スポーツニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

     
    結果として辞めざるを得なかった。

    21日のアスレチックス戦後、引退を表明したマリナーズのイチロー(45)のことだ。

    現役に固執する本人と、ベテランに引導を渡したい球団の間には深い溝があった。

    イチローは50歳まで現役でいるのが目標で、その自信もあった。

    オープン戦から18打席連続無安打だったものの、来日会見では過去にオープン戦で打てなくてもシーズンで結果が出たことを引き合いに出したほどだ。

    イチローは試合後の会見で引退を決めたタイミングと理由に関して、「キャンプ終盤、日本に戻ってくる何日か前ですかね。終盤に入ったときです。もともと日本でプレーするところまでが契約上の予定だった」と言いながら、「キャンプ終盤でも結果が出ず、それ(契約上の予定)を覆すことができなかった」と明かしている。

    「(引退の)決断を知ったのは10日前。昨年から話はしていたし、既定路線だ」とはディポトGMだが、本人の中で「既定路線」だったわけではない。

    18打席連続無安打がなければ、日本に来る直前に安打を量産していれば、契約を覆せたが、それができなかったからユニホームを脱がざるを得なかったということだ。

    「最低50歳までと本当に思っていたけど、かなわなかった」というコメントが本人の無念さを物語っている。

    イチローの思いとは裏腹に、マリナーズは若返りが急務だった。

    昨シーズン終了後、主力を片っ端から放出するファイアセールを敢行。

    エースと抑えと主砲をトレードやFAで出す見返りに、数々の若手有望株をゲット。

    「我々は若手が成長するであろう2020年に照準を合わせている」と、ディポトGMは来年以降が勝負であることを隠そうとしなかった。

    51


    ■マリナーズにとっての功労者だけに

    それでもマリナーズにとって、イチローは今回の日本開幕の目玉。

    結果にかかわらずマリナーズのユニホームを着せ、試合で起用することは商売上の大きなメリットがあった。

    しかし、日本開幕が終われば、チームに置いておく必要性はまったくない。

    若返りが急務なマリナーズにとっては、むしろ邪魔なだけだった。

    イチローは野球殿堂入りが確実視されているスーパースター。

    クスリを使ってまで本塁打を量産する風潮に辟易していた米国のファンを、類いまれなバットコントロールとスピードで魅了した。

    マリナーズにとっても功労者だけに、不要だからと肩をたたいたり、むげにクビを切るわけにいかなかった。

    イチローが自分から辞めると言い出すのを待っていたのは明らかだし、オープン戦で結果が出ないことを自覚させ、引退せざるを得ない状況に追い込んだのも事実だ。

    今回の開幕戦を中継したテレビ局は、前日の開幕戦から執拗にイチローをヒーロー扱い。

    この日の2戦目の試合中、通信社から引退を示唆する一報が流れると、ことさらお涙頂戴のトーンを強調した。

    けさのスポーツ紙も軒並みイチローの引退を美化して大騒ぎだが、その裏側ではイチローと球団との間で暗闘が繰り広げられていたのだ。


    日刊ゲンダイDIGITAL 
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/250252

    所長見解:よかったよね・・・
    【【イチロー引退の裏】「メディアはイチローの引退を美化して大騒ぎだが事実上のクビ 若返りが急務なマリナーズにとってはイチローは邪魔なだけだった」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中島翔哉が“躍動“も日本代表ゴール奪えず ファルカオのPKに泣く

    日本代表は、22日(金)19:20より日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップのコロンビア戦を迎え、ロシア・ワールドカップ初戦(2-1○)以来の再戦となったこのゲームは、0-1でコロンビア代表が勝利を収めている。

    s


    この試合最初のチャンスを迎えたのはコロンビア代表。

    前半3分、ピッチ中央でボールを持つハメス・ロドリゲスが左サイドのファルカオに展開。

    左サイドから上げたクロスにビジャが反応しスライディングで合わせたシュートはクロスバーを叩いた。

    日本代表も反撃に出る。

    前半8分、堂安からボールを受けた南野はバイタルエリアから左足で強烈なシュートを放つ。

    枠をとらえたこのシュートはバルガスが好セーブを見せた。

    16分、日本の攻撃をけん引する堂安が魅せる。

    中島が左サイドで1人かわすと右サイドにいる堂安へパス。

    左足でボールを持った堂安は得意の角度からファーサイドを狙ったシュートを放つも惜しくもゴール左に外れてしまった。

    日本がペースを掴む。

    中島も積極的にロングシュートを放つなど、堂安、南野を中心に、コロンビアゴールに迫る。

    前半は日本代表がチャンスを多く作り、決定的なシーンを何度か演出した。

    0-0で迎えた後半8分、ビジャが右サイドからアーリークロスをあげる。

    反応したファルカオが頭で日本代表のゴールネットを揺らしたかと思われたが、ハンドの判定でノーゴールに。

    後半18分、ついにスコアボードが動く。

    途中出場のコロンビア代表FWサパタがPA内で放ったシュートが日本代表DF冨安の肘に当たり、PKの判定に。

    このPKをファルカオが決めこの試合の均衡を破った。

    (0-1)

    後半21分、日本代表は鈴木に代わって香川を投入。

    続けて後半25分、堂安に代わってリーガでプレーする乾をピッチへ。

    ヴィッセル神戸でイニエスタとプレーする山口に代わってオランダでプレーする小林をいれ、1点のビハインドを追いかける。

    後半も中島を中心に攻撃を展開。

    コロンビア代表陣地でプレーする時間が続くが1点が遠い日本代表。

    後半33分には南野に代えてベルギーでプレーする鎌田大地をピッチへと送る。

    後半37分、柴崎が左サイドの中島に大きく展開。

    中島はそこからドリブルを開始すると、キックフェイントで1人をかわすと、右足で強烈なシュート。

    このシュートはバルガスがわずかに触り、惜しくもクロスバーにはじかれた。

    終始日本代表がコロンビア代表ゴールへと迫る展開だったが、ゴールを奪うことが出来ず、試合は終了している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010015-sportes-socc

    所長見解:惜しかったね・・・
    【【サッカー日本代表】キリンチャレンジカップ<日本0-1コロンビア>の感想がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プロ野球の巨人と18日まで東京ドームでプレシーズンゲーム2試合を戦った米大リーグ、マリナーズのイチロー(45)。

    米国内でのオープン戦から24打席無安打と打撃の調子が上がらないでいるが、日本人初の大リーガーの村上雅則氏(74)は「ボールが見えていないという印象」と指摘する。

    51


    その典型として、村上氏が挙げたのは、18日の試合の四回、巨人の左腕・戸根に三振を喫したシーンだ。

    イチローは追い込まれた状態で、真ん中付近のスライダーを見逃した。

    村上氏は「実戦から遠ざかっていた分、感覚が戻っていないのでは」と言い、こうアドバイスする。

    「空振りになってもいいから、1球目から積極的に振ることが大事」

    巨人との2試合では、よく見極めようとするあまりか、なかなかスイングしない打席が目立った。

    「以前の調子が良い頃なら一発で仕留められるだろうが、今は無理。過去のイメージに引っ張られている」という。

    だからこそ、「振っていけば、少しずつタイミングもつかめてくる」と村上氏。

    「日本で何とか1本打ってほしい。ほんのちょっとのきっかけで変わってくれるのでは」と期待を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000078-mai-base

    所長見解:もうね・・・

    【【引退へ】「イチロー、ボールが見えていない印象」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリナーズは20日、日本開催に当たっての開幕登録枠28人を発表。

    マイナー契約でキャンプを招待されていたイチロー外野手(45)が正式に19年目のメジャー契約を結んだ。

    51


    なお、ベンチ入りは25人のため登板予定のないヘルナンデス、リークの2人の先発陣と、故障で米国で調整を続けているスミス外野手の3人を、ベンチ入りから外している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000026-sph-base

    所長見解:日本だけよね・・・

    【【開幕戦】イチロー、正式にメジャー契約の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日付が変わった13日の0時過ぎ、芸能界を震撼させる事件が起きた。

    ミュージシャンであり、俳優としても大活躍しているピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が、関東甲信越厚生局麻薬取締部に麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕されたのだ。

    12日の午後6時過ぎにマトリと呼ばれる麻薬取締官が、世田谷区にある瀧正則容疑者の自宅に捜査に入り、その現場に瀧容疑者も立ち会っている。

    その際、何点かの押収物とともに、同容疑者は任意同行に応じ、千代田区にある九段の麻薬取締部へと任意同行された。

    その後、瀧容疑者は尿の採取に応じ、午後11時過ぎに逮捕された。

    捜査関係者によると、捜査には協力的な姿勢で、瀧正則容疑者も「間違いありません」などと容疑を認めているという。

    今回の逮捕の裏側について、ある民放記者は次のように明かす。

    「今月と来月は公務員の移動時期なので、有名人の薬物逮捕はないだろうと、正直ノーマークでした」

    また、有名人の薬物事件などに関する情報を事前に警視庁やマトリなどから入手し、その逮捕劇をカメラに収める某番組制作会社も、今回の逮捕劇を事前に察知できなかった。

    この制作会社は、敏腕のフリーのディレクターが集まっており、逮捕劇を含むさまざまな映像を民放各局に売り渡しているやり手の会社。

    そんな会社も事前に情報を掴めなかったのは、よほどの機密保持があったのではないか。

    今回の逮捕もマトリが動いているため、間違いなく内偵され、必ずそこにブツと呼ばれる現物があるという確信を得たうえで、ガサを掛けて、任意同行して逮捕に踏み切っているのだ。

    逮捕された瀧正則容疑者は、今回の事件について真っ先に速報を出したNHKの大河ドラマ「いだてん」に出演しているほか、民放でも多くのレギュラー番組を持っている。

    出演者の差し替えも含め、撮影現場は大混乱に陥っているであろう。

    しかし、こんな不穏な話もある。

    「実は、瀧正則容疑者の件は全く知らなかったのですが、次にやられるのは国民的に有名な元美人アスリートで現在はタレントとして活躍しているXだと踏んでいました。
    元々やんちゃな娘で、クラブで色々やってるとの噂が根強かったのです。
    しかも、最近は言動もおかしくなって、家に引きこもっている時間も多く、色々探っていたのですが、事務所の力が強くて裏が取れませんでした」(某民放記者)

    t


    コカインの蔓延については、トカナでもたびたび警告してきた。

    コカインは俗に「セレブドラッグ」とも呼ばれているが、その理由は、効果が短く多量に摂取するため、かなりの金が必要になるからだ。

    昨今、覚醒剤や違法薬物の押収・逮捕劇が次々と報道されているが、それ以上に日本に輸入され、蔓延してきていることは間違いないだろう。

    https://tocana.jp/2019/03/post_88097_entry.html

    所長見解:誰や?・・・
    【【ピエール逮捕】次に薬物で捕まる可能性がある有名人は「やんちゃな元美人アスリート○○」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ