ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小池百合子都知事『銀河鉄道999』メーテルコスプレ披露 完全仮装で観客気づかず

    東京都の小池百合子都知事が28日、東京・東池袋中央公園で行われた『池袋ハロウィンコスプレフェス2018』2日目のオープニングセレモニーに来場。
    『銀河鉄道999』のメーテルのコスプレで登壇した小池都知事だったが、MCから紹介されるまで観客に気づかれないほどの見事に仮装。
    「小池百合子都知事です」とアナウンスされると「えーすごい」と大きな歓声が上がった。

    小池都知事は「メーテルの小池でございます。『池袋ハロウィンコスプレフェス2018』が秋晴れのもとで開かれ、ますます盛り上がっていることをうれしく思っております」とにっこり。
    「2019年にはラグビーのワールドカップ、20年には東京オリンピック・パラリンピックがございます。スポーツだけではなく、東京がサブカルチャーで盛り上がっていくように、日本風にアレンジしたハロウィン、みんなで楽しんで参りましょう」と呼びかけた。

    衣装のポイントについては「これで3回目になるのですが、1回目は魔法使いサリー、2回目はリボンの騎士ということで、手塚治虫先生縛りでやってきたのですが、今年は松本零士先生のメーテルにしました」とにっこり。
    「名作をいつまでもいつまでも日本の誇りとして守っていきながら、新しいアニメもたくさん誕生しておりますので、これからもコスプレのバラエティーも増えていくと楽しみにしております。
    『踊る阿呆に見る阿呆』という言葉がありますけど、みなさんも楽しんでください」とアピールしていた。

    no title

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-113507/


    所長見解:うむ・・・

    【【ハロウィン】メーテルのコスプレしてる超絶美女がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    「SPEED」のメンバーで現在は自民党参議院議員の今井絵理子さんが10月18日、同日に14歳を迎えた息子とバースデーケーキを囲んだ幸せそうな2ショット写真をInstagramに投稿。
    息子への思いを伝えています。

    笑顔の2ショット写真とともに、「今まで親子共々支えてくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝え、息子の成長を喜んだ今井さん。
    中学2年生となり、プロレスラーという夢をかなえるため、日々練習する姿に「挑戦を恐れず、失敗を恐れず、出会った方々を大切にしてこれからもたくましく育ってね」「母はいつもあなたの味方」とエールを贈りました。

    今井さんは2004年にロックバンド「175R」のSHOGOさんと結婚。
    同年に第1子を出産するも2007年に離婚を発表し、2008年に息子の感音性難聴を告白。
    2016年に政界入りを果たしてからは、障害を持つ息子や子ども、その親のために活動を続ける傍ら、母として息子の成長を見守る姿がたびたびブログで見られていました。

    満面の笑みでカメラにピースサインを向けている息子に対してファンからは「最高の1年になりますように」とお祝いするコメントや、「大っきくなったなぁ~お母さん、そっくりだなぁ~」と感慨深い声とともに「絵理ちゃん批判の声多いけど負けないで頑張ってね」と今井さんを応援する声も寄せられています。
    大変だろうけど子どもたちの未来のために頑張ってほしい。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/19/news106.html


    所長見解:けどね・・・

    【【元SPEED】今井絵理子議員「母はいつもあなたの味方」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    相撲界から去るという決断をした、元横綱・貴乃花。
    後援会には「今はゆっくりしたい」と話しているというが、突如「政界転身」の噂がささやかれている。

    10月4日、永田町の議員会館を電撃訪問した貴乃花。
    元プロレスラーで自民党の馳浩元文科大臣とおよそ1時間面会したといい「参院選出馬の打診を受けたのでは」「まさかの政界入りか」と注目されたのだ。

    これに対し、貴乃花は「馳先生に以前からご指導いただきお世話になっていたので、引退しましたとご報告で来ました。(参院選出馬は)いや、もうまったく、あの…次何の仕事するかとか(考える)余裕がないので」と説明している。

    一方で、馳元文科大臣も参院選出馬の打診については否定したものの、自民党筋からは「馳さんのことだから『選挙出たいなら面倒見るよ』くらいは言った可能性があるけどね」との話も飛び出している。

    さらに、スポーツ紙の報道によると、2日後に衆院選を控えた2017年10月に「巨大勢力に立ち向かうってすごいエネルギーがいるんだよね。おれはさぁ…」と、自民党に対抗する野党の選挙戦に関心を示し、担当記者に熱く語っていたという貴乃花。
    相撲協会内における自分の立場と重ねていたのだろうか。

    no title

    貴乃花が出馬すれば「70万票は軽い」の分析も

    一方、現在の自民党はというと、先日の沖縄県知事選で敗北を喫し、来年の夏の参院選に向けて“目玉候補”が欲しいところ。

    「大相撲の発展を求める議員連盟」の会長を務める自民党の竹本直一議員は「タレント枠を考えていますからね。人気者で、ある程度票を集めてくれる人に期待する。その中にあの人(貴乃花)が入るかどうか、それはご本人がやる気があるかが大前提」と語る。

    自民党はこれまで、参院選の比例区に多くのタレントやスポーツ選手を擁立。

    2001年には元プロレスラーの大仁田厚氏が46万票、2016年には元SPEEDの今井絵理子氏が32万票を集めて当選するなど、党全体の得票数アップに貢献してきたのだ。

    ではもし、貴乃花が出馬するとなれば、どれほどの得票が見込まれるのだろうか?

    政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は「古き良き伝統を守り、そして改革もしていくという彼の行動というのは、政治に当てはめるとイメージがぴったりくる。つまり付加価値がある。もし仮に出馬したとすれば、これまでのタレント議員なんかが30万(票)とか取っていますけど、それ並、もしくはそれ以上取る可能性もある」と分析する。

    また、自民党の閣僚経験者は「60万から70万は軽く行くんじゃないか。ただ『政治の世界でこれをやりたい』っていうものが全くない人を出すのは絶対にだめだ」と語る。

    さらに、貴乃花の元後援者である、最福寺の池口恵観法主は「やればやっていけると思う。政治家になって世間のためにきちっと尽くしてもらいたい」と期待をにじませた。

    しかし、自民党が出馬を要請するにはハードルもある。

    ひとつが、2020年の東京オリンピックだ。
    開会式で相撲が大きな柱になるという見方があり、相撲協会と“喧嘩別れ”した形の貴乃花を候補にすることは相撲協会との関係が悪化するのでは、という懸念の声がある。

    もうひとつがいわゆる“身体検査”が行われていないということだ。
    実際に出馬を要請するとなれば、その結果も待たなければならない。

    「春に花咲く貴乃花」意味深な“替え歌”は?

    ♪秋に泣き冬に耐え 春に咲く三線の花…というのは、貴乃花の“十八番”だという沖縄出身バンド・BEGINの『三線の花』の歌詞だが、最近は「♪秋に泣き冬に耐え 春に花咲く貴乃花…」と“替え歌”にしている、という話も飛び出している貴乃花。

    相撲協会で果たせなかった改革は、春に永田町でスタートするのだろうか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00010012-fnnprimev-pol


    所長見解:無理だろ・・・

    【【政界進出】貴乃花、出馬すれば「軽く70万票」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    石田純一の「これだけ言わせて!」 第5回

    j


    先ごろ、体操界の「女帝」と呼ばれる女性がメディアから猛攻撃を受けた。
    18歳の女子選手が、強化本部長であるこの女性からパワハラを受け、コーチから引き離され、本部長傘下の体操クラブに強引に勧誘された、と訴えたからだ。
    以後、女性が「女帝」としていかに体操界を牛耳り、私物化し、横暴のかぎりを尽くしてきたか、テレビは連日、センセーショナルに報じ、雑誌も激しく書きたてた。

    しかし、どの報道も、女子選手は本当に本部長のパワハラを受けたのか、彼女をコーチから引き離したのは本当に本部長だったのか、という原点を検証しなかった。
    女子選手の訴えが信用され、メディアが本部長を「パワハラ」の常連の「女帝」だと決めつけた根拠は、実は「18歳の子がウソをつくはずがない」という印象論にすぎない。

    先日、体操協会の内部資料を確認する機会があったが、それによれば、女子選手がコーチと引き離されたのは、コーチが暴力を理由に女子選手の所属先から登録を解除されたためで、そこに本部長は関わっていない。
    本部長が「女帝」と呼びうる存在であったのかどうか、僕は知らない。
    だが、少なくとも、女子選手の訴えは、多分に選手自身の誤解にもとづいていたのだ。

    そこで思い出すのが、20年前の和歌山カレー事件である。
    林真須美死刑囚とその夫は、事件の前から保険金詐欺の常習犯で、殺人未遂事件まで起こしており、当初からメディアもふくめ、カレーにヒ素を混入したのは彼女だと決めてかかった。

    ところが、林死刑囚がカレーにヒ素を混入したことを裏づける直接証拠はない。
    状況証拠しかなかった。
    とはいえ、次の三つが一致すれば、有罪を99%証明できる有力な状況証拠となっただろう。林家にあったヒ素、カレーへの混入に使われた紙コップに残っていたヒ素、そして、実際にカレーに入ったヒ素。

    検察から依頼された東京理科大の中井泉教授の調査で、これら三つは「同一」だとされた。だが、実は「同一」という単語についての認識が、検察と中井教授とでは異なっていたのだ。
    中井教授が鑑定したのは、同一の工場で同じ時期に同一の原料から作られたということにすぎず、そもそも教授は、三つが同一であるということまで突き止める必要性を認識していなかったのだ。
    これでは、林死刑囚を実行犯とする決定的証拠は失われる。
    再審も視野に入れるべきではないだろうか。
    そう考える理由はほかにもある。

    弁護側が再審請求の際に依頼した京大の河合潤教授は、さらに踏み込んで、三つのヒ素が同一でないことを解き明かした。
    また、林死刑囚には動機がない。
    最高裁は、動機のあるなしで有罪とする合理性は損なわれないと判断したが、林真須美夫妻は保険金詐欺のプロ。
    そして、ある他のプロの保険金詐欺師は「プロはカネにならない殺しはしない」と明言している。
    次に、林死刑囚はカレー作りの現場を20分ほど離れている。
    だから、ほかの人がヒ素を混入する可能性も否定しきれないのに、それが検証されていない。
    最後に、和歌山県警の科学捜査研究所の研究員が、2010年5月~12年1月の交通事故や変死事件のうち、少なくとも6件で証拠を偽装していたことが判明し、証拠隠滅や公文書偽造で有罪になっている。
    彼は林死刑囚を捜査した一人なのだ。

    昨年、再審が棄却された。
    いま、平成の事件は、死刑執行もふくめて平成で完結させようという風潮があるが、安易にそうしていいのだろうか。
    18歳の主張は「すべて正しい」という根拠のない思い込みから、体操の「女帝」に対する魔女狩りが始まった。
    林死刑囚に対しても、保険金詐欺のプロなんだから、、という先入観が働いたのは間違いない。
    思い込みで決めつけることの怖さを自覚しても損はない。
    そう思っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00549426-shincho-ent 


    所長見解:ゴーストだろ・・・

    【【どうした?】石田純一氏、和歌山カレー事件「直接証拠はない」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    国政政党「日本維新の会」の創始者、橋下徹・前大阪市長が執筆した「政権奪取論 強い野党の作り方」(朝日新書)が13日発売された。
    代表を務めた維新は強い野党になれず、失敗だったと振り返っており、波紋を広げそうだ。

    h


    橋下氏は著書の中で、大阪を大改革し、大阪市を特別区に再編する「大阪都構想」を進めるため、日本維新は自民党や中央省庁との折衝に「フルに機能した」と自己評価。
    その一方で、「維新とはベンチャー野党。創業とスタートアップには成功したけれど、国政政党としてさらに成長し、自民党と張り合える党になったかというと、失敗と言わざるを得ない」と記した。

    理由には
    (1)国会議員の日常の活動量の少なさ
    (2)組織としての戦略性のなさ
    (3)まとめる力、まとまる力の欠如
    (4)命がけの権力欲、名誉欲の欠如--を挙げた。

    戦略性のなさでは自らの責任に言及。
    「大阪都構想で手いっぱいになってしまい、国政政党としてのマネジメントは『東京まかせ』になっていた」との後悔も載せた。

    2015年12月に政界を引退し、現在は日本維新の役職を持たない橋下氏は「野党の存在感が高まることで、与党議員はより真剣に国民のことを考えた政治をするはずだ」と記述。
    「維新の失敗例を反面教師に強い野党を作ってもらいたい」と政界関係者への呼びかけも盛り込んだ。

    一方、創始者から「学級代表の集まりのようなグループ」と本の中で例えられた日本維新。
    13日に地域政党「大阪維新の会」のパーティーが大阪市内であり、出席した日本維新の衆院議員は「手厳しいメッセージだが、政治に批判はつきもので、創始者が失敗といっても萎縮するつもりはない」と話した。


    創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    https://mainichi.jp/articles/20180914/k00/00m/010/115000c


    所長見解:たしかに・・・

    【【政治】橋下徹 「維新の会は失敗だった」 ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ