ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京都議会(定数127)は30日、2016年度に交付した政務活動費の収支報告書と領収書の写しを公開した。

    自民党は2016年度に計32回、総額約250万円の弁当代を「会議費」として支出していた。
    弁当の平均単価は約1300円で、他会派は弁当代の支出はなかった。
    都議選後に新設された都議会の「議会改革検討委員会」(木村基成委員長)では、政務活動費を飲食に充てることの是非を議論する見通しで、自民の対応が注目される。

    会派の控室で行われる議員総会などの会議の際に弁当を出しており、理由を「効率的に会議を開くため」としている。
    都内の老舗すき焼き店や料亭などへの支出で、昨年6月にはすき焼き店に1個2160円の弁当を注文し、56人分で12万960円を支払った。

    s


    都議会の基準では「(政活費は)政務活動のため開催する会議・会合と一体性のある飲食等の経費に支出できる」とされ、限度額は1人1回3000円と規定されている。
    政務は会派の議員総会や役員会などが該当するが、自民は「公務」にあたる本会議や委員会などが開かれた日にも弁当代を支出していた。

    自民は取材に対して「社会通念上、妥当な範囲として定められた都議会のルールに基づき、適正に執行している」と回答した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000052-mai-pol


    所長見解:税金で食うのか・・・
    【【これは裏山】都議会の弁当代 一食1300円 どうなのこれってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫疑惑に揺れるSPEEDメンバーで参院議員の今井絵理子(33)に醜聞が止まらない。
    不倫相手とされる橋本健・神戸市議(37)は、今井との不貞愛の疑いだけでなく政務活動費の不正流用疑惑が持ち上がり、8月29日に議員辞職を余儀なくされたばかり。
    こうした中で今井にも新たな疑惑が浮上。
    現在発売中の『週刊新潮』(新潮社)が同僚議員らにビール券をばらまいていたことを報じている。

    週刊新潮の記事では、今井は騒動冷めやらぬ8月上旬、安倍政権の内閣改造に伴って役付きとなった同僚の国会議員十数名に、1人あたりビール券10枚をご祝儀として配り歩いたという。
    今井は全国区の比例選出の議員であるため、これらの国会議員も有権者に相当する。
    このため公職選挙法で禁じられている有権者への金銭・物品の寄付行為に抵触する疑いが生じた。

    「ビール券を公然と配り歩くなんて議員として無知と言わざるを得ません。
    小池百合子(65)東京都知事の政敵だった都議会のボス・内田茂氏(78)も、有権者にビール券を配布したとして2015年に書類送検になっており、これは明白な違法行為です。
    しかも騒動の渦中で付け届けるとは、政治家としての資質が欠如していると言わざるを得ません」(政治部記者)

    今井の見識不足はいまさら言うまでもないが、ハートの強さだけはそこらの議員の比ではない

    s


    ■騒動の渦中で持論ぶちまける今井絵理子のハートの強さ

    騒動の渦中で持論ぶちまける今井絵理子のハートの強さが見られたのは、8月25日の自民党国会議員の文部科学部会の会合での一場面だ。
    自らの不倫、橋本氏の公金不正流用、SPEEDの同僚・上原多香子(34)の不倫&元夫の自死問題への積極関与と数々の疑念が持たれる中、今井は平然と障害者福祉の拡充について持論を展開していた。

    「今井は橋本氏との不倫騒動の過程で、聴覚障害を持つ中学1年生の長男の育児放棄疑惑も持たれています。
    会合でわざわざ発言したのは、福祉問題を真剣に考えているというアピールなのでしょうが、これだけ疑念を抱かれてしまった以上、全く意味をなしません。
    世間の印象は最悪で、橋本氏に続いて議員辞職も現実味を帯びてきています」(週刊誌記者)

    橋本氏とそろって異性とカネへのだらしなさをみせつける今井。
    お相手は議員辞職を選んだ中、当の主役である今井が今後の身の振り方をどう選択するのかが注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1350119/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:もうダメでしょ・・・
    【【これはアウト】今井絵理子もSPEED辞職か? 不倫に続いて”ビール券ばら撒き疑惑”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    共倒れだ。
    「SPEED」今井絵理子参院議員の人生設計が完全に狂ってしまった。
    略奪不倫疑惑のお相手、橋本健市議に720万円にのぼる市政報告チラシの架空発注疑惑が浮上。

    h


    「週刊新潮」などによれば、橋本氏は2010年から5年間、議会報告用のチラシ製作を市内の印刷会社に8回発注。
    1回当たり5~8万部を刷り、およそ720万円を政務活動費として計上した。

    ただし、実際にはサンプル版を一部に配ったのみで、大半は印刷していなかった疑いが強まっている。
    これに橋本氏は23日に緊急会見を行い、印刷会社と下請け会社の名前を出した上で「架空発注はしていない」と否定。
    他党の市議や地域住民にチラシの実物を見た者が皆無な点については「友人とマンションに配布したが、多い時は半数以上を余らせ廃棄した」と釈明した。

    ところが翌24日、名指しされた神戸市内の印刷業者A社が代理人弁護士を通じて「実際には印刷の仕事をしていないのに、橋本市議に頼まれて領収書を発行した」と暴露。
    橋本氏から商品名や数量、金額などを指示されたと明かしたものだから、当人は万事休すだ。

    政界関係者は「議員辞職どころから、立件される可能性が極めて高い。彼の“裏金作り”は自民党の諸先輩方から踏襲したもの。疑惑が他の議員に飛び火してはまずいため、党はトカゲの尻尾切りに走るだろう」と話す。

    政務活動費の問題では、“号泣県議”野々村竜太郎氏が、政活費約913万円を私的に流用。
    2015年8月に詐欺および虚偽公文書作成・同行使容疑で在宅起訴され、翌年7月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。
    “一線を超えた”橋本氏も野々村氏と同じ命運をたどることになりそうだ。

    計算が狂ったのは交際中の今井氏も同じだ。
    週刊誌に略奪不倫疑惑を報じられても、2人は交際を続行。
    橋本氏は妻と離婚調停中だが、今井氏はお構いなしに周囲に再婚願望を語っていたという。「シングルマザーの今井氏は子供のためにも、スペックの高い父親を欲していた。
    議員以外に病院も経営する橋本氏はまさにうってつけ。
    周囲に何を言われようが、再婚に向けて猪突猛進だった。
    その矢先の今回のスキャンダル。
    立件されれば橋本氏の政治生命は終わりだし、病院経営に影響を及ぼす可能性がある。
    彼女も頭を抱えているだろう」とはスポーツ紙記者。

    今井氏も一連の不倫疑惑でこれまでのクリーンなイメージは失墜。
    今井氏を知る人物いわく「彼女の性格を考えると、橋本氏に見切りをつけて次のターゲットに移る」というが、打算的な男選びがバレてしまった以上、“次の相手”は警戒しまくるだろう。
    「天網恢恢疎にして漏らさず(悪いことをした者は必ず罰せられるの意)」。

    2人にはまさにこの言葉がふさわしい。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14268_entry.html


    所長見解:ありゃりゃ・・・
    【【これは終了】今井絵理子議員と不倫疑惑の橋本健市議、辞職へ 詐欺疑惑で2人の「バラ色人生計画」ご破算ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上西小百合衆院議員とその公設秘書の笹原雄一氏との間でトラブルが発生していることがわかった。
    笹原氏は23日、ツイッターで「上西と家城秘書から正式に解雇されました」と報告したが、上西議員は反論している。

    s


    笹原氏は上西議員が浦和レッズをやゆしたことで炎上騒ぎを起こした際などにテレビ出演して見解を語っていたことなどで知られるが、「上西と家城秘書から正式に解雇されました。特にもめた訳でもありませから、8月31日までは普通に仕事します」と報告した。

    笹原氏は、上西議員の地元である大阪府吹田市で大規模な停電が発生する中、「吹田が大変な時によそでバーベキュー。それはいいけど知ったら帰ってこいよ」と地元に戻らなかったとして同議員を非難。
    「結論。上西にはもう政治家はやらせない。当然、本人が出るのは勝手だけど、知ってるスキャンダルぶちまけて出馬させない」とした。

    これに対し上西議員は「ウチの事務所をやめるっていうから、どうぞって言ったら解雇されたとか勝手に騒ぐし。本当にお酒やめて欲しい。
    笹原さんがやめようがやめまいが、私の人生には全く関係ありません。
    私は一生政治家ですから、次の総選挙にも当然出ますよ」と反論した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01876854-nksports-ent


    所長見解:ケンカをやめて・・・
    【【仲間割れ】上西議員とトラブルの笹原秘書「上西にはもう政治家はやらせない。知ってるスキャンダルぶちまけて出馬させない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫がらみで飛び出したなかでは、「不倫は文化」に続く名コピーだろう。
    「一線は越えていない」。
    一線とは何ぞやという議論も喧(かまびす)しいが、発言の主たる今井絵理子議員(33)が「離党でも辞職でも」と発言したところをみると、一線とははて、エクスタシーの頂点のことか、それとも……。

    s


    そもそも今井サン、国会議員としては明らかに二線級で、一線を越えるなぞ誰も期待していないが、ともあれ、8月3日に会ったときの今井議員の様子を、

    「非常に反省して、泣きながら、私の顔に“泥を塗ってしまいました”と、“離党でも、除名でも、辞職でも、なんでも山東さんの言うとおりに従います”と、そう言っていました」

    こう語るのは山東昭子参議院議員(75)。
    公益財団法人「聴覚障害者教育福祉協会」の会長でもあり、聴覚に障害がある子供を育てる今井議員を参議院議員候補に推した、今井議員のまさに“後見人”である。

    「私は記事が出たときは外遊中だったのですけど、彼女から電話がかかってきましたよ。
    取り乱した様子で、泣きじゃくって、“申しわけありません、記事が出てしまいます”と。で、今回会って、彼とは距離を置いて冷静に考えなさい、と言いました」

    そう言いつつ、こんな話も披露してくれる。

    「彼女は再婚したがっていました。“子供がほしい”と。
    障害児をもって、今度は元気な子を産みたいという気持ちがあったみたいで。
    まあ、相手は橋本さんということだったんでしょうね。
    彼のほうから彼女に惚れて、去年から猛然と追いかけてね。
    私も何度もいろんなところで会いました」

    実は、昨夏の参院選で今井議員が当選する前後、

    「子供が当時の彼氏に懐いていて、いずれ結婚するかもしれない、と今井が話すと、山東さんは“議員になるとバリバリできる男のなかで仕事をすることになって、男を見る目が変わるから、注意しなきゃだめよ”と諭していたんです」

    と、自民党関係者。
    奇しくも山東議員の“予言”が当たってしまったが、しかし山東センセイ、「非常に反省して」もなにも、既婚者と「再婚したがって」いた今井議員って、こりゃ確信犯じゃないですか。

    昨年末に別れた今井議員の元カレの父親は、

    「息子は今井さんの子供を学校に送ってあげたりしていたけど、彼女は議員になってから全然帰って来なかったみたいで、今日はどこへ行って、帰らないまま別のところへ行って、すれ違いどころか、会う時間もなかったと聞いています」

    それはお相手の橋本健市議(37)が、妻と子供2人を置いて家を飛び出した時期と重なる。相手の家庭を壊し、有権者を裏切り、しかし「略奪不倫では断じてない」と言い張り、反省を口にしながら、実は橋本市議と「再婚したい」今井議員。
    一見、心中は混沌を極めているようで、「再婚したい」が本心である以上、反省も謝罪も虚しいとしか言いようがないだろう。

    ■ 見え透いたウソ

    もっとも山東議員は、

    「まじめに仕事をしてきたのに、辞職してしまったら今まで積み上げてきたものがゼロになっちゃうじゃない、と言ったんですよ」

    と、“後見人”として甘い裁定をするが、自ら除名や辞職に触れたということは、今井議員は橋本市議と二人で「積み上げてきたもの」について、世間に対して負い目を感じているということにほかなるまい。

    さて、「男を見る目」について、山東議員に代わって、あらためて今井議員に忠告しておこうか。
    自民党兵庫県連関係者によれば、

    「去年の参院選は、兵庫県は定数が2から3に増えて、従来は自公で一本化していた候補を、自公それぞれが擁立することになり、大変でした。
    ところが青年部長の橋本はほとんど姿を見せず、電話にもなかなか出ない。
    みな怒っていたら、開票日にテレビで、今井絵理子の後ろで万歳をしていて、みな呆れたんです」

    要は橋本市議、自分本位で無責任だというのだ。

    「議会も遅刻と居眠りの常習犯で、委員会も5回に3回は遅刻。
    4年前の神戸市長選でも、選対会議に1時間くらい遅れてマスク姿で現れて、“風邪か”と聞かれて肯定したものの、酒の臭いをプンプンさせていてすぐバレました」(同)

    昔から見え透いたウソが身上であったようだ。同じ市長選の直前には、

    「奥さんと子供2人と奥さんのママ友たちとぶどう狩りに行って、批判されたこともありました」(同)

    夫婦関係が破綻していたはずの時期に、選挙よりも家族を優先していたのだ。

    こうして記すと、実に似た者同士の二人。
    一刻も早く議員生活と一線を画したほうが、国民の、そして身のためじゃないかな。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00528992-shincho-pol


    所長見解:まあ、そうなるよね・・・
    【【元SPEED】今井絵理子 「離党でも辞職でも」と号泣ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ