ドラマ・映画・CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京海上日動あんしん生命の新CM 医療保険『ひとりひとりの生きるのそばに』篇に出演している女優の小川紗良が話題になっている。

    映像では小川が自然豊かなタイの山中を駆け巡り、山頂を目指す姿が収められており、若々しさと躍動感がCMコンセプトにピタリとハマっていると評判だ。

    「CMで注目を集めている小川ですが、NHK朝ドラ『まんぷく』で、ヒロイン・福子の娘・幸を演じているのを思い出した人も多いでしょう。
    朝ドラでは終了間近の3月から登場したにもかかわらず、『娘役の子、めちゃかわいい!』と評判になりました。
    最近では、顔つきが新垣結衣に似ていることから〝第2のガッキー〟と呼ばれています」(芸能記者)


    g



    また、見た目がガッキー似なうえに、演技力は本家を上回るとの評判も。

    ドラマ『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)ではカフェで働く美少女・盛田桃を演じ、「存在感は主演の内田理央よりも上」と、現場でも評判になっていたという。

    https://myjitsu.jp/archives/89377

    https://www.youtube.com/watch?v=Q2BrK24MrFo


    所長見解:似てるね・・・

    【【これはガッキ-】二代目・新垣結衣がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、視聴者からの不満が高まっている。

    広瀬すず主演の『なつぞら』。

    戦争で両親を亡くした少女が北海道・十勝の開拓者一家に引き取られ、やがて東京でアニメーターを目指すようになるというストーリーが描かれている。

    朝ドラ100作目ということもあり放送前から話題を集めていたが、4月1日からの放送開始以降、2週にわたって描かれた幼少期編は「泣ける」「感動する」として大反響を呼んでいた。

    現在、『アニメーション編』が描かれている本作だが、視聴者からの評判はすっかり落ちてしまったという。


    n


    「実は『東京・新宿編』に突入して以降、視聴者からの評判が落ち始めているとのこと。
    当初は、『北海道・十勝編』の反動では? と言われていたものの、主人公・なつの身勝手さが目立つようになってきた。
    『なつぞら』の登場人物たちは基本的に無条件で親切になつに接するのですが、なつはその親切さを無下にするように反発することもしばしば。
    第46話では、なつが川村屋に泊まっていることを知ったなつの兄・咲太郎(岡田将生)が、ひどい目に遭っていると勘違いしてなつを迎えに来る一幕がありましたが、これにマダム(比嘉愛未)が『なつさんを幸せにできるの?』と忠告すると、なつはなぜか『マダムは、兄の何を知ってるんですか!』と反発。
    初対面で泊まる場所まで提供してくれた恩人に接する態度ではないと批判が殺到する事態に。
    『これも黒歴史朝ドラになるのか…』といった懸念も出ています」(ドラマライター)


    「黒歴史」と呼ばれた朝ドラといえば、18年上半期に放送された『半分、青い。』が挙げられるが――。

    「実は『なつぞら』と『半分、青い。』には共通点があると言われています。
    第78回でなつが幼なじみの天陽(吉沢亮)の結婚を聞かされたシーンがありましたが、なつはそれに対し明らかに動揺していました。
    『半分、青い。』でも、主人公の鈴愛(永野芽郁)がはがきで幼なじみの律(佐藤健)の結婚を知り、動揺しながらはがきを片手に住所まで押し掛けるという展開がありましたが、なつも鈴愛も、かつてその幼なじみから告白され、その告白をスルーした身。

    『振っておいて明らかに惜しいことしたって顔するのやめなよ…。鈴愛じゃん』
    『天陽くんなんて鼻にもかけてなかったのにショック受けるなんて鈴愛みたい』

    といったツッコミが多く聞かれました」(同)

    とはいえ、「なつはあの鈴愛よりも自分勝手」「他人が鈴愛に厳しかった分、なつの方が助長してタチ悪い」といった声も多く見受けられている。

    果たして『なつぞら』は今後どのような展開になっていくのだろうか――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16778489/

    所長見解:ちょっとね・・・
    【【広瀬すず主演】NHK朝ドラ『なつぞら』の評判が落ちた理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    麦茶だけじゃなくてほぼ必ず増量させてる


    キムチ
    no title



    カップ麺
    no title

    no title



    白だし
    no title

    no title



    キューちゃん
    no title

    no title

    所長見解:さすがや・・・

    【【閲覧注意】鶴瓶師匠のこと調べていたら驚愕の事実に行き着いてしまった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の深田恭子が8日、都内で行われた東京ガスの電気2019年新CM発表会に出席。

    アニメ『うる星やつら』をモチーフにした新CMが9日よりオンエアするということで、ヒロインのラムちゃん風の姿で登場すると、会場を魅了し“シビレ”させた。

    r


    新CMは、ラムちゃん役の深田とテンちゃん役の寺田心が、電気代に“うる星やつら”(うるせい奴ら)として登場。

    黄色い角のカチューシャに電気マークのイヤリング、青い電気マークが施された肩出しワンピース姿の特別衣装で、電気を東京ガスに切り替えていないサラリーマンに「損だっちゃー!」とシビれさせており、東京ガスの電気に切り替えないと損であることを伝えるコミカルな内容に仕上がっている。

    ラムちゃんを演じて「『だっちゃ』という言葉が意外と難しかったですね。
    前回は歌のお姉さん役だったのですが、ラムちゃんの高いテンションに持っていくのが中々難しかったです」と苦労したと告白。

    CMでは、アニメでおなじみの「◯◯だっちゃ」ならぬ「損だっちゃ!」という言葉や、CMシリーズでおなじみのトクトクダンスの新ver「ラムトクダンス(ラムちゃんトクトクダンス)」と披露。

    撮影中も「ダーリン電気代、東京ガスに切り替えたっちゃ?」のセリフにスタッフから「かわいい…」と言われたり、監督から「もっと笑顔で!」の指示に「だっちゃ◆みたいな感じですか?」(◆=ハート)と聞き返すなどラムちゃんになりきったそうで、この日は、実際にCMダンスを披露して報道陣を和ませた。

    『うる星やつら』は、浮気者の高校生で主人公・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に展開されるドタバタラブコメディー。

    1980年に『少年サンデー』で本格連載がスタートし、その後、テレビアニメ化。

    「虎縞模様」のビキニとロングブーツを着用し露出度が高いラムは、彼女の一途な姿に男女ともに支持され人気キャラとなっている。


    深田恭子、『うる星やつら』ラムちゃんに 東京ガス新CM

    動画①


    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤

    画像⑥

    画像⑦

    https://www.oricon.co.jp/news/2139400/full/ 



    所長見解:なんか・・・

    【【検証画像】深田恭子、ラムちゃん衣装に赤面ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    稲垣、草なぎ、香取をテレビ画面で見ない日はないだろう。

    CMがほぼ切れ目なく流れているからだ。

    まず3人そろって数字選択式宝くじ「ロト&ナンバーズ」とゲーム「星のドラゴンクエスト」(スクウェア・エニックス)のCMに登場。

    さらに稲垣と香取はノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」(サントリービール)に出ている。

    草なぎと香取では「スカルプD メディカルミノキ5」(アンファー)に登場中。

    さらに単独のCMもある。

    「やっぱり飯島君は凄い。できる」と感心するのは大手芸能プロダクションの幹部だ。

    「飯島君」とは、3人と軌を一にしてジャニーズ事務所を離れた飯島三智さん(61)。

    もともとはSMAPのマネージャーで、「育ての親」とも言える存在だった。

    現在は3人が所属する芸能プロ・CULENの代表を務めている。


    t


    飯島さんの何が凄いのか? 

    「まず、SMAP時代からスポンサーに信用がある。
    仕事熱心で誠実だから。
    SMAPがCMに出た縁で知り合ったソフトバンクの孫正義会長もすっかり惚れ込み、飯島君がジャニーズ事務所から独立する際には孫会長が資金援助するんじゃないかと噂されたくらい」(同・大手芸能プロ幹部)

    2020年東京パラリンピック公式応援サポーターの契約を守り抜こうとした点でも信用を高めた。

    SMAPは解散前の2015年から大会開催までサポーターを務めるはずだったものの、16年の解散により契約が雲散霧消してしまった。

    だが、飯島さんの奔走により、3人は新たに日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターに就いた。

    契約を反故にするのは芸能界ならずともタブーなので、飯島さんの評価は高まったのだ。

    とはいえ、信用と評価だけでは大金の絡むCMは得られない。

    「飯島君は企画力もある」(同・大手芸能プロ幹部)

    その企画力の分かりやすい具体例は、稲垣と香取の出ている「オールフリー」。

    SMAPを離れた2人については当初、行く末を案じる声も少なからずあった。

    「ジャニーズ事務所を離れて、やっていけるのか」などと言われた。

    ところが、それを逆手に取り、2018年2月から「新しく自由に」をキャッチフレーズにするCMに登場したのである。

    ジャニーズ事務所を退社し再出発したので、2人は「新しく自由に」だった。

    一方の「オールフリー」も味とパッケージを一新したばかりで、ノンアルコールでいつでも飲めるから、やはり「新しく自由に」。

    CMづくりには当初から飯島さんが深く関わったとされている。


    テレビにも手腕発揮

    では、なぜ3人はテレビ番組には出ないかというと、各局がジャニーズ事務所に配慮しているからだという。

    「ジャニーズさんのタレントが出てくれなかったら、どこも番組がつくれない。
    ジャニーズさんから圧力がかかることはないが、気分を害さないよう気を使う。
    万一、出演辞退にでも至ったら、取り返しがつきませんから。
    だから、ジャニーズ事務所の退所者や男性アイドルグループをなるべく出さない」(元民放幹部)

    一方、スポンサーは自分たちが大金を出し、CMに起用するタレントを選ぶ立場だから、芸能プロへの忖度などまずしない。

    半面、テレビ局は「そう多いとは言えないギャラでタレントに出ていただき、番組をつくらせてもらう」という立場なのだそうで、ジャニーズ事務所などの大手芸能プロへの気配りが欠かせないという。

    もっとも、テレビ出演についても飯島さんの手腕は発揮されている。

    出ていないのは東京キー局の番組で、地方では登場しているのだ。

    昨年12月には福岡のTBS系の準キー局・RKB毎日放送の街歩き番組「略してブラリク」に3人で出演している。

    「地方局は自社制作番組が少ないから、たとえジャニーズさんの機嫌を損ねようが、ほとんど影響ない」(同・元民放幹部)

    また、やはり威力を発揮したのが飯島さんの信用。

    RKB毎日放送の幹部が陣頭指揮を執り、番組の実現に向けて動いたのだが、それは飯島さんとの間に厚い信頼関係があったからだという。

    さらに、ここでも飯島さんは企画力を見せつけている。

    本来、福岡でしか視聴できない番組を、メルカリのサイトを使い、全国どこでも見られるようにしたのだ。

    その際にはメルカリの会員登録が必要だったので、同社にとっても旨味のある話だった。


    >>2に続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00569830-shincho-ent&p=2

    所長見解:すごいんやね・・・

    【【新しい地図】 稲垣・草なぎ・香取がCMに出まくりの理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ