ドラマ・映画・CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「私である意味がありますか?」本仮屋ユイカが涙の抗議 

    体調不良の裏に主演映画での脚本トラブル



    y


    10月14日、体調不良を理由に一時休養を発表した女優・本仮屋ユイカ(35)。

    実はその裏で、彼女の主演映画を巡る脚本トラブルが起こっていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。


     
    トラブルが起こったのは、彼女が休養直前まで関わっていた、来年末公開予定の名古屋テレビ(メ~テレ)の60周年記念映画『女子大小路の名探偵』だ。


     
    原作・脚本はドラマ『アンフェア』(フジ系)の原作者・秦建日子氏。

    監督は本仮屋主演のドラマ『片恋グルメ日記』(TOKYO MX)の平林克理氏である。


    舞台は名古屋の繁華街・栄の“女子大小路”。

    この街で起きた殺人事件を、ナンバーワン・ホステスの姉と、フリーターの弟が解決に導くミステリーだ。

    本仮屋は姉の役だった。


     
    彼女が主演に選ばれたのが今年の夏前。

    初の単独主演作品だったが――。


    「受け取った脚本が彼女には不満だったようなのです」

    と、語るのはメ~テレ社員だ。

    「主人公の行動の理由についての描写が少なく、気持ちの入れ方が分からないし、ストーリーの辻褄が合っていない、などと監督に意見をぶつけた。
    監督も理解を示し、彼女と話し合いながら、脚本を手直ししていったのです」(同前)


    そして、監督は8月末に脚本を書き直したのだが、新たな問題が発生した。

    「修正稿をメ~テレのプロデューサーが1週間以上も秦さんに見せてなかった。
    秦さんが見たのはクランクイン約1カ月前。
    修正案を練っていることも伝えておらず、秦さんが『なぜ今さら書き直す必要があるんだ!』と激怒した」(映画関係者)


    修正稿は無かったことになり、当初と同じ方向性の脚本が本仮屋の手元に届いたのが、9月22日のこと。

    「本仮屋さんもこれまでの打ち合わせは何だったのかと怒り、マネージャーを通して制作側に、〈主人公の魅力が伝わらない〉、〈役作りができない〉とメールを送った」(前出・社員)

    そして2日後、本仮屋やスタッフで、Zoomによる打ち合わせが行われた。

    「そこで本仮屋さんは、『主演なのに意見を聞いてもらえない』『私である意味がありますか?(その脚本では)私はできません』と涙ながらに訴えたのです」(同前)

    そしてプロデューサーに降板の意向を9月29日に伝え、10月2日からラジオのレギュラー番組も休むことになった。



    「現在は代役を探している段階で、撮影は早くて年明けの予定です」(同前)

    降板劇の裏で起こっていた脚本トラブル。平林監督に電話で話を聞いた。


    ――降板の原因は脚本?

    「私も雇われなので、事情が分かっていなくて気づいたら降板になっていた」


    ――本仮屋さんが休養することになったのは。

    「残念なことだと思います」

     
    一方、プロデューサーが秦氏に1週間以上も脚本を渡さないなど、騒動を大きくしたメ~テレにも詳細な質問書を送ったところ、次のような回答。


    「製作過程について申し上げることはございません」

     
    本仮屋の事務所からは、締め切りまでに回答は無かった。


     
    このほか、映画の脚本に難点が生じてしまった理由、本仮屋と共に降板することになった若手俳優の名前など、10月19日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」及び10月20日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/54e537e04e904e919a3de61da0c9cc6a96d0365b

    所長見解:なんやな・・・
    【【トラブル】本仮屋ユイカ「私である意味がありますか?」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    e


    今の映画ってお胸と濡れ場シーン絶対ないから面白くないんだろ。

    所長見解:せやな・・
    【【悲報】最近の映画、お色気と濡れ場ないから面白くない説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    福原 遥『舞いあがれ!』ヒロイン、24歳の素顔

    「『知らんけど』って語尾につけるのが楽しいです(笑)」



    no title


    「作品の中で舞ちゃんと一緒に自分も強くなっていきたいです」

    「こんなに長い時間、撮影で大阪にいるのは初めてでした。
    東京から大阪の現場に到着すると、スタッフの皆さんが毎回『おかえり』って言ってくださるんです。
    温かく迎えてもらって本当に嬉しかったです」


     
    NHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロイン・岩倉舞を演じる福原遥。

    大阪の撮影では関西弁を勉強中だ。


    「『知らんけど』をご指導いただききました(笑)。
    どのタイミングで使うかを『今だよ!』って教えてもらっています。
    『こうらしいよ~、知らんけど』って語尾につけるのが楽しいです」


     
    東大阪で生まれ、長崎・五島列島で幼少期を過ごすヒロインは、福原自身に似たキャラクターだ。


    「五島列島の自然の中で育つ舞ちゃんは、自分と重なりますね。
    私は埼玉県出身で、家のまわりは畑が広がっていました。
    おばあちゃんと一緒に野菜の収穫をしたり、アスレチックで友達と遊んだり。
    広々とした自然の中で自由に育ったので、舞ちゃんと同じだなって!


    性格もどこか似ていて。
    自分自身、いつもお母さんの後ろに隠れて、大人の方と全然しゃべれない子供でした。
    舞ちゃんはすごく人の気持ちを理解できる優しい女の子だけど、自分のことより相手のことを考えすぎちゃったりして、想いや意見が言えなかったりする。
    でも、人との出会いを通して、少しずつ成長していきます。
    今の私も、まだ人見知りなところがあったり、自分の意見が言えないときがあります。
    だから、作品の中で舞ちゃんと一緒に自分も強くなっていきたいです」


     
    タイトルの『舞いあがれ!』にこめる想いとは。


    「舞ちゃんにも舞いあがってほしいんですけど、舞ちゃんをこれから見守ってくださる視聴者の皆さんにも一緒に舞いあがってほしいです。
    困難を乗り越えながら進んでいく舞ちゃんの姿を見て、『自分も夢に向かってめげずに頑張ろう』と思ってもらえたら嬉しいですね」



    ふくはらはるか

    24歳 1998年8月28日生まれ 埼玉県出身 T160 
    子役としてデビューし、現在は女優として活躍。
    2022年は『今どきの若いモンは』(WOWOW)に加え、4月スタートの『正直不動産』(NHK)で主人公の後輩役に。
    2022年下期の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合 月~土 午前8時ほか)でヒロインを演じる。
    YouTubeチャンネル「福原遥とふくはらはるか」も随時更新中。
    そのほか最新情報は、公式Instagram(@haruka.f.official)にて


    https://news.livedoor.com/article/detail/22993036/


    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/b/fbe52_1581_fd7d5abe98b06c3436feed4b4faf8fd1.jpg
    所長見解:ええな・・・

    【【NHK朝ドラ】福原 遥『舞いあがれ!』ヒロイン、24歳の素顔がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    小池栄子さんがΛVデビュー

    っていうドラマ

    所長見解:これな・・・

    【【急げ】小池栄子さんがセクシー女優デビューってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    所長見解:かわいいな・・・
    【【舞いあがれ!】長濱ねるちゃんがかわいすぎる件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ