ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体操女子の宮川紗江選手(18)に対する暴力問題で、日本体操協会から活動禁止処分などの処分を受けた速見佑斗元コーチ(34)が9月5日、都内で会見を開いた。
    90分の会見の質疑応答の最後で速見元コーチとベテラン記者との間で“攻防”があった。

    鋭い質問をしたのは、体操の取材歴40年超のスポーツコメンテーター・宮嶋泰子さん。
    速見元コーチの暴力による、宮川選手の脳や精神的な影響を指摘し、また、宮川選手がプロ宣言したことは、速見コーチの金もうけのためではないか、と追及したのだ。
     
    宮嶋さんは先日、テレビ朝日「報道ステーション」に出演し、パワハラをされたと宮川選手が会見で訴えていた塚原千恵子・女子強化本部長を電話取材。
    協会や塚原夫妻側を“擁護”するようなコメントをしていた。
    “塚原派”とレッテルを貼られたからかは不明だが、この日の会見の質疑応答では、宮嶋さんは一貫して挙手し続けていたが、なかなか司会者から当てられなかった。
    1時間半の会見終了直前になって、記者の挙手が少ない中、声を出してアピールした宮嶋さんがようやく当てられた。

    スポーツにおける暴力問題に以前から取り組んでいるという宮嶋さんは、宮川選手が暴力を受けたことによる脳の損傷、また、暴力を受けているにも関わらずコーチを支持していることに対して「カウンセリングを行うべきじゃないか」と指摘。
    速見元コーチはこう回答した。
    「当然専門的なカウンセリングだとか、カウンセラーの方の意見を聞いた方がいいと思いますし、必要であれば、ケアをしてあげるべきだと思います」

    さらに宮嶋さんは、宮川選手が昨年10月に大阪体育大学と5年間契約を結んだにも関わらず、入学しなかったことを指摘。
    さらに宮川選手がプロ宣言した背景には「速見さんの生活のためではないか」と畳みかけた。
    速見元コーチは大阪体育大学との契約について次のように説明した。

    「大阪体育大学には宮川選手がどういう形でやっていくか、マーケティング活動をしていきます、ときちんと申請を出し、それを承認いただいて、スポンサーと大阪体育大学と契約を結んだ。
    ただ、協会の規定がまだできる前になっていたので、(改めて)どのような手続きをしたらよろしいでしょうか、と協会ともやり取りをしていました」

    つづく


    週刊朝日
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180905-00000097-sasahi-spo


    no title


    所長見解:なんかね・・・

    【【体操パワハラ問題】宮嶋泰子氏が暴露、速見元コーチと宮川選手の「不都合な真実 」がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    デスク「30日発売の週刊文春に、ソフトバンクの王貞治会長(78)と野村克也氏(83)が『極秘入院していた』と出てるけど、大丈夫か!?」

    王番記者「王さんは29日発売の夕刊フジに登場してもらったし、(同日の)ロッテ戦の試合前にヤフオクドームに姿をみせている。元気ですよ」

    デスク「王さんは『軽い肺炎』だというからまだしも、ノムさんは『軽い脳梗塞』と報じられているぞ」

    野村番記者「定期検診のときに数値が悪かったので、入院したそうです。実は先日、僕も取材をキャンセルされました。心配になってダメもとで電話したんですけど…」

    n


    デスク「どうだった?」

    記者「折り返し電話をくれたらいいなと思っていたら、普通に電話口に出まして。『おまえもタイミング悪いヤツだな。いま仕事中だ』って、えらい元気そうな声でした」

    デスク「先日CM撮影したというから、そのときだったのかもな」

    記者「『何の用だ?』と聞かれたので『監督に会えないから暇で暇で…』って答えたら、『そんなくだらん用だったら今度にしてくれ』って切られました」

    デスク「それ、ホントにノムさんか!? 松村邦洋とかソックリさんが代役で電話に出てたんじゃないのか?」

    記者「確かに…“お屋敷”まで行って顔を見てきます」

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180831/spo1808310003-n1.html


    所長見解:もう一回監督してほしいな・・・

    【【プロ野球】ノムさん極秘入院ってよ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月18日夕方、読売新聞本社内にある巨人球団事務所には、巨人担当の報道陣が集結していた。
    理由は、長嶋茂雄終身名誉監督の「異変」だった。

    7月初旬、胆石が原因の腹痛などを訴えて都内の大学病院に緊急入院したミスターの病状について球団は、公式な発表をしていない。
    それゆえ、様々な憶測を呼び、重篤な状況下に置かれている、との情報も飛び交った。
    この18日の一件は、その情報が報道陣の間に広まったためだった。

    8月28日発売の「週刊アサヒ芸能」(9月6日号)によれば、「ミスターは危ない状態にあるのか」と詰め寄った一部記者に対し、読売幹部が、

    「この2、3日はね…」

    と返答したという。

    「あと2、3日は大丈夫だけど…という意味のことだったらしい。予断を許さない状況だったことが伺い知れます」

    先走った一部マスコミの中には、「すわ、一大事か!」と「追悼記事」の準備を始めるなどしたというから、ビックリ仰天、大パニックになったことがわかるのだ。

    ミスターは地元の千葉県佐倉市で2014年から毎年、少年野球教室を開催しているが、今年は11月10日に予定されている。

    3


    「佐倉市長からお見舞いの手紙が届き、ぜひ野球教室に出席してもらいたいと書かれてあったのですが、ミスターはそれに対して強い意欲を見せ、復帰したい旨を、関係者を通じて明らかにしています」(球界関係者)

    04年に脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になった際も、不屈の闘志でリハビリを続け、社会復帰したミスター。
    今回もまた、完全回復して元気な姿を見せてくれるのか──。

    http://dailynewsonline.jp/article/1509886/


    所長見解:がんばれ・・・

    【【情報混乱】長嶋茂雄氏「容体急変」の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    格闘家の山本“KID”徳郁(40)が26日、インスタグラムを更新。
    がん闘病中であることを発表した。

    k


    「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています。絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と報告した。


    山本KID、がん闘病を報告「絶対元気になって、帰ってきたい」
    ― スポニチ Sponichi Annex 格闘技
    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/08/26/kiji/20180826s00003000308000c.html


    所長見解:がんばってほしい・・・

    【【神の子】山本“KID”徳郁、現在ガン治療中ってよ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    U―12野球日本代表監督の元木大介氏(46)が23日、AbemaTV「橋下徹の即リプ!」(木曜後10・00)の生放送に出演。
    ネット上などで議論となっている高校野球における投手の「球数」について、番組MCの橋下徹氏(49)と激論を交わした。

    m


    ツイッターで「金足農業の吉田選手を美談で終わらす間は、日本のスポーツ界に未来はない」などと持論をつづっていた橋下氏は「プロの意見を聞きたいです」と元木氏の意見に興味津々な様子。

    元木氏は「僕は(連投は)しょうがないと思います。
    きついのはきついですが、今から休んで投げ込みができないと高いレベルでは長い時間もたないと思う」と真っ向から異論をぶつけた。

    「野球のプロじゃないから、それを僕が反論しようものなら…」と苦笑いを浮かべた橋下氏だったが、「僕はプロじゃないです。でも、今日に向けて、しこたまスポーツ科学論の本を読んできました。だから理屈で行きますね」と前置きし、スポーツ科学の観点から海外の大会で投球数制限が設けられていることを説明した。

    これに対し、元木氏は球数制限にも「反対」と立場をはっきりさせた上で、「強いチームは良いんですけど、高校野球で何日かおきに投げないといけないとなると、金足農業みたいな地元の人ばかりで頑張るチームは2試合目、3試合目となるにつれてレベルは落ちるわけです」と持論を展開。
    「そうなると今までやってきた子どもたちがかわいそう。
    だから投げられるなら投げてもらう。
    でも投げられないのに投げさせたら、それは指導者のミスだと思う」と指導者としての意見を語った。

    続けて「なぜ急にこんなこと(球数制限の議論が活発)になってきたのかが不思議でしょうがないです。
    人それぞれの筋力があるわけだから、自分が無理だと思えば手を挙げるし、指導者が『これは厳しいな』って時は代えてあげるのがチームだと思う。
    決勝まで行って、(球数制限のルールで)ストップかけられる方がつらい部分はありますよ」とまとめた。

    球数制限については真っ向から意見が対立した2人だったが、橋下氏が提言する「学校単位のチームを崩して、クラブチームのような形で投手を4、5人を確保する」との意見には元木氏も同意。
    「(実現すれば)すごくありがたいですよね。
    そういうチームができれば、休ませて投げさせて休ませてってできるので1番いいパフォーマンスを出せると思う」とうなずいていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/25/kiji/20180825s00041000097000c.html


    所長見解:怪我がな・・・

    【【高校野球】高校球児の球数制限 元木大介氏が橋下徹氏と激論の結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ