ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: ジャニーズ

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ビジネスパートナーです。彼らは1人のアーティストなので、クリエイティブな活動をお手伝いしていきたい」

    ジャニーズ事務所から独立した元SMAP3人。
    その黒幕といわれていた元マネージャーの飯島三智氏が解散騒動勃発後、初めて公の場に登場した。

    「13日に行われたアート展『ミュージアム・オブ・トゥギャザー』のレセプションに香取慎吾(40)が出席。
    同行していた飯島氏も初めて取材に応じ、草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(43)も含めた3人の“パートナー”を務めることを明言した。
    香取も、自分の現場に飯島氏がいるという日常を取り戻し、爽やかな表情でした」(スポーツ紙記者)

    m


    “I女史”の表舞台への露出は何を意味するのか。

    「16日に3人の公式サイト『新しい地図』が本格始動。
    その宣伝も兼ねた飯島氏のメディアへの挨拶です。
    反ジャニーズの急先鋒だった香取と一緒というのも彼女らしい演出。
    今はジャニーズとの直接衝突を避けネット活動が主体ですが、これで対立姿勢はさらに鮮明になった」(同前)

    すでに前哨戦は始まっている、と芸能デスクが話す。

    「ジャニーズは伝統的にスポーツ紙でいかに大きく取り上げてもらうかに重きを置いていて、“ジャニ担”記者を上手に懐柔している。
    その手法を熟知する飯島氏も基本的には同じ。
    ジャニ担と飯島担で紙面をどう調整するか……。
    たとえば、9日に『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV 11月2日~)の宣伝のため3人の体操着姿が公開される一方、ジャニーズは11日、中居正広(45)の新番組『なかい君の学スイッチ』(TBS系)について発表していました。
    今後こういうニアミスが増えるはず」

    実際、木村拓哉(44)の新作映画「マスカレード・ホテル」が大きく報じられた2日後に紙面を飾ったのが、くだんの香取の登場だった。

    「バッティングするのは双方ともよしとしないから、微妙にズラしてくる。
    要は扱いの大きさをどうするかです。
    今のところネタの新鮮さで飯島氏側が優位ですが、ジャニーズはタレントの数が豊富。
    ネタは尽きない。年末に向け結婚話を出してくるという情報まである」(ワイドショー幹部)

    数か質か――。
    陣取り合戦がエスカレートしそうだ。


    文春オンライン
    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_4607


    所長見解:どっちもがんばってほしいよね・・・
    【【飯島登場】元SMAP3人vs.ジャニーズの報道合戦が加熱ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ついに、あの“飯島さん”が現れた――。
     
    13日に行われたアート展のレセプションに、元SMAPの香取慎吾がジャニーズ事務所退所後、初めて公の場に登場したのだが、それ以上に話題になったのが元SMAPチーフマネージャーで、元SMAPのジャニーズ退所組が所属する新事務所「CULEN(カレン)」代表の飯島三智氏だった。

    m


    「この日のイベントが行われる前から『飯島さんが来るようだ』とマスコミ関係者の間では話題になっていたんです。
    各テレビ局ももちろんクルーを出して香取と飯島さんの取材に向かったのですが、放送については取材前から『オンエアは難しいだろう』と現場の報道陣の間では囁かれていました。
    本音ではどこのテレビ局も放送したくてたまらないでしょうけど、ヘタにジャニーズを刺激しては大変なことになりますからね」(テレビ局関係者)

    飯島氏はイベント終了後にスポーツ紙などの取材に応じ、新事務所の立ち位置について
    「モノをつくったり、テレビに出たりするときの窓口になるビジネスパートナーという存在だとお考えください。かなり何年も一緒にやってますから」と力説。
    かつて“SMAPの母”として君臨した自信をのぞかせた。

    これまでジャニーズが手を付けなかったSNSを活用しつつ、どこかで“SMAP感”を残した展開で新勢力となっている香取、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人。
    これに対して、「今一番焦っているのがジャニーズですよ」と語るのは、ある芸能事務所関係者だ。

    「マスコミ関係者たちの間では、飯島さんについて『いろいろあるけど、やっぱりやり手だなあ』というのが共通認識となっています。
    ジャニーズを退所していきなりファンクラブ開設や生放送のインターネット番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)の出演を発表するなど、スリリング感がハンパではない。
    これをやられるとジャニーズがいかにも“旧態然”に見えてきてしまい、木村拓哉がまた映画主演というニュースも、どこか目新しさが感じられなくなってしまいます」

    実際にジャニーズは表向きCULENについて言及していないものの、実際はかなり意識しているという。

    「問い合わせに来る各マスコミのジャニ担から飯島さんの情報を集めていますね」(同)

    一方、飯島氏率いる「新しい地図」は、勢いを増しているようだ。
    これから飯島氏を慕って続々と“援軍”がかけつけている最中だという。

    「CULENにはこれまでSMAPと仕事をしてきたテレビマンや放送作家が、裏で参加しているんです。
    最近ではフジテレビのSMAP担当だった人物もCULEN入りしたり、同じくSMAPの仕事を手がけてきた人気放送作家などが飯島さんの手腕のもと、次々と加わるというのです。
    やはり一介の事務所員からSMAPを国民的スターに育て上げた飯島さんの手腕はとてつもなく、本当にジャニーズはうかうかしていられないでしょうね」(同)

    飯島氏の“表舞台”登場で、本格的に「SMAP後」がスタートしたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1366326/


    所長見解:やり手なんだね・・・
    【【独立成功】元SMAPマネの飯島氏、豪腕炸裂でジャニーズが戦々恐々ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビとジャニーズ事務所の対立が表面化しつつある――。

    9月にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの香取慎吾がレギュラーを務めるテレビ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が攻めている。
    7月19日には香取の「俺、引退しないから」という発言を放送し、10月4日には同じくジャニーズを退所した草なぎ剛と2人旅をさせ、ステージに立って歌わせた。

    sst


    テレビ局関係者が話す。

    「快く思わないジャニーズから、相当責められているようです。
    それでも、『おじゃMAP!!』は手を緩めない。完全にジャニーズと戦うつもりですよ」

    フジテレビといえば、月9ドラマで木村拓哉が高視聴率を取るなど、これまでジャニーズと蜜月関係を保ってきたように見えた。

    「今、フジのゴールデン帯でレギュラーを持っているジャニタレは、『VS嵐』の嵐だけ。しかも、視聴率は10%前後とそんなに高くない。
    TOKIOは深夜帯だし、KinKi Kidsは日曜の午後。
    実は、もうフジはジャニーズに頼っていないんです。
    確かに7月クールの月9では山下智久主演の『コード・ブルー』が高視聴率を取りましたが、
    4月クールの月9『貴族探偵』ではジャニーズの意向を汲んで相葉雅紀を主演に据え、主題歌も嵐の『I'll be there』にしたものの、全話平均視聴率8.8%台(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と大低迷。
    月9の30周年という記念すべき作品で大コケしてしまった。
    逆に、1月クールでは当時まだジャニーズ所属だった草なぎの『嘘の戦争』は一度も2ケタを切ることなく、全話平均視聴率11.3%を獲得。
    結局フジの制作陣は、ドラマはキャスティングで獲れるものではないし、ジャニタレが数字を持っているわけではないとわかったのです」(テレビ局関係者)


    ●社長人事も影響

    6月には社長が亀山千広氏から宮内正喜氏に交代。これも大きく左右した。

    「ドラマ畑で歩んできた亀山氏は結局、芸能事務所とのつながりにがんじがらめになってしまった。
    その象徴が『貴族探偵』であり、2013年の社長就任以来、まったく結果を残せなかった。
    宮内氏はこの10年間、岡山放送やBSフジにいたため、芸能事務所とのしがらみが亀山氏と比べてだいぶ少ない。
    『コード・ブルー』の高視聴率に関しても、『ストーリー展開が大変骨太で妥協がなかった』と物語自体を褒めていた。

    フジはテレビ東京に追い抜かれてもおかしくない位置まできており、ジャニーズに気を遣っている余裕がない。
    実際、香取と草なぎの2人旅スペシャルの視聴率は民放同時間帯1位だった。
    ジャニーズに背を向けたほうが、実は数字を獲れるという手応えも感じつつある。
    今の視聴者は芸能事務所への忖度ばかりするテレビ界に嫌悪感を抱いている。
    日本テレビやテレビ朝日がジャニーズに頼っているなかで、差別化できれば低迷を脱せるという読みもある」(同)

    10月18日の『おじゃMAP!!』では、香取と親交の深い萩本欽一をゲストに呼ぶ。

    「今年の日本テレビの『24時間テレビ』では『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』のコーナーを放送しながら、『仮装大賞』司会者である香取を出演させないという暴挙に出た。
    『24時間』のメインパーソナリティがジャニタレだし、日テレはバラエティから情報番組までジャニーズにおんぶに抱っこですから、香取を使わなかった。
    もう、視聴者はそんなことはわかっているんです。
    そのなかで、フジはあえて萩本をゲストに持ってくる。
    これで視聴率が獲れれば、フジはますます脱ジャニーズを打ち出してくるはずです」

    9月の月間視聴率はゴールデン帯、プライム帯、全日ともに4位だったものの、全時間帯で数字を上げたフジテレビ。
    脱ジャニーズ路線が功を奏するか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13744942/


    所長見解:おじゃMAPおもしろかったよね・・・
    【【香取草彅】『おじゃMAP』で対立鮮明…フジテレビ「視聴率取れない」ジャニーズを見限りってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所といえばイケメンタレントが多数そろった芸能事務所。
    最近では高学歴だったりMCがうまかったりとキャラクターも豊富だが、純粋に“かっこいい”といえば誰を思い浮かべるだろうか。
    今回は10代~50代の女性100人に、ずばり「今一番かっこいいと思うジャニーズアイドルは?」という質問を投げかけてみた。
    気になる結果は……!?

    j


    同率で第4位(8%)になったのは、木村拓哉(44)とTOKIOの長瀬智也(38)の2人。
    木村は元SMAPのメンバーとして”キムタク”の愛称で一世を風靡したイケメン。
    社会現象となった主演ドラマは数多く、代表的な作品だけでも、1993年放送の『あすなろ白書』(フジテレビ系)、96年放送の『ロングバケーション』(フジテレビ系)、2001年放送の『HERO』(フジテレビ系)などがある。

    また木村のヘアスタイルやファッションは、常に世間の注目を集めてきた。
    女性にモテたいがためにキムタク風を目指したことがあるという男性も多いのではないだろうか。
    支持した女性からは、やはり「顔がいい」(40代)という声が多く寄せられた。

    一方の長瀬は183センチの長身に恵まれたTOKIOのボーカルだ。
    長瀬の代表作といえば、やはり00年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)が外せない。
    長瀬らしいオラオラ系のワイルドな雰囲気が存分に発揮され、B-BOYファッションをはやらせた。

    宮藤官九郎(47)が脚本を務めた同作は、窪塚洋介(38)や妻夫木聡(36)、坂口憲二(41)、佐藤隆太(37)らをブレイクさせたことでも有名だ。
    また最近では、長瀬がトーク番組などで見せる天然キャラもウケているようで、「スタイルがいいし、ワイルドさもあり、でも笑顔がかわいい」(30代)、「かっこいいのに、気どってないところ」(30代)、「ワイルドだけどちょっと天然なところ」(40代)といった意見が挙がっていた。

    同率で第2位(9%)を獲得したのは、V6の岡田准一(36)とKinki Kids堂本光一(38)。
    V6の岡田は、顔立ちの美しさはもちろんのこと、演技力も非常に高く評価されており、ジャニーズのタレントとして、初めて日本アカデミー賞を受賞した。
    しかも『永遠の0』(13年公開)で主演男優賞最優秀賞を、『蜩ノ記』(14年公開)では助演男優賞最優秀賞を受賞し、男優賞では史上初となるダブル受賞の快挙だった。
    アンケートでも「演技がうまい、かっこいい」(50代)、「演技で見る、しぐさや表情が男らしい」(40代)といった声が多く見られた。
    40代以上からの支持が目立ったため、岡田は年上のお姉さんから好かれる弟キャラなのかもしれない。

    Kinki Kidsの堂本光一は「浮いた話がなく、“THE王子様”の感じがする」(20代)というコメントの通り、王子様キャラで人気。
    とはいえ、実力もしっかり備えており、光一が脚本、演出、音楽に全面参加して作り上げているミュージカル『SHOCK』シリーズは、チケットが前売り開始日に即日完売するという「日本一チケットが取りにくい舞台」として名高い。
    また、18年間にわたって公演されているが、自分自身の体調不良やケガを理由に中止したことは一度もないというストイックさでも有名である。

    豪華な先輩たちを差しおいて、「今一番かっこいいと思うジャニーズアイドル」堂々の第1位(14%)に輝いたのは山下智久(32)。
    山下は“山P”の愛称で親しまれ、主演ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)も大好評で幕を閉じた。
    「すべて完璧」(20代)、「かっこいい」(20代)、「顔がいい」(30代)、「目鼻立ちが整っていて顔がきれい」(40代)、「笑顔」(50代)と、幅広い年代から絶賛されている。
    バラエティ番組でも口数が少なめな山下。
    クールでミステリアスな雰囲気も人気に一役買っていそうである。

    自分が思っていたジャニーズアイドルはランクインしていただろうか? 
    かっこ良さにもいろいろあることが分かるアンケート結果だった。

    https://taishu.jp/detail/29640/


    所長見解:おっさんばっかりだね・・・
    【【木村四位】今一番かっこいい「ジャニーズタレント」ランキングってよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「『なにこれ、冗談じゃないわよ!』と、金切り声が響き渡り、怒り心頭のようです」(ジャニーズに詳しい関係者)

    元SMAP3人衆の動向に、ジャニーズ次期社長とされる藤島ジュリー景子副社長(51)が激怒しているという情報が業界を駆け巡っている。
    稲垣吾郎(43)、草彅剛(43)、香取慎吾(40)が、昨年のSMAP独立騒動を牽引した元チーフマネジャーの飯島三智(59)と合流、公式ファンサイト「新しい地図」を先月下旬に開設したときのこと。

    「ジャニーズを退社後、当面は静かにしていると思っていたところ、蓋を開けてみたら、3人そろって大っぴらに再スタートを切っている。
    しかも、ジャニーズではご法度でタブー視されているネットを最大限に活用しての戦略だったことで、ジュリー副社長の機嫌がめちゃくちゃ悪くなりました。
    旗振り役の飯島さんにしてみれば、ジャニーズのやらないところをやっているんだから問題ないでしょ、という言い分なのでしょう。
    ですが、副社長には、飯島さんが自分とジャニーズに喧嘩を売っているとしか思えない」と、ジャニーズに詳しい関係者が言うのだ。

    それでも、今のところ静観しているのは、ジャニー喜多川社長が3人の独立に際して応援コメントを出した上、「退社と同時に民放の番組すべて打ち切りとなっておかしくない中、深夜は続けてやってもいいんじゃないかという異例の計らいがジャニー社長からあった」(放送関係者)ため。
    ジュリー副社長は対抗措置を取りたくても取れないのだろう。

    j


    ■コンサートを材料にファンクラブ会員増

    だが、拳を振り上げるのも時間の問題か。
    3人衆を率いる飯島氏が、ジュリー氏の神経を逆なでするような攻勢をさらに強めているからだ。

    3人が生出演するインターネットテレビ局「AbemaTV」の11月2日の72時間特番について、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)とホリエモンこと堀江貴文氏(44)が、ゲスト出演することになったとツイッターやブログで明かした。

    「飯島さんは付き合いがあったり、SMAP時代からのゆかりの著名人に対して、片っ端から番組出演のオファーを出している。
    タモリさんら大物も返答待ちというし、決まれば芸能マスコミが大々的に報じるに違いない。
    スポーツ紙では、ジャニーズ担当ではない記者が飯島派担当として新たについている。
    報じないよう横やりを入れることもできないでしょう」と、キー局ワイドショー芸能デスクがこう続ける。

    「ファンクラブの有料会員の人数は、20万人とも30万人ともいわれていて、年間にすると軽く10億円もの運営費を持っているのが飯島さんと3人衆の事務所。
    年会費を更新する来年秋ごろ、次の会報にライブの情報を掲載します、とでもやるのでしょう。
    そうなればまた、有料会員はエサに飛びつくように更新していく。
    コンサートを材料にしたファンクラブ会員の集め方はジャニーズ事務所の十八番でありお家芸。
    ジュリーさんは間違いなく面白くない」

    もともと飯島氏とジュリー氏はライバルで、ジャニーズを二分する勢力であった。
    組織が別々になったことで、飯島元マネが大胆不敵に仕掛けた芸能界版女の仁義なき戦い。
    “音”が鳴るのは時間の問題か。

    日刊ゲンダイ
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_418635/


    所長見解:どうなっていくのやら・・・
    【【全面闘争】SMAP3人再始動で『なにこれ、冗談じゃないわよ!』ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ