ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 放送事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新垣結衣「バカ説」いまだにくすぶる......それでも「木村拓哉よりマシ」の声が出る理由

    今もっとも勢いのある女優といえば、多くの人が新垣結衣と答えるだろう。

    昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットからもともとあった人気が爆発、『NHK紅白歌合戦』への審査員出演やCMが軒並み話題となり、さらに夏ドラマの『コード・ブルー』も不振が続く月9枠で大ヒット。
    一部では「ガッキーみたいから視聴率取れた」なんて声まであるほどだ。

    オリコンの「好感度ランキング」でも綾瀬はるかを抑えて初の首位を獲得するなど、名実ともにスター女優となった新垣。
    すでに30歳も目前だが、当分人気が衰えることはなさそうだ。

    ただ、大人しいほんわかした雰囲気の彼女だが、一部ファンの間では「伝説」として残っている「事件」がある。

    「『コード・ブルー』の放送開始直前、ドラマ出演者と『ネプリーグ』に出演した際、このドラマのタイトルを絡めた『青を英語で書いたときのつづりは?』という問題に『ble』と書いてしまい、不正解。
    他の出演者らも『これはまずいでしょ』と騒然となった。
    また、得意教科を問われて『道徳』と回答したりと、視聴者が戸惑う発言を連発。
    小学生レベルの漢字の書き取り問題はできていしたが、『引率』を『引卒』と書くなど、やはりどこかトンチンカン。

    ネット上では『ガッキーってバカだったのか』『かわいいからいいよ』『さすがにドン引いた』などなどさまざまな意見が殺到。今でもファンの間では伝説となっているようです」(記者)

    g


    残念ながら勉強は苦手な新垣のようだが、そんなことができなくても生きていけるわけで、大した問題ではないのかもしれない。

    ただ、芸能人には堂々かつ無理をして「ポカ」をやらかしたスターもいる。

    「かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のスペシャルに出演した木村拓哉さんが『主役にしかできない特権は?』という質問に対し『Love Seans』と英語で書いたのですが、正しくは『Love Scene』。
    ドヤ顔で出しただけに恥ずかしいなんて声が溢れましたね。
    木村さんは他にも背伸びして英語を表記して間違っていたという例もあります。
    無理はしないほうがいいですよね」(同)

    やはり、自分の知らないことを即興でやるのはハードルが高いようだ。

    http://biz-journal.jp/gj/2017/10/post_4560.html


    所長見解:かわいいからいいよ・・・
    【【馬鹿伝説】新垣結衣、衝撃の「バカっぷり」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、俳優の小林旭が、ラスベガス銃乱射事件をめぐり激怒。
    その後、榎並大二郎アナウンサーが視聴者に向けて謝罪する一幕があった。

    現地時間の1日夜、アメリカ合衆国ラスベガスで、ホテルの32階から屋外コンサート会場に向けて銃が乱射される事件が発生した。
    3日時点で判明しているだけでも、死者が59人、負傷者が527人に達する最悪の大惨事となった。
    犯人とみられる男性はホテルの室内で自殺していたという。

    番組では、人生初のゲストコメンテーターとなった小林に、MCの坂上忍が事件に関する意見を求めた。

    小林は犯行に怒り心頭のようで「赤ん坊をひねくってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああいうことする人間っていうのは、バカか××××しかいないよ!」と、自殺した容疑者を非難したのだ。

    k


    その後、榎並大二郎アナウンサーが深刻な表情で「先ほどの議論の中で、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました」と説明。
    小林の発言であるかは不明だが「取り消させていただきます」と、頭を下げて謝罪していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13707361/


    所長見解:これはしかたないね・・・
    【【放送事故】バイキングで小林旭が放送禁止用語ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4日の生放送をドタキャンしたタレントのビートたけし(70)が5日、MCを務めるテレビ東京系の特別番組「おはよう、たけしですみません。」(前7時半)に生出演した。

    たけしが不在だった4日は、犬猿の仲と言われるたけしの弟子で「浅草キッド」の水道橋博士(55)と「爆笑問題」の太田光(52)の2人だけで進行。
    この日の生放送も博士と太田が出演し太田は「犬猿の仲の2人でやらされたんですよ」と漏らすと、たけしは「犬猿の仲が仲良くなったことで強くなるんだ」などと指摘した。

    m


    これに博士が「オレが抜けて松本人志を呼んで下さい」と「ダウンタウン」の松本人志と太田の共演を提言するとたけしは太田に「松本、嫌いなの?」と聞くと太田は「大っ嫌いですよ」と即答した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000071-sph-ent 


    所長見解:仲直りしたんだよね・・・
    【【爆弾発言】爆問・太田光「松本、嫌いなの?」と問われ「大っ嫌いですよ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月2日に放送された『歌のゴールデンヒット ~オリコン1位の50年間~』(TBS系)で『SMAP』の楽曲が一切放送されない事態が起こり、視聴者から批判が殺到している。

    番組では音楽情報サービス『オリコン』の50年間で、1位になったことのある曲のVTRを流しつつ、アーティストを招いてトークを繰り広げた。
    『PUFFY』がスタジオに登場し、『渚にまつわるエトセトラ』、『サーキットの娘』、『これが私の生きる道』といった曲を披露。
    ほかにも世良公則の『銃爪』、小林明子の『恋に落ちて』が登場した。

    しかし、『光GENJI』や『Kinki Kids』など、ジャニーズ事務所所属アーティストの曲は紹介されたものの、売り上げ300万枚を達成した『世界に一つだけの花』をはじめ『夜空ノムコウ』や『らいおんハート』など、SMAPの楽曲が紹介されることは一切なかった。

    s


    ジャニーズからの圧力を勘ぐる意見も

    この番組構成に対して、視聴者からはSNS上で《真のオリコン1位が出てねえじゃん》、《意図的にSMAP外してる?SMAPなくして90年代以降のオリコンは語れないだろ》、
    《『うたばん』からの映像が多いのにSMAPが流れないのが不思議》、
    《光GENJIより売れてるSMAPは出ないのはなぜ?》などと批判が殺到している。

    解散や元メンバー3人の事務所退所騒動が起こったが、SMAPの曲を放送することが不可能なわけではない。
    また、ジャニーズ事務所のなかでは解散した『光GENJI』の楽曲は使われていることから、不可解な点はぬぐい去ることができない。

    そのため、《SMAPがないのはまずいだろ、そんなにジャニーズ事務所の圧力がすごいの?》、《SMAPに散々視聴率を取ってもらって、解散したら手のひら返し。テレビはジャニーズの犬なのか?》などと、ジャニーズから番組側への圧力があったのではないかと想像する視聴者もいた。

    いまだにSMAPの楽曲を聴きたがるファンの声は根強い。
    SMAPは歌番組の歴史からも消え去ってしまうのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1361089/


    所長見解:圧力なんだろうね・・・
    【【批判相次】「50年の歌の歴史」からSMAP排除ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの宮内正喜社長は29日の定例記者会見で、28日に放送したバラエティー特別番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念スペシャル」で、性的少数者(LGBTなど)を嘲笑する表現があったとして謝罪した。
    当事者や支援者ら104の団体・個人が「性的少数者への差別や偏見を助長する」と抗議していた。


    30年前に誕生したキャラクター 番組に賛否の声、寄せられる

    人気お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明さんが青ヒゲとピンクの頬が特徴的なキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に扮(ふん)し、「ホモでしょ?」などと、共演者にからかわれる内容。
    約30年前に番組内で誕生したキャラクターで、特番での復活が予告されると、ネット上で「聞いただけで胸が苦しくなり、自分でもびっくりした。
    トラウマってこういうことを言うのかな」などの声が上がっていた。

    h


    宮内社長は「30年間で彼らコンビが作り出してきたキャラクターとして展開した」と断ったうえで、「不快な面をお持ちになった部分があれば、大変遺憾だと思うので、謝罪をしなければいけない」と述べた。
    番組終了後、同局には「懐かしかった」「この時代にどうなんだ」など約100件の賛否が寄せられたという。


    「今もこんなことをやっているの」と驚きの声 広がるLGBTへの配慮 
     
    海外ではLGBTに対して配慮を欠く企業の製品の不買運動も珍しくない。
    日本の教育現場や企業などでもLGBTへの理解を深める取り組みが広がる。
    抗議文はフジと協賛企業に宛てられており、同番組の一部スポンサーは契約更新をしない方針を明らかにした。

    ゲイであることを公言するNPO法人グッド・エイジング・エールズの松中権代表(41)は番組を見て「今もこんなことをやっているのか」と驚いたという。
    「キャラクターが登場した当時、優しくておとなしい男の子を『ホモ』とからかう遊びが流行した。多感な時期で、私も家庭や学校で話題が出る度に居心地が悪かった。
    自分の性や性的指向に悩む子供らが特番を見てどう感じたのか心配だ」と指摘した。

    http://mainichi.jp/articles/20170930/k00/00m/040/101000c 
    毎日新聞 


    所長見解:昔は笑ったよね・・・
    【【LBGT】フジテレビ「保毛尾田保毛男」でスポンサー降板ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ