ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    旧維新の党代表、民進党代表代行などを務めた、無所属の会・江田憲司衆院議員のツイートが、一部で物議を醸している。
    NHKが2018年4月4日報じた、財務省による学校法人・森友学園への「口裏合わせ」について、その情報源に言及したのだ。

    「#森友 大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK『何千台分のトラックでゴミを撤去したと言ってほしい』と本省理財局の職員が森友学園に要請と。
    ネタ元はメールらしい。今のところ、特捜部は『やる気』みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?頑張れ!」

    と、NHK報道のネタ元に、しかも「大阪地検の女性特捜部長」という具体的な名前も挙げて触れたのだ。

    森友事件の指揮を執っているとされるのは、「大阪地検の女性特捜部長」山本真千子氏だ。
    2日発売の「週刊ポスト」では、「異常なほどの執念と覚悟」で捜査に取り組む「官邸が日本で一番『怖い女』」と取り上げられたばかり。

    朝日新聞の「改ざん」スクープに端を発する一連の報道では、週刊誌などでその「ネタ元」「リーク元」がたびたび論じられ、大阪地検もしばしば名前が挙がる。
    今回のNHK報道でも、「関係者への取材でわかりました」の直後に「大阪地検特捜部はこうしたやり取りを把握」の一文がある。

    しかし、江田氏がNHK外の人間であるとはいえ、「取材源の秘匿」が重視されるこの種のニュースで、現役政治家が、しかも個人にひもづく形でリーク元の「暴露」とも取れる発言をするのは異例だ。
    発言が単なる憶測なのか、それともなんらかの根拠があるかは不明だが、ツイッターなどでは不用意ではないか、との見方が強い。

    no title


    「江田さんのリーク元の件。リーク元が本当ならば情報リークした大阪地検とそれを暴露した江田さんはエラいことになる。
    リーク元が間違いならば間違った情報流布した江田さんはエラいことになる。
    どちらに転んでも江田さんはエラいことになるんではないかと」
    「ネタ元を明かすのは禁じ手でしょう。情報の扱い方を知らない方が政治家にならないで欲しいです。これを元に地検が動けなくなったらどう責任は取るのでしょうか?」

    http://news.livedoor.com/article/detail/14536850/


    所長見解:これやばすぎるよね・・・
    【【これはエラいこと】江田憲司が森友報道のリーク元を女性特捜部長だとバラしてしまった結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立憲民主党の山尾志桜里衆院議員が代表を務めた民主党愛知県第7区総支部に、政治資金の「駐車場代疑惑」が浮上した。
    山尾氏の選挙区(尾張旭市など)から離れた、日本有数の歓楽街、名古屋「錦」や「栄」などの駐車場を、夜間から未明にかけて使用した領収書が多数計上されていたのだ。
    同支部では以前、ガソリン代をめぐる問題が取り沙汰されたが、ネオン輝く盛り場で、どんな政治活動をしていたのか。

    no title


    夕刊フジは、同支部が2012年分として、愛知県選挙管理委員会に提出した資料を入手し、領収書のコピーを分析した。
    これらは、政治資金収支報告書に記載されない「1万円以下の支出」にあたる。

    資料の中には、「地球5周分」といわれたガソリン代の一部をはじめ、高速料金、新聞代、NHK受信料、電話代、はがき代、印刷用紙代などの領収書もあったが、驚くほど多かったのは駐車場代の領収書だ。

    確認すると、12年1~12月に440件以上、計54万円超を支出していた。
    中でも、山尾氏の地元事務所から16キロほど離れた、名古屋最大の歓楽街「錦」や「栄」の駐車場が多々みられた。

    領収書には、入庫時間と出庫時間が分単位で記されていた。
    一部に昼間もあるが、圧倒的に夜間から深夜・未明に及ぶ使用が多かった。

    本紙記者は、領収書のコピーをもとに、現地を取材した。

    まず、大通り(錦通り)近くのホテルの向かいにある「栄町スズキパーキング」を、12年だけで40回も利用し、6万9600円を払っていた。
    何と、3月6日から5日連続で夜間に入庫し、当日深夜か、翌日未明に出車していた。

    同駐車場は、周辺のホテルや百貨店と提携していたが、近くにはクラブやガールズバー、スナックなども多かった。

    (以下略)

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180405/soc1804050009-n1.html


    所長見解:ひどいね・・・
    【【何してたの?】立憲民主党・山尾志桜里、歓楽街での駐車場代1年で440件超 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    山尾志桜里衆院議員(43)の政策顧問を務める倉持麟太郎弁護士(35)。
    3月30日、その倉持弁護士が元妻A子さんに対し、メディアの取材に応じないよう圧力とも取れる内容の通知書を送付していたことが明らかになった。
    A4用紙3枚の通知書には、〈第三者への口外禁止を書面にて確約していただくことが必要です〉、〈(確約がなければ長男との)面会交流を見合わせざるを得ません〉などと記されていた。

    A子さんは、本誌3月22日発売号で「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」という手記を発表。
    山尾氏が夫婦の寝室に足を踏み入れたことなどを明かし、不倫発覚後に倉持氏から離婚を突きつけられ、親権を失った現状を赤裸々に綴っていた。

    y


    A子さん本人が語る。

    「手記発表後、倉持に面会を拒否され、2週間も子供に会えていません。
    今回の文書は、まるで子供を人質に取り、脅すような内容でした。
    私がメディアの取材に応じたことを理由に、長男への面会を拒否するなんて許されるのでしょうか。
    また山尾さんは子を持つ親として、私の気持ちが分からないのでしょうか」

    倉持氏に見解を尋ねたが、期日までに回答はなかった。

    4月5日(木)発売の「週刊文春」では、通知書の詳細な内容などについて報じている。
    また「週刊文春デジタル」では、A子さんの告白動画第2弾《完全版》を同日5時より公開する。

    http://bunshun.jp/articles/-/6886


    所長見解:ゲスだね・・・
    【【不倫疑惑】山尾志桜里と不倫した倉持弁護士が元妻に送った文書がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    室井佑月
    「野党が求めてる国政調査権はどういうものなんですか?」

    八代英輝
    「ちょっと、先に進まないと、いい?検察の話をしてるのに国政調査権の話をして、自分の興味だけで話をしてもしょうがないでしょ」

    室井佑月
    「すいません」

    m


    ▼ネット上のコメント

    ・室井さん最近は八代さんの引き立て役に徹してらっしゃるようで。

    ・馬◯なコメンテーターは要らない!

    ・怒られた後のすねた顔も笑えます。

    ・すぐにいじけた顔するよね。この人。子供っぽい。

    ・これって、左翼特有の時間稼ぎじゃないんですか?訳のわからないことを言って、大事な話を進めない。国会でやってんのと同じ戦法かな?

    ・室井佑月氏というのはなぜこうしてテレビに出続けられるのか?メディア界で権力を握っている理由が分からない。

    ・多くの国民は室井より理解してる。

    ・最近の八代弁護士は鋭いよな。局の方針とは違うけど、降ろされることもないようだな。

    動画
    https://twitter.com/blue_kbx/status/979218526782312449/video/1
    https://snjpn.net/archives/46791


    所長見解:いつもだよね・・・
    【【放送事故】室井佑月 八代弁護士に怒られる ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立憲民主党の山尾志桜里議員(43歳)と倉持麟太郎弁護士(35歳)に不倫疑惑が浮上している件で、新たな情報が入ってきた。
    お互いを「リンくん」「シオちゃん」と呼び合っていたことが判明し、インターネット上で物議をかもしているのだ。


    時間差でホテルに入った

    山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士は週刊文春の取材により不倫疑惑が浮上。
    山尾志桜里議員が倉持麟太郎弁護士のマンションに行ったり、時間差でホテルに入ったりするなど、不倫をしていると思われても仕方がない行為を繰り返していたことが判明。

    y


    ・あまりにも疑わしい行為

    山尾志桜里議員は「男女の関係はない」と話していたが、あまりにも疑わしい行為を繰り返していたのは事実であり、なかなか信用できるものではなく、世間からは強いバッシングが浴びせられている。


    ・恋人とも思えるお互いの呼び方

    そんななか、山尾志桜里議員は倉持麟太郎弁護士を「リンくん」と呼び、倉持麟太郎弁護士は山尾志桜里議員を「シオちゃん」と呼んでいることが判明。
    これは大々的にテレビでも報じられており、恋人とも思えるお互いの呼び方に世間に衝撃が走っている。


    ・いつまでも鎮火することなく燃え続ける

    山尾志桜里議員は顔がテカテカしすぎて話題になっており、倉持麟太郎弁護士は妻に「自分はハメられた!」と言い訳をして炎上している。
    真相が判明しない限り、いつまでも鎮火することなく燃え続けるのは間違いない。

    http://buzz-plus.com/article/2018/03/26/furin-shiori-yamao-shiochan-rinkun/


    所長見解:楽しそうだな・・・
    【【熱々だね】山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士 お互いを「リンくん」「シオちゃん」ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ