ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長嶋さん 妻亡くし、体調すぐれぬノムさんを「激励に行きました」

    no title


    巨人の宮崎キャンプ60年とソフトバンクの球団創設80周年を記念した「ジャイアンツ―ホークスOB戦」が10日、サンマリンスタジアム宮崎で行われた。
    ジャイアンツOBの総監督を務めた長嶋茂雄終身名誉監督(81)は、15年ぶりに指揮官としてベンチ入り。
    降水確率80%の空模様も一転、ミスターの笑顔が打線爆発&勝利を呼び込んだ。

    打って笑い、抑えて喜んだ。
    一塁側ベンチ、400勝左腕・金田の隣に座った長嶋総監督は「ナイスバッティング!」「ナイスピッチ!」と何度も大声を出した。
    心地よい球音と、グラウンドの匂い。
    野球が楽しくて仕方がない、子供のような笑顔だった。

    「しばらくぶりにベンチに入ってね。試合を見ながら選手の元気な姿を見ていると、やっぱり野球というのは非常にいい感じで。気持ち良かったです」

    ベンチで指揮を執るのは、日本代表を率いた03年アテネ五輪の予選以来。
    翌04年本戦は脳梗塞で倒れ、ベンチ入りはかなわなかった。
    15年ぶりの晴れ姿。
    OB戦とあって采配にはこだわらず、宮崎キャンプ1年目の59年シーズンを再現したクリーム色のユニホームは着ずにジャンパー姿だった。
    それでもミスターがベンチにいる。それだけで違う。
    王も「今のOBの中では一番、(選手が)その気になりやすい」という存在が「長嶋監督」だ。

    試合前には王、張本とともに、三塁側ベンチ裏の監督室に足を運んだ。
    ホークスOBの野村克也総監督の元へ。
    「奥さん(昨年12月に亡くなった沙知代夫人)の話とか、本人も体調が悪いと聞いた。
    激励に行きました」。
    ひまわりと月見草と称され、現役から監督時代もライバル関係が続いた。
    そんな過去の因縁にも、同学年の2人は「ノムさん」「ミスター」と呼び合う。
    この日も10分近く話し込み、お互いに「元気か?」「大丈夫だ」と言葉を交わした。
    記念撮影では中央に2人並んで写真に納まった。

    「いい野球ができました」。
    強い雨で試合開始が1時間12分も遅れたが、初回にはうそのようにやんだ。
    前売り券は完売。
    スタンドは1万7642人のファンで埋まり、終了後には晴れ間とともに夕焼け空も顔を出した。
    ミスターの神通力。
    ひまわりの笑顔が咲けば、どんな奇跡でも起きる。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/11/kiji/20180210s00001173305000c.html


    所長見解:いい話だな・・・
    【【往年盟友】長嶋さん 妻亡くし、体調すぐれぬノムさんを「激励に行きました」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ピョンチャン五輪スタッフ宿舎で“食中毒”

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3284151.htm

    p


    他にも

    ・二千数百人のボランティアスタッフ、待遇改善を求めてボイコット
    ・選手村で提供される食事が国連の難民食レベル、その上値段は約1200円
    ・寒いばかりで降雪があまりない地域の為未だに雪が足りない
    ・外に放置したカップラーメンが氷結するくらいの気温なのに会場に防寒設備一切なし
    ・で、その対応として配布される防寒グッズはハナクソ以下のシロモノ


    面倒臭いから後適当に足してくれ。


    所長見解:アウトー・・・
    【【韓国平昌】絶対に笑ってはいけない冬季五輪 in Koreaってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    〈我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させる〉
    ──相撲協会の定款には、そう謳われている。
    だが、2月2日に行なわれた骨肉の理事選闘争を通じて露見したのは、“伝統”を口実に旧態依然とした利益分配構造を温存するあまりに特殊な実態だった。

    「相撲文化、ちょんまげ文化を100年先までこのようにして守っていくというのが私の考えです」

    初場所9日目(1月22日)の理事長懇談会の席上、八角理事長からそんな言葉が出た。
    その“ちょんまげ文化”に「一門制」は含まれるのか──という記者の質問には、「もちろんです。今の形を守っていかないといけない。先輩たちが築き上げてきたものですから」と応じた。

    今回の理事選で注目を集めた「一門」という存在。

    「一門ごとに理事候補を調整し、票を固めて“一門の理事”として当選させる。
    それが角界の『伝統』です。
    1968年から2年に一度の理事の選挙制度が導入されたが、1996年までの15期30年は『無投票』が続き、10人の理事枠は5つの一門(当時)に2人ずつ均等に振り分けられてきた。

    s


    1998年に当時の境川理事長(元横綱・佐田の山)が年寄名跡改革案を打ち出して親方衆の反発に遭った時や、2010年に『協会改革』を掲げて貴乃花親方が二所ノ関一門を割って出た時など、理事選で投票になるほうがむしろ異常事態。
    今回も八角理事長は最後まで『無投票』の可能性を探った。
    1998年に初めて投票になった時に各一門選出の理事の力関係が崩れてしまったこともある。一門同士が争わずに理事の椅子を分け合う方が、色々と都合がいい」(協会関係者)

    http://www.news-postseven.com/archives/20180205_649385.html


    所長見解:もういいよね・・・
    【【一門利益】相撲協会の「底なしの闇」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『現体制が信任された』八角派理事メール入手 
    杉山邦博が解説「貴の乱」が大失敗したワケ

    「貴の乱」は不発に終わった。
    日本相撲協会は2月2日、2年に一度の理事選挙を行ったが、注目された貴乃花親方は落選。一体、なぜこうなったのか。

    t


    《一門の団結で、理事を送り込むことができました。
    うちは離脱者がなく、一門の力を誇示することができた結果です。
    この選挙は、現体制が信任されて、そして協会の再生が期待されていることの現れ。
    理事長選挙でも、一門が一体となって現体制を支援すべく、行動してゆきたい。
    皆様のさらなる、ご協力、ご支援をお願い申し上げる》

    これは理事再選を果たした八角理事長派の親方が支援者に出したメールだ。

    八角執行部と貴乃花一門の熾烈な権力闘争はテレビ、週刊誌などで派手に報じられたが、蓋を開ければ、立候補した親方11人のうち八角理事長派の親方たちがぞくぞくと当選。

    一方、「捨て身」で立候補した貴乃花親方が獲得したのはたった2票で、最下位に沈んだ。

    選挙前は「私は1票だけでいい」と笑顔で決意を語っていた貴乃花親方だったが、理事選の開票を終え、報道陣に囲まれた顔は無表情で無言。
    一言も発せず、車に乗り込んだ。

    貴乃花派の親方はこう語る。

    「正直、開票結果は驚きだ。
    貴乃花親方は4~5票以上、阿武松親方(元関脇・益荒雄)は9票と読んでいた。
    それがどちらも減らすとは……。
    投票が候補者名を書く記名式で、文字の形や筆跡でバレる可能性があった。
    一門の締めつけが厳しく、浮動票を入れようにも入れられなかったのではないか」

    >>2以降に続きます。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00000018-sasahi-spo&p=2 


    所長見解:仕方ないよね・・・
    【【相撲革命】「貴の乱」が大失敗したワケってよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長友佑都の妻・平愛梨さんがトルコ移籍について心境を告白「身ひとつでついて行きたいけど…」

    n


    日本代表DF長友佑都の妻であり、タレントの平愛梨さんが自身のブログで長友のトルコ移籍について心境を語った。

    今季出場機会が減少しており、ロシアワールドカップへの影響が懸念されていた長友。
    出場機会を求め、今冬の移籍期限最終日に、7年過ごしたインテルからトルコのガラタサライへレンタル移籍した。

    この決断について、長友の妻である平さんは事前に相談を受けていたことを明かした。

    「決断するまで時間がなくものすごく考え悩んだと思います。
    私の意見も求めてくれましたが、サッカー人生に後悔してほしくない‼︎
    出逢う前からサッカーを愛し続け毎日のトレーニングに対する情熱。
    これは何にも変えられない長友さんの無くしては生きていけない愛。
    それくらい誇りを持って向き合ってらっしゃる!と私は感じています」

    また、平さんは妊娠中ということもあり、トルコへは同行しないようだ。

    「私も身ひとつでついて行きたい‼︎が、私は妊婦。飛行機に乗れない。
    もういつ生まれてくるか分からない」

    最後に、夫の新たな挑戦に自身も興奮していると書いている。

    「新天地で歓迎されてる姿を見てホッとしたのと、1から始まる新たな冒険‼︎
    私もワクワクがとまらない。
    経験しないと分からないからこそ人生って生きる価値がある!
    新たな長友佑都さんの姿を見たい。
    きっと私はサポーターの皆様と同じ気持ちなのかもしれない
    ☆仲間だ☆一緒に楽しみにしたいです!」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000016-goal-socc


    所長見解:アモーレ・・・
    【【緊急移籍】長友佑都の妻・平愛梨はトルコへは同行しないってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ