放送事故・放送禁止

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの久米宏(75)が、唯一のレギュラー番組『ラジオなんですけど』(TBSラジオ)の6月末での降板を、番組内で発表した。


    〈ここ数年、自分でもあれっていうような言い間違いが多い〉と理由を語った久米。

    放送記者が言う。

    「2006年のスタート当時は、みのもんた(75)、小倉智昭(73)と同世代の大物司会者3人が同時間帯で競い話題になったが、最終的に久米がいちばん長く、約14年続いた。
    3月末でレギュラーがなくなったみのに続き、第一線からの“退場”ということになる」

     
    久米は早大卒業後の1967年、TBSに入社。

    『ザ・ベストテン』などで脚光を浴び、79年、34歳でフリーに転身。

    85年に始まった『ニュースステーション』(テレ朝)のキャスターとして大きく飛躍した。

    「バラエティー色の強い久米に報道は無理と言われたが、硬軟取り混ぜた仕切りで新しいキャスター像を確立。
    未開拓だった午後10時台の報道番組を定着させた」(テレビ制作関係者)

     
    だが、開始20年目の04年、番組は終了。

    「視聴率の低下というより、1日100万円超ともいわれた久米のギャラなど、制作費の高騰で番組が維持できなくなった。
    久米にとっては本意ではなかったはず。
    一方で当時59歳の久米が『余力を残してやめたい』と語ったように、彼なりの美学もあった。
    久米のスタイリストを務める麗子夫人も、常に久米のテレビ映りを気にしていた」(同前)


    k


    ラジオ終了の背景に“政権批判発言”もあり?

    今回のラジオ終了に際しても〈下り坂になってからやめるのが一番よくない〉と語った久米。

    衰える前に……という美学が働いての自発的な降板なのか。

    「だが、久米は昨年11月、Kume*Netという大規模な動画配信サイトを開設したばかり。
    相変わらず旺盛な発言意欲を見せており、さほど“言い間違い”を気にしているとも思えない。
    まだまだやる気だったのでは」(前出・放送記者)

     
    それよりは背後に局側の事情もあったと見るのが自然とこの記者は指摘する。

    「“Nステ”の時と同じくギャラの問題。
    加えて久米の政権批判発言。
    検察庁法改正案について安倍首相の答弁を『カンペを読んでいるだけ』、コロナ政策では『アベノマスクの言うことは信用しなくていい』と言うなど、制作サイドが肝を冷やす発言は枚挙に暇がない。
    久米も自分の発言を危ぶむ空気を感じていたはず。
    だから番組終了に備え、自由に発言できる場を準備しておいたのではないか」

     
    Kume*Netの更新はコロナ下でも週2回というハイペース。

    たしかに余力はまだまだ十分あり!?


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ff6cf37ffb5f8ffb18e16a6980ea6f838909ce9a

    所長見解:おったな・・・

    【【あの人は今】久米宏さん、レギュラー番組消滅の理由wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    15日に放送された日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、新宿・歌舞伎町から中継を行った女性リポーターが一般男性に殴られそうになるアクシデントが放送され、宮根も「大丈夫?」と心配する一幕があった。

     
    番組では新型コロナウイルス感染者が出た新宿歌舞伎町入り口の交差点から東ふきリポーターが中継に登場。

    昼間に歌舞伎町に来た人へのインタビューや、おしぼり業者が飲食店におしぼりを搬入している様子などを紹介した。

     
    東リポーターの後ろはスクランブル交差点となっていたが、中継途中に赤信号にも関わらず信号を渡ってきた黒っぽい服装の男性が突然リポーターの横にきて何かを言いながらパンチを繰り出す仕草を開始。


    m


    リポーターはよけながらもリポートを続けたが、男性がパンチを繰り出し続けたことから中継は途中で打ち切られた。

     
    宮根は「大丈夫?なに?文句言われたの?」と心配そうな表情。

    林マオアナウンサーは「ちょっと今の状況ではわかりません。また出来そうになったら」と突然の出来事に驚いていた。

     
    このアクシデントに、ネットも「女性は大丈夫なんだろうか」と心配する声があがっていた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18420069/


    ▼動画
    https://youtu.be/ECWEzWbXDVI


    所長見解:めちゃ怖いやん・・・
    【【放送事故】「ミヤネ屋」の中継にヤバそうな男が乱入し女性リポーターに暴行ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    ラサール石井テレビ出禁か


    r




    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】ラサール石井氏、テレビ出禁ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ホストに通う女、やっぱぶっ飛んで頭がおかしい

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:どうなん・・・

    【【これはヤバい】ホストに通う女がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBSの出水麻衣アナが〝スゴイ〟と評判だ。

    6月2日放送の『ひるおび!』ニュース枠にニット姿で登場。

    この日は薄紫色のタイトなニットだったため、細身の身体にピタッと密着。

    バストがくっきりと浮かび上がっていた。


    推定Eカップのわがままボディーを惜しげもなくさらし、真っ昼間から男性ファンは大歓喜。

    ネット上では、

    《出水アナ、でかいな…》

    《昼からなんて格好してるんだ》

    《意外とデカイんだな。普段あまりタイトな服着ないから気が付かなかった》

    《EからFカップはあるんじゃないか?》

    など、大興奮の声が飛び交った。


    「局内では『新しいカレ氏ができたんじゃないか?』ともっぱらですよ。
    普段はコンサバファッションで、決して派手な格好はしないのですが、最近はやたら〝オンナ〟を主張するデザインの服が多くなっています。
    先月26日には、胸元が大きくV字に開いた白いブラウス姿で登場。
    胸の谷間こそ見えませんでしたが、前かがみにでもなったら放送事故になっていたかもしれませんね」(番組制作会社関係者)


    d


    最近はご無沙汰だった!?

    出水アナは帰国子女ということもあり、高校時代はギャルだったというのは有名な話。

    当時は、色黒で胸元が大きく開いたブラウスを着て、周囲にアピールしていたともっぱら。

    しかし、上智大学に入学後は突然、清楚路線にイメージチェンジし、『ミスキャンパスナビグランプリ2003』審査員特別賞を受賞するなど、校内では知らぬ者がいないほどの有名人だったとか。


    「出水アナは2月15日に出演したラジオ番組で、『御開帳してない脚ですので』とぶっちゃけ発言して話題になりました。
    また、5月4日の『赤江珠緒たまむすび』では、『その当時、私生活でいいことがございまして、若干脳内花畑状態になっていたので、人様が見ているところで顔と顔が〝密〟になってしまったという出来事がございました』とコメント。
    5年前に写真週刊誌にスクープされた〝路チュー事件〟を自ら蒸し返すなどキレキレでした」(芸能記者)


    次の〝攻め衣装〟は果たしてどのようなものなのか。

    ファンも心待ちにしているに違いない。

    所長見解:ええやん・・・

    【【放送事故級】出水麻衣アナ、身体にピタッと密着ニットの結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ