ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乃木坂46の西野七瀬、俳優の野村周平がW主演を務める2018年1月クール放送の土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系/毎週土曜深夜12時20分~1月13日放送開始)の予告映像が、番組公式Twitter(@videogirl2018)にて初公開された。


    西野七瀬&野村周平の衝撃予告映像解禁

    番組公式が15日に公開した映像では、西野演じる動くビデオガール・アイがドアップで「俺、天野アイ。よろしくね」と首をかしげて挨拶。
    野村演じる高校生・弄内翔に「引っ張れ!もっと!」と命令し、テレビの中から出てくる衝撃的な登場を見せた。

    ほか飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋ら出演者の紹介があり、最後に西野が「おまえのいいとこひとつめっけ」と笑顔で野村を指差すシーンが流れた。

    n


    過激シーン?「電影少女」予告映像に反響

    予告映像が解禁されると、ネット上では

    「最初からなーちゃんのドアップやばい」
    「なにこれ!野村周平くんと西野七瀬ちゃんとか絶対面白い」
    「めちゃくちゃイイ!期待高まる」
    「ななせまるやっぱりショート似合うな!原作のアイにぴったり」
    「『おまえのいいとこひとつめっけ』って言われたい」

    と反響。

    また、西野はデコルテ部分までしか映されておらず、服を着ていないようにも見えることから

    「え、なぁちゃん服は!?」
    「裸にしか見えない…なーちゃんファン生きてる?」
    「これはドラマ観たら息途絶えるやつ…」
    「きっと面積が少ない服を着ているんだな!裸じゃないよね…?」

    など様々な予想が飛び交っている。


    西野七瀬&野村周平W主演「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

    原作は「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた作家、桂正和氏の代表作『電影少女』。
    累計発行部数1400万部を超える恋愛SF漫画の金字塔が初のドラマ化。
    時代設定を現代に移し替え、原作の続編として2018年リブート版「電影少女」として蘇る。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14034712/


    衝撃予告映像解禁

    テレビ東京 2018年1月13日スタート 土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』
    https://www.youtube.com/watch?v=rwfXRhJL4C8



    所長見解:なんかいいな・・・
    【【検証動画】裸のように見える乃木坂・西野七瀬ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ドクターX」で主演を演じる米倉涼子の1話あたりのギャラをFLASHが伝えた

    推定500万円で、秋ドラマ出演女優たちのなかで断トツの1位だという「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた」と民放関係者

    断トツの1位は『ドクターX~外科医・大門未知子~第5シリーズ』(テレ朝系)で主演・天才外科医を演じる米倉涼子(42)。
    一話あたりのギャラは500万円。

    y


    「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた。
    平均視聴率20%を超える局のドル箱番組だけに、ロスで制作発表をおこなうなど、“テレ朝の天皇”『相棒』水谷豊さんと並ぶ最高待遇だ」(民放関係者)

    現場では共演する大先輩の西田敏行(69)や岸部一徳(70)にかわいがられている。

    「けっして驕ることなく、今回の “敵役” として起用された大先輩・大地真央にも礼儀を尽くす。こうした自然な振舞いが、彼女の現場人気を支えている」(番組スタッフ)

    『相棒』前シリーズから広報課長役で準レギュラーに “昇進”した仲間由紀恵(37)は90万円。

    「主演なら3桁だが、助演で “相棒” 役ではないのに厚遇されている。
    『トリック』シリーズのヒットで局に貢献した実績が評価されている」(テレ朝関係者)

    『民衆の敵』(フジテレビ系)で「月9」初主演の篠原涼子(44)は、市議会議員への立候補を目指す兼業主婦役で200万円。

    「『ハケンの品格』(2007年・日テレ系)から約10年間も、各局でコストカットが叫ばれるなか1話200万円をキープし続ける数少ないトップ女優だ」(ドラマ関係者)

    共演する石田ゆり子(48)は100万円。

    「独身の彼女は、視聴率を握るF2層(35~49歳の女性)からの支持が高い。
    『逃げ恥』では80万円だったが、国民的ヒットで100万円に上がった」(ドラマ関係者)

    宮藤官九郎(47)脚本で豪華キャストが話題の『監獄のお姫さま』(TBS系)は、主演・小泉今日子が120万円、満島ひかり(31)、菅野美穂(40)が各100万円。

    「『恋を何年休んでますか』以来、16年ぶりのTBS主演。
    彼女はカネでは絶対に動かない。
    朝ドラ『あまちゃん』で信頼関係を築いたクドカンだから快諾した。
    キャストの豪華さは今年、最高。
    本来なら300万円以上の彼女が、ほかの女優さんとほぼ横並びなのは、『私よりも後輩たちのギャラを上げて』という彼女の “親心” ゆえだとか。
    満島さんや菅野さんも彼女の心意気を感じ、ギャラを度外視して出た」(番組関係者)

    『明日の約束』(フジテレビ系)で2年ぶりのドラマ復帰を果たし、引退説を一蹴した井上真央(30)は110万円。

    「新事務所に移籍して最初の主演連ドラ。
    従来なら200万円クラスだが、新事務所はカネにうるさくないので現在のフジの相場額に落ち着いたと聞く」(テレビ局関係者)

    日テレの看板枠「水10」の『奥様は、取り扱い注意』でワケあり主婦を演じる綾瀬はるか(32)は安定の120万円。

    「平均視聴率16%だった同枠の主演作『きょうは会社休みます。』(2014年)のように天然キャラの綾瀬の真骨頂が発揮できるコミカル劇。局の期待は高い」(スポーツ紙記者)


    女優のギャラ事情には女の人生の悲喜こもごもが見え隠れする。

    http://news.livedoor.com/topics/detail/14010459/


    所長見解:みんなすごいね・・・
    【【金額順位】米倉涼子「ドクターX」のギャラは1話あたり500万円ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月14日、NHKは2018年10月からスタートする連続テレビ小説『まんぷく』を発表。
    早くもネットでは、女優の新垣結衣(29)をヒロインに推す意見が上がっているようだ。

    このドラマは、戦前から高度成長期にかけての大阪が舞台。
    3姉妹の末っ子として育ったヒロインの福子が、バイタリティあふれる青年実業家の萬平と出会い、波乱の夫婦生活を送るという物語だ。

    萬平のモデルとなった安藤百福氏は、日清食品の創業者でインスタントラーメンの生みの親。
    ドラマでは、そんな夫を支え続けた妻の人生に焦点を当て、激動の時代を生き抜く夫婦の姿を描くという。

    まだキャストは明らかになっていないが、同作品のヒロイン役として、ネットには新垣結衣(29)を推す人が続出している。
    安藤氏が最初に開発したインスタントラーメンといえば、今も大人気商品の「チキンラーメン」。
    そして新垣が現在同商品のCMに出演中ということもあって、
    「チキンラーメンといえばガッキーしかいない」
    「これでヒロインが新垣結衣ちゃんだったら絶対見る!」
    「毎朝ガッキーを見られたら幸せだなぁ」
    と、ガッキーの朝ドラ出演を熱望するコメントが相次いでいた。

    y


    「新垣の朝ドラ主演を望む意見は、以前から根強くあります。
    ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)では、新垣が演じた新米弁護士が、堺雅人(44)演じる敏腕弁護士から“朝ドラヒロインのような女”とからかわれる場面がありました。それくらい、新垣のイメージは朝ドラにピッタリなんですよね」(芸能誌ライター)

    ――ヒロインの発表が待ち遠しい。


    日刊大衆
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171121-49666444-taishuq


    所長見解:いいね、見たいね・・・
    【【新垣結衣】NHK朝ドラ、新ヒロインに「ガッキー待望論」ってよwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKは20日、2019年度前期の「連続テレビ小説」100作目が『夏空』(月~土 前8:00 総合ほか)に決まったと発表した。
    ヒロインは女優の広瀬すず(19)が務める。
    脚本はこれまで連続テレビ小説『てるてる家族』、大河ドラマ『風林火山』などを手がけてきた大森寿美男氏が担当し、日本アニメーションの草創期をテーマに描く。

    s


    戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)。
    傷ついた少女を癒し、たくましく育てたのは北海道・十勝の大地だった。
    やがて成長したなつは、十勝で育まれた想像力を生かして、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする。

    朝の連続テレビ小説は1961年4月にスタートした『娘と私』から数えて100作目を迎えた。
    ヒロインに決定した広瀬は「100回目というすごく大きな数字、存在。周りの人から『プレッシャーをかけるるわけじゃないけど、100回目だからね』って言われて、ちゃんとプレッシャーを感じています」と心境。
    また、「ヒロインですって言われたのはきのうです。どんな感じに自分がなっていくか、想像ができてないです」と大役への驚きを隠しきれない様子だ。

    脚本の大森氏は「あまり意識しないことは難しいかもしれませんが、百作分の一作を作ることに変わりはないので、ただただ、そこに集中したいと思っています」とコメント。

    ヒロイン・なつは、戦争によって両親を失い、兄妹とも生き別れとなったが、北海道出身者の“開拓者精神”でアニメーションという荒野の世界に足を踏み出していく。
    大森氏は「そんな雄大なスケールを『広瀬すず』という稀代のヒロインに重ねたいと思いました。
    テーマはズバリ『開拓』と『未来へのつながり』です」と説明。
    「朝ドラの長い歴史にも思いを馳せつつ、想像もできない未来に向かって広瀬すずさんの背中をググっと押し出せるような物語を大切に育んでゆきます」と気を吐いた。

    制作統括の磯智明氏も、広瀬の起用に「『戦災孤児』『北海道』『アニメーション』という3つのキーワードをもつ遠大な物語を、演技力とリアリティーをもって演じきれる女優は今、広瀬すずさんしかいないと当初から考えていました」と大きく期待。
    「広瀬さんの実力は、まだ未知数です。これまで数々のヒロインが連続テレビ小説で才能を開花させたように、この作品を通して、さらなる飛躍を遂げると期待しています。日本中から、『なっちゃん』と呼ばれるくらい、作品に溶け込んで、愛されるといいなと思います」と、国民的女優としてのさらなる進化を望んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000328-oric-ent


    所長見解:まだ先の話なんだね・・・
    【【大物抜擢】19年春NHK朝ドラ、ヒロインに広瀬すずってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    危機到来!? 木村拓哉が新ドラマで「公開処刑」か
     
    木村拓哉が来年1月から放送される連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(仮題=テレビ朝日系)で主演を務め、警護依頼者を守るボディーガードの役に挑むという。

    b


    「よくセキュリティーポリス(SP)とボディーガードは混同されますが、SPは警察官で、民間の警護人のことを指します。
    SPは拳銃の携行も許され、政府の要人などの護衛に就くことが多いです。
    例えば、アメリカの俳優や歌手のそばにいる体の大きいセキュリティーは銃を所持していますが、日本では絶対に無理です。
    木村の演じる役はボディーガードであるため、拳銃や殺傷能力を持つ武器を携行することは許されません」(警護関係者)

    ボディーガードは体を張って依頼者を守るのが仕事だ。
    体力があり、柔剣道あるいは格闘技などの経験がないと厳しいだろう。
    なにを警備するかにもよるが、特に人を守るガードマンはがっちりとした体型や、大柄な体型が多い。

    「柔道部にいたことのある人間や、武道の経験がある人間がボディーガードを務めることが非常に多いです。
    有名依頼者を警護する場合、ナイフで襲われる場合もあるので、万一のときは依頼者に覆いかぶさったり、体で刃を防がなければならない。
    そのため、大きな人間は重用されます」(警備会社関係者)

    https://myjitsu.jp/archives/35870 


    所長見解:みんな大きいよね・・・
    【【危機到来】木村拓哉が新ドラマで「公開処刑」か 共演に江口洋介(185cm)、斎藤工(184cm)、菜々緒(172cm) ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ