人は今では公私ともに仲が良く、9月5日に行われた翔太と秋元梢(31)の披露宴に瑛太が出席していたほどだ。

    芸能プロ関係者は2人の不思議な関係性についてこう語る。

    「現場での口論は、あくまでも役づくりの上での侃々諤々です。
    2人とも火がつきやすいので、あわや乱闘の激しさを見せるときもありますが、それも本気で仕事に挑んでいるからこそ。
    どんなに言い争っても、プライベートではすっと仲の良い関係に戻れる。
    演技について口論になるというのは、彼らにとっては日常茶飯事なのです」

    『西郷どん』収録現場には、史実よりも激しい男たちの闘いがあった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010002-jisin-ent


    所長見解:錦戸は・・・

    【【また喧嘩か】瑛太と松田翔太にトラブル勃発の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月1日に放送されたテレビドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(フジテレビ系)第5話にて、主演の渡辺麻友がキスシーンを披露した。
    同ドラマは視聴率が伸び悩んでいるという。

    w


    「『いつかこの雨──』は、初回から視聴率2.9%と低空スタートを切りましたが、その後も2話が2.5%、3話2.4%と右肩下がり。
    そして4話では、ついに1.9%まで下がってしまいました。
    いくら23時台のドラマとはいえ、非常に深刻な状況。
    渡辺といえば『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)でも、プライム帯ながら一時3%台を記録しており、ファンからは心配の声があがっています」(テレビ誌記者)

    同ドラマは、11歳の時に兄が殺人犯として逮捕されたことで、人生が一変した主人公が、ミュージカル劇団に所属しつつ真相を追求するサスペンスドラマである。

    そして5話では、サブタイトルに「男と女…一線を越える夜」とあり、一部ファンの不安を的中させるシーンが描かれたという。

    「5話では、渡辺演じる主人公が、堀井新太演じる幼馴染と、濃厚なキス&ベッドシーンが描かれました。
    これまで渡辺は、ドラマ『大奥』(フジテレビ系)にて、沢尻エリカとの同性キスはありましたが、映像作品での男とのキスは初。
    さらに本編では、最初に見つめ合ってキスをした後、次の場面で上半身に何も着ていない状態の渡辺が、布団の上で横たわり、そこからふたたび濃厚なキスで絡み合うという強烈なものでした。

    そのため、アイドル時代から彼女を応援してきたファンからは

    『うわわわーー! キスするふりだと思ったらガッツリいってるじゃん!』
    『いつかキスシーンが来るとは思ってたけど、まさかこんなに早く来るなんて…』
    『つらい。でも女優になるってことはこういうことなんだね』

    と、多くの悲鳴があがりました」(前出・テレビ誌記者)

    視聴率は芳しくない同ドラマだが、今回、渡辺が大胆な濡れ場シーンに挑戦したことで、女優としての評価は上げたに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1515053/

    ▼検証画像
    https://pbs.twimg.com/media/DmBNUHoU8AAuXRU.jpg


    所長見解:もうあれだな・・・

    【【元AKB】渡辺麻友、まさかの上半身マッパがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    織田裕二、月9ドラマ「スーツ」で心配される鈴木保奈美とのガチ喧嘩!

    織田裕二が、10月からの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で主演を務めることが発表された。
    同ドラマは、織田と鈴木保奈美の共演に大きな注目が集まっている。

    y


    「織田と鈴木が共演するのは、1991年に放送された月9ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりとなります。
    『SUITS/スーツ』は、アメリカのドラマが原作の大手弁護士事務所を舞台にした作品。
    恋愛ドラマではありませんが共演の話題性は抜群のため、フジは高視聴率を期待しているようです」(テレビ誌記者)

    しかしそんな中、8月22日発売の「週刊新潮」は、織田が今回の共演が話題になることに対し、激怒していると報じた。
    記事によると織田は、一時結婚で産休していた鈴木と、「踊る大捜査線」(フジテレビ系)などのヒットを飛ばし続けてきた自分が同列に扱われることが気に入らなかったとのこと。
    その結果、フジが気を使って、報道関係者に送られたドラマの発表案内からは鈴木の名前が外されていたという。
    そのため、現場での2人の関係が心配されている。

    「作品にのめり込むタイプである織田は、現場のスタッフや共演者にかなり厳しく接することで知られています。
    過去、香取慎吾がドラマで共演した際は、織田から『お前さあ!』と強い口調で演技のダメ出しをされたと告白していますし、一部週刊誌では、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で共演した柳葉敏郎との不仲説も話題に。
    現場で演技のダメ出ししてくる織田に、柳葉が『お前1人の映画じゃない!』とブチギレたという噂もあります。
    それだけに今回、新潮の報道が事実であれば、何かのキッカケで鈴木と大喧嘩に発展する可能性もあるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    はたして織田と鈴木は、最終回まで揉め事なく撮影を続けることができるだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-110875/


    所長見解:わからんでもない・・・

    【【月9ドラマ】織田裕二が鈴木保奈美と同列の扱いに激怒した結果・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    14週連続で週平均視聴率が20%の大台を超え、好調を維持しているNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。
    9月29日の最終回より一足早く、8月20日に都内のホテルで打ち上げパーティが行なわれた。
    ヒロイン・鈴愛役の永野芽郁(18)をはじめ、松雪泰子(45)や原田知世(50)など豪華キャストら200人以上が出席し大盛況だった。

    打ち上げ3日前の17日、ドラマはクランクアップ。
    だが、その時のNHKによる“鉄のカーテン”が話題になっている。

    「朝ドラのクランクアップは報道陣が集められるのが通例ですが、今回は非公開。
    NHK側は“お盆の週だし、夜も遅いから”と説明しましたが、過去に撮影が深夜に及ぶほど長引いて報道陣が『待ち』になったことはいくらでもあった」(スポーツ紙記者)

    なんとも不可解な「締め出し」の裏事情を関係者が明かす。

    「その日は最終回の撮影が行なわれましたが、内容は視聴者にとってサプライズな展開だったそうです。
    放送前にネタバレしてしまうことを恐れて、非公開にしたといわれています」

    h


    熱心な視聴者は、鈴愛と律(佐藤健、29)の恋の行方に気を揉んでいる。
    同じ日に生まれた幼なじみの2人は、一度は互いに別の相手と結婚したが、鈴愛は離婚して実家に戻り、律も母の介護のために妻子を残して戻ってきた。

    「2人の関係を、あくまで仕事上のパートナーとしたい意向を制作側は持っているといわれてきましたが、『半分、青い。』ファンの理想は最終的に“くっつく”こと。
    異例の“秘密撮影”は、ファンの期待に応える方向のサプライズな内容だったから……なのかもしれません」(同前)

    単刀直入にNHKに尋ねると「ドラマは、最後まで目の離せない展開になっています」とのこと。

    ちなみに17日の撮影は、鈴愛の実家であるつくし食堂のシーンがメインだった。
    両親を演じた松雪や滝藤賢一(41)に混じって、佐藤の姿ももちろんあったという。
    意外なラストやいかに。

    ※週刊ポスト
    http://news.livedoor.com/article/detail/15215260/


    所長見解:どうなる・・・

    【【秘密撮影】NHK・朝ドラ『半分、青い。』異例の最終回がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・水谷豊(66)主演のテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」の新作「シーズン17」が、10月からスタートする。

    水谷演じる特命係・杉下右京の“相棒”は、「シーズン14」から冠城亘役で出演している反町隆史(44)が続投。
    さらに、もうひとりの“相棒”として、前作の最終話で特命係に左遷された浅利陽介(31)扮するサイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官・青木年男が加わるという。

    s


    「新しい“相棒”として育休中の仲間由紀恵、元SMAPの稲垣吾郎らの名前が浮上し、反町の卒業も近いともっぱらでした。
    しかし、反町は水谷の覚えがめでたく続投が決定したそうです。
    ただし、新シーズンは演技力のある浅利が強力なライバル。
    浅利の方が相棒ファンに受け入れられたら、トコロテン式に反町の卒業もあります」(ドラマ関係者)

    かつては民放キー局で続々と連ドラ主演をこなしていた反町だが、どの作品も視聴率が振るわず。
    15年10月から“相棒”を務めているが、他にはほとんど映像作品のオファーがないのが実情だ。

    「事務所は主役にはこだわらなかったりと、ギャラを含む条件面をかなり“緩和”していますが、なかなかオファーが来ない。
    そのため、『相棒』が最後のとりでのような状態です。
    “天皇”である水谷の機嫌を損ねなければしばらくは安泰なのではないでしょうか」(芸能関係者)

    反町はこのまま2番手俳優で終わるのか、それとももう一発あるのか。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236106 


    所長見解:相棒もな・・・

    【【相棒・新シリーズ】反町隆史、仕事が減る理由・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ