ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月1日に放送されたテレビドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(フジテレビ系)第5話にて、主演の渡辺麻友がキスシーンを披露した。
    同ドラマは視聴率が伸び悩んでいるという。

    w


    「『いつかこの雨──』は、初回から視聴率2.9%と低空スタートを切りましたが、その後も2話が2.5%、3話2.4%と右肩下がり。
    そして4話では、ついに1.9%まで下がってしまいました。
    いくら23時台のドラマとはいえ、非常に深刻な状況。
    渡辺といえば『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)でも、プライム帯ながら一時3%台を記録しており、ファンからは心配の声があがっています」(テレビ誌記者)

    同ドラマは、11歳の時に兄が殺人犯として逮捕されたことで、人生が一変した主人公が、ミュージカル劇団に所属しつつ真相を追求するサスペンスドラマである。

    そして5話では、サブタイトルに「男と女…一線を越える夜」とあり、一部ファンの不安を的中させるシーンが描かれたという。

    「5話では、渡辺演じる主人公が、堀井新太演じる幼馴染と、濃厚なキス&ベッドシーンが描かれました。
    これまで渡辺は、ドラマ『大奥』(フジテレビ系)にて、沢尻エリカとの同性キスはありましたが、映像作品での男とのキスは初。
    さらに本編では、最初に見つめ合ってキスをした後、次の場面で上半身に何も着ていない状態の渡辺が、布団の上で横たわり、そこからふたたび濃厚なキスで絡み合うという強烈なものでした。

    そのため、アイドル時代から彼女を応援してきたファンからは

    『うわわわーー! キスするふりだと思ったらガッツリいってるじゃん!』
    『いつかキスシーンが来るとは思ってたけど、まさかこんなに早く来るなんて…』
    『つらい。でも女優になるってことはこういうことなんだね』

    と、多くの悲鳴があがりました」(前出・テレビ誌記者)

    視聴率は芳しくない同ドラマだが、今回、渡辺が大胆な濡れ場シーンに挑戦したことで、女優としての評価は上げたに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1515053/

    ▼検証画像
    https://pbs.twimg.com/media/DmBNUHoU8AAuXRU.jpg


    所長見解:もうあれだな・・・

    【【元AKB】渡辺麻友、まさかの上半身マッパがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    織田裕二、月9ドラマ「スーツ」で心配される鈴木保奈美とのガチ喧嘩!

    織田裕二が、10月からの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で主演を務めることが発表された。
    同ドラマは、織田と鈴木保奈美の共演に大きな注目が集まっている。

    y


    「織田と鈴木が共演するのは、1991年に放送された月9ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりとなります。
    『SUITS/スーツ』は、アメリカのドラマが原作の大手弁護士事務所を舞台にした作品。
    恋愛ドラマではありませんが共演の話題性は抜群のため、フジは高視聴率を期待しているようです」(テレビ誌記者)

    しかしそんな中、8月22日発売の「週刊新潮」は、織田が今回の共演が話題になることに対し、激怒していると報じた。
    記事によると織田は、一時結婚で産休していた鈴木と、「踊る大捜査線」(フジテレビ系)などのヒットを飛ばし続けてきた自分が同列に扱われることが気に入らなかったとのこと。
    その結果、フジが気を使って、報道関係者に送られたドラマの発表案内からは鈴木の名前が外されていたという。
    そのため、現場での2人の関係が心配されている。

    「作品にのめり込むタイプである織田は、現場のスタッフや共演者にかなり厳しく接することで知られています。
    過去、香取慎吾がドラマで共演した際は、織田から『お前さあ!』と強い口調で演技のダメ出しをされたと告白していますし、一部週刊誌では、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で共演した柳葉敏郎との不仲説も話題に。
    現場で演技のダメ出ししてくる織田に、柳葉が『お前1人の映画じゃない!』とブチギレたという噂もあります。
    それだけに今回、新潮の報道が事実であれば、何かのキッカケで鈴木と大喧嘩に発展する可能性もあるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    はたして織田と鈴木は、最終回まで揉め事なく撮影を続けることができるだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-110875/


    所長見解:わからんでもない・・・

    【【月9ドラマ】織田裕二が鈴木保奈美と同列の扱いに激怒した結果・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    14週連続で週平均視聴率が20%の大台を超え、好調を維持しているNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。
    9月29日の最終回より一足早く、8月20日に都内のホテルで打ち上げパーティが行なわれた。
    ヒロイン・鈴愛役の永野芽郁(18)をはじめ、松雪泰子(45)や原田知世(50)など豪華キャストら200人以上が出席し大盛況だった。

    打ち上げ3日前の17日、ドラマはクランクアップ。
    だが、その時のNHKによる“鉄のカーテン”が話題になっている。

    「朝ドラのクランクアップは報道陣が集められるのが通例ですが、今回は非公開。
    NHK側は“お盆の週だし、夜も遅いから”と説明しましたが、過去に撮影が深夜に及ぶほど長引いて報道陣が『待ち』になったことはいくらでもあった」(スポーツ紙記者)

    なんとも不可解な「締め出し」の裏事情を関係者が明かす。

    「その日は最終回の撮影が行なわれましたが、内容は視聴者にとってサプライズな展開だったそうです。
    放送前にネタバレしてしまうことを恐れて、非公開にしたといわれています」

    h


    熱心な視聴者は、鈴愛と律(佐藤健、29)の恋の行方に気を揉んでいる。
    同じ日に生まれた幼なじみの2人は、一度は互いに別の相手と結婚したが、鈴愛は離婚して実家に戻り、律も母の介護のために妻子を残して戻ってきた。

    「2人の関係を、あくまで仕事上のパートナーとしたい意向を制作側は持っているといわれてきましたが、『半分、青い。』ファンの理想は最終的に“くっつく”こと。
    異例の“秘密撮影”は、ファンの期待に応える方向のサプライズな内容だったから……なのかもしれません」(同前)

    単刀直入にNHKに尋ねると「ドラマは、最後まで目の離せない展開になっています」とのこと。

    ちなみに17日の撮影は、鈴愛の実家であるつくし食堂のシーンがメインだった。
    両親を演じた松雪や滝藤賢一(41)に混じって、佐藤の姿ももちろんあったという。
    意外なラストやいかに。

    ※週刊ポスト
    http://news.livedoor.com/article/detail/15215260/


    所長見解:どうなる・・・

    【【秘密撮影】NHK・朝ドラ『半分、青い。』異例の最終回がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・水谷豊(66)主演のテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」の新作「シーズン17」が、10月からスタートする。

    水谷演じる特命係・杉下右京の“相棒”は、「シーズン14」から冠城亘役で出演している反町隆史(44)が続投。
    さらに、もうひとりの“相棒”として、前作の最終話で特命係に左遷された浅利陽介(31)扮するサイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官・青木年男が加わるという。

    s


    「新しい“相棒”として育休中の仲間由紀恵、元SMAPの稲垣吾郎らの名前が浮上し、反町の卒業も近いともっぱらでした。
    しかし、反町は水谷の覚えがめでたく続投が決定したそうです。
    ただし、新シーズンは演技力のある浅利が強力なライバル。
    浅利の方が相棒ファンに受け入れられたら、トコロテン式に反町の卒業もあります」(ドラマ関係者)

    かつては民放キー局で続々と連ドラ主演をこなしていた反町だが、どの作品も視聴率が振るわず。
    15年10月から“相棒”を務めているが、他にはほとんど映像作品のオファーがないのが実情だ。

    「事務所は主役にはこだわらなかったりと、ギャラを含む条件面をかなり“緩和”していますが、なかなかオファーが来ない。
    そのため、『相棒』が最後のとりでのような状態です。
    “天皇”である水谷の機嫌を損ねなければしばらくは安泰なのではないでしょうか」(芸能関係者)

    反町はこのまま2番手俳優で終わるのか、それとももう一発あるのか。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236106 


    所長見解:相棒もな・・・

    【【相棒・新シリーズ】反町隆史、仕事が減る理由・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」

    n


    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月ー土曜前8・00)のヒロインを務める女優の永野芽郁(18)が21日、自身のブログを更新。
    17日夜にクランクアップ、大役を勤め上げた心境を明かした。

    ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。
    永野は昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した。(中略)

    永野は「『半分、青い。』撮影無事終了しましたー!!わーい!!おわったー!!」と切り出し「長いようで短かったなぁと今は思えます。
    ゴールはこの辺だと分かっていても、そこまで辿り着けない気がして、朝起きるのがしんどくて、笑いたいのに笑えない日もあったし、色んなことがあった10カ月だったな」と振り返った。

    「10カ月現場にいるのは、やっぱり自分にとってはものすごい長い時間で、少しの間だから毎日笑ってよう!ができなくて、いつもなら笑ったまま終えてたものも、そうはいかなくて、泣きまくってる時もあったし、全く声を発さない日もあったし、でも、ある意味すごく人間らしく、生きてる時間だったなと思います。
    毎日押し寄せる感情をなかったことにしようと頑張ってみたり、これが私だって開き直ってみたり、色んな方法で試したりして、自分に正直になってみたり、少し嘘ついてみたりするって、生きてるからこそだなとか思ったり、ちょっとなにが言いたいのか、よくわからなくなってきたけど、とても人間らしかった気がします(笑)」と苦闘の日々を明かした。

    「今までなら帰りの車に乗ると、スイッチが切れて素に戻れてたけど、長い期間スズメとして生きてたから、家に帰っても自分が何者なのか、よくわからなくなってたなぁ。
    心が2つあると、パワフルにもなるけど脆くもなるから、なんだろうな。
    自分なのか、スズメなのか、何かと一生懸命向き合って毎日毎日朝ドラしてました」

    そして「スズメがよくわからなくなった時も、頑張って近づこうと思ったし、どうやったらこのセリフが言えるかって何もない頭なりに考えたし、周りの方々に支えていただいたりしながら、がむしゃらに過ごしてました。
    台詞が全く入らなくなった時、どんだけ読み込んでも、2行しか入らなくて、そんな自分にも腹が立って、全部がカチコチに固まって、ほぐれる瞬間がなかなかなくて、布団に入っても目を閉じても、眠れなくて苦しくなって、撮影しながら眠くてカクンカクンしてたり(笑)」。
    不眠にも悩まされていた。

    さらに「耳が本番中に聞こえなくなって、あ、完全にスズメが乗り移ってるって、重い話とかじゃなくて、ちょっとうれしくなったりして(笑)」と難聴にまでなった。
    「境地に達したとは、まさにこのことかもしれないと、自分の身をもって初めて体験したかも(笑)
    色んなお薬を処方していただいて、飲むと顔がボールみたいになって、そんな姿でも毎日撮影するから、それが毎朝放送されることが悔しい!(笑)。
    コンディションを完璧になんていうのは、もう全然無理で(笑)、みなさま、ごめんなさい(笑)」と打ち明けた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/21/kiji/20180821s00041000198000c.html


    所長見解:大変やね・・・

    【【壮絶告白】NHK朝ドラ主演女優・永野芽郁、「半分、青い。」苦闘の日々がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ