ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ドラマ・映画・CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    10月9日から放送がスタートするドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)。

    この作品で5年ぶりに民放連ドラ出演を果たすのが、橋本愛(23)だ。


    「橋本さんは、主演の高畑充希さんの同期を演じます。
    クールで場の空気を読むけれど、常に“自分の居場所”を探している若者という難しい役どころ。
    新田真剣佑さんや竜星涼さんなどのイケメンが出演することでも話題です」(スポーツ紙記者)

     
    '13年にNHK朝ドラ『あまちゃん』でアイドルを目指す足立ユイ役を熱演し、人気が急上昇した橋本。

    y


    「主演ののんさんに引けを取らない“実力派女優”としてのポジションを確立した彼女は、映画界やドラマから熱烈オファーが絶えませんでした。
    '13年以降、19本の映画に出演しており、そのうち8つは主演を飾っていますよ」(同・スポーツ紙記者)

     
    端正な顔立ちに、どこか陰のある雰囲気──。

    独特の感性から生まれる演技は、若手女優のなかでも“金の卵”として、圧倒的な存在感を放っていた。

    しかし、映画界で華々しく活躍する一方で、民放のテレビドラマに姿を見せなかったのは、とある理由があったという。


    「『あまちゃん』出演以降、仕事のオファーが殺到し、心身ともに疲れてしまったため、ペースを整えるために仕事をセーブしていたそうです。
    本来、彼女は繊細な性格で、今どき珍しい一球入魂タイプの女優。
    ドラマ出演となると長期間、共演者と顔を合わせることや、番宣のためにバラエティー番組に出演することが条件となってきますが、彼女はそれが苦手なタイプでした」(芸能プロ関係者)

     
    橋本は過去に、雑誌のインタビューでも次のように語っていた。

    《今はまだ、一生これで食べていこうとは思えてはいない。
    (中略)どうしても、すぐ陰に潜みたくなるところがあるもので(笑)》

     
    ドラマの撮影現場でも、共演者と言葉を交わさず、ひとりでいることが多かったという。

    「以前は“どうして需要があるのかわからない”と語るほど、女優という仕事に前向きではなかったようです。
    人見知りのため、朝ドラの現場でも、撮影が終わると共演者と話したりすることはなく、すぐに楽屋にこもっていました」(制作会社関係者)

     
    とはいえ、彼女も年を重ねるにつれ、自分の視野を広げる意味でも、挑戦していくことの大切さに気がついたのだろう。

    「最近は、積極的に可能性を広げていきたいと思っているようで、ドラマ出演にも前向きな姿勢を見せています。
    それに橋本さんの場合、マイペースな活動のほうが、女優としてさらに味が出ると期待の声もありますよ」(前出・芸能プロ関係者)

     
    5年ぶりの民放連ドラで、どんな姿を見せてくれるのか今から楽しみだ。


    週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/16090?display=b

    ▼写真
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/-/img_a31337870dbbeb6c4e73fa0af3e73fd4546140.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/e/5/-/img_e5b74f25987f81d4b629b73c532db132313485.jpg

    所長見解:ひさびさやね・・・

    【【あまちゃん女優】橋本愛、5年ぶりの連ドラ出演、こんなにもブランクあいた衝撃的な理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『男はつらいよ』シリーズ22年ぶりの新作となる山田洋次監督の映画『男はつらいよ お帰り寅さん』の予告編が9月9日に公開された。


    同作では4Kデジタル修復された過去の作品の映像を使い、吉岡秀隆演じる満男や前田吟演じる博らの現在の様子が描かれる。

    また、泉役の後藤久美子が23年ぶりに女優に復帰したことも話題になっている。



    昨年10月に行われた同作の製作発表会見で、後藤は「ジュネーブの自宅に山田監督からお手紙が届きまして、引き受ける引き受けないと私が考慮する権利すらないのではないかと思いまして。
    山田監督から呼び出されたら『はい!』と一つ返事で行くんです。
    そう思いました」とコメント。

    映画への意気込みを語っていた。


    g


    国民的美少女の現在にかつてのファンは…

    久しぶりに公に顔を出した後藤だったが、このとき、ネット上では冷ややかな反応が多く寄せられた。


    《何だかやつれてない? 昔のイメージと違う》

    《相当苦労している顔つきだわ。アレジとうまくいってないのか》


    《二つ返事を一つ返事とか、何だかコメントもぎこちないな》


    《若かりしころの美貌も随分と劣化したね。本人が自覚していないことが恥ずかしい》


    《ゴクミの美貌も永遠ではなかったな。正直、見たくなかった》


    など、やつれた様子を心配するとともに、容姿の劣化を指摘する声が広がった。


    「会見では、どこか疲れた様子がうかがえましたね。
    後藤も今年で45歳になりました。
    一般人からすれば相当な美魔女ですが、かつての美少女ぶりを知っているファンから見れば、かなり劣化したように感じたのかもしれません。


    現在はスイスのジュネーブにある歴史的な城を改築して住むなど、悠々自適の生活を送っているように見えますが、人知れず苦労があるのかもしれませんね」(芸能記者)


    後藤には、元F-1レーサーのジャン・アレジとの娘・エレナ・アレジ後藤を、自身が所属するオスカープロモーションに所属させたことから〝親バカ〟ぶりを非難する声も上がっていた。


    「一昨年の10月、母親の計らいで、鳴り物入りで華々しくデビューしたエレナですが、その後、目立った活動は何一つありません。
    後藤は社会勉強の意味で日本に行かせたようで、そもそもエレナ自身が必死に仕事をするという気持ちすらないようです。
    事務所にとっては後藤の頼みを断れず〝お預かりしています〟といったテイでしょう。
    もっとも、アレジの総資産は400億円以上ともいわれていますから、映画やドラマに多額の出資も期待できます。
    ムゲにすることもできないというわけです」(同・記者)



    今やすっかりオーラが薄れてしまった後藤だが、果たして映画の中ではどんな輝きを見せてくれるのだろうか。



    画像がコチラ 



    http://dailynewsonline.jp/article/2004918/?page=2

     

    https://youtu.be/-dL5OHWsW8w


    所長見解:しかたないよ・・・


    【【悲報】後藤久美子が23年ぶりに復帰した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    エッッッッッッ


    h

    所長見解:ええな・・・
    【【放送事故】「本田翼さん、LINEモバイルのCMでエッチな下着が」の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なんか過去の名作とかちょっと昔のほうがたくさんなかった?


    p


    所長見解:吉田類・・・
    【【急募】アマゾンプライムでこれだけは見とけって映画がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k



    さだまさし、『北の国から』テーマ曲は10分で完成させた!?
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00010000-jwave-musi

    所長見解:懐かしい・・・


    【【懐かしい】ドラマ「北の国から」を語る会会場がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ