政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手



    s


    ロシアFSB、日本に軍事侵攻する計画を立てていたことが内部告発で判明

    ウラジーミル・プーチン大統領が率いるロシアは、ウクライナへの大規模侵攻に着手する何カ月も前の2021年夏、日本を攻撃する準備を進めていた──こんな衝撃的な情報を、本誌が入手した。

    これはロシア連邦保安庁(FSB)内部告発者からのメールで明らかになったものだ。 



    3月17日付けのこのメールは、「Wind of Change(変革の風)」と名乗るFSB職員が、ロシア人の人権擁護活動家ウラジーミル・オセチキンに定期的に送信しているメールのひとつだ。

    オセチキンは、ロシアの腐敗を告発するサイト「グラグ・ネット(Gulagu.net)」の運営者で、現在はフランスで亡命生活を送っている。


    メールのやり取りをロシア語から英語に翻訳しているのは、米ワシントンを拠点とする非営利団体「ウィンド・オブ・チェンジ・リサーチグループ」の事務局長イーゴリ・スシュコだ。

    本誌は、同氏から全メールのやりとりを入手した。


    オセチキンが公開した内部告発者のメールは、FSB専門家でオープンソースの調査報道機関べリングキャットの代表のクリスト・グローゼフによって分析されている。

    グローゼフがこのメールを「FSB(現・元)職員の知人」に見せたところ、「FSBの同僚が書いたものに間違いない」という答えが返ってきたという。


    オセチキンが3月に受け取った内部告発者からのメールには、2021年8月にロシアは、「日本を相手にした局地的な軍事紛争に向けて、かなり真剣に準備をしていた」と書かれている。

    このFSB内部告発者によれば、ロシアが攻撃相手をウクライナに変えたのは、それから何カ月も後のことだった。


    「日本とロシアが深刻な対立に突入し、場合によっては戦争に発展する可能性はかなり高かった。
    最終的にはウクライナが選ばれた(シナリオ自体はそれほど大きく変わっていない)が、その理由は私が答えることではない」とメールには書かれている。


    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/11/fsb-1.php
    所長見解:マジか・・・

    【【おそロシア】ロシアさん、日本に軍事侵攻する計画を立てていた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナ「5類」引き下げ、本格検討へ 

    特例措置見直しも 厚労省


    w


    厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけの見直しに向け、本格的な検討を始める方針を固めた。

    季節性インフルエンザ並みの「5類」への引き下げが念頭にあり、近く専門家を交えて新型コロナの感染力や感染した場合の症状の重さ、変異の可能性などの評価に着手する。

    感染者隔離の根拠となっている入院勧告や医療費の公費負担、ワクチンの無料接種など特例的な措置の見直しも検討する。

     
    感染症法では感染力などに応じて1~5類のほか、新型コロナが指定されている「新型インフルエンザ等感染症」の類型がある。

    新型コロナは患者隔離などの強制的な措置が可能で、「2類相当」とされるが1類並みの強い措置もある。

     
    東京都が9日の厚労省の専門家組織「アドバイザリーボード(AB)」で示した資料によると、今夏の第7波の感染者の死亡率は0・09%だった。

    デルタ株が主流だった昨年夏の第5波(0・41%)、オミクロン株に入れ替わった今年初めの第6波(0・14%)よりも低下した。

    ワクチン接種が進んだことに加え、自然感染による免疫を持つ人が増え、治療法も増えてきたことが背景にあるとみられる。

    症状の重さは季節性インフルに近づいているとの見方もある。

     
    臨時国会で審議中の感染症法改正案には、衆院段階で与野党の修正協議により新型コロナの類型見直しを「速やかに検討」するとした付則が加えられた。

    改正感染症法は12月上旬にも成立する見通しで、厚労省幹部は「成立後すぐ(検討を)始める」としている。

     
    加藤勝信厚労相は24日、BSフジの番組で「どうなれば5類、あるいはそれ以外になるのか、専門家に議論してもらい、(国民に)納得してもらうことが大事だ」と述べた。

    厚労省は既に一部の感染症専門家らと議論を始めており、症状の重さなどの評価をまとめた上で、ABなどに示す。

    5類などに移行する時期は、感染状況を見極めながら判断するため、年明け以降となりそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/049e4e954fd6750c16f9e9845c60f7249e06e925
    所長見解:もうな・・・

    【【朗報】新型コロナ「5類」引き下げ、本格検討 ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本「マスク着用率、ワクチン接種率共に世界トップです」←いつまでもコロナムードな理由


    m


    なに?
    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】日本「マスク着用率、ワクチン接種率共に世界トップです」←いつまでもコロナムードな理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    日本政府「消費税をあげていく」

    おわりだよこの国
    所長見解:せやで・・・

    【【悲報】日本政府「消費税をあげていく」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    野田元首相から安倍元首相への追悼演説全文 


    b


    【全文】「勝ちっ放しはないでしょう、安倍さん」野田元首相から安倍元首相への追悼演説


    2022年10月25日、衆議院本会議。

    選挙演説中に銃撃され死去した安倍元首相に向けた追悼演説が行われる。

    演説に臨むのは、立憲民主党の野田元首相。かつて野党時代の自民党総裁だった安倍氏と、首相だった野田氏は、党首討論の場で、衆議院の解散をめぐる“真剣勝負”に臨んだ間柄だ。

    演説の全文は以下の通り。



    ■首相の「重圧」と「孤独」を知る一人として

    本院議員、安倍晋三元内閣総理大臣は、去る7月8日、参院選候補者の応援に訪れた奈良県内で、演説中に背後から銃撃されました。

    搬送先の病院で全力の救命措置が施され、日本中の回復を願う痛切な祈りもむなしく、あなたは不帰の客となられました。

    享年67歳。

    あまりにも突然の悲劇でした。


    政治家としてやり残した仕事。

    次の世代へと伝えたかった想い。

    そして、いつか引退後に昭恵夫人と共に過ごすはずだった穏やかな日々。

    すべては、一瞬にして奪われました。


    政治家の握るマイクは、単なる言葉を通す道具ではありません。

    人々の暮らしや命がかかっています。

    マイクを握り日本の未来について前を向いて訴えている時に、後ろから襲われる無念さはいかばかりであったか。

    改めて、この暴挙に対して激しい憤りを禁じ得ません。



    私は、生前のあなたと、政治的な立場を同じくするものではありませんでした。

    しかしながら、私は、前任者として、あなたに内閣総理大臣のバトンを渡した当人であります。

    我が国の憲政史には、101代64名の内閣総理大臣が名を連ねます。

    先人たちが味わってきた「重圧」と「孤独」を我が身に体したことのある一人として、あなたの非業の死を悼み、哀悼の誠を捧げたい。

    そうした一念のもとに、ここに、皆様のご賛同を得て、議員一同を代表し、謹んで追悼の言葉を申し述べます。



    以下
    https://news.ntv.co.jp/category/politics/52e202dc96c44c5098698251db2f213c
    所長見解:よかったよな・・・

    【【これは泣ける】野田元首相から安倍元首相への追悼演説全文がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ