スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元プロ野球選手でタレントの清原和博(51)が、先月、都内の繁華街にいたところ、薬物使用の疑いをかけられ警察に連行されていたことが一部週刊誌などで報じられた。

    「清原の腕には、糖尿病のインシュリン注射の痕が見えたため疑われたもよう。
    清原は薬物使用を否定したものの、パトカーに乗せられ警察署に連行。
    結局、尿検査まで行われたが薬物は検出されなかった」(全国紙社会部記者)

    清原は2016年2月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕され、同年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を下され猶予中。
    薬物依存症の治療は現在も続いており、1日4回の服薬と2週間に1度の通院治療中。
    重度の糖尿病の治療も負担になっているというが、さすがに薬物には懲りたのか、心身共に更生に向かっているという。

    image


    「ある平日の夕方、都心にあるフィットネスクラブに清原がいました。
    まだお腹はぽっこりでしたが、パーソナルトレーナーらしき人物と黙々とトレーニングをこなしていました。
    いまだに周囲を警戒するような感じではありましたけど、トレーナーとも談笑するなどしていました。
    以前は高級フィットネスクラブに通っていましたが、そこの会費は月に1万円ほど。
    生活ぶりは質素なのかもしれません」(目撃した会員)

    7月に発売した自叙伝「告白」(文芸春秋)は10万部を突破するベストセラーに。
    番長は着実に社会復帰に向けて歩んでいるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15472008/
    日刊ゲンダイDIGITAL


    所長見解:痩せなきゃな・・・

    【【完全復帰へ】清原和博が会費1万円のスポーツクラブでトレーニングの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    貴乃花(46)はこれまで、大勢の前で3人の親方を罵倒している。
    2014年に死去した放駒元理事長(享年66=元大関魁傑)、八角理事長(55=元横綱北勝海)、友綱親方(66=元関脇魁輝)、いずれも自分より年長の先輩に対してだ。

    二所ノ関一門に所属するある親方が言う。

    「貴乃花がウチの一門から初めて理事候補選に出馬したのは2010年。
    いまさら説明する必要もないだろうけど、当時は慣例破りの貴乃花の行動に、一門は騒然としていた。
    そんな中、何とか貴乃花をいさめようとしていたのが、一門の実質的な総帥だった放駒さんです。
    一門会でも『まあ、待て。ちょっと落ち着け』と説得していましたが、貴乃花は聞く耳を持たず、自分の都合しか話さない。
    しまいには放駒さんを大声でののしりだしたものだから、われわれも肝を冷やしたほどです」

    八角理事長を面罵したのは、16年1月の年寄総会。
    当時は山響親方(48=元前頭巌雄)が評議員を退任したため、後任を決める必要があった。
    八角理事長は年寄総会に先立って行われた評議員会で、同じ高砂一門のOBである元中村親方(70=元関脇富士桜)を推薦。
    これに猛反発したのが貴乃花だ。

    年寄総会に出席したある親方が言う。

    「貴乃花は評議員会でも怒っていたようだけど、その後の総会でもすさまじかった。
    親方衆全員が見ている中で、八角理事長を『テメー!』とか『コノヤロー!』とか怒鳴り散らしていた。
    聞き取れたのはそれくらいで、後はほとんどワーワーわめいていた。
    理事長が何か言おうとしても、ずっと怒鳴っているもんだから、ウチらもドン引き。
    ちょっとあの怒り方は尋常じゃなかったね」

    t


    ■「オマエなんて言われる筋合いはねえよ!」

    さらにこの親方は友綱親方の件についても、こう話す。

    「きっかけはつまらないことだよ。
    いつの総会かは忘れたけど、貴乃花が何かについてしゃべっていたんだ。
    そこに友綱さんが『オマエ、それはちょっと違うよ』と横やりを入れた。
    すると、貴乃花は突然、『オマエにオマエなんて言われる筋合いはねえよ!』と、友綱さんを罵倒した。
    友綱さんは貴乃花より20歳も年上だよ? いくら何でも言い方ってものがある。
    あの辺りから親方衆も、『コイツ、何かおかしいぞ』と気付き始めたようだね」

    他人の意見に反論する権利は誰にでもあるし、話の腰を折られて面白くない気持ちもわかる。
    その場合、普通ならば「対話」というプロセスがあってしかるべき。
    ところが、貴乃花はいきなり一足飛びどころか二足も三足も飛んで、「罵倒」という手段に出る。

    それでなくとも、貴乃花は自分の言葉で相手と話し合うことができない。
    少しでも気に入らないことがあれば、大声を張り上げて恫喝する。

    ある親方は「顔と顔を10センチくらいの距離に近づけて、ものすごい形相でにらまれたこともある」と話す。
    ヤクザでもしかるべき地位の人ならこうはしない。
    これではまるでチンピラヤクザではないか。

    16年に大阪で行われた理事会では、宗像元外部理事とともに、執行部を糾弾。
    といっても、マトモに意見をぶつけたわけではない。
    宗像元理事の尻馬に乗って、「そうだ、そうだ!」とダミ声で怒鳴っていただけだ。
    逆に話し合いの席や、自分が攻められる立場に回ると「はい」「いいえ」「別に」くらいしか言えず、切羽詰まると「それは弁護士に……」と、逃げ回るのが常だ。

    人と理詰めで話せないのだから、組織改革などできるはずもなかったのだ

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239250


    所長見解:本当か?・・・

    【【これはヤバい】元・貴乃花親方の裏の顔がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長すぎワロタ

    no title


    所長見解:でかい・・・

    【【元バレー選手】木村沙織が普通の女子と並んだ結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    20日に横浜アリーナで決勝があるバレーボール女子世界選手権で、競技団体と大会を共催するTBSテレビに億単位の赤字が見込まれることが関係者への取材でわかった。
    CM収入の低迷が理由という。

    v


    日本バレーボール協会も赤字の見通し。
    大会は女子の人気が高い日本で頻繁に開催されてきたが、国際バレーボール連盟は次回の2022年以降の開催国決定方法を競争入札制に変更。
    経済成長が著しい中国、タイなどが乗り出しているといい、テレビマネーが頼りの日本は金額面で対抗できなくなる恐れがある。

    今大会のTBSの支出は国際連盟への放映権料、マーケティング権料などで計20億円以上。
    企業が広告費を抑えた影響でCM収入が伸びなかったといい、赤字額は10億円近くになるとの見方もある。
    日本協会は入場料収入が伸び悩み、約6億円の損失が出そうだ。

    https://www.asahi.com/articles/ASLBD7K5CLBDUTQP032.html


    所長見解:木村沙織がいればね・・・

    【【大惨敗】TBS「バレーボール女子世界選手権」の赤字額がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月いっぱいで日本相撲協会を退職した元貴乃花親方のコメントが、ネット上で話題になっている。

    t


    元親方は、10月8日に亡くなった第54代横綱・輪島大士氏への追悼のコメントを『貴乃花応援会』のウェブサイトに投稿した。

    《私が幼いころですが、輪島さんは先代貴ノ花の自宅へ遊びに来られていました。
    夜に突然来られてあっという間に残り香を残して帰られるような輪島さんは、私の子供のころの記憶をたどると、宇宙人みたいな、それこそ天孫降臨されたような方でした》

    《輪島さんの思い出をたどると、先代貴ノ花の師匠が残して下さったお話も尽きないほどに思い出されますが、どれもが懐かしいことばかりです》

    《大きな大きな背中の輪島のおじちゃんとの大切な思い出を、いつまでも心にしまっておきたいと思います》

    元親方は幼少のころからちびっこ相撲で優勝するたびに、週刊誌から“輪島の子”などと陰口をたたかれてきた。
    その後、父・貴ノ花利彰氏の元に入門したときにも、横綱に昇進し、優勝を重ねていたときにも同じようなウワサを立てられ続けている。

    世間の間でも

    「輪島の40代くらいの顔が貴乃花親方とソックリなんだが……誰も何も言わないところをみると暗黙の了解ってやつなんだろうか」
    「貴乃花と顔が似てるよね」
    「顔も似てるけど体型が似てたよね」

    といった投稿が見受けられていた。

    このウワサに対して、貴乃花親方の母であるタレントの藤田紀子は、2017年に出演したテレビ番組で「根も葉もないことで、本当にくだらない作り話。最初聞いたときはビックリしたけど、今は怒るのもバカらしい」と全否定。
    しかし、藤田と元親方が現在13年間絶縁状態にあるのは、元親方が「輪島の息子というデマを真に受けてしまったからでは?」との邪推が収まることはなかった。

    藤田は今回、輪島氏が亡くなった件に、追悼として『東京スポーツ』で、「亡くなった親方(故二子山親方=元大関貴ノ花)とデートで輪島さんが連れてこられて初めて会いました。
    その後も輪島さんを交えて3人で食事しましたが、親方はシャイな方でしたし、2人だけなら場がもたなかったかもしれません。
    輪島さんがいなければ結婚していたか分かりません」と語った。

    輪島氏の死去によって、真相は完全にヤブの中となったが、デマが回ったまま親子の関係が切れているとなれば、これほど悲しいこともないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1540112/ 


    所長見解:真実は・・・

    【【輪島氏訃報】元貴乃花親方の「あの噂」問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ