ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の有村架純(26)が12日、都内で、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説の後編となる主演ドラマ「ひよっこ2」(25日から4夜連続。後7・30)の試写会に、脚本の岡田惠和氏(60)と登場した。

    朝ドラから1年半ぶりの復活で、みね子(有村)が結婚した最終回から2年後が描かれる。

    h


    みね子との“再会”を、「私にとって大切な役ですし、なかなか(茨城の)イントネーションが抜けなくて『なまってる』と言われましたが、それほど愛着があります」と喜んだ。
     
    「何が変わったかというと、(名字が)『谷田部』から『前田』になって、聞き慣れなくて。空気感は変わってなくて、これがひよっこだなと感じました」と昨年12月の撮影を回想。

    早くも第3弾に意欲を見せて、「1、2年たって、根本は変わらなくても、大人の女性としてどうなるか楽しみ」とシリーズ化を期待した。

    この日の有村は、長かった髪の毛を15センチも切って、ミディアムにウエーブがかかった新ヘアスタイルを披露。


    ※画像がコチラ


    関係者によると、短めの髪型は約2年ぶりで、次作の役作りのために、先週カットしたという。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/12/0012139694.shtml

    所長見解:切らないほうが・・・
    【【ひよっこ】有村架純 髪を15センチばっさりの結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ランキングサイト「ランキングー!」が実施した「好きな『木村拓哉主演ドラマ』ランキング」が発表された。

    10~40代の男女を対象にしたインターネットリサーチの結果から集計を行った今回のアンケート。

    複数回答可で「好きな『木村拓哉主演ドラマ』は?」について回答を求め、有効回答者数は8,516人となった。

    k


    1位に選ばれたのは、2001年に第1期が放送され、映画もヒットを飛ばした「HERO」。

    木村はジーンズにダウンジャケットなどのラフなスタイルで、型破りの検察官を好演した。

    第1期の平均視聴率は34.3%と驚異的な数字を記録。



    2位は、山口智子、竹野内豊、稲森いずみ、松たか子、りょうらと共演し、社会現象を巻き起こした「ロングバケーション」(1996)。

    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」などの北川悦吏子が脚本



    3位は「ビューティフルライフ ふたりでいた日々」(2000)。

    木村と常盤貴子が主演し、こちらも北川が脚本を担当している。

    美容師の沖島柊二(木村)と車椅子生活を長く続けている図書館員(常盤)との切ないラブストーリーが涙を誘う。

    共演は水野美紀、渡部篤郎、西川貴教、的場浩司ほか。


    4位は「華麗なる一族」(2007)。

    5位は「眠れる森 A Sleeping Forest」(1998)。

    6位は「GOOD LUCK !!」(2003)

    7位は「ラブ ジェネレーション」(1997)

    8位は「BG ~身辺警護人~」(2018)

    9位は「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(2013)

    10位は「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(2012)
    https://www.cinematoday.jp/news/N0106904


    【【木村拓哉主演】好きなキムタクドラマランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本でも社会現象を巻き起こした米人気ドラマ「24 TWENTY FOUR」をリメークした「24 Japan」が2020年にテレビ朝日系で放送される。

    ドラマの制作発表以降、誰が主演か注目されているが、あの大河俳優の名前が取り沙汰されているという。

    キーファー・サザーランド演じるアメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアーが凶悪なテロ事件に挑む24時間の出来事を1話1時間、全24話で描いた同作は日本でも大ブームとなった。

    24


    そんな人気海外ドラマの日本版が、テレ朝の開局60周年記念番組として20年に放送されると発表されたところ、オリジナル版のファンを中心に話題を集めた。

    24時間の出来事をリアルタイムで描くオリジナル版のフォーマットは踏襲する一方、日本の制度や文化に基づき、主人公の過去の任務を海外での邦人人質救出とテロ用の化学兵器工場の壊滅に変更し、“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込むなど日本版ならではのリアルな世界観でリメーク。

    テロのターゲットを女性首相候補とし、日本初の女性首相が誕生するまでの24時間を克明に描くという。

    「原作は世界的な大ヒットドラマですし、テレ朝も近年は『相棒』や『ドクターX~外科医・大門未知子~』『科捜研の女』などドラマが好調なだけに、相当力が入っているようです」(テレビ誌編集者)

    そうした中、注目なのは日本版ジャック・バウアーの配役だ。

    制作発表直後からネット上では、織田裕二や小栗旬、西島秀俊、唐沢寿明、江口洋介、阿部寛、木村拓哉、岡田准一、生田斗真らが取り沙汰されている。

    堺雅人が有力視との報道もあったが、テレ朝局員はこう語る。

    「水面下で堺雅人さんサイドに交渉しているという話は、以前から局内でも噂されています。
    開局記念番組の顔として格的にも問題ないですし、高視聴率も期待できますからね」

    堺が有力候補なのは間違いなさそうだが、一方でこうした声も…。

    「ただここ2年ほどドラマの仕事をセーブしている印象があるので、そのあたりがネックになるかも…」

    そのうえで続ける。

    「ここに来て、鈴木亮平さんの名前も聞こえてくる。
    もともと役作りには定評のある肉体派。
    アクションシーンは豊富だろうし“日本版ジャック・バウアー”のイメージにも合う。
    大河ドラマ『西郷どん』の主演で格も上がり、可能性はあるんじゃないかな」(同関係者)

    果たして大役の座を射止めるのは誰だ。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/190221/ent1902210004-n1.html

    所長見解:なんかな・・・
    【【注目ドラマ】 日本版「24」 ジャック・バウアー役は織田、小栗、西島、唐沢、江口、阿部、木村、岡田、生田、堺 ←どれ?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の初回が18日に放送され、ヒロイン役の橋本が劇中でキャバ嬢姿を披露し、泥酔した姿を見せると、視聴者から「圧倒的天使」「バカ可愛い」の声がネット上に寄せられた。

    本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の男性・星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。

    h


    17歳の冬、あかりは宇木島で出会った郁巳に初めての恋心を覚える。

    2人は、4年に1度訪れるというセレネ座流星群を見ながらお互いの気持ちを確かめ合いながら、4年後の再会を約束していた。

    4年後、宇木島を再訪したあかりだったが郁巳との再会は叶わず、そこで“彼女は作らない主義”という有利と出会う。

    東京に戻ったあかりは就職活動に励むが自分が何をしたいのか分からない。

    そんな悩みを抱える中、街角で偶然にも郁巳と再会する。

    あかりに気づいた郁巳はその場を走り去ってしまう。

    あかりは郁巳が入っていった店の中へ自分も入ろうとするものの、スーツ姿の男に阻まれる。

    そんなあかりの目に飛び込んできたのは“体験入店大募集”の貼り紙。

    郁巳と話したいあかりは、体験入店希望の女性として、その店内に入ることに成功する。

    キャバクラのボーイとして働いていた郁巳は、ピンクと赤のドレスに身を包んだあかりを見て驚きの表情に。


    ※画像がコチラ


    ネット上ではあかりを演じる橋本のキャバ嬢姿に


    「圧倒的天使すぎて」
    「橋本環奈がキャバ嬢になったら一晩でNo.1です」
    「ただただかわいい」

    などのコメントが殺到。


    その後、客から勧められるままに酒を飲んだあかりは泥酔。

    ほかのキャバ嬢に介抱される彼女が郁巳を見つけると、陽気に笑いながら「あぁ~郁巳君だぁ~!」と一言。

    橋本の酔っ払い演技に視聴者からは「満面の笑顔がバカ可愛い」「酔っ払いキャバ嬢橋本環奈さまかわいい」などの声も寄せられた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16044654/ 

    所長見解:いいやん・・・
    【【画像あり】橋本環奈の圧倒的ナンバーワンになれそうなキャバ嬢姿がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の広瀬すずがヒロインを務める2019年度前期NHK連続テレビ小説『なつぞら』(4月1日スタート、毎週月~土曜8:00~)のメインポスタービジュアルが19日、公開された。

    NHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』は、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が、北海道・十勝の大自然と開拓者精神あふれた大人たちの中でたくましく育ち、そこで育まれた想像力と開拓者精神を生かしてアニメーションの世界にチャレンジしていく姿を描くドラマ。

    脚本家・大森寿美男氏によるオリジナル作品となる。

    h


    ポスタービジュアル撮影を担当したシンガポール生まれの写真家、アンディ・チャオは「戦後間もなくの北海道という土地で育った女性が、夢を持ち、そしてそれをかなえるために上京し、夢をかなえていくストーリーは、その生き方、感性、努力が、見る方にきっといい作用をもたらすと思います。
    今回、撮影をさせていただき、このようないい作用が視聴者の方に届くビジュアルになっていれば、うれしく思います」とコメント。


    ポスターデザインを担当したアートディレクターの清水貴栄は「夏の朝、農作業を終えて一息ついたヒロイン・なつを切り取りました。
    なつの笑顔の理由について長い期間をかけて話し合い、いきついたのは、家族への笑顔でした。牛と共にこちらを見るなつの目の前には家族がいます。
    苦しいとき、悲しいとき、いちばんの助けになるのは身近な家族の存在ですし、自然に笑顔になる、元気が出る存在も家族。
    このポスターを見たみなさんが、お話の中の家族になり、自然に笑顔が広がったらうれしいなと思っています」と説明している。


    ※画像がコチラ


    https://news.mynavi.jp/article/20190219-774166/ 

    所長見解:いいやん・・・
    【【広瀬すず】次期NHK朝ドラ『なつぞら』の微妙過ぎるポスターがコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ