ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 放送事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・佐藤仁美(38)が18日放送のカンテレ「快傑えみちゃんねる」(金曜、午後7・00)に出演。
    撮影中に勝手にワガママを言いだし、帰ってしまった年下女優がいたことを明かし「唯一、嫌いな人です」と断言した。

    番組で、佐藤はイラっとする同業者を聞かれると「撮影中に勝手に帰っちゃう女優さん」と回答。
    かなり遠方の山奥のロケで、その日に撮影を行わないと困る状況下で、佐藤より年下の女優が台本を見て「これケガしたらどうすんの~」と帰ってしまったことがあったという。

    s


    「何様だよって時はありました」とお怒りの佐藤。

    その時は「なんか、帰っていいって言われたんで」と言って帰ったそうだが、後日に、勝手に帰ってしまったことが分かったという。
    そんな女優は活躍しないと聞かれると、佐藤は軽く舌打ちして「それがね、たまーにCM出てるんですよ」と険しい表情。

    続けて「まあ…○○なんですけどね」と実名を言い、番組では「女優S」とのテロップで伏せられた。
    これに司会の上沼恵美子が「あの子、いい子やない、知ってるけど。ちょっと生意気よね、力ないのに」と感想。「伸び悩んで終わったやんか。性格かな」と語った。

    佐藤は、その女優はかなり気分屋で、アップダウンがあることを説明し「唯一、嫌いな人です」と言い切っていた。


    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000178-dal-ent


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【放送事故】ライザップ女優・佐藤仁美が暴露、撮影中に勝手に帰った年下女優がコチラwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃、加藤鷹のテクニックにうっとり「気持ちいいです」(AbemaTV)

    no title

    HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』♯52(毎週火曜よる9時~)が5月8日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、元AV男優の加藤鷹がゲスト出演。
    指原は加藤のテクニックを目の当たりにし、伝説と称される理由を実感する。

    『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』は、女性が幸せな恋愛をするために、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出す、トークバラエティ番組。
    「世の男性が憧れる男 加藤鷹SP」と題した8日放送回は、番組冒頭で加藤への質問コーナーが設けられ、吉田が「さっしーを吹かすなら何分ぐらい?」と尋ねる。

    潮吹きというジャンルを確立したパイオニアとしても知られる加藤は、吉田の質問に「作品の中ですでに実績があるんですけど、大概は1分以内」と余裕の表情で返答。
    その後指原は、加藤の“ゴールドフィンガー”を手のひらで体験することになる。

    加藤が“ゴールドフィンガー”と呼ばれる2本指で指原の手のひらをなでると、指原は一瞬にして笑顔に。
    声を上げて笑いつつ、興奮気味に「気持ちいいです」と感想を語る。
     
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0507/abt_180507_0170563799.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=Mp4x2i0KCiY



    所長見解:アイドルだよね・・・

    【【放送事故】指原莉乃、加藤鷹のフィンガーテクに「気持ちいい」と興奮 ←これ・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂上忍は一体どういうつもりで司会者をやっているのか。
    視聴者が不快に感じるほど偏っていると苦情が相次いでいる。

    坂上忍はまず「麻生大臣が辞任しなければ喜ぶのはマスコミだけ。
    余計な一言が多いからマスコミサービスみたいなものだよ」と皮肉で発言。

    それに対してブラマヨ吉田が「でも麻生大臣は功績がある方じゃないですか。
    その功績も改めて教えてほしいなという気持ちになってるんですけど…」と麻生大臣を擁護。

    ここで坂上忍は態度を急変させて怖い顔で「それ自分で調べてください」。
    怒らせてしまったと察したブラマヨ吉田はそれ以上言い返さず、頷くのが精一杯だった。

    実はこれより前、小藪が名を伏せてある司会者の偏向っぷりを告発したことがあり、ネット上では坂上忍だという指摘が飛び交っていた。

    小藪は「反対意見を言うと司会者が露骨に態度を変えるので心が折れる」と証言し、議論にすらならないと嘆いていた。
    今回の動画もあわせて見るに、やはり坂上忍で間違いないだろう。
    他に思い当たる人がいない。

    s


    ■またこちらも紹介しておきたい。

    坂上忍「麻生大臣も(林大臣みたいに)これぐらいのこと言ってくれりゃ…」

    中条きよし「でも麻生さんも言ったじゃないですか。相手に人権はあってこっちにはないのかって。良い言葉だよ」

    坂上忍「あーそっかあ! 中条さんは麻生さん寄りでしょうね~」

    中条きよし「俺は麻生、安倍さん寄りですよ」

    坂上忍「あっはい」

    中条きよし「あの2人以外に誰がいる」

    やはり坂上忍の態度がおかしい。
    大きな影響力を誇るテレビ番組で政治を取り扱うのだからもっと中立の立場で進行すべきなのに、やっているのはあからさまな偏向報道。

    http://netgeek.biz/archives/117826


    所長見解:坂上忍だし・・・

    【【パワハラ案件】バイキングで麻生大臣を擁護したら坂上忍の態度が急変の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    のど自慢でハプニング!? 個性派出場者の「チェリー」にお茶の間凍る

    k


    のど自慢で「チェリーボーイ」現る

    NHKのど自慢(2018年5月6日放送)で、まさかの発言が飛び出した。

    そんな発言をしたのは、スピッツの「チェリー」を歌った名古屋市在住の男性。
    ツイッターでは一時トレンド入りを果たすほどに注目されたが、お茶の間ではこの発言に一時凍りついたひともいたようだ。

    組では、10番目に小田切千アナウンサーの紹介で、バンドでボーカルとドラムを務めているという、メガネをかけた18歳の学生が登場。

    すると、

    「10番、チェリー!まあ、私がチェリーボーイなんですけど」

    と開口一番、曲名とともに自らが「チェリー」であることを暴露した。

    バンドにいるだけあって歌唱力は抜群で、クネクネとした独特の振り付けとともに歌い続けると、合格の鐘が鳴る。

    中指を立てて「フォウ」「まさか鳴ると思ってなかったんで、マジでいまびびってます」と述べ、喜びを表現すると、

    「あ、紹介遅れました、小林メンバーと申します」

    と、自らの名字に「メンバー」をつけ、TOKIOの「山口達也メンバー」という呼称を意識したかのような自己紹介を披露。

    これには小田切アナウンサーも吹き出しながら、

    「ちょっと、このノリついていけないんですけど...」

    と、歌手の丘みどりさんに話を振ると、「一度お会いしたら忘れないインパクト」と評した。

    小田切アナウンサーが「いつもそんな感じなの?」と尋ねると、

    「いつもこれです、デフォルトでこれなんで」

    と「小林メンバー」は笑顔を見せたものの、冒頭の「宣言」について触れることはなかった。


    ■ ツイッターアカウントも特定?

    非常に特徴的な人であったせいか、この「小林メンバー」には注目が集まり、「私がチェリーボーイですってどう言う意味」などと凍りついたひとがいたほか、

    「ほんと草 賞あげていいレベル」
    「歌が入ってこないわ」
    「軽い放送事故www」
    「チェリーボーイの小林メンバー恐怖すぎて夢見てるのかと思った」

    と、面白がる人が多く見られた。
    放送直後にはツイッターの「トレンド」に、そのフルネームがランクインするなど、大きな反響が。

    ほかにも、ツイッターのアカウントを特定したとする人がいたり、「誰だか知らないけど応援してるぞ」と、ファンが増えていたりと、その関心が高いことがうかがえる。


    所長見解:おもしろい・・・

    【【閲覧注意】NHKでの小林メンバーの壮絶放送事故がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    不謹慎だろ


    所長見解:いいよね・・・
    【【永久保存画像】女子アナ、うっかりサービスショットがコチラwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ