ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    国政政党「日本維新の会」の創始者、橋下徹・前大阪市長が執筆した「政権奪取論 強い野党の作り方」(朝日新書)が13日発売された。
    代表を務めた維新は強い野党になれず、失敗だったと振り返っており、波紋を広げそうだ。

    h


    橋下氏は著書の中で、大阪を大改革し、大阪市を特別区に再編する「大阪都構想」を進めるため、日本維新は自民党や中央省庁との折衝に「フルに機能した」と自己評価。
    その一方で、「維新とはベンチャー野党。創業とスタートアップには成功したけれど、国政政党としてさらに成長し、自民党と張り合える党になったかというと、失敗と言わざるを得ない」と記した。

    理由には
    (1)国会議員の日常の活動量の少なさ
    (2)組織としての戦略性のなさ
    (3)まとめる力、まとまる力の欠如
    (4)命がけの権力欲、名誉欲の欠如--を挙げた。

    戦略性のなさでは自らの責任に言及。
    「大阪都構想で手いっぱいになってしまい、国政政党としてのマネジメントは『東京まかせ』になっていた」との後悔も載せた。

    2015年12月に政界を引退し、現在は日本維新の役職を持たない橋下氏は「野党の存在感が高まることで、与党議員はより真剣に国民のことを考えた政治をするはずだ」と記述。
    「維新の失敗例を反面教師に強い野党を作ってもらいたい」と政界関係者への呼びかけも盛り込んだ。

    一方、創始者から「学級代表の集まりのようなグループ」と本の中で例えられた日本維新。
    13日に地域政党「大阪維新の会」のパーティーが大阪市内であり、出席した日本維新の衆院議員は「手厳しいメッセージだが、政治に批判はつきもので、創始者が失敗といっても萎縮するつもりはない」と話した。


    創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    https://mainichi.jp/articles/20180914/k00/00m/010/115000c


    所長見解:たしかに・・・

    【【政治】橋下徹 「維新の会は失敗だった」 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    前衆院議員のタレント上西小百合(35)がこのほど、コメンテーターや女優などの本格的な芸能活動をスタートさせる意気込みを都内で語った。
    昨年10月の衆院選挙に出馬せず、約5年の国会議員生活を終えた。
    今年5月に芸能事務所に所属。
    「浪速のエリカ様」の異名を持って異彩を放った政界の暴れん坊が“第2の人生”をスタートさせる。

    s


    タレント活動のために最初に取り組んだのが13キロのダイエットだった。
    「(カメラで)きれいに撮ってほしいから努力をしました」。
    炭水化物を控え、野菜中心の食事に切り替えるなど食生活を大幅に見直した。
    大好きなお酒の量も減らして減量に成功した。

    「いろんなことに挑戦をしていきたい」。
    政治経験を生かしたコメンテーター、バラエティーや女優活動にも意欲を見せる。

    少しずつだが、女優修業も始めた。
    これまでは、テレビドラマをあまり見てこなかったが、現在は演技を学ぶため、じっくり見て学んでいるという。
    女優になれば、ぬれ場シーンもあり得る。
    「需要があるのかしら…」。
    そう言いながらも「やるのならあと5キロはやせないと!」と前向きだ。

    議員時代は、高飛車とも受け取られた物言いから「浪速のエリカ様」の異名を持った。
    女優になれば、“リアルエリカ様”こと、沢尻エリカ(32)との共演があるかもしれない。
    「実現すれば私はうれしい」と喜びながら、「私のことを『怒りん坊』だと誤解をしている人もいるけれど、そんなことはない。本当の私は優しいし、いい人なんです。テレビを通じて、そのことも出してきたい。『エリカ様』を卒業します」。

    婚約をしていた50代男性とは昨年末までに破局。
    現在、恋愛は「諦めモード」だという。
    「結婚願望は昔からあるんです。せっかくダイエットをして、腕も出せるようになったのに…」と、恋人不在を嘆いた。

    議員時代は「まったく演技をすることなく、言いたいことを言っていた」というが、今後は「いろんな役を演じられるようになりたい」。
    身も心も美しく豊かに自分を変える、演技派女優への脱皮を目標に掲げた。

    ◆上西小百合(うえにし・さゆり) 
    1983年(昭58)4月30日、大阪府生まれ。神戸女学院大卒。
    12年12月の衆院選に大阪7区で初当選。
    14年12月衆院選でも同区で2期目の当選。
    趣味は料理、空手。
    158センチ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00300751-nksports-ent


    所長見解:やはり・・・

    【【芸能活動開始】元衆議院議員・上西小百合、女優になるってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h

    ぐう期待


    所長見解:またか・・・

    【【ホリエモン】堀江貴文さん、政界進出の模様wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    禊を済ませたかと思われた栄和人監督(58)が結局解任され、至学館大学レスリング部の次期監督には吉田沙保里(35)の名前が挙がっている。
    この急展開に困惑しているのが、あの立憲民主党。
    目玉候補として引っ張り出そうと、吉田に熱視線を送っていたというのだ。

    y


    「来年夏に行われる参議院選挙に、吉田選手を出馬させたい。
    衆議院副議長で党の重鎮である赤松広隆議員が、目玉候補にしたいと画策していたのです」

    と明かすのは、ある立憲民主党の関係者だ。
    なんでも赤松議員は愛知県レスリング協会の名誉顧問で、地元の至学館大学とも縁があるそう。
    支持率が伸びない同党の救世主として、吉田に秋波を送っていた。

    「半年ほど前、赤松さんから“沙保里ちゃんが出てくれないかな”と言われたことはあります」

    と、至学館大学の谷岡郁子学長(64)は赤松議員から“オファー”があったことを認める。

    だが、吉田は政治に興味がないそうで、

    「出馬は120%あり得ないと思います」

    さらにそこに来ての“監督就任説”浮上……。
    政界進出は難しそうな展開だが、果たして枝野幸男代表らは吉田を口説くことができるのか。
    6月21日発売の週刊新潮で報じる。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06201659/?all=1


    所長見解:今はちょっとな・・・

    【【立憲民主党】レスリング・吉田沙保里が政界進出の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年6月12日、シンガポールで米ドナルドトランプ大統領府と北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長にとの、史上初の米朝首脳会談が行われた。
    会談では北朝鮮の非核化に向け、核とミサイル問題を中心に議論される予定。
    会談場所はシンガポール、セントーサ島のカペラ・シンガポールホテル。

    10時4分、2人は対面しにこやかに握手しツーショット撮影。
    トランプ米大統領は「あえて嬉しい」と発言。

    会場に両者が入ると記者に囲まれて会談が始まり、10時9分再度握手を交わしトランプ米大統領は「我々は素晴らしい関係を構築できると思う」と語った。
    金正恩は緊張した様子で「簡単な道のりではなかった」とコメント。

    http://gogotsu.com/archives/40675

    no title

    no title

    no title


    所長見解:そら緊張するわな・・・

    【【米朝首脳会談】金正恩さん、ガチガチに緊張がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ