ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手を右肘内側側副靱帯の損傷により、故障者リスト入りさせると発表した。

    大谷は6日(同7日)の本拠地ロイヤルズ戦に先発したが、4回63球で緊急降板。
    4回を4安打4奪三振3四球1失点(自責1)で勝敗はつかなかったが、63球のうち33球がストライクと制球が荒れていた。
    当初は右中指にマメができたことが降板理由と発表されていた。

    s


    球団によれば、7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診断を受け、PRP多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けたという。
    3週間後に再び患部の状態をチェックし、その後の治療方針を固めるという。

    ベーブ・ルース以来の二刀流として全米を沸かせている大谷は、これまで投手として9試合に先発し、4勝1敗、防御率3.10の成績。
    打者としては34試合に出場し、6本塁打20打点、打率.289の成績を残していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00136467-fullcount-base 


    所長見解:やってもうた・・・

    【【悲報】メジャーリーガー・大谷翔平の今シーズンが終わった模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k



    https://twitter.com/h_tenten65/status/998234337551171584?s=19


    なんやろこの不安感 動画 ↑


    所長見解:なんか怖い・・・

    【【検証動画】川崎宗則が出てるCMがなんか怖い模様・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

    主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者が選出された。

    no title


    メンバーは以下の通り。

    【GK】川島永嗣(35=メス)、東口順昭(32=G大阪)、中村航輔(23=柏)

    【DF】長友佑都(31=ガラタサライ)、槙野智章(31=浦和)、吉田麻也(29=サウサンプトン)、酒井宏樹(28=マルセイユ)、酒井高徳(27=ハンブルガーSV)、昌子源(25=鹿島)、遠藤航(25=浦和)、植田直通(23=鹿島)

    【MF】長谷部誠(34=フランクフルト)、本田圭佑(31=パチューカ)、乾貴士(29=エイバル)、香川真司(29=ドルトムント)、山口蛍(27=C大阪)、原口元気(27=デュッセルドルフ)、宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)、柴崎岳(26=ヘタフェ)、大島僚太(25=川崎F)、

    【FW】岡崎慎司(32=レスター)、大迫勇也(28=ケルン)、武藤嘉紀(25=マインツ)

    日本は6月2日に直前合宿地のインスブルック入りし、8日にスイス、12日にパラグアイとの親善試合を経て、1次リーグH組に入ったW杯では19日にコロンビア、24日にセネガル、28日にポーランドとすべて格上の相手と対戦。
    W杯が2カ月後に迫った4月にバヒド・ハリルホジッチ前監督を解任するという”荒療治”を経て、岡田武史監督が率いた10年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を目指す。


    スポニチアネックス
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/05/31/kiji/20180531s00002014184000c.html


    所長見解:想定通り・・・

    【【超速報】サッカーW杯日本代表メンバー23人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    W杯へ向け不安を残す内容となったが「この状況は今に始まったことではない。チームはゼロからのスタートで、みんな前を向いている。誰一人悲観的にはなっていない。ただ、危機感はある」と前を向いた。

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000161-spnannex-socc

    所長見解:弱すぎた・・・

    【【サッカー日本代表】ケイスケホンダ「みんな前を向いている、誰一人悲観的にはなっていない」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西野ジャパンの“神ファイブ”が固まった。
    日本代表は27日、千葉県内で合宿を行い、実戦形式の戦術練習で、前日に続き3バック布陣を試した。
    主将のDF長谷部誠(34)=フランクフルト=ら5人は常に主力組でプレーし、中核を務めることが濃厚になった。
    また、攻撃陣ではMF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=らロンドン五輪世代と、MF本田圭佑(31)=パチューカ=らビッグ3のポジション争いも勃発した。

    s


    西野体制に変わろうとも、カギを握るのはやはりこの男だ。
    前日に引き続き3バックの中央を務めた長谷部主将は「3バックはクラブでもやっているので慣れていますし、個人的には後ろでも中盤でもできる。
    自分の強みを生かしてやっていきたい」と力強く言い切った。

    この長谷部を含め、中核になるのが“神ファイブ”だ。
    この日はGKをつけない10対10の実戦形式の練習を2本実施。
    ともに主力組でプレーしたのは3バックの中央の長谷部と右DFの吉田、守備的MF山口、左ウィングバック(WB)の長友、そして右WBと1トップの後方(シャドー)で試された原口の5人。
    3―6―1を採用する西野ジャパンの守備を担う存在だ。

    3バックはWBが押し込まれると、5バックのような形になるため守備的な印象が強い。
    だが、長谷部は「みんなとも5バックにならないようにと話している。
    WBを押し上げて中盤で数的優位をつくりたい」と狙いを明かす。

    参考にするのが、近年3バックで結果を残したユベントス。
    MF宇佐美が「3バックでやると分かった時に(本田)圭佑君や(長友)佑都君と(イメージは)ユベントスという話はしました」と言うように、中盤で数的優位をつくり、相手に的を絞らせないボール回しをするつもりだ。

    1996年のアトランタ五輪で優勝候補のブラジルを破った“マイアミの奇跡”を起こした時もこのシステムだった。
    「3バックへのトライは面白いものになると感じている」と長谷部。
    再び世界を驚かすべく、西野ジャパンの骨格が固まりつつある。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000047-sph-socc

    所長見解:代り映えしないな・・・

    【【神ファイブ】サッカー日本代表、西野ジャパンの中核がコチラwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ