ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: AKBグループ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モー娘。好きはその実力を買って、AKB好きはグループの結びつきに惹かれた?

    アイドルグループといえば、世間の注目を集め、なおかつグループ内でも注目を争う“下克上”というイメージがありませんか? 
    そんな流れを作ったのは、古くはおニャン子クラブ、そしてモーニング娘。、そしてAKB48と、時代に合わせて大規模なアイドルグループが世間の支持を集め、いつしか消えていきます。

    まさにアイドルグループは諸行無常といえますが、現在20~30代の女性にとってメジャーグループといえるのはAKB48とモーニング娘。では、それぞれどんなイメージを抱かれているのでしょうか?

    そこで、リアルタイムでその人気を目の当たりにしてきた20~30代の女性200人にアンケート調査を行いました!(協力:アイリサーチ)

    ■AKBとモー娘。ぶっちゃけどっちが好き?嫌い?

    ・「モーニング娘。」 49票
    ・「AKB48」 28票
    ・「どちらも嫌い」 12票
    ・「どちらも好き」 3票
    (フリーアンサーで回答。有効票数92票)

    人気だったのは、モー娘。という結果に。
    酒気帯び運転に加えひき逃げという罪を犯してしまった吉澤ひとみの醜聞が記憶に新しいところですが、AKBにこれだけの差をつけたのは注目すべき結果ですよね。

    アイドルというと、虚飾に彩られた銀幕の中でぶりっ子全開で歌って踊る……
    なんてイメージは今や昔のことですが、皆さんは具体的にどんな印象を持っているのか、それぞれを選んだ人たちの詳しい理由を見ていきましょう。(コメントは原則として原文ママ)

    m



    【モー娘。派の理由】

    「クリーンな感じだからモーニング娘。が好きです。 AKBは黒さしかない」(32歳・宮城県)

    「プロ意識がこちらの方があるのと、可愛い子が多い」(30歳・栃木県)

    「今の新モーニング娘。は全く知らないけど、世代だったから」(28歳・兵庫県)

    「モーニング娘。が好きです。アイドルだけど顔だけで勝負してなくて、歌声やダンスパフォーマンスにおいてもAKBより上だと思います」(28歳・青森県)

    「モーニング娘。のほうが好き。自分の青春時代に活躍していて憧れがある。かわいい子も多かった。 つんくさん、秋元康さんどちらもカリスマ性があるが、モーニング娘。のほうが断然曲がいい。 AKB48はかわいい子がいない。センターでやっていた前田敦子が特に嫌いだから」(28歳・長野県)

    「モーニング娘。の方が好き。AKB48のお遊戯会のような踊りと歌は見ててグッとこない。最近のモーニング娘。はあまり知らないが、昔のモーニング娘。世代なのでモーニング娘。を推す」(26歳・神奈川県)


    【AKB派の理由】

    「AKBの方がかわいい子が多い。 モーニング娘。は誰も知らない」(28歳・大阪府)

    「可愛いし、曲も好き。 モーニング娘は強いイメージであまり華がない」(39歳・千葉県)

    「楽しそうだから。モーニング娘はあんまり仲がよくなさそう」(34歳・京都府)

    「AKBの方が、表裏のある人がいなさそう。モーニング娘。は、年をとって色々な事件や事柄がありすぎた」(30歳・長崎県)

    それぞれひいきがあるでしょうが、モー娘。派の見方は「AKBよりクオリティが高い」というものが多く、AKB派は「モー娘。よりも明るい」というものが多かったように見受けられます。

    とはいえ自分の“ひいき”の対象以外は、どうしても見下したくなるというのが好き嫌いの心理なのでしょうけどね。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00013653-jprime-ent&p=2
    続きます


    所長見解:大差ない?・・・

    【【人気対決】「モーニング娘。」VS「AKB48」の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ハロウィンの喧騒のさなか、小池百合子都知事がメーテルのコスプレをしてイベントに出ていた。トホホ、というしかないが、いま最も小池都知事に近いと私が勝手に思っているのが、日本テレビの新人アナ・市來玲奈である。

    幼少の頃から競技ダンスで頭角を現し、日本代表選手に。
    その後乃木坂46に在籍し選抜メンバー入りを重ねながらも、学業に専念すると卒業。
    しかし芸能活動は続けながら、TBSの看板番組「中居正広の金曜日のスマたちへ(現在は「金曜日のスマイルたちへ」)」の社交ダンスコーナーで一躍有名となった。
    そして今はキー局の女子アナ、という華々しい経歴の持ち主だ。

    しかし、彼女を小池都知事に重ねる理由はキャリアの輝かしさだけではない。
    野心のありようが、という点なのである。
    おそらく両者とも、自分が「センター」になること、しかもその期間をいかに長くするかに人生の重きを置いてきたのではないか。

    r


    ダンスの日本代表から国民的アイドル、有名番組の企画で全国区に顔を売ってキー局アナへ、というチヤホヤ街道を進み続けるバイタリティと胆力。
    元アイドルや元モデルというアナウンサーは多いものの、政界の渡り鳥と揶揄された小池都知事どころか、芸能界の上澄みを渡り鳥のように生きる市來アナの野心は相当なものだ。

    実際に局アナ内定報道後の「金スマ」では、市來からは何の釈明もないまま番組を去った、という内容が放送された。
    他局に内定した女性への悪意ある編集と見ることもできるが、彼女への批判は相当あったとされている。
    本人は事前にTBS側含めて相談をしていた、というブログも書いていたようだが、それこそ真相は闇の中だ。
    とはいえ、勝てば官軍といったけろっとした風情で、新人ながら「行列のできる法律相談所」や、「news zero」など看板番組に抜擢された引きは強い。
    華麗な過去を踏み台に、手にしたキー局アナウンサーという立場は絶対に手放さないと言わんばかりの前のめりの笑顔には、燃え続ける上昇志向をつい探してしまう。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00551194-shincho-ent


    所長見解:乃木坂だったのか・・・

    【【行列に抜擢】元・乃木坂46の市來玲奈アナの野心がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(25歳)が、10月31日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。
    脱毛トークを繰り広げた。

    この日、日本テレビの青木源太アナウンサー(35歳)が、ヒゲが濃いため永久脱毛をしていると話すと、「めちゃくちゃ痛いですよね、顔の(脱毛)」「私は顔はやったことないですけれど、繊細であればあるほど痛い」と相槌を打ちながら話す指原。

    この話を聞いていたMCのフットボールアワー・後藤輝基から「どこやってんの?」と聞かれた指原は、“言わせるな”というような仕草を何度もすることに。

    後藤が「あらゆる所やってるの?」と重ねて聞くと、指原は「全部やってますよ。本当に痛いんですから。特にこことか…」と手のひらを股間に当ててみせ、驚いた後藤が「ないの!?」と声を強くすると、指原は再び“言わせるな”といった仕草で後藤に注意していた。

    s


    指原は2015年に出演したバラエティ番組で脱毛にハマったことを告白。
    下の毛がトークテーマになった際に、タレント・有吉弘行が「“モジャ原”って呼ばれてて……」と暴露したことに対し、「“モジャ原”って言われたことがコンプレックスで、“つる原”に一回したんです」「フォーエバー“つる原”」と明かしていた

    http://news.livedoor.com/article/detail/15530328/


    所長見解:うまいね・・・

    【【大胆告白】指原莉乃「全部やってる。特に痛いのは…」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年9月14日に295館で公開された映画「響 -HIBIKI-」は、10月25日を最後に主要な映画館での上映が終了した。
    人気漫画を原作に、いまを時めく欅坂のエースを投入した本作には“大コケ”の声も聞こえるが、意外にも「アイドル女優」として評価は悪くないのだとか。

    h


    公開から1週間が経った9月21日付の「毎日新聞」夕刊は、「響」について〈最終の興行収入10億円が難しい情勢だ〉と分析した。

    「現時点での公式の詳しい発表はないものの、ネットでは熱心な欅坂ファンがどこからか数字を引っ張ってきて、最終的な数字を『5・5億円程度』と見積もっています。

    初週がランキング6位、翌週には9位に転落していたことを考えると、これはそう遠くない数字のはず。
    公開前の大宣伝と公開館数を考えれば、少なくとも“成功”とはいえないでしょうね……」(芸能記者)

    天才女子高生作家を描いた本作で主演を務めたのは、欅坂46のセンター・平手友梨奈(17)である。
    “女優・平手”については「監督にダメ出しした」との常人離れエピソードが紹介されたり、
    「絶対的な存在感を見せつけた」といったレビューがメディアに掲載されたりと、ヨイショで埋め尽くされていた。

    それだけに興収振るわず、平手の面目丸つぶれ――と思いきや、さにあらず。

    「いえいえ、普段は感情を表に出さず、突飛な行動で周囲を驚かせる主人公が見事に憑依していました。
    数字の反面、彼女の演技は悪くなかったんじゃないですかね」と、先の記者はいう。

    「今でいえば橋本環奈(19)なんかが『アイドル女優』の枠でしょうが、平手の場合はちょっと独自の道をひらいているイメージ。
    あえていうなら昔の中森明菜(53)みたいな感じです」

    共演者には北川景子(32)や吉田栄作(49)、高嶋政伸(52)らがいるが、「撮影のスケジュールは完全に“平手あわせ”」でした、と関係者は明かす。

    「撮影は今年の4~5月だったかと思います。
    早目にリハーサルをしても本番撮影まで日が空くのが嫌らしく、リハ翌日に本番なんてこともありました。異例も異例です。
    欅のプロデューサーの秋元(康)さんが作品のスーパーバイザーですし、なにより平手の起用は原作者の希望もありましたから」

    こうしたお膳立てがあったにしろ、“憑依系女優”としての評価は悪くなかったというわけである。
    これは来年あたり、連ドラ主演もあるか!?

    「ネックになってくるのが平手の体調です。
    昨年の『紅白』では過呼吸で倒れていましたが、その後も負傷して武道館公演がなくなったり、ステージから転落したり……。
    この10月も、グループの新曲の握手会ミニライブを体調不良で欠席していました」(先の記者)

    かねてよりメンタル不安が囁かれてもいる。

    「ですから、連ドラに使うのはキツイ。
    短期間で撮り終える映画と違って、ドラマの撮影は長期にわたる。
    そこで休まれたりしたら、撮影スケジュールがめちゃくちゃになってしまいますからね」

    オファーがあるのかを含め、次回作にご期待あれ、ということか――。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10310700/?all=1&page=1


    所長見解:そうなの・・・

    【【響】欅坂・平手友梨奈、主演映画の結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「うおおおおお~っ!」

    10月12日12時過ぎ、福岡市の海鮮料理屋の2階座敷。
    昼食を取っていた約130名の参加者から地鳴りのようなどよめきが上がった。
    「彼女」が姿を見せたのである。

    なかには、「今日の『ぱるる』のファンサービスは半端ない。AKB時代の握手会では実質ひとり6秒くらいしか彼女と話せなかったのに、今日は4分もぱるるを至近距離で見られた!」
    と、感涙に咽(むせ)び泣かんばかりの20代の女性参加者もいたほど。

    こうして「ピン」となって初の、「ぱるる」こと元AKB48の島崎遥香(はるか)(24)によるファンクラブ旅行は幕を開けたのだった――。

    「選抜総選挙」で7位にまで上り詰めたことのある島崎の売りは、何と言っても「塩対応」にあった。
    愛想がなく、素っ気ない。
    時にファンを鬱陶(うっとう)しがる。
    そうした「しょっぱい対応」が、逆にアイドルらしからぬキャラとして受けてきた。
    そんな彼女も一昨年の大晦日をもってAKBを卒業。
    つまり組織からの独立を果たしたわけだ。
    しかし、「束売り」の頃はそういったキャラも「大勢のメンバーのなかのひとつの個性」として通用したが、「バラ売り」では厳しかったようで、「最近、露出が減り、地上波ではドラマにゲスト出演したりする程度」(アイドルウォッチャー)という苦境に立たされていた。
    そこで、栄光を取り戻すにはまず足場固めと考えたのか、今回、10月12日から2泊3日のファンクラブ旅行が開催されたのである。

    no title

    チーママ「ぱるる」見参

    「東京発着コース」でひとり部屋宿泊の場合、お値段19万円という旅行の目玉は、湯布院や阿蘇といった九州の名所をファンがバスで巡るなか、要所で本人が現れる「サプライズ生島崎」。

    例えば初日の夕方、参加者が長さ390メートルの九重(ここのえ)“夢”大吊橋(大分県)を歩いて渡ると、島崎が待ち受けていて、「ぱるる自らスタンプラリーのスタンプを押してくれました。130人全員分です!」(参加者のひとり)

    また、杖立(つえたて)温泉(熊本県)のホテルでの夕食後には、「わざわざピンク地の浴衣に『衣装替え』したぱるるが、私たちひとりずつと写真撮影をしてくれた!  超感激?」(同)

    こうしたファンサービスもあってか、撮影会後に行われた「島崎グッズ」販売会では、「百均で売っているようなオリジナル歯ブラシセット(1500円)なんかが飛ぶように売れていました」(同)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00550606-shincho-ent


    所長見解:高いな・・・

    【【塩対応?】元AKB「ぱるる」こと島崎遥香が開催したファン旅行の中身がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ