スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降をめざしていたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が登頂を断念して下山を始めた。

    三浦さんの事務所が21日未明、明らかにした。

    m


    三浦さんの体調から、チームドクターがこれ以上標高の高いところに行くのは難しいと判断したという。

    三浦さんは現地時間の20日、標高約6千メートルのプラサ・コレラに滞在していた。

    事務所によると、同行していたチームドクターの大城和恵さん(51)が、高所の生活による影響が出ており、この標高での長時間にわたる生活が86歳の三浦さんにとって肉体的、生理的に負担がかかってきていて、これ以上、高い標高での登山活動は心不全をおこす危険があると判断。

    三浦さんもそれを受け入れたという。

    ニド・デ・コンドレス(標高5500メートル)まで歩いて下山し、ヘリコプターでふもとに向かう予定。

    三浦さんは今月2日に日本を出国し、3日にアルゼンチン入り。

    徐々に標高を上げて体を高度に慣らしながら生活し、10日にヘリコプターでベースキャンプ(BC)のプラサ・アルヘンティーナ(標高4200メートル)に入った。

    その後BCに滞在しながら調整。

    18日にヘリコプターで標高5580メートル地点に降り立ち、先に歩いて登っていたメンバーと合流して、約6時間歩いてプラサ・コレラに着いていた。

    19日は翌20日の強風が予想されたため、プラサ・コレラに滞在。

    登頂とスキー滑降を目標としていた。

    副隊長で次男の豪太さん(49)は「6千メートルの標高で、肉体的、精神的にも厳しいとみた」、大城医師は「この標高は生物学的に86歳の限界。
    生きて還(かえ)るために、きょう降りるという判断をしました。
    よくここまで、この肉体と年齢でがんばったと思います」と話しているという。

    三浦さんは「僕自身、頂上まで行ける、という自信はありましたけど、やはり周りで見ての状況、特に大城医師の判断ということで従うことにいたしました」と事務所に伝えた。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1P01BZM1NPTIL011.html


    所長見解:無理やよ・・・

    【【セサミン】三浦雄一郎(86)さん、登頂断念の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マラソン、あとは?

    m


    所長見解:まあな・・・

    【【結果発表】三大見てて何が面白いかわからないスポーツがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    突然の現役引退を宣言し、日本中を驚かせた“霊長類最強女子”吉田沙保里(36)。

    1月10日に開いた引退会見でも「女性としての幸せを絶対に掴みたい」と語るなど、かねてから結婚や出産への強い憧れを口にしていた。

    だが世界のトップとして活躍し続ける吉田にとって、出産は高いハードル。

    『婦人公論』16年3月8日号のインタビューでもこう語っている。

    「結婚はもちろんしたい。
    ただ、子どもができたら、競技生活は続けないでしょうね。
    私は家族をもったら、そっちに専念したいほうなので」


    現役続行か出産か――。

    その狭間で揺れ続けた吉田。

    だが、そんな彼女の気持ちを縛りつける人物がいた。

    大学時代から吉田を指導してきた栄和人氏(58)だ。

    s


    実は“親友”澤穂希(40)との対談で、吉田はこんなことを明かしていたのだ。

    「たしかにレスリングは今しかできないし、恋愛は後でもできる。
    でも、できたら彼氏が欲しい(笑)。
    栄監督も私がロンドン五輪までに結婚したいって言ったら、してもいいって言うし……。
    ただ、子供はダメだって」(『スポルティーバ』09年2月号)

    「子供は産むな!」という恩師に課せられた“呪縛”。

    パワハラ以外の何ものでもない命令だが、吉田はかたくなに守り続けた。

    そして昨年、栄氏による伊調馨選手(34)らへのパワハラ騒動が発覚。

    吉田は苦悩した。

    だが同時にそのことは、彼女を解放するきっかけにもなっていた。


    「栄さんがパワハラ問題で激しく批判された際も吉田さんは、沈黙を貫きました。
    引退会見では『世界で活躍できる選手に育ててくれたのは栄監督だと思っています。
    感謝の気持ちでいっぱいです』と告白。
    それほど吉田さんは、栄さんのことを尊敬していました。
    実は、リオ五輪のときに引退を決めていたそうです。
    年齢や持病の喘息のこともあり、肉体的には限界を迎えていました。
    それでも東京オリンピックを目指したのは『支え続けてくれた栄監督のためにも、もう少し頑張ってみよう』という思いがどこかにあったといいます。
    そんな矢先に、栄さんが協会の強化本部長を辞任した。
    そこで肩の荷が下りたのでしょう。
    彼女は『もう自分のために生きてもいいのかな』と考え、引退を決断する決め手になったそうです」(前出・レスリング協会関係者)

    長い時を経て“十字架”をおろした吉田。

    新たなる幸せを求め、彼女は再び歩み始める――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-jisin-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【レスリング】栄監督、吉田沙保里に「子供は産むな」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリナーズのイチロー会長付特別補佐(45)が13日、親交の深い豊田章男トヨタ自動車社長がDJを務めるFMラジオの番組に収録出演し、今年にかける思いを語った。

    今季は現役に戻り、現在は3月に東京で行われるアスレチックスとの開幕戦出場に向け調整中。

    「2019年の春にユニホームを着て、見てる人が“マジかこいつ”という感じの、45歳現役の姿をお見せしたい。驚かせたいですね」と胸の内を明かした。

    r


    2月のキャンプには招待選手として参加予定。

    「実はまだ(契約に)サインしていないんですよ。 チームは今、(選手を)ごっそり変えている。何があるか分からないです」

    と漏らす一方、日本復帰については

    「神戸にチームがあったら、考えてたと思う。でもそれはもうないですから」

    と話した。

    この豊田社長とイチローの対談の模様は「トヨタイムズ」のサイトでも公開されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00445711-nksports-base

    所長見解:帰ってこないのか・・・

    【【オリックス? 中日?】イチロー、日本球界復帰の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本ハム・斎藤佑が号泣 甲子園Vのチームメートへ思いあふれる 進路をTVで紹介

    日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が3日、TBS系「消えた天才」に出演し、号泣した。

    2006年に夏の甲子園初優勝したときのチームメートを思い、「(チームメート)それぞれ活躍していると聞いているので、恥じないプレーをしたい」とその瞳から大粒の涙を流した。

    s


    斎藤は背番号1をつけていた早稲田実業は、2006年夏の甲子園決勝戦で現ヤンキースの田中将大投手がエースを務めていた駒大苫小牧と対戦。

    延長十五回を戦うも、引き分け再試合となり、翌日の再戦では、早実が4-3で逃げ切り、初優勝を果たした。

    ハンカチ王子として注目され、進学した早大から日本ハムにドラフト1位で入団した斎藤だけがプロ入り。

    番組では決勝を戦った当時の早実メンバーの現在を追った。

    斎藤は一緒に高校日本代表に選手され、早大野球部に進んだ5番の船橋悠左翼手を回想。

    「センスマン。一緒にプロに入りたかった」と振り返った。

    しかし、船橋さんからは1年生の冬に「野球部を辞めようと思うと言われた。
    必至で引き留めたが、1年の終わりに辞めた。
    すごくショックだった。
    一緒にやりたいと強く思っていただけに、自分が止められなかった悔しさが…」と振り返ると、斎藤のほおに涙が流れた。

    現在、転職支援会社の代表取締役を務めている船橋さんは、「野球部での4年間を想像したときに、とてもじゃないけど、ドラフトで指名される選手ではないと自分の実力を感じたので辞めた。
    プロになりたかったが実力が足りないと」と野球から離れた理由を明かした。

    さらに斎藤が涙を流しているシーンをVTRで見せられると、「斎藤が泣いているのは甲子園で優勝した時ぐらい。
    きっとどうでもいい人なら涙は流さない。
    そこまで思ってくれていたという気持ちですね。
    あの甲子園での優勝は今すごく熱くなれている。
    その熱い気持ちで経営ができている」と振り返った。

    番組でほかの斎藤のチームメートの現在を紹介。

    4番でキャプテンの後藤貴司遊撃手は、斎藤とともに早大野球部へ。

    社会人に進むも、2015年に引退し、現在は日本製紙で営業マンとして働いている。

    当時の甲子園1位タイの8犠打を記録した2番の小柳竜巳三塁手は早大進学も野球部には入らず、現在は大手広告代理店・博報堂に勤務。

    「野球以外に好きなものができると思っていたが、野球以上のものはなく、もう一度野球に戻りたいなと。
    2020年に東京五輪があり、スポーツイベントに関わりたい」と奮闘している。

    ほかでは1番の川西啓介中堅手は電通、3番の檜垣皓次朗一塁手は、三井住友海上、7番の内藤浩嵩二塁手は、住友商事、斎藤の女房役を務めた8番・白川英聖捕手は早大野球部から会社員となっていることが明かされた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000101-dal-base


    所長見解:みんなすごいね・・・

    【【半価値王子】日本ハムの斎藤佑樹投手が号泣した模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ