スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    締まってる


    r

    所長見解:せやな・・・


    【【検証画像】陸上の女子選手の尻のエチさは異常説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女子小学生がバランスボールで遊ぶ動画、35万再生wwww


    j


    所長見解:どうなん・・・


    【【検証動画】女子小学生がバランスボールで遊ぶ動画をアップした結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ブルマってなんでなくなったん?

    たまんねーよな


    b

    所長見解:ほんまやで・・・

    【【悲報】ブルマはなぜなくなったのか・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    まもなく執行猶予満了――。

    いま『薬物依存症』を書き上げた理由


    k


    「執行猶予が明けるのが怖いんです……」

    2020年の春、コロナ・ウィルスの猛威が日本にも影を落としはじめていた頃、清原和博氏は世の中とはまったく別の理由でふさぎ込んでいた。

    「もうちょっと執行猶予伸ばしてくれへんかなって……。
    なんなら一生執行猶予でもええなって、そう思うんです……」

     
    2016年、覚せい剤取締法違反の罪によって有罪判決を下された。

    『懲役2年6ヶ月、執行猶予4年』

     
    それがまもなく満了しようとしている。

    6月15日午前0時に執行猶予が明ける

     
    2020年6月15日、午前0時0分。

     
    逮捕されてからずっと、その日をめざして生きてきたはずだった。

    それなのに、いざその瞬間を目の前にした清原氏は、巨体を縮めて怯えてしまっているのだ。

    「最近は会う人、会う人に『もうすぐ執行猶予が明けるね』と言われるんですけど、それが嫌で嫌で……。怖いんです」

     
    誰かが言う。

    『更生してもらいたい』

    『復活を願っています』

     
    何をもって更生なのか。

    復活なのか。

    清原氏にはそれがわからない。

    「本質の部分は変わらないと思うんで……」

    「執行猶予が明けたらいきなり聖人君子にならないといけないプレッシャーのようなものです。
    いきなりぼくの中で何かが変わるわけではないですから……。
    本来、ぼくの中に流れている血というのは、やっぱり本質の部分は変わらないと思うんで……」

     
    相変わらず薬物への欲求は消えていないという。

    いつも耳鳴りがしていて、手の震えもおさまらないのだという。


    ◼以下全文
    https://bunshun.jp/articles/-/38316?page=1

    所長見解:がんばってや・・・

    【【あの人は今】清原和博さん「執行猶予が明けるのが怖い…もうちょっと伸ばしてくれへんかなって…。なんなら一生執行猶予でもええなってそう思うんです」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    緊急事態宣言解除を3日後に控えた5月22日、小池百合子都知事(67)は五輪代表選手の練習施設『ナショナルトレーニングセンター』に言及。

    早期に再開したいと述べた。

    だが、現実は甘くない。

    五輪の準備作業を統括するIOC(国際オリンピック委員会)のコーツ調整委員長は5月21日付の豪紙『オーストラリアン』で「新型コロナウイルスの感染が収束しない限り、東京五輪の開催はありえない」と警告。

    今年10月ごろに開催可否を判断する、とクギを刺した。

    感染者170万人、死者10万人を出しているアメリカの見立てはさらに厳しい。

    本誌は米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートを入手。

    そこには、こんな一文があった。


    「東京五輪は中止が決定している」


    p


    その根拠は以下の通りだ。

    ●多くの国が代表選手の再選考のための大会を開催する余裕も時間もない

    ●’21年は各国、財政の建て直しが最優先

    ●ワクチンができたとしても、世界中に行き渡るだけの量を確保することは困難。
    注射器や瓶の確保も間に合わない

    ●アフリカや中南米などの医療後進国はまだ第1波の真っ只中で収束が見えない


    こうした事情を勘案し、件(くだん)の企業は「東京五輪関連の予約をすべてキャンセルした」とレポートを結んでいた。

    ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。

    いち早く対策を練っていた。


    米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。

    「強行開催したとして、無観客に近い形になるでしょう。
    そんな大会に莫大な資金を出すスポンサーがどれだけいるのか。
    実際、新型コロナで多くの選手が企業のサポートを失っています。
    練習環境に不平等が生じているのもフェアではない。
    これらの理由で、複数のIOC関係者が『中止すべき』と主張しています」


    長年、アメリカの代表選手や関係者の移動を担ってきたスポンサー企業のひとつ、ユナイテッド航空は1月~3月の決算で1800億円もの赤字を計上した。

    「延期を受けて各スポンサー企業は再契約を迫られていますが、難航しています。
    大減益のなか、ビジネスとしての旨味も宣伝効果も薄い東京五輪にカネを出す意味を測りかねているのです。
    中止になってほしい、というのがホンネでしょう」(在米ジャーナリストの伊吹太歩氏)


    「五輪ファースト」は日本だけなのだ。



    『FRIDAY』2020年6月12日号
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d3033ea3ee2fb2467baf672105dd4128f2e211d

    所長見解:そうなるか・・・

    【【悲報】東京オリンピック中止決定の衝撃文書がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ