ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の酒井法子(47)がネット配信ドラマに出演することが発売中の「週刊女性」で明らかになった。

    ネット配信会社のDMM.comの「蛇の道は蛇」(仮)というドラマで年末から年始に配信予定。

    特別出演という位置づけで、すでに3話まで収録済みだという。

    s


    覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは2009年の8月。

    その後、謹慎期間を経て舞台やイベントなどには出演するも、本格的な映像作品に女優として出演するのは10年ぶり。

    芸能評論家の肥留間正明氏は「ヘタレなテレビに追随し、処罰が厳しすぎた」と酒井に同情的だ。


    「執行猶予は3年なのに復帰まで実質10年とはみそぎにしては長い。

    地上波テレビがスポンサーの顔色をうかがうばかりで起用できなかったというのは、テレビが弱腰すぎ。

    彼女には“やり直す権利”があるわけですし、これまでボランティアや子供の学校行事に尽力してきたことを評価すべき。

    忘れた頃に再犯を繰り返す元夫についても責任はないし、凛とした姿を見せることで一線を画すこともできるでしょう」


    中国人ジャーナリストの周来友氏はこう言う。

    「中国ではネット配信と地上波テレビの勢力は同等ですから、中国人のファンの課金を見込んでキャスティングされたのでしょう。

    また酒井さん側もそれを狙っているはず。

    酒井さんの歌唱力と中年になっても変わらない清楚なイメージは人気が高く、ディナーショーや小さなイベントに出演し、中国のファンに忘れられないよう活動していました。

    また、招聘した側が彼女のファンでポンと500万円ほどのチップをはずむスポンサーもいますから、1回の営業で1000万円をくだらないこともあったと思います。

    いずれにしても地道な活動が花開いたといえるでしょう」


    50歳を目前に中国人気とネットを駆使し、のりピーは完全復活。

    もはや日本では狭すぎるというべきか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000004-nkgendai-ent


    所長見解:介護は・・・

    【【のりP】 酒井法子、10年ぶり連ドラ復帰の裏事情・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の4話で、“シャブ山シャブ子”という強烈すぎる名前のキャラクターが登場し、「演技が怖すぎて話の内容が全く入ってこない!」「これはトラウマになる…」とネット上が騒然とした。
    トレンドワードにも入り、現在も話題となっている。

    シャブ山シャブ子は名前の通り覚醒剤中毒者で、髪はボサボサ、目の焦点があっておらず、服もタンクトップに短パンと明らかに異様な雰囲気の女性だ。
    番組終盤に登場し、日中の公園で電話している生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)にフラフラと近づいてきて、右手に持っていたハンマーでいきなり百田を襲撃する。
    何度も殴って百田を殺した直後、発狂したように「ワハハ!」と奇声を発しながらうろついた。

    no title


    次は取調室でのシーンとなるが、名前を聞かれると「シャブ山シャブ子です!17歳です!」と不気味なテンションで回答する(実際の役名は西田信子で年齢は43歳)。
    出演はここまでで、時間にしてわずか1分ほどだったが、強烈なルックスと暴行シーンの怪演、そしてインパクトの強すぎる名前で視聴者の心に大きな印象を残した。

    放送直後から

    「ジャブ山シャブ子死ぬほど怖かった…」
    「シャブ山シャブ子のせいで最後のほう全然頭に入ってこなかった」
    「出演自体は1分くらいなのに、絶対に忘れられない」

    など反響が続々。

    トレンドワードの上位にも入り、角田課長役で出演する山西惇も「シャブ山シャブ子、トレンド入り!?」とつぶやくなど、大きな盛り上がりを見せている。

    なお、シャブ山シャブ子こと西田信子を演じたのは、女優の江藤あや。
    自身のTwitterで反響をリツイートしている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2123061/full/

    所長見解:すごい・・・

    【【これはすごい】シャブ山シャブ子 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月26日に配信された「文春オンライン」が、ドキュメントバラエティ番組「テラスハウス」(フジテレビ系)にて「てっちゃん」の愛称で親しまれた出演者・菅谷哲也のスキャンダルを報じた。
    記事によると、菅谷は過去に性的行為を強制する“事件”を起こしていたという。

    「当時、映画版『テラスハウス』で共同生活を送っていたグラドル・A子さんが女子部屋にて1人で寝ていた際、菅谷が勝手に侵入し、そのままベッドに入り込んでキスを迫ってきたとのこと。
    A子さんは、その後、男女の関係を求めてきた菅谷を何とか拒否して、その場を収めたそうです。
    彼は番組で、不器用で純朴なキャラでしたから、今回の報道に視聴者は大きなショックを受けています」(テレビ誌記者)

    映画版に出演していたA子さんといえば過去、ブログで「酷いことされて実家に帰って家から出れなくなった時期があったのね。
    会社も行けなくて。去年の今頃かな。
    でも撮影しなきゃみんなに迷惑かかるから行かなきゃって思って。
    夜はベッドが怖くて車で寝たりしてた」と綴り、ツイッターでは「気弱そうで優しそうに映される人が、一番酷い人のことがあるのです」と更新したことで様々な憶測を呼んでいた。
    それが今回の報道によって「点と点がつながった」とファンを驚かせている。

    そんな中、冷や汗をかいている可能性があるのは、ドラマ「下町ロケット」(TBS系)のスタッフだという。

    s


    「菅谷は『テラスハウス』卒業後、俳優業に力を入れており、現在放送中の『下町ロケット』にも出演。
    公式サイトの人物相関図では、主人公が働く工場の社員として竹内涼真と並んで表示されているほどのポジションを演じているのです。
    『文春』によればすでに今回の事件は示談が成立しているようですが、もし今後さらなるネガティブな報道が出てくれば、ドラマの内容が変更される可能性もあるかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

    菅谷のツイッターは今回の報道で、大炎上となっている。
    はたして彼の口から真相が語られる日は来るのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545056/


    所長見解:出てるの?・・・

    【【降板必至】人気ドラマ「下町ロケット」に出演中の俳優に性的ハラスメント疑惑の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月も終わりを迎え、秋ドラマの人気傾向も徐々に明らかになってきたこの季節。
    今期は、戸田恵梨香主演の『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が、若手・中堅女優の主演作では独り勝ちの様相を呈している。

    g


    同ドラマで戸田が演じるのは、若年性アルツハイマーに侵された女医。
    相手役はムロツヨシが演じ、病を越えた2人のラブストーリーが描かれていく。

    放送開始前、重い設定や古典的な恋愛ドラマが「現代にはウケないのでは」と不安視されていたが、初回視聴率は10.4%と二桁の好発進。
    さらにその後も10.6%、10.9%と、3話まで一度も数字を下げない“右肩上がり”で推移している。

    一方、他の女優主演ドラマはというと、有村架純主演の『中学聖日記』(TBS系)はここまで全話6%台で“消費税割れ”の大爆死。
    新垣結衣と松田龍平のダブル主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)も初回こそ11.5%だったものの、2話以降は8%台まで数字を落としている。


    再評価されつつある戸田の実力

    『大恋愛』の第2話はバレーボール中継の延長で、開始時間を55分も繰り下げての放送だった。
    それにもかかわらず数字を上げたことで、業界では戸田の評価も高まっているようだ。

    「正直、業界ではいい意味で衝撃が広がっていますね。
    今はお涙系の恋愛ドラマがはやる時代じゃありませんから、放送前の『大恋愛』は“打ち切り作品”の最有力候補と目されていました。
    今年で30歳を迎えた戸田は本格派女優に脱皮しつつありますし、今後も業界内の需要は高まっていくでしょう」(テレビ雑誌編集者)

    一方、立場が危うくなりそうなライバルもいるようで…。

    「逆に言うと新垣は、今後が少し心配になります。
    戸田と新垣は年齢が同じ30歳で、芸歴や路線も同じような道をたどってきています。
    しかしここへ来て女優としての評価に差が開いたことで、新垣が戸田に“お株を奪われる”なんてことも十分考えられますよ」(同・編集者)

    戸田は新垣より一足先に“アイドル女優”から“女優”になったと言えるのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/66014


    所長見解:ガッキ-・・・

    【【人気女優】戸田恵梨香と新垣結衣の実力差問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年放送されるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ『白い巨塔』に、ジャニーズ『V6』の岡田准一が主演することが分かった。
    しかし、原作出版元の新潮社は岡田の起用が本意ではない、との説が囁かれている。

    医学界の人間関係を描いた同作は、2013年に亡くなった故・山崎豊子氏の小説が原作。
    1966年の映画化以降、これまで幾度となく実写化され、田宮二郎、佐藤慶、村上弘明、唐沢寿明といった名優たちが主人公・財前五郎を演じてきた。

    『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、過去の財前役に見劣りすることない実績を誇る岡田。
    一見、不安要素は何もないように思えるが、原作側は“体格”に関して難色を示しているという。

    d


    故・山崎豊子氏への冒涜?

    「生前、山崎氏は、自身の作品に出演する役者に強いこだわりを見せていました。
    今まで『白い巨塔』で財前を演じた村上や田宮は2人とも180センチを超え、03年のドラマで財前を演じた175センチの唐沢には『小さ過ぎる』『イメージに合わない』と不満を漏らし、一度はキャスティングを却下したとか。
    山崎氏と唐沢を交えた食事会でも、山崎氏は『財前役をやるなんていい度胸してるわね。あなた大丈夫?』と唐沢に食って掛かったのです。
    しかし食事会を通して唐沢の人となりを知り、山崎氏は快諾。
    『白い巨塔』放送後には、唐沢の演技を絶賛していました」(芸能ライター)

    一方、岡田の身長は169センチと、これまでの財前役で最も背が低い俳優。
    実際はさらに低い163センチとのウワサもあり、もし山崎氏が存命だったら、間違いなく却下したことだろう。

    山崎氏は、07年のTBSドラマ『華麗なる一族』で木村拓哉が主演を演じたときも、「身長が低過ぎる」と嘆いていたという。

    「以前、ドラマ『のだめカンタービレ』の千秋役を、岡田が演じると決まった後、原作者の猛反発によって、玉木宏に変わったことがあります。
    ジャニーズといえど、原作者には逆らえないのです。
    そこで今回は、すでに原作者が亡くなっている作品に目を付け、私物化しているのでしょう。
    財前役を岡田が務めるのは、死者への冒涜といっても過言ではない。
    死人に口なしといいますが、明らかに原作者が嫌がることを、やってもいいのでしょうか」(テレビ局関係者)

    山崎氏のファンたちも、「先生が生きていたら絶対に許可しなかった!」「山崎豊子が生きてたらナシだったろうな…」と悲しみの声を上げている。

    もはや脇役をチビで固めてお茶を濁すなどしないと、ドラマ放送後にはさらなる炎上が巻き起こりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545534/


    所長見解:たしかに・・・

    【【名ドラマ】『白い巨塔』は岡田准一の起用が本意ではない説。】の続きを読む

    このページのトップヘ