ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    放送中のドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)で若年性アルツハイマーにおかされるヒロイン・北澤尚を演じている戸田恵梨香。
    尚は、松岡昌宏演じる年上の医師・侑市との婚約を一方的に破棄し、ムロツヨシ演じる元ベストセラー小説家で現在はフリーター状態の真司との恋を一途に育む役どころだが、私生活では若手イケメン俳優の成田凌と熱愛関係にあるのは周知の事実。
    昨年10月にはドライブデート、今年8月にはセブ島のスキューバダイビングデートが報じられている。

    t


    しかし今月1日、戸田は自身のこれまでのインスタグラム投稿を全削除。
    さらに「30歳を迎えた時に決めたのです。今までの考え方や持っているものをできる限り捨てる。さらに進化するためにリセットする。40歳へ向けていざ!!!!」と削除理由を書き込んでいる。
    一方の成田も、戸田と付き合うきっかけとなったとされる今年7月期放送のドラマ「コード・ブルー」3rdシーズン(フジテレビ系)の開始前に、主要キャスト5人の顔をすべて自分の顔にすげ替えた番宣写真をインスタグラム投稿し、1stシーズンからのファンの逆鱗に触れて炎上。
    それまでの投稿を全削除。
    現在も再開していない。

    「戸田がインスタグラムを全削除したことで成田との破局説も出ましたが、実はその逆で、“年内できちゃった婚”を画策しているため身辺整理しているとの噂が流れています。
    10月14日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した成田は、共演した奥田瑛二と井浦新から『結婚はいいもの』と教えられ、奥田からは『“母ちゃん”になってくれる人を探して結婚するといい』とのアドバイスを受け『ハイ!』と目を輝かせていましたからね」(女性誌記者)

    戸田は成田より5歳年上。
    昨年10月にドライブデートを報じた「FRIDAY」によれば、成田の運転する車が「FRIDAY」記者が乗った車と接触。
    現場に呼んだ警察との対応は戸田が行い、同誌記者が身分を明かすと「アハハ、すごいですね」と、戸田は豪快に笑い飛ばしたというから、すでに戸田は成田にとって“母ちゃん”のようなものなのかもしれない。
    戸田が現在主演している連ドラ放送が終わる年末頃には、もしかすると、もしかするかもしれない。

    https://www.asagei.com/excerpt/114441

    所長見解:ないだろ・・・

    【【熱愛中】戸田恵梨香、成田凌と年内デキ婚説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    16日、バナナマンMCの『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)が放送。
    ゲストの鈴木杏樹が1993年に放送されていた大ヒットドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主要メンバーで同窓会をしたことを明かし、ネットで話題となった。

    『あすなろ白書』は、大学で出会った男女5人の恋や友情を描いた作品。
    石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊らが出演しており、最終回の視聴率は31.9%を獲得。
    藤井フミヤが担当した主題歌『TRUE LOVE』はダブルミリオンを達成した。

    s


    鈴木は「20年ぶりに同窓会をしたんですよ」とコメント。
    いつの間にかメンバーの電話番号やメールアドレスが分からなくなり、連絡を取ることが少なくなったのだが、「にっしー(西島)が私の番組にゲストで来て繋がって、ひかちゃん(石田)が『相棒』(テレビ朝日系)に来て……」と久々に共演をして、どんどん再会していったという。
    さらに、「にっしーがみっちー(筒井)と打ち上げで再会して、にっしーがスマスマ(SMAP×SMAP)に出たときに、たっくん(木村)と繋がって」と全員が連絡を取れる状態になったとのこと。

    鈴木が同窓会を行う店に訪れると、「たっくんが一人で座っていたんですよ」と回顧。
    続けて「“一番来なさそうな人が一番に来ている!”と思って、そこから徐々に集まった」と振り返った。

    このレアな同窓会について、SNSでは「あすなろ会の話アツい」「『あすなろ白書』懐かしい!」「にっしー、たっくんとか若さあふれる呼び方たまらん」などと話題となっていた。

    「鈴木の口から『SMAP×SMAP』が出たことについて、ファンが反応していましたね。
    ただ、様子を伺いながらしゃべっていたため、“そんなに言っちゃいけない言葉になっているのか?”との声もありました」(エンタメライター)

    とにもかくにも、25年たった今でも根強いファンが多いドラマであることは間違いない。
    先日、フジテレビでは、現在放送中のドラマ『SUITS/スーツ』に関連して『東京ラブストーリー』を夕方に再放送。
    Twitterにトレンド入りするほど盛り上がっていた。
    今回の放送でこれだけ話題になる『あすなろ白書』の再放送を期待する人も多いのではないだろうか。

    https://npn.co.jp/article/detail/10075238/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】「あすなろ白書」で共演した西島秀俊、木村拓哉らの同窓会がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新作ドラマが放送されるたびに蒸し返される、新垣結衣の身長疑惑。
    プロフィールでは169センチとなっているが、視聴者の間では170センチ超えが定説となっている。
    そんな疑惑がまたもや注目を集めてしまうシーンが、10月10日にスタートした主演ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)にて映し出されたという。

    「制作会社社員の役を務める新垣は、通勤電車で出勤。
    本作には京成電鉄が制作協力しており、電車内のシーンは京成3600形という車両で撮影されているようです。
    その車内で新垣は、つり革の持ち手と目の高さがほぼ一緒でした。
    つり革の下端は163センチ程度ですので、単純計算で新垣の身長は175センチはあることに。
    もちろん靴の高さを考慮に入れる必要はありますが、通勤シーンではかかとがペッタンコの靴を履いており、靴によるプラス効果はせいぜい2センチ程度でしょう。
    一部で噂される180センチ説は大袈裟にしても、170センチ以上あることは確実でしょうね」(芸能記者)

    no title


    そして本作では、新垣の主演ドラマでおなじみの「カモフラージュ」も見られたという。

    テレビ誌のライターが指摘する。

    「新垣のドラマでは必ず、彼女より背の高い俳優と並んで歩くシーンが出てきます。
    本作でも彼氏役の田中圭と腕を組んで歩く場面があり、10センチほどの身長差をアピール。田中は177センチなので、これなら新垣の公称169センチも自然に思えるわけです。
    ところが田中の足元を見ると、革靴なのに妙に甲高になっているのが何とも不自然。
    いわゆるシークレットシューズ的な靴を履かせ、田中の身長をかさ上げすることで、新垣とのバランスを演出した疑惑がぬぐえませんね」

    https://www.asagei.com/excerpt/113959


    所長見解:でかくてもいいよ・・・

    【【ドラマ検証結果】新垣結衣の正式な身長はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月からの新ドラマ『中学聖日記』(TBS系)が9日にスタートした。
    人気女優・有村架純が主演、また昨クールで評判だった『義母と娘のブルース』と同放送枠とあって視聴者からの注目度は高かったが、その描写に「気持ち悪い」との批判が相次いでいる。

    同作は、有村演じる新人の中学校教師・末永聖と、19歳の新人俳優・岡田健史が演じる中学3年生の黒岩晶が禁断の恋に落ちる物語。

    黒岩は着任直後の末長に悪態をつき、母親にも反抗を続ける思春期真っ盛りの少年。
    一方で、クラスメイトが末永にイタズラをしようとすると、止めようと割り入る場面も。
    黒岩自身、自分の感情がよくわからず、悩んでいるようなシーンが多々見受けられた。

    そんな中、黒岩は末永の婚約者・川合勝太郎(町田啓太)の存在を知ってしまい、ネット掲示板に末永の噂を書き込む。
    するとネット掲示板を見たクラスメイトたちは、教室の黒板全面に末永の噂を書き込んでイタズラ。
    黒板を見て末永はショックを受けるが、すぐに気持ちを切り替え、毅然として授業を進行させた。

    前向きに自身ら生徒と向き合う末永を見た黒岩はドラマ終盤、末永に「好きになっちゃいました。もうどうしていいか分かりません」と告白。
    次回以降、黒岩は末永にさらに迫るようだ。

    c


    ■とにかく「気持ち悪い」と大バッシング

    視聴者からの反響は大きく、この日のツイッターは大いににぎわった。
    有村や岡田の演技を称える声があった一方、中学生3年生役を19歳の岡田が演じることについて、

    《幼さが残る子が不安定だとすんなり受け入れられるが、彼だとストーカーみたいに見える》
    《大人な感じが生々しい。普通に大人同士の恋愛じゃん》
    《男の子役の人が高校生に見えるから気持ち悪く映るのかも》
    《中学生らしさがないから、普通に気持ち悪いんだよなぁ。可愛らしさのかけらもない》

    といった批判の声が続出。
    また、ストーリーそのものについても

    《誰も幸せにならない気持ち悪い設定》
    《気持ち悪い。こんな設定がテレビドラマで許されていいの?》
    《中学生と教師じゃいくら有村架純でも気持ち悪いわ》
    《これを純愛とするのは無理がある。吐き気がする》

    といった声は上がり、ネット上では「気持ち悪い」の単語が頻出する展開となった。
    有村にとっては「新境地」のドラマだったが、視聴者からの評判は芳しくないようだ。
    視聴率も初回から6.0%で既に大コケ。
    ここから挽回できる術はあるのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/64216

    所長見解:おもしろそうやん・・・

    【【新ドラマ】有村架純主演『中学聖日記』の感想がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い芸人が「冠番組」に憧れるように、役者にとって「主演」という響きは憧れを抱くものだろう。
    さらにいえば、「ゴールデンの連ドラ主演」は、本人にとっても所属事務所にとっても“喉から手が出る”ほど欲しい仕事に違いない。

    しかし、その座にのぼりつめたものの主演作が振るわず、再び脇役に回らざるを得なかった悲しきヒロインがいるのも事実である。

    たとえば、水川あさみだ。
    キャリア12年目の2008年、同名のベストセラー本が原作の『夢をかなえるゾウ』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を果たす。
    深夜ドラマという事情はあったものの、平均視聴率は初回7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から回を追うごとに下落。
    最終回は3.4%に終わり、全話平均視聴率4.6%という低調ぶりだった。

    5年後の13年、彼女は『シェアハウスの恋人』(同)でゴールデンタイムの連ドラ初主演を果たす。
    しかし、平均視聴率は第4話で6.8%まで下がるなど“爆死”状態。
    結局、全話平均視聴率は9.5%に終わった。

    それでも、水川は翌14年、刑事ドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』(TBS系)でも主演を務めた。
    同ドラマは、同じく刑事ドラマの人気シリーズ『相棒』(テレビ朝日系)のプロデュースを手掛けた東映の須藤泰司氏がプロデューサーを買って出ており、おそらくはシリーズ化も狙っていただろう。
    しかし、結果は全話平均視聴率6.5%で期待外れに終わってしまう。
    これ以降、水川は民放地上波の連ドラで主演を務めていない。

    次は、川口春奈だ。
    13年に『夫のカノジョ』(TBS系)でゴールデンの連ドラ初主演を果たしたが、第5話の平均視聴率3.0%は今世紀のプライムタイムで放送された民放の連ドラの中で最低という不名誉な記録となった(テレビ東京を除く)。
    全話平均視聴率も3.87%という惨憺たる結果に終わり、翌14年にスペシャルドラマ『このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~』(同)で主演を務めて以降は、出演ドラマのすべてで脇役に回っている。

    西内まりやも、苦汁をなめたひとりだ。
    11年12月からCSで放送された『スイッチガール!!』(フジテレビTWO)で連ドラ初主演を果たすと、その後は「地上波連ドラ初主演」「プライム帯ドラマ初主演」と、次々に大役をゲットしていく。
    しかし、「月9初主演」となった17年の『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が当時の月9史上最低視聴率を更新し続けた挙げ句、全話平均視聴率6.7%と大コケしてしまう。
    その後、西内は所属事務所を退社しフリーとなったが、女優業の不振も影響したのかもしれない。


    ギネス認定の観月ありさ、崖っぷちの吉岡里帆

    y


    また、旬が過ぎてもいまだ「主演」にこだわり続ける女優もいる。
    それが観月ありさだ。

    「観月は1992年の『放課後』(フジテレビ系)で連ドラ初主演を果たすと、今年までに27年連続、31作の連ドラ主演を果たしており、2010年には“連続テレビドラマで世界記録となる19年連続主演女優”ということでギネス認定されています。
    ただ、最近の出演作はいずれも数字が芳しくないどころか、印象にも残らないものばかりです」(テレビ局関係者)

    一方で、主演からの“転落予備軍”もいる。
    その筆頭が吉岡里帆だ。
    今年1月クールの『きみが心に棲みついた』(TBS系)で待望の連ドラ初主演を果たしたが、全話平均視聴率7.7%に終わる。
    続く主演作『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)に至っては同5.8%でフィニッシュし、2作連続で“不作”となった。

    特に、『健康~』は数あるドラマオファーの中から吉岡が自ら選んだ作品だけに、ショックも大きいだろう。
    いずれにしても、次に主演の座がめぐってきたら、もう視聴率1ケタは許されないのではないだろうか。

    10月からは、また新たなドラマが始まる。
    ここで株を上げる女優と下げる女優は誰か。注目していきたい。

    https://biz-journal.jp/i/2018/10/post_25035_entry.html


    所長見解:主演じゃなくてもね・・・

    【【低視聴率】連ドラ主演から脇役に転落した有名女優達がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ