AKBグループ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26歳)が3月16日、自身のTwitterで、東京・渋谷の街で誰にも気付かれなかったことを告白している。

    s


    指原はこの日、「渋谷! 誰にも気付かれず!気付けや!!!!!!(涙声」と、スクランブル交差点のTSUTAYA前や渋谷マークシティでの自身の広告物の写真、さらにはSHIBUYA TSUTAYAで開催中の「さっしー卒業記念『ジワる衣装展』」会場に足を運び、展示されている衣装を観ているファンたちを後方から撮った写真、会場にある指原のパネルと“2ショット”を撮った写真なども披露。


    ※画像がコチラ


    また、「この人にも気付かれず」と、指原のファンと思しき男性にかなり接近した写真も投稿している。


    ファンのすぐそばに本人がいても気付かれなかったという状況に、ファンからは

    「まさか本人がいるとは思わないだろうしなぁ(笑)」

    「え~会いたかったな!」
    「もっと本人アピールしないと!」
    「やっぱり東京すげーな」

    などの声が上がる一方、

    「気付いてたけど、プライベートかと思って」
    「声かけないのがファンの優しさなんだよきっと」

    「みんなさっしー大好きだから邪魔しちゃ悪いと思ったんだよ」

    などの声もあるようだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16171432/

    所長見解:そらわからんわ・・・
    【【超人気アイドル】指原莉乃、渋谷に出かけた結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ねぇ、どれにする~?」 

    都心のある映画館の窓口――かつてサッカー日本代表を率いたトルシエ監督の通訳、フローラン・ダバディ氏を彷彿させる長身のイケメン外国人に腕を絡め、小柄な女性が甘えていた。

    一応、変装はしているものの、キャップとマスクの間から覗く愛らしい瞳、総選挙のスピーチで何度も聞いたあの声で、彼女が『AKB48』の元エース、大島優子(30)であることはバレバレなのだが――周囲を気にする素振りはない。


    二人がチョイスしたのは『ボヘミアン・ラプソディ』。

    券売機で大島がチケットの購入手続きをしている間、今度はダバディ似のカレが彼女の背中に手を伸ばして、密着していた。

    スクリーンに向かう大島の後を、イケメンが静かにフォローしていく――そう、カレはレディファーストの国、アメリカで知り合った大切な人なのである。

    上映終了後、二人は帰宅ラッシュで混み合う品川駅へ徒歩で移動。

    横断歩道で信号が変わるのを待つ間、大島はカレの腕に頭をピタリとくっつけている。

    そして信号が青になるや、ガッチリつないだ手を前後に大きく振りながら、満面の笑みで歩き始めた。

    まるで高校生カップルの初デートのように……。

    y


    そして――極めつけだったのが、『罪と罰』の東京公演が無事に終わった2月上旬のある夜。

    大島のマンションから出てきたのは件のカレと、なんと大島の父親だったのである。

    翻訳アプリを介して会話しているようで、二人はスマホを見せ合いながら、和気藹々としている。

    その後、彼らは大島父の知人らしき女性を交えて三人で寿司をつまんだ。

    ちなみに『罪と罰』の大阪公演を控えた大島本人はこの間、ずっと不在である――。

    一番の理解者であり、ファンであり、究極のストレス解消法は「お父さんに電話すること」と公言している大島。

    全幅の信頼を置く父に紹介し、大島パパもまた全力で歓待しているのだから、大島とカレが深い関係なのは間違いない。

    二人はいつから付き合い始めたのか。

    結婚の予定はあるのか。

    大島の所属事務所は本誌取材にこう答えた。

    「プライベートなことは本人に任せておりますので、コメントは差し控えさせていただきます」

    『罪と罰』公演を終えたのも束の間、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の出演が発表された大島。

    渡米によってキャリアに空白ができることを危惧する声もあったが、留学は大島にさらなる実りをもたらせたのである。


    3月15日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真ほか、二人のデートの様子を詳しく報じている。


    ※画像がコチラ


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010000-friday-ent

    所長見解:もうね・・・

    【【手つなぎデート】元AKB・大島優子の彼氏がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    AKB48グループを運営するAKSは13日、同グループ恒例の「選抜総選挙」を、今年は実施しないと発表した。

    「選挙」はファン投票によってCDでの歌唱メンバーを選ぶ催しで、2009年に初めて実施され、昨年に10回の節目を迎えた。

    10回目の総投票数は383万票を超えた。

    AKSのHPでは「AKB48グループは、ファンの皆さまが心から応援したいと思って頂けるようなグループになれるよう、引き続き日々精進して参りたいと思っております」と記載されている。

    AKSの広報担当者は「10年の区切りというのが大きな理由。来年以降は未定」と話す。

    同グループは、新潟を拠点とするNGT48のメンバー山口真帆さんの自宅に男2人が押しかけて逮捕(後に不起訴処分)された問題で、第三者委員会による調査が行われている。

    この問題との関連については、AKSから言及はなかった。

    k


    ■AKB48総選挙10年の歴史

    (年/総投票数/1位メンバー)

    2009年 未集計      前田敦子

      10年 37万7786  大島優子

      11年 116万6145 前田敦子

      12年 138万4122 大島優子

      13年 264万6847 指原莉乃

      14年 268万9427 渡辺麻友

      15年 328万7736 指原莉乃

      16年 325万5400 指原莉乃

      17年 338万2368 指原莉乃

      18年 383万6652 松井珠理奈


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000094-asahi-soci

    所長見解:もうね・・・

    【【終了へ】AKB総選挙が中止の件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『乃木坂46』の西野七瀬に〝前途多難〟説が浮上している。

    彼女は昨年9月にグループからの卒業を発表し、去る2月のコンサートで乃木坂としての全活動を終えたばかり。

    しかし、大成しないとされる『AKB48』卒業組と同じ〝ニオい〟が漂っているとの見方をされているのだ。

    n


    「AKBは〝会いに行けるアイドル〟をコンセプトに専用劇場を持ち、親近感を売り物に結成されました。
    一方、乃木坂もそれほど方向性は変わらないのですが、専用の劇場はなし。
    またAKBグループに対して圧倒的に人数が少なく、美女度は上ということになっています。
    〝選抜総選挙〟には出ないので、必ずしも人気やビジュアルが乃木坂が優位とは言えませんけど」(アイドルライター)

    ただAKB出身が成功しないというのは、もはや定説化している。

    「前田敦子、篠田麻理子、板野友美……しかりです。
    いずれも〝元AKB〟の冠で何とかやっている感じでしょう。
    大看板だった大島優子など、一昨年から昨年まで米国留学。
    10月に帰国会見を行ったのですが、取材陣から『まだいたんだ』の失笑が出る始末でした」(同・ライター)

    もっとも例外もいる。

    AKB時代には目立つ存在ではなかったが、卒業後に大躍進。

    AKB出身で断トツの売れっ子といわれる川栄李奈だ。

    彼女は数多くのCMの他、話題のドラマに何本も出演している。

    「川栄に関しては事務所の力だけではなく、現場からの〝推し〟がやたら強いという話があります。
    AKB選抜総選挙での最高が16位だったことを考えると、ほとんど奇跡的な売れ方ですね」(AKBライター)


    ルックスもトークも微妙な西野

    昨年5月、乃木坂のエース格だった生駒里奈が卒業したが、ソロになってからの活動はパッとしない。

    卒業したばかりの七瀬に関しても、やはり芳しい話は聞こえてこない。

    「生駒もそうですが、西野もビジュアルに関しては賛否両論が激しい。
    彼女は女性ファッション誌の専属モデルというのも売り物でしたが、かと言ってスタイルが抜群というわけでもない。
    考えようによっては、近寄れないような美女でないのがいいのかもしれません。
    それこそ親近感の湧くアイドルです」(同・ライター)

    西野は今年1月よりガールズトーク番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)にMCで出演中。

    「しゃべりはお世辞にもうまくない。
    とにかく語彙、表現力がなくて、ただのお姉さん。
    番組にはフリーアナの田中みな実、変な日本語の滝沢カレンが共演していますが、元アナウンサーのみな実は当然として、あのカレンと比べてもしゃべりが心もとない。
    4月からは日本テレビのドラマに出ますが、これは企画が秋元康氏です。
    何だか先が見えた感じですね」(同)

    乃木坂出身も大成しないのか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1727914/

    所長見解:そうやね・・・
    【【これはヤバい】西野七瀬に早くも乃木坂卒業失敗説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日向坂46が3月5、6日に横浜アリーナでデビューカウントダウンライブを行い、デビューシングル「キュン」(3月27日発売)を初披露した。

    h

    サビでおしりを振って両手でポーズを決める「キュンキュンダンス」が、早くもファンの間で話題となっている。

    センターの小坂菜緒(16)を中心に、坂道シリーズのグループらしいスレンダーで清楚(せいそ)なルックスと、はじける明るい笑顔を兼ね備えたメンバーたちが、「キュンキュンキュン キュンしちゃった」という歌詞に合わせてキュートにダンスする。

    初披露ながら、会場を埋めたファン1万2000人は一斉にコールをそろえ、大歓声をあげていた。

    渡邉美穂(19)が「この曲は『キュンキュンダンス』というのがあって、皆さんと一緒にやりたいなと思っています」とアピールし、ゆっくりと振り付けを紹介した。

    ファンたちも手に持つペンライトを使って「キュンキュンダンス」の動きを再現。

    今後のライブでは、会場一体となっての「キュンキュンダンス」が風物詩となりそうだ。


    「キュンキュンダンス」は、数々のアーティストの振り付けを担当するユニットCRE8BOY(クリエイトボーイ)が手がけた。

    同ユニットはツイッターで「サビのキュンキュンダンス、かかとを少し浮かせてキュンキュンするのがポイントです。
    キュンキュンダンスがかわいすぎてキュンキュンしちゃう、キュンの無限ループが止まりません」と解説している。


    かつてKARAが「ミスター」で見せたヒップダンスや、「おにぎりダンス」から始まるAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」、昨年大ヒットしたDA PUMP「U.S.A.」の「いいねダンス」など、すぐマネできるキャッチーなダンスが要因になり、一般層まで大流行した楽曲は多い。

    坂道シリーズでも、例えば乃木坂46の「おいでシャンプー」の電車ごっこをするようなダンスは、ゴールデンボンバーなど他のアーティストにもモノマネされ、話題となった。


    乃木坂46や欅坂46の後輩グループとして誕生し、2月11日に満を持してけやき坂46(ひらがなけやき)から改名した日向坂46のデビューは、各方面から注目を浴びている。

    デビューシングルとしては記録的な売り上げが期待されており、予約も好調だという。

    「キュンキュンダンス」の流行という大きなワンポイントが加われば、一気に大ブレークする可能性も十分ありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-03081017-nksports-ent


    日向坂46「デビューカウントダウンライブ」

    画像①

    画像②


    日向坂46 『キュン』Short Ver.
    https://www.youtube.com/watch?v=wYanmkSEJco

    所長見解:日向やね・・・

    【【流行必至】日向坂46「キュンキュンダンス」が早くも話題ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ