ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    やはりこの業界も放ってはおかないようだ。
    平昌五輪で一躍、“氷上のアイドル”として注目されたカーリング女子の日本代表「ロコ・ソラーレ(LS)北見」のスキップ・藤沢五月(26)。
    同五輪が開催された韓国でも有名になったほどで、この氷上のアイドルを出版界が指をくわえて見ているわけもなく、写真集出版へ早くも敏腕プロデューサー陣が動きだしている。

    f


    平昌五輪が閉幕し、選手たちが帰国してからも、五輪史上初の銅メダルを獲得した藤沢、吉田知那美(26)、吉田夕梨花(24)、鈴木夕湖(26)、本橋麻里(31)が所属するLS北見の人気はとどまることを知らない。

    国民的人気となった氷上のアイドルを巡っては本紙既報通り、北海道弁の掛け声「そだねー」を使ってCDデビューができないかと複数の音楽関係者が水面下で動きだしているが、それだけではなかった。

    出版関係者が明かす。

    「メンバーの中でも特に人気なのが藤沢。
    彼女の人気は20代若者男性から60代のオジサンまで、現在、すさまじいものがあります。
    彼女のOLのような普通っぽさが人気の秘密のようです。
    いま藤沢の写真集を出版すれば、間違いなく大ベストセラーになると、各社が出版権を取りに動き始めたようですよ」

    既にある大物出版プロデューサーも動きだしているというのだ。
    「小池百合子都知事や上西小百合元衆議院議員の写真集をプロデュースしたA氏は本腰を入れ始めているようです。
    A氏はこれまでも数多くの大物政治家や有名人を口説き落としていますから、藤沢の写真集出版にこぎつけるかもしれませんよ」(前同)

    出版界で「大ヒット間違いなし」と言われているだけに、当然、狙っているのはA氏だけではない。

    「男性週刊誌でも、藤沢やカーリング女子日本代表の特集をすると、売れ行きが格段にアップするそうなんです。
    そうした背景もあり、男性週刊誌や写真週刊誌も何とか“藤沢特集”や、撮り下ろしのグラビア展開ができないかと、毎度のようにプランに挙がってきているそうです」(別の出版関係者)

    もっとも、藤沢を狙っているのは、男性誌ばかりではない。
    「藤沢さんは女性にも人気があるとみられています。
    人気女性情報誌や女性ファッション誌も、藤沢さんのOLのようなかわいらしさにスポットライトを当てた私服特集や、ファッション企画をして、彼女をモデルとして登場させれば20~30代女性のお手本になると考えているようです」(アパレル関係者)

    極め付きはオタク心を揺さぶるようなある写真集企画だとされる。

    「女性アイドルたちの写真集を多く出す中堅出版社B社では、カーリング女子メンバーの5人で写真集を出そうと動きだしているそうです。
    彼女たちが試合中で“もぐもぐタイム”をしていたように、いちごをセクシーに頬張る顔のアップ写真を撮影し、写真集にしたら『絶対に売れる!』と、“もぐもぐ写真集”を企画しているそうなのです」(大手書店写真集担当者)

    また、藤沢は韓国の人気女優、パク・ボヨン(28)に似ているとネットで話題を呼んだが、「藤沢人気は韓国にまで波及しており、どの写真集も、実現すれば韓国語版も発売まで視野に入れているそうです」(同)

    LS北見メンバーの獲得競争はすでに始まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000009-tospoweb-ent


    所長見解:買おうかな・・・
    【【そだねー】カーリング・藤沢五月 写真集発売するってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    チャリティーオークションに出品されたフィギュアスケート羽生結弦選手のサイン入りスケート靴の入札額が3000万円を突破し、ファンから驚きの声があがっている。

    h


    ヤフー・ジャパンは5日、東日本大震災の復興支援を目的とした複数企画の実施を発表。
    その1つとして、著名人や企業から提供されたアイテムによるチャリティーオークションを同日より開始した。

    羽生選手は06年に続き、直筆サインを入れたスケート靴を出品。
    1円スタートで出品されると、またたく間に入札が相次いだ。
    入札額も高騰し、オークション開始から1日経った6日午前11時の時点でなんと約3400万円に。

    06年のオークションでの落札額は約340万円だったため、すでに10倍の額がついていることにネット上では

    「凄い!!良いことに使われるならもっと上がって!」
    「羽生くんの練習用スケート靴で、マンション買えるとか引くわー」
    「羽生くんのスケート靴は初競りのマグロなんや…初競りのマグロくらい縁起のいいものなんだ…」

    と驚きの声があがっている。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803060000343.html 


    所長見解:怖い・・・
    【【オークション】羽生結弦サイン入りスケート靴、入札額3000万円突破した結果ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉田はビジネス、伊調はエコノミー 栄氏の「パワハラ」はあったのか? 

    レスリング女子で五輪4連覇中の伊調馨(33)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラ行為を受けていたとの「告発状」が内閣府の公益認定等委員会に提出され、大騒動になっている。
    両者の言い分が真っ向から食い違うのだ。

    s


    「告発状」によれば、パワハラは2008年の北京五輪の後、高校時代から拠点としていた中京女子大(現至学館大、愛知県)を離れ、東京に転居したころから始まった。

    伊調は全日本男子コーチ(当時)の田南部力(たなべ・ちから)氏の元で男子選手と練習するようになるが、これを至学館大の監督でもある栄氏が快く思わず、田南部氏に伊調への指導をやめるよう迫る、伊調の男子合宿への参加を禁止する、など圧力をかけてきたという。

    12年のロンドン五輪前に、栄氏は選手強化本部長の地位を利用し、伊調を外し別の選手をオリンピックに派遣したいと明言。
    だが、伊調が実力で出場し3連覇を達成したと記されている。

    16年のリオ五輪直前には、伊調は栄氏らの指示で、(警視庁など)練習所に出入りできなくなり、赤羽のナショナルトレーニングセンターで一人練習。
    さらにリオ五輪へ向かう機内で、栄氏は「お気に入り」の吉田沙保里、登坂絵莉と共にビジネスクラスに搭乗。
    一方、伊調は他の選手団と共にエコノミークラスに搭乗したという。

    リオ五輪で4連覇後は拠点としていた警視庁レスリングクラブへの出入りも禁止された。
    嫌がらせは田南部氏の娘にも及び、レスリング選手としてインターハイ2位となったが、1位と3位の選手は全日本チームに招聘されたのに、娘は栄氏の指示で選ばれなかったというのだ。

    だが、日本レスリング協会は文書を発表し、告発を真っ向から否定。

    〈当協会が伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はございません〉
    〈(田南部氏に)伊調選手への指導をしないよう不当な圧力をかけた事実もございません〉

    警視庁も本誌の取材に対し、〈(出入り禁止の)事実はありません。
    伊調選手の希望があれば従来通り練習に参加することも可能です〉と回答した。

    しかし、「告発状」を出した貞友義典弁護士がこう反論する。

    「パワハラの事実は明らかです。
    栄氏は10年にコーチに圧力をかけた際、『伊調がやめても他の選手が育っているからいい』と言ったそうです。
    これが事実なら、伊調選手をロンドン五輪前に引退に追い込む意図があったことになる。
    自らの方針に従う選手以外は必要ない、栄氏に近い選手しか日本代表に選ばれないことになります」

    内閣府は協会からの聴取も含め検討中だという。 


    ※週刊朝日 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00000030-sasahi-spo


    所長見解:どうなるのやら・・・
    【【パワハラ疑惑】栄氏「お気に入り」吉田、登坂はビジネス、伊調はエコノミーってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年9月、代表決定戦に勝ち、平昌五輪代表を決めたロコ・ソラーレ北見(以下LS北見)の主将・本橋麻里についての記事を出した。

    m


    「カーリングの変態」本橋麻里の献身でつかんだLS北見の五輪キップ

    当初、僕がつけたタイトルは「マリリン、3度目の五輪へ。勝負を分けた献身」という、確かに平凡なものだった。
    編集部はそれに対して、上記を提案してきた。
    確かに「変態」という言葉はキャッチーこのうえない。
    ただ、アスリートに、それも女性に、そんな言葉をぶつけるのはいかがなものか、という葛藤もあった。

    それでも記事の内容は、彼女の努力やチームの勝因について言及した悪いものではないという自負もあった。
    何よりも多くの人に読んでもらいたいという下心もあったので、結局、編集部の提案に乗った。

    記事は、おかげさまで多くの人に読んでいただいたようだった。
    ネットの掲示板やコメントは玉石混淆なので、書き手として気にしないようにしているが、
    このときばかりはちょっと気になっていた。
    本橋の夫・謙次さんのコメントを使ったからだ。
    昨秋から五輪前後にかけて複数のメディアが彼に接触を試みたが、「僕はカーリングのことはわかりませんので、ごめんなさい」と、丁重に固辞し続けていた。
    僕も縁あってお会いすることができたが、取材は同様にやんわりと断られていた。

    最も端的に本橋麻里というカーラーを表現していたので、どうしても使いたかった。
    つまり、無断で確信犯的に書いた。
    編集部や読者からの評判は概ね悪くなかったのだが、小心者な僕はそれだけに罪悪感と恐怖を抱えた。
    本橋と旦那さんは気分を害していないだろうか。

    震えていると、なんと本橋麻里本人からメールで連絡をいただいた。

    「記事を読んだ友人から『やっぱり変態だったんだね(笑)』と連絡もらいました」 とあった。
    やはり人々は「変態」に食いついている。

    「私は変態ではありません。ど変態です(笑)」 全身の力が抜けた。

    「素敵な記事、変態の称号、ありがとうございます。
    改めて、私は周りに生かされてる人間だなぁと感謝しかありません」


    しばらくPCの前から動けなかった。
    目元を拭(ぬぐ)ってから、「ああ、こういうところだなあ」と確信した。
    “クソガキ”と自称する鈴木夕湖や、先に五輪を知った姉にコンプレックスを抱いていた吉田夕梨花、その五輪を経験しながら居場所を失った吉田知那美、勝てない責任を負いすぎたスキップの藤澤五月。

    クセが強く、傷を持ったメンバーが彼女のもとに集い、「麻里ちゃんにメダルをかけてあげたい」と、もがきぶつかりながらも、ひとつになった。
    日本は現在、カーリングフィーバーだ。
    その中心にいる本橋は喜び、まずは感謝の言葉を口にしながらも、これからのことを強調した。

    彼女らは本橋のカーリングへの思いを肌で知っている。
    本橋はスポンサー集めに走り、誰よりもアイスに乗り、トレーニングは欠かさない。
    「内側からチームにいいプレッシャーをかけたい」と公言する。

    本橋とともにチームを立ち上げた馬渕恵さんも、「あのマリリンが、大きくなりましたよね。いろいろなものを腹に飲み込んでチームに尽くしているんですもん」と、泣き笑いで教えてくれたこともある。
    本橋のその思いは銅メダルという形として結実した。

    「もぐもぐタイムをきっかけに、さらにカーリングにのめり込んで、戦術等も練りに練ってやっているので、そこに注目してもらえるとありがたいです」

    五輪でさえ、メダルでさえ通過点。
    ”ど変態”のカーリング・マーチはまだまだ続く。

    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index_3.php
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index.php
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index_2.php


    所長見解:いいね・・・
    【【衝撃告白】カーリング・本橋麻里「私は変態ではありません。ど変態です(笑)」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    番組ビビットのスタジオではこの後、メダリストたちへの報奨金の話題になった。
    銅メダルのカーリングの5選手には、JOC(日本オリンピック委員会)から規定通り100万円ずつ支給されるが、日本カーリング協会は「ない袖は振れない」と報奨金はゼロという。
    これだけ話題になり、日本中がカーリングに注目したのだから、特別支給を考えてはどうなのか。
    まったく、融通が利かない。

    k


    もっとも、全農は米100俵を贈呈するという。
    米だけじゃなくて、彼女たちが「もぐもぐタイム」で食べていたリンゴやいちごなんかもプレゼントしてくれないかなあ。

    https://www.j-cast.com/tv/2018/02/28322366.html

    日本カーリング協会はこれまで実績がなかったので、スケート連盟の方が報奨金が上がってきています」と解説した。
    実際、日本カーリング協会は「お金がないので、ない袖は振れない」と報奨金は規定されていないという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000013-tospoweb-spo

    「報奨金」とはメダルの色に合わせて金は500万円、銀は200万円、銅は100万円がJOC(=日本オリンピック委員会)から支払われる制度。

    http://www.news24.jp/articles/2018/02/23/09386424.html


    所長見解:少ないよね・・・
    【【銅メダル】カーリング5人娘「報奨金」たった100万円ってよwwwwwww  】の続きを読む

    このページのトップヘ