ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    アイドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月23日、欅坂46の平手友梨奈(18)がグループを脱退することが公式サイトで発表された。

    同じくメンバーの織田奈那(21)と鈴本美愉(22)も卒業することが明かされているが、理由や時期については明言されていなかった。

    圧倒的な表現力とパフォーマンスでファンから“てち”の愛称で親しまれていた平手。

    それだけにTwitterではファンも悲喜こもごも。

    《突然過ぎて上手く言葉にできないけど、お疲れ様でした。
    最年少で全シングルセンター 理不尽に叩かれることもあって絶対辛かったと思うのにそれでもステージに立ち続けてくれてありがとう。
    支えてくれてありがとう、てちがいたから頑張ろうって思えてたよ てちには感謝しかないよ》

    《てちもん、もっと見たかった、、、、じわじわつらい、、、、、、、つらい、、、》


    突然の脱退発表となった平手。

    しかし、本誌は彼女の“異変”を目撃していた。

    k


    それは昨年の大晦日に開催された『第70回NHK紅白歌合戦』のリハーサルでのこと。

    18年の紅白はケガにより欠場し、2年ぶりの出場となった平手。

    他のメンバーより少し遅れて舞台に登場したが、その顔には憔悴の色が浮かんでいた。

    披露する「不協和音」のフォーメーションやダンスの確認も、笑顔を見せることなく疲れ切った表情で淡々と進めていく。

    メンバーから立ち位置を指摘され、「こっちか……」と力なく漏らす場面も。


    さらにファンにはおなじみの決め台詞「僕は嫌だ!」も普段の鬼気迫る力強さはなく、か細い声で発していた。

    そんな満身創痍な平手を目撃した記者席からは「大丈夫なのか……?」「休ませたほうがいいのでは?」といった声が飛び交い、騒然としていた。


    果たして平手は今、何を思っているのだろうか――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17708764/
    女性自身

    所長見解:もうね・・・

    【【脱退発表】欅坂46・平手友梨奈が紅白で見せていた異変がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    AKB48グループを運営する株式会社AKSが、2月に社名を「株式会社ヴァーナロッサム」に変更し、国内の48グループの運営からは撤退することが20日、発表された。

    同社は現在募集中も含めた海外の9グループと、グローバルガールズグループ・IZ*ONEの運営を行う。

    m


    現在、AKSが運営しているAKB48、HKT48、NGT48はそれぞれ独立し、株式会社AKB、HKT、NGT(それぞれ仮)となり、すでに独立済みのSKE48、NMB48、STU48と合わせ、国内6グループがすべて独立採算制を敷くことになる。

    関係者によると、グループが巨大化したことを受け、「運営側とメンバーがより密接なコミュニケーションを行ったり、地域との連携をより深めるため」という理由だという。


    独立する新会社は、株式会社AKBが4月、HKT&NGTが3月に発足予定。

    AKBは現AKS取締役・内村和樹氏が、HKTは同・前田治昌氏が、NGTは現NGT48劇場副支配人の岡田剛氏が社長に就任する。

    また、選抜総選挙やグループ全体のコンサートなど、全グループ合同で行うイベントについては、ヴァーナロッサムが管轄するという。


    AKSは2006年、AKB48の運営管理を主たる事業として設立された。

    国内姉妹グループの中で、STU48以外の6グループは、過去にAKSの運営管理下に置かれていた。

    昨年2月にはSKE48の運営事業を株式会社KeyHolderに30億円で譲渡。

    NMB48については、16年10月にKYORAKU吉本.ホールディングスから運営事業を譲渡されたが、昨年6月に再譲渡していた。

    STU48は17年3月の発足から、株式会社STUが運営を行っている。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/20/0013049833.shtml

    所長見解:そろそろなんやね・・・
    【【悲報】大人気アイドル・AKB48さん、そろそろ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ期待のスノウマンとシックストーンズ、売れなそう

    なんかオーラがない

    i
    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】ジャニーズ期待の新グループが売れなさそう問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント性
    s



    所長見解:キムタクはかっこよかったもんな・・・


    【【国民的アイドル】嵐がスマップになれなかった理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の時代には多くのアイドルが活躍し、お茶の間を熱狂させてきました。

    今でも当時の活躍ぶりを‟伝説”として語り継がれている人も多数。

    そこで今回は、昭和の伝説の女性アイドルについて探ってみました。


    1位 山口百恵

    2位 中森明菜

    3位 松田聖子

    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!


    f


    1位は「山口百恵」!

    『いい日旅立ち』『秋桜』『イミテイション・ゴールド』など、今も多くの人から愛される数々の名曲をリリース。
    歌唱力の高さも手伝い、当時幅広い年齢層から支持された昭和のスーパーアイドル。
    演技力の高さも評価され、歌手としてだけでなく女優としても大活躍。
    多くの映画やテレビドラマで主演を務めました。
    そんな彼女は俳優の三浦友和と結婚し、21歳の若さで芸能界を引退。
    引退時にマイクを床に置くパフォーマンスは多くの人の記憶に残っています。
    絶大な人気を集め、そして潔く去っていった山口百恵こそが伝説だと感じている人が多く、1位となりました。


    2位は「中森明菜」!

    昭和の時代には明るい笑顔がほとばしるようなフレッシュなアイドルが多かった中、そのような“絵に描いたようなアイドル”と一線を画す存在だったのが中森明菜。
    周囲にこびない、どこか大人びた彼女の雰囲気に引かれたファンが多数。
    『DESIRE -情熱-』『飾りじゃないのよ涙は』をはじめとしたかっこいい楽曲も多く、その強烈なまでの存在感は今も多くの人の記憶に鮮明に残っており、2位に選ばれました。


    3位は「松田聖子」!

    今も第一線で活躍し続けている松田聖子。
    デビュー当時からずば抜けた歌唱力で『赤いスイートピー』や『渚のバルコニー』などの名曲を多数リリース。
    また、上品なお嬢様風の衣装や一世を風靡した“聖子ちゃんカット”をまねする女性が急増し、社会現象に。
    そんな一時代を築いた松田聖子が3位となりました。


    このように、誰もが知る人気アイドルが上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~57位のランキング結果もぜひご覧ください。


    みなさんは、どの昭和のアイドルが伝説だと思いますか?


    https://ranking.goo.ne.jp/column/6294/

    所長見解:せやな・・・

    【【懐かしの昭和】伝説の女性アイドルランキングがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ